映画あらすじ見どころ(ネタバレなし)

映画【アド・アストラ】あらすじキャスト見どころ!ブラッド・ピット初の宇宙飛行士役!親子関係を描いたSF映画

ブラッド・ピット主演のSF超大作映画が2019年9月20日に公開されます。

彼が初めて挑んだ「宇宙飛行士」という役でトミー・リー・ジョーンズとの親子関係を壮大なスケールで描いた映画です。

あらすじ、キャストなど作品情報をはじめ、見どころ紹介記事です。ネタバレはありません!


スポンサーリンク


映画【アド・アストラ】作品概要

(C)2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

作品概要

ジェームズ・グレイが監督を務める宇宙を舞台にしたSF映画かつ親子関係を扱った作品です。

あのブラッド・ピットが主演を務めるという事で今とても注目されている作品です。

彼の父親役は「メン・イン・ブラック」で有名なオスカー俳優トミー・リー・ジョーンズが演じ、2人の共演も話題になっています。

予告動画

映画【アド・アストラ】あらすじ(ネタバレなし)

(C)2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

本作の主人公は宇宙飛行士のロイ・マグブライド。

彼の父親クリフォード・マクブライドもまた宇宙飛行士であった。

地球外生命体の調査に命を捧げたクリフォードは、16年前に43億キロ離れた太陽系の彼方で行方不明となっていた。

そんな父親に憧れ、宇宙飛行士となったロイ・マグブライドであるが、ある日父親の失踪の調査をするための呼び出しにあう。

そこで彼は「信じ難いだろうが、君の父親は生きている」という驚愕の事実を知ることとなる。

更に、クリスフォードは太陽系を滅ぼすことも可能な計画「リマ計画」に関わっていたという事実も突き付けられる。

「必ず、父親を見つけ出す」。父の謎を追うロイの姿を描いたSFミステリー映画。



スポンサーリンク


作品情報詳細(公開日・監督・キャストetc.)

(C)2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

公開日(日本):2019年9月20日

原作:Ad Astra

監督:ジェームズ・グレイ

脚本:ジェームズ・グレイ、イーサン・グロス

製作:PLAN B エンターテインメント

キャスト

ブラッド・ピット(ロイ・マクブライド)…主人公であり宇宙飛行士。父親に憧れている。

トミー・リー・ジョーンズ(クリフォード・マクブライド)…主人公の父親。16年前に失踪した。

リブ・タイラー(ロイの妻)…主人公の妻。

解説とコメント

主演を務めるのは世界的人気ハリウッドスター、ブラッド・ピットです。

アカデミー賞に俳優として3度ノミネートされるなど、華々しい経歴を持っています。

長い経歴のなかで様々な役どころを演じてきましたが、宇宙飛行士役は本作品が初めてとのことです。

ブラット・ピットの演じる宇宙飛行士、とても期待が高まります。

ブラット・ピットの父親役はトミー・リー・ジョーンズが演じます。

宇宙関連の映画では「メン・イン・ブラック」でK役を演られていたのが有名ですね。

また日本ではサントリー缶コーヒーのBOSSレインボーマウンテンCM「宇宙人ジョーンズの地球調査シリーズ」での宇宙人役がおなじみだと思います。

実は彼自身が大の親日家とのことでこのCMのコラボレーションが生まれたようです。

今回は失踪した父親役とのことで、シリアスな役どころをどう演じられるのでしょうか。

主人公の妻役を演じるのはリブ・タイラーです。

宇宙関連の映画としてはあの「アルマゲドン」でヒロイン役だったことが有名かと思います。

もともとモデルとしてデビューし、女優として様々な役どころを演じ、また2012年には歌手デビューするなど活動の幅の広いのも彼女の魅力の一つです。

本作でメガホンをとったのはジェームズ・グレイです。

1994年に「リトル・オデッサ」で長編映画デビューし、デビュー作で第51回ヴェネツィア国際映画祭にて銀獅子賞を受賞したことでも注目を浴びた監督です。

本作も第76回ヴェネツィア国際映画祭のコンペティション部門正式出品されるとのことでとても期待値の高い作品であることは間違いありません。



スポンサーリンク


映画【アド・アストラ】見どころ紹介&こんな人におすすめ

(C)2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

本作の見どころとして注目されているのはあのブラッド・ピットが長い芸歴の中で初めてだという宇宙飛行士役をどのように演じるのかということです。

また、制作会社であるPLAN B エンターテインメントは2002年にブラッド・グレイやブラッド・ピットらが立ち上げた映画制作会社で、現在はブラッド・ピットが所有しています。

今までに数々の名作を打ち出してきており、アカデミー賞も多数受賞しています。

そんなブラッド・ピット自らが率いる制作会社作成の映画の主演がブラッド・ピット自身ということは最高クオリティの映画であることに間違いありません。

また、宇宙をテーマにした作品ながら、焦点となってくるのはブラッド・ピット演じるロイ・マクブライドとトミー・リー・ジョーンズ演じるクリフォード・マクブライドの親子関係です。

ずっと憧れていた、そして死んだと思っていた父親が実は生きていて、そしてとんでもない計画に携わっていることが判明する、その事実にどう対処するのか?

この2人の親子関係はどこに着地するのか?といったところが見どころになるかと思います。

この映画は超豪華キャストと有能なスタッフが作り上げた超大作であり、スケールも大きいため、ハリウッドなどの超大作やSF映画が好きな人にお勧めな作品ではあります。

ですがそれと同時に「親子関係」もまたテーマにしていることから、「超大作」にこだわらないヒューマンドラマを観たい人にもお勧めできる作品と言えるでしょう。

まとめ

以上がアド・アストラのあらすじ、見どころまとめでした。

「アド・アストラ」とはラテン語で「星の彼方へ」という意味のようです。

ロイ・マクブライドとクリフォード・マクブライドの親子関係はどうなっていくのか、リマ計画とはなんなのか。

その謎を解きにブラッド・ピットと一緒に星の彼方へ、劇場で確認していただければと思います。



スポンサーリンク