映画無料視聴

映画「アナと雪の女王」の動画(字幕・吹き替え)をフルで無料視聴する方法は?U-NEXTでは短編アニメーションも配信中

ここでは、映画「アナと雪の女王」のフル動画(字幕・吹き替え)を無料で視聴できるサービスについてお伝えしていきます。

結論から言いますと、動画配信サービスであるU-NEXTを利用すれば、一切お金をかけることなく視聴ができます。

登録後31日間は無料トライアル期間となっていて、解約はいつでも簡単にできます。

いますぐU-NEXTで無料視聴する方はこちら
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

映画「アナと雪の女王」動画の無料視聴方法!おすすめは断然U-NEXT

まず、主要な動画配信サービスでの映画「アナと雪の女王」の配信状況をチェックしてみましょう。
(○=今すぐ無料視聴が可能、△=配信されているが有料、×=未配信)

U-NEXT
Hulu
Amazonプライム
dTV
TSUTAYA TV
FODプレミアム
ビデオパス
ビデオマーケット

いくつかのサービスで配信されていますが、最もおすすめなのが、無料で視聴ができるU-NEXTです。

大きな理由は以下の通りです。

・映画「アナと雪の女王」が今すぐ無料で視聴可能
・短編アニメーション「アナと雪の女王/家族の思い出」も配信中

・登録、解約手続きが比較的簡単にできる
・作品配信数が圧倒的

・無料トライアル期間が長い

U-NEXTには見放題作品とレンタル作品がありますが、レンタル作品であっても初回登録時にもらえる600ポイントを使用してすぐに無料視聴ができます

ちなみに映画「アナと雪の女王」はレンタル作品(視聴するのに330ポイントが必要)なので、初回登録時にもらえるポイントを使用しての視聴となります。

視聴するときには、字幕と吹き替えの選択が可能です。

現在31日間の無料トライアルを実施していますので、全くお金をかけることなく、映画「アナと雪の女王」の視聴が可能です。

またU-NEXTでは、短編アニメーション「アナと雪の女王/家族の思い出」やアナ雪関連の電子書籍も配信されています。

 

U-NEXTの動画配信数は16万本と国内最大級で、映画はもちろんドラマ、アニメ、音楽、バラエティなど作品の充実度は群を抜いています。

新作から旧作まで多数の映画を配信中

登録や解約手続きは他サービスに比べて簡単なので、ぜひお試しください。

U-NEXT公式ページを見てみる
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

U-NEXTのメリットが凄い!映画好きには特にオススメ!

さらにU-NEXTは、他のサービスと比較して下記のようにメリット(特徴)がたくさんあります。

U-NEXTのメリット(特徴)

31日間の無料トライアル期間がある(解約はいつでも可能)
初回登録時に600ポイント、無料期間終了後には毎月1,200ポイントがもらえるので、新作映画や電子書籍などの有料コンテンツも楽しめる(1ポイント=1円)
毎月貰えるポイントは映画のチケット(しかも300円分お得なチケット)に交換可能
新作映画の配信が早い
ほとんどの作品のダウンロードが可能で、オフラインでどこでも楽しめる
一つの契約で4アカウントまで作れる(視聴履歴の共有はなし)
パソコン、スマホ、タブレットなどのマルチデバイス対応で、同時視聴も可能(4人まで)
再生速度の変更が可能
70誌以上の最新の人気雑誌が読み放題
42万冊以上の電子書籍があり、無料で読める漫画もたくさんある

このようにU-NEXTは映画好きにはたまらないメリットが盛り沢山です。

デメリットは無料期間終了後の月額料金が1990円(税抜)とやや高めなことくらいです。

といっても毎月1,200円分のポイントがもらえますし、その前に無料期間内(登録から31日以内)に解約してしまえば料金は一切かかりません。

登録・解約手続きはとても簡単ですし、映画「アナと雪の女王」を無料で視聴するならU-NEXTが一番オススメです。

違法アップロードされているサイトでの視聴は、ウイルス感染や個人情報流出の危険がありますので、公式サービスであるU-NEXTで安全に視聴することをおすすめします。

U-NEXT公式ページを見てみる
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

※2019年10月時点の情報です。配信状況など詳細は公式サイトにてご確認ください。

映画「アナと雪の女王」作品情報

あらすじ

触れたものを凍らせる魔力を持つ王家の娘・エルサとその妹・アナ。力をひた隠しにしていたエルサだったが、戴冠式で魔力が暴走、王国を雪と氷の世界に閉じ込めて逃亡してしまう。アナは雪だるまのオラフや青年・クリストフと共にエルサを探す旅に出るが…。

主なキャスト

(アナ)クリステン・ベル
(雪の女王/エルサ)イディナ・メンゼル
(クリストフ)ジョナサン・グロフ
(オラフ)ジョシュ・ギャッド
(ハンス)サンティノ・フォンタナ
(ウェーゼルトン公爵)アラン・テュディック
(パビー)キアラン・ハインズ
(オーケン)クリス・ウィリアムズ

主なスタッフ

監督:クリス・バック、ジェニファー・リー
音楽:クリストフ・ベック
脚本:ジェニファー・リー
製作:ピーター・デル・ヴェッチョ

U-NEXT公式ページを見てみる
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

視聴者の声(ネタバレあり)

感想

視聴者の感想を見る

とりあえず、この映画を見終わったらハッピーな気持ちになれます。

両親を小さいころに亡くしているにもかかわらず、毎日明るく姉を慕い続けるアナ、自分が小さいころに妹に怪我をさせたことから全てに心を閉ざしてしまうエルサ。

姉妹愛、家族の大切さ、恋人に裏切られる様、自分のエゴのため他人を蹴落とす様、純粋でまっすぐな人が信念を貫き通すことで幸せをつかむ様、この映画では人生において起こりうるあらゆることが描かれていて、描写が非常に細やかで心に届き本当に感動します。

鑑賞中はいろいろな感情を感じれ、映画のシーンを実生活と重ね合わせつことでいろいろと考えさせられます。

何か失敗をしたことから心を閉ざしてしまったり、そのことから離れてしまったり・・・そういったことは私たちの日常でもありえることで、孤立している人はもしかすると何か過去に失敗があってそうなっているのかもしれないので、常に周りの人に親切にすること、家族に愛情を注ぐことが大事なのだなと思いました。
(20代女性)

ディズニーの映画には、プリンセスとプリンスが出てきます。

はじめ、良いプリンスだと思っていたハンスが、実は国を乗っ取ろうと悪巧みをしていた悪者だったところが後半で発覚し、バレてからはエルサに完璧に締め上げられるところがハラハラしますが、面白いです。

全体的に、映像が綺麗で、エルサが魔法で雪を巧みに扱って雪山にお城を築いたり、橋をかけたりするシーンはとても見ものでした。

魔法がバレて、国のお城を飛び出したエルサを探すアナが雪山の道中で出会うオラフも、緊迫したシーンで独特の能天気さを出して、持ち味を活かせていてとても楽しめました。

主題歌の『Let it Go』の日本版は、松たか子さんが歌っていましたが、松たか子さんの歌声や歌い方も、映画のイメージにあっており、エルサが雪山でお城を築きあげるシーンでは、歌の雰囲気もあったせいか、ワクワクドキドキ感が高まりました。

エルサの魔法により、長い間、話していなかった姉妹が力を合わせて国を守り、姉妹愛が高まったのも感動しました。
(20代女性)

アナ雪の魅力はやっぱり歌が素晴らしいと思います。

思わず手振り身振りで唄いたくなる『Let It Go』(レット・イット・ゴー)もとても有名な曲となりましたが、物語の序盤にアナとハンス王子の唄う『Love Is An Open Door』(とびら開けて)はカラオケでも歌っている人は『アナ雪好き』として一目置かれる名曲です。

「ねぇちょっとおかしなこと言ってもいい?」とアナの問いから始まる、とてもリズミカルでミュージカル特有の話口調から物語に合わせた歌詞が恋する二人の心境を大胆かつ純粋に歌い上げています。

大人は思わず「なんだそりゃ」と照れ臭くなり、子供は「サンドイッチ好き!」と共感し母娘で楽しめ「二人だから~」と抱き合うようなとってもハートフルな曲です。

この作品は雪の女王であるエルサの曲が有名でさもエルサよりなお話しのように思われますが、実はアナがハンス王子との突拍子もなくロマンスに発展することが物語の起点だと気が付くと『雪だるまつくろう』などの別の曲へと繋がる総合的なミュージカルを実感できる映画だと何度も楽しめます。
(40代男性)

自由奔放で天真爛漫なアナと、冷静で大人な態度をとるアナの姉エルサ。

2人の主人公が織り成す物語は、当初ディズニーアニメという事もあって子供向けだろうという先入観があったのですが、アナを傷つけたくない一心で距離をとってしまうエルサと、エルサの事を大切に想うあまり自らを顧みないアナの姉妹愛に満ち溢れた感動の物語でした。

ディズニーというと真実の愛を求める王女様と王子様が困難に立ち向かっていく恋愛ストーリーが多いイメージですが、今回は真実の愛イコール姉妹愛を描いたという点では新鮮な気持ちで映画を楽しむことができました。

雪だるまのオラフも良いキャラ(ドンくさいですがどこか憎めない、非常に優しい心の持ち主)していて個人的に大好きです。

作中に流れてくる曲も物語の内容に合っていて、思わず一緒に歌いだしたくなるほどテンポ良いものだったのでカラオケでよく歌いました。

最後はもちろんハッピーエンドなので、見終わった後は「見て良かったな~。」と自然と笑顔になること間違いなしです。
(20代女性)

「アナと雪の女王」は、今までのディズニープリンセスの概念をことごとく覆す、良い意味で予想を裏切ってくれる映画です。

まず一番の驚きポイントですが、今までのディズニープリンセスのストーリーには珍しく、プリンセス格が二人存在します。

そしてさらに驚きなのが、ほとんどのディズニープリンセスが10代なのに対し、プリンセスのうちの一人、エルサが20代であると言うことです。

正直、エルサとアナの両親が亡くなってエルサが女王の地位につくので、プリンセスというよりかはクイーンと言った方が正しいかもしれません。

そう考えるとエルサが20代という設定なのもうなずけます。

また、プリンセスが2人いるということで、軸が二つあるのも新しくて面白さを感じます。

一つはエルサが自分の力と向き合っていく、という軸。

これは主題歌の「レットイットゴー ありのままで」という曲からも分かる通り、メイン軸であると考えてよいと思います。

もう一つの軸は、アナのラブストーリーです。

1人目の相手であるハンスと結婚する約束をしたまま、同時進行でクリストファーとの仲が深まっていくのは、現代らしい描き方と言えます。

そして最終的にはハンスが悪役となり、クリストファーと結ばれます。

ディズニープリンセス映画で重要となる、「悪役」「最後には運命の相手と結ばれる」という要素を残しつつ、家族の絆や自分のコンプレックスと向き合っていくことの重要さを盛り込んでいるという点で、「アナと雪の女王」は驚きの多い新鮮な映画であると思います。
(20代女性)

「アナと雪の女王」は、エルサとアナの姉妹の物語です。

兄弟姉妹という人間関係において「上の子」は、周囲からしっかりすることを求められ、「下の子」に自分が作ってきた物事を乱されることがしばしばあります。

私もいわゆる「上の子」であるため、姉としてのエルサの心情には深く共感しました。

自由奔放で快活なアナに対し、責任感の強いエルサ。

両親を亡くし、国を背負っていかなければならないという立場と、妹のアナに傷(氷の魔法)を負わせてしまったという事実がエルサを追い詰めていきます。

アナが王国を追われるようになったきっかけは、アナの結婚です。

姉の言うことを聞かずに結婚を進めようとするアナに嫌気がさすエルサの気持ちは、映画を観る多くの「上の子」が共感するところでしょう。

結局、エルサはフラストレーションによって氷の魔法を暴走させてしまい、国を追われることになります。

国を追われる事はエルサにとってもアナにとっても悲劇ですが、それによってエルサは自分を縛っていたものから解放されたという見方もできます。

レット・イット・ゴーを歌いながらティアラを投げ捨てるエルサの姿は、「真面目なしっかり者」からの脱却を象徴しています。

「上の子」として拍手を送りたくなるシーンです。
(30代男性)

私は、アナと雪の女王を見て最初は仲良く遊んでいた姉妹が、姉のエルサの特有の力により溝が出来、その力で遊んだ時にアナに危害を加えてしまった幼少期の、雪だるま作ろう〜の歌に悲しさを感じました。

エルサも一緒に遊びたいのに、封印しないと行けないくらいのちからを持ってしまい『あっち行って』と突き放すしかない状況です。

アナの安易な婚約に関して怒ったエルサが、力を開放してしまって街中を雪の国にしてしまう事件が起こりました。

アナはエルサと仲直りをして雪の国を辞めるように言いに行きますが、エルサは氷の魔物などを作り反撃して来ました。

そんな中、トナカイを連れたクリストフやオラフに出会います。

エルサに攻撃されたアナは、心が氷で氷初めていました。

クリストフの友人のトロールに見てもらうと、心の氷は真実の愛でしか直せないと知ります。

アナは、婚約をしたハンス王子のキスを求めて城に向かいますがハンス王子はアナを愛してるわけではなくお城を地位の獲得のために婚約したのを知ります。

真実の愛は誰にあるのか、クリストフなのか?そんな中、エルサの前で心ごと氷の彫刻のように凍ってしまうアナを見てエルサは泣いてしまいます。

その涙がアナの心に落ちて、アナは心を取り戻します。真実の姉妹の愛がこの物語の素晴らしい所だとも思います。
(30代女性)

とても面白い映画でした。

アナとエルサの友情があったり、クリストフとアナの愛があったり、楽しいところもあったりするけれど後半はしっかり危機に立ち向かっていくのが、子供にもきちんと分かる内容だからあれほどブームになったんだろうなと思いました。

終盤の凍りついた海をスヴェンに乗ったクリストフがアナを助けに向かうところがとてもカッコいいです。

また、氷付けになりかけているアナが自分を捨ててまでエルサを救うところは、予想はできたけどやはりぐっときました。

あと、アナとエルサの吹き替えをされている松たか子さんと神田沙也加さんがとても上手です。

声優以外の人が声優をするのは正直合わなくて嫌いなのですが、この二人は完全にアナとエルサでした。

アナのおてんばなところやエルサの落ち着いたところも丁寧に表現されていました。

もちろん歌もとても上手です。エルサの歌った「Let It Go」も素晴らしいですが、「うまれてはじめて」の二人の掛け合いは素晴らしいの一言です。
(30代女性)

「アナと雪の女王」は、様々な愛が散りばめられた素晴らしい作品です。

不思議な力を持つ姉と無邪気な妹は、対照的な存在ではありますが、お互いを必要とし、唯一無二の存在であることがとてもよく伝わってきます。

また恋愛に関しても、外見だけではなく内面をよく見る大切さを上手に表現している作品で感心してしまいました。

姉は不思議な力が妹に及ばないように距離を取りますが、妹は姉を心配し助けようとします。

姉妹愛が美しく、上映中に何度も涙しました。

自分に不思議な力があることをネガティブに捉えていた姉ですが、妹の存在によりポジティブに捉えることができたと思います。

人は一人きりでは生きていけず、共に支え合うことの大切さを優しく教えてくれるストーリーでした。

「アナと雪の女王」では、日本語吹き替えのキャストが豪華で話題になりましたが、松たか子さんの歌声は特に圧巻でした。

上映中に素晴らし過ぎて、鳥肌が立ったのを覚えています。

「アナと雪の女王」は、ただの子供向け映画ではありませんでした。

大人も最後までじっくり見れる素晴らしい映画でした。
(30代女性)

とにかくディズニー映画という感じで、面白くもあり、感動もあり、素敵な展開の映画です。

まず、エルサとアナの姉妹の幼少時代の頃が描かれているのですが、一緒に遊んだりしている姿がとても微笑ましいシーンでした。

とても、仲がいい姉妹なのにエルサの魔法の力でだんだんエルサがアナと距離を置き、エルサが閉ざしてしまうのですが、そこで、アナが「雪だるま作ろう」 を歌い出すとても有名なシーンで可愛くもあり楽しくなりました。

エルサが部屋から出てこればいいのに、と思いながら聞いていました。

アナを傷つけてしまったエルサの気待ちも痛いほどわかり、どうにかまた元の姉妹の仲に戻らないかなと思っていました。

アナがエルサを探しに行き、冒険をし、いろいろな経験をし、最終的に利用してる悪者の王子をアナが助けようとし、エルサがアナを思い、魔法が解けらとともに、2人の姉妹の絆を感じとても、感動しました。

個人的には最後に、オラフの上だけ雪を降らせてあげるエルサがとてもかわいく思いました。
(20代女性)

見どころ

視聴者の考える見どころを見る

ディズニー映画は子供向けだと思われるかたばかりだと思いますが、この映画は、子供だけではなく、全ての世代の人が楽しめる映画だと思います。

描かれているストーリーは私達大人の日常生活に置き換えられるような出来事ばかりで、人間関係についても考えさせられ、そして何よりハッピーな気持ちになれる映画ですので、機会があれば皆に見て頂きたい映画です。
(20代女性)

今までのディズニーでも、特にプリンセス系の映画は、男女のときめきを描いた作品が多かったですが、アナと雪の女王は、姉妹の愛や絆の深まりを見られるところが見どころだと思います。綺麗な映像も合わせて、楽しめると思います。
(20代女性)

やっぱりメインイベントとなる『エルサの覚醒』(勝手に覚醒と言っていますが)のシーンが見どころだと思います。

エルサが『Let It Go』(レット・イット・ゴー)を歌うシーンです。

エルサが葛藤しながらも、自分の心を開放していくう様子が見事に描かれていますのでこのシーンに魅了されること間違いなしです。
(40代男性)

性格が正反対、対照的な2人の姉妹愛が描かれている点が最大の見どころです。

子供向け映画だと思っていたら、意外と大人のほうが自分自身の兄弟姉妹、家族の中での立ち位置に重ねて観て共感できる点が多いかもしれません。

できれば大切な家族と観たい、素敵な愛に満ち溢れる映画です。
(20代女性)

「アナと雪の女王」は、今までのディズニープリンセス映画の常識を良い意味で覆してくれる映画です。

ラブストーリーに焦点を当てるだけでなく、家族愛、自分のコンプレックスと真摯に向き合うことの重要さを見る側に教えてくれます。

新しい視点が盛り込まれたディズニープリンセスストーリー、雪をテーマにした壮大で美しい世界観を楽しみたい方にお勧めです。
(20代女性)

まだアナもエルサも出てこない、冒頭のアレンデールの男たちが氷を切り取るシーンがありますが、その氷の表現が非常に美しく、心を掴まれます。

アレンデールの風景や登場人物の衣装など全体の色調が統一されている点も映像美を際立たせています。
(30代男性)

ミュージカル調なので、ところどころ歌が流れますがそれがとても可愛かったり、悲しかったり、楽しかったりします。

オラフのキャラクターも、見ていて笑えると思います。

真実の愛を一緒にさがすクリストフとはどうなるのか?エルサはどうやって雪の女王になるのか、そして真実の愛はどこにあるのか?を見ていただきたいです。
(30代女性)

見どころは映画を通して流れる歌と音楽です。

「Let It Go」はもちろん「うまれてはじめて」「とびらをあけて」「愛さえあれば」など沢山名曲があります。

特にこどもの頃のアナとエルサが歌う「雪だるまつくろう」はとても楽しい歌です。

しかし親がなくなっても会おうとしないエルサにアナがもう一度「雪だるま作ろう」と寂しそうに歌うところは少し悲しくなります。

「アナと雪の女王」はストーリーだけではなく、映像美も素晴らしいです。

姉妹愛や恋愛も見どころですが、日本語吹き替え版でぜひ見て頂きたいです。

日本の声優陣の実力の高さが、より映画を盛り上げていると思います。

音楽も素敵で、口ずさみたくなるような曲ばかりです。

沢山笑顔になれて、心から感動できる「アナと雪の女王」は、見なきゃ損だと思います。
(30代女性)

見どころはたくさんありますが、やはり途中で挿入歌のように入ってくる、歌がとても素敵です。

ミュージカルのように楽しい気分の歌はとても明るくなります。

特にエルサの城のシーンのレット・イット・ゴーはとても一体感があり鳥肌物です。
(20代女性)

まとめ!映画「アナと雪の女王」の動画はU-NEXTで無料視聴しよう!

映画「アナと雪の女王」のフル動画を無料視聴する方法や、作品情報をご紹介しました。

U-NEXTを利用すれば、映画「アナと雪の女王」を無料で視聴することが可能です。

U-NEXTのメリット(特徴)

31日間の無料トライアル期間がある(解約はいつでも可能)
初回登録時に600ポイント、無料期間終了後には毎月1,200ポイントがもらえるので、新作映画や電子書籍などの有料コンテンツも楽しめる(1ポイント=1円)
毎月貰えるポイントは映画のチケット(しかも300円分お得なチケット)に交換可能
新作映画の配信が早い
ほとんどの作品のダウンロードが可能で、オフラインでどこでも楽しめる
一つの契約で4アカウントまで作れる(視聴履歴の共有はなし)
パソコン、スマホ、タブレットなどのマルチデバイス対応で、同時視聴も可能(4人まで)
再生速度の変更が可能
70誌以上の最新の人気雑誌が読み放題
42万冊以上の電子書籍があり、無料で読める漫画もたくさんある

U-NEXTは31日以内に解約すればお金は全くかかりません。

登録、解約手続きは簡単なのでこの機会にぜひお試しください。

U-NEXT公式ページを見てみる
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)