映画あらすじ見どころ(ネタバレなし)

映画【1917 命をかけた伝令】あらすじキャスト見どころ!驚きの撮影技法で作られたサム・メンデス監督の最新作

イギリス映画の名匠、サム・メンデス監督が手掛けた戦争映画「1917 命をかけた伝令」が2020年2月14日に公開となります。

主演2人はイギリスの若手注目俳優ジョージ・マッケイとディーン・チャールズ=チャップマンが演じました。

あらすじ、キャストなど作品情報をはじめ、見どころ紹介記事です。ネタバレはありません!
この記事のURLをコピーする


スポンサーリンク


映画【1917 命をかけた伝令】作品概要

(C)2019 Universal Pictures and Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.

公開日(日本):2020年2月14日

上映時間:119分

原題:1917

監督:サム・メンデス

脚本:サム・メンデス、クリスティ・ウィルソン=ケアンズ

製作:サム・メンデス、ピッパ・ハリス、カラム・マクドゥガル、ブライアン・オリバー

作品概要

「007 スペクター」などで知られるイギリスの監督サム・メンデスが手掛けたイギリス・アメリカ合作映画です。

第一次世界大戦を舞台に、とある重要な任務を抱えた2人の兵士の1日を描きました。

フレッシュな若手ジョージ・マッケイとディーン・チャールズ=チャップマンを軸に、ベネディクト・カンバーバッチ、コリン・ファース、マーク・ストロングなどイギリスの実力俳優たちが脇を固めました。

予告動画

映画【1917 命をかけた伝令】あらすじ(ネタバレなし)

(C)2019 Universal Pictures and Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.

第一次世界大戦中の1917年のとある朝。

若きイギリス兵のスコフィールドとブレイクは軍に関わるとても重要な任務を命じられる。

それは敵軍との一触即発の最前線にいる味方軍1600人に、明朝までに作戦の中止を伝えるということ。

しかしそれまでの道のりには至る所に罠が仕掛けられており、更に1600人の中にはブレイクの兄も配属されていた。

危険が迫る戦場を通り抜け、この命令を伝えなければ兄を含めた味方全員が命を落とすこととなり、更にイギリス軍の敗戦が濃厚なものとなる。

タイムリミットの明朝が迫る中、2人の危険なミッションが始まる。



スポンサーリンク


映画【1917 命をかけた伝令】作品解説

(C)2019 Universal Pictures and Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.

この映画の監督はサム・メンデスです。

名門ケンブリッジ大学を卒業後舞台の演出家として活躍し始めます。

1992年にロンドンにドンマー・ウェアハウス劇場を立ち上げ以降10年にわたり芸術監督を務めます。

1999年に「アメリカン・ビューティー」で映画監督デビュー、同作でアカデミー作品賞と監督賞を含む5部門を受賞し翌年イギリス王室より大英帝国勲章を与えられています。

2012年には「007 スカイフォール」にてイギリスの歴代興業成績1位をアバターを抜いて獲得、また世界中でも大ヒットし、シリーズ最高の興行成績を記録する快挙を成し遂げるなど、正にイギリスを代表する巨匠です。

映画で描かれる1日という時間軸をよりリアルに表現するためにこの映画では「ワンカット」という技法で撮影されています。

基本的に映画を撮影する際には1つのシーンを多くのカットから成り立たせる事が一般的ですが、反対に「ワンカット」(日本語では長回しと呼ばれます)という手法でカメラを止めずにノンストップで撮影する映画も存在します。

この技法は役者の演技力やまた高い撮影技術が求められますが、よりリアルな時間の流れを感じることができるという利点があり、日本の映画でワンカット撮影で有名なのは2018年の「カメラを止めるな!」があります。

本作は野外に作られた大掛かりなセットの中で全編を通してワンカットに見える映像を作り上げました。

この究極の技法を完成させるため、全てにおいて秒単位で撮影を計算、調整を繰り返し、また膨大な時間を費やしてリハーサルが行われたようです。

それにより、戦場にいる兵士達が感じる砂埃、飛び交う弾丸、彼らの息遣いまでもがリアルに感じられ、まるで観客自身が戦場にいるかのような感覚を味わうことができます。



スポンサーリンク


キャスト紹介

キャスト

ジョージ・マッケイ(スコフィールド)

ディーン=チャールズ・チャップマン(ブレイク)

ベネディクト・カンバーバッチ(マッケンジー大佐)

コリン・ファース(エリンモア将軍)

解説

スコフィールドを演じるのは若手俳優ジョージ・マッケイです。

イギリス生まれの俳優であり、デビューは10歳の時、スカウトされたことがきっかけであり2003年の「ピーター・パン」でスクリーンデビューを果たしています。

その後イギリス映画の「サンシャイン 歌声が響く街」「わたしは生きていける」やアメリカ映画の「はじまりへの旅」に出演しています。

2018年にはNetflix製映画「ずっとあなたを待っていた」にてミュージカルに出演するなど、活躍の幅を広げています。

ブレイクを演じるのはディーン=チャールズ・チャップマンです。

彼もイギリス出身の俳優であり、2007年に子供番組「ファン・ソング・ファクトリー」に出演し、同じ年に医療ドラマ「カジュアルティ」に俳優として出演しています。

2014年の映画「リピーテッド」ではニコール・キッドマンなどの豪華俳優陣と共演したことで話題となり、また社会現象となるほど人気を博したドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」にも出演するなど現在知名度上昇中の俳優です。

主演2人は若手俳優ですが、脇を固めるのは英国アカデミー賞俳優ベネディクト・カンバーバッチや大英帝国勲章受章者のコリン・ファースなどベテラン勢が揃っています。

見どころ紹介&こんな人におすすめ

(C)2019 Universal Pictures and Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.

この映画の見どころはなんといっても上述した「全編を通してワンカットに見える技法」で取られた映像群でしょう。

予告映像の中には爆風が舞う戦地を全力で駆け抜ける映像や飛行機が突っ込んでくるシーンなど緊張のアクション映像が見受けられます。

そんな手に汗握るような映像を俳優と撮影人がタイミングと呼吸をあわせて撮影し、私たちに究極のリアリティを届けてくれます。

またこの映画は第一次世界大戦をテーマにしていることから戦争を知らない若い世代の方にも是非見ていただきたい作品です。

監督はこの作品は幼い頃に自身の祖父が語ってくれた第一次世界大戦の体験談から発展し自分の心に残っているものを反映させてきたものであると語っています。

主演2人が若手兵士の役という事と上記撮影技術で作られた映像により実際の戦争の様子をリアルに感じ、知ることができる作品でしょう。

まとめ

以上が「1917 命をかけた伝令」のあらすじと見どころになります。

海外でも大注目の映画であり、第77回ゴールデングローブ賞において「監督賞」「作品賞(ドラマ部門)」「作曲賞」の3部門ノミネート、他の映画賞にも数多くノミネートされアカデミー賞の最前線にいるとも言われています。

12月20日からムビチケも好評発売中であり、正に映画史の歴史にも残るであろう本大作を見逃さないようにしてください。

この記事のURLをコピーする


スポンサーリンク


◆映画を無料で視聴する方法(作品名あいうえお順)