映画あらすじ見どころ(ネタバレなし)

映画【アナと雪の女王2】あらすじキャスト見どころ!あの大ヒット映画の続編!前作で解き明かされなかった謎とは?

世界中で大ヒットした映画「アナと雪の女王」の待望の続編が2019年11月22日に公開されます。

エルサ・アナ・オラフなどが再度集結し、監督も前作同様クリス・バックとジェニファー・リーが務めます。

あらすじ、キャストなど作品情報をはじめ、見どころ紹介記事です。ネタバレはありません!


スポンサーリンク


映画【アナと雪の女王2】作品概要

(C)2019 Disney. All Rights Reserved.

作品概要

公開されるや否や世界中でブームを巻き起こし、日本でも歴代興行収入ランキング第3位の記録を残した前作「アナと雪の女王」から約6年。

全世界待望の続編がついにこの冬公開となります。

前作は序章にすぎないと言われており、お馴染みのエルサ・アナ・オラフ・クリストフとともに新たな冒険への幕が上がります。

予告動画

映画【アナと雪の女王2】あらすじ(ネタバレなし)

(C)2019 Disney. All Rights Reserved.

妹アナの命懸けの行動により、閉ざしてしまっていた心を再び開き、ありのままの自分を受け入れたエルサ。

触れるものすべてを凍らせてしまう力をコントロールできるようになったエルサは雪と氷に覆われていたアレンデール王国に温かな光を取り戻すことに成功した。

それから3年、再び姉妹の深い絆を取り戻したエルサとアナは協力して王国を治めながら、仲間たちと幸せな日々を過ごしていた。

しかしある日エルサだけに「不思議な歌声」が聞こえるようになる。

歌に導かれアナとエルサは仲間であるオラフとクリストフと共に旅にでることにする。

その旅の道中でエルサの持つ力の秘密を解き明かすための様々な試練が一向を待ち受ける。

なぜエルサは力を持ったのか。なぜエルサだけだったのか。姉妹の知られざる過去とは?

全ての答えは旅の終わりに判明する・・・。



スポンサーリンク


作品情報詳細(公開日・監督・キャストetc.)

(C)2019 Disney. All Rights Reserved.

公開日(日本):2019年11月22日

原題:Frozen 2

監督:クリス・バック ジェニファー・リー

製作:ピーター・デル・ベッチョ

キャスト

エルサ(イディナ・メンゼル/松たか子)…アレンデール王国の女王。物静かで愛情深く、慎重に考えて行動を行うが、自分の謎を解き明かすためであれば消して諦めない強い心を持っている。

アナ(クリステン・ベル/神田沙也加)…アレンデール王国の次女。エルサと異なり明るく楽観的に物事を捉えるタイプ。姉を救うために命掛けの冒険に出る勇気も持ち合わせている。

クリストフ(ジョナサン・グロフ/原慎一郎)…荒っぽく無骨な山の男。前作でアナと知り合い、反発しながらも惹かれあう。

オラフ(ジョシュ・ギャッド/武内駿輔)…エルサに作り出された雪だるま。ムービーメーカーで夏に憧れを持っている。

解説とコメント

前作「アナと雪の女王」といえば2013年のディズニー3Dアニメ映画であり世界中でブームを巻き起こし社会現象となり、第86回アカデミー賞アカデミー賞の「長編アニメ映画賞」「主題歌賞」を受賞しています。

日本でも「千と千尋の神隠し」「タイタニック」に次いで歴代興行収入ランキング第3位となる興行収入255億円の大ヒットを記録しています。

多くの人が観ている作品であると思いますが、前作の内容を簡単におさらいすると、

「アレンデール王国の姉妹・エルサとアナは昔はとても仲の良い姉妹だったが、触れたものものを凍らせ、雪を降らせる能力を持っているエルサはその力で幼少期にアナを傷つけてしまう。

以後エルサはアナを避け、能力を制御しようと誰にも接さず暮らしていたが、両親が旅先で事故死してしまい、エルザが次期女王になることとなる。

エルサが女王になる戴冠式のパーティーでアナはハンス王子と出逢いと恋に落ち、結婚を決めるが、「もっと慎重になったほうがいい」というエルサと口論になり、エルサはうっかり自分の力を見せてしまう。

国民をも怖がらせてしまったためエルサは北へ逃げ、1人で生きていく決意をするが、エルサの魔法によりアレンデールは夏にもかかわらず冬の世界となってしまう。

アナがエルサを説得しに向かうが、エルサの魔法を受けて瀕死の状態となってしまい、魔法を解かすのは真実の愛が必要と言われてしまう。

ハンス王子はアレンデール王国を自分のものにしようとしていた悪者であり、アナを助けるどころか殺そうとするが、クリストフの協力により真実の愛を持つエルサは魔法を解きアナの命は救われる。

エルサは自分の力を制御できるようになり、王国には平和が戻った。」

というストーリーになります。

今回の物語は前作から3年、幸せに暮らしていた姉妹は前作で解き明かされなかった謎に挑むことになります。

主人公の一人であるエルサの声は前回同様アメリカ人の女優として活躍するイディナ・メンゼルが担当します。

ブロードウェイ等舞台でも活躍している女優さんのようで、劇中歌「レット・イット・ゴー」が第86回アカデミー賞歌曲賞を受賞しています。

日本語吹き替え版でも松たか子の続投が決まっており、前作では松たか子が歌う「レット・イット・ゴー」は大変綺麗な歌声で有名になりましたね。

もう1人の主人公、アナも前作同様クリステン・ベルが声を担当します。

彼女もブロードウェイデビューの女優のようで、また日本でも大人気だったドラマ「ゴシップガール」のゴシップガール役(声の出演)でも有名です。

日本語吹き替え版でも神田沙也加が引き続き担当するとのことで、前回同様のキャスティングとなっています。



スポンサーリンク


映画【アナと雪の女王2】見どころ紹介&こんな人におすすめ

(C)2019 Disney. All Rights Reserved.

「アナと雪の女王」は前作と今作あわせた2作で完成された1つの物語だと、監督のクリス・バックとジェニファー・リーが言っています。

今回の映画の見どころは前作で解き明かされなかった謎がどうなるのかというところではないでしょうか。

その謎とは「なぜエルザにだけ特殊な力が与えられたのか」「エルザとアナの両親はなぜ旅にでてしまったのか」というところだと思います。

他にもアレンデール王国の外はどうなっているのか、姉妹の関係がどうなってしまうのか、アナとクリストフとの関係など見どころ満載のストーリーになっています。

前作は「序章」とも言われており、前作を観た方には是非この物語を観てもらいたいと思います。

本作を観ることではじめて「アナと雪の女王」の本当の意味や監督が描きたかったことが見えてくるのではないでしょうか。

また、前作を観ていない方もこの機会に是非、前作と併せてチェックしてもらいたい名作映画です。

まとめ

以上が「アナと雪の女王2」のあらすじとみどころになります。

公開日の11月22日までまだ時間がありますが、前作を再度見返したりして、来る公開日を待ちたいですね。

前作が大ヒットした作品だけあって、タイアップ企画や限定コラボ商品等もたくさん販売されるみたいなのでファンの方は是非チェックしてみてください。



スポンサーリンク