映画無料視聴

映画「チャイルド・プレイ」の動画(字幕と吹き替え)をフルで無料視聴する方法は?ホラーシリーズ最高の興収記録作品

ここでは、映画「チャイルド・プレイ」(2019年公開)のフル動画を無料で視聴できるサービスについてお伝えしていきます。

結論から言いますと、動画配信サービスであるU-NEXTを利用すれば、一切お金をかけることなく視聴ができます。

U-NEXTでは、1988年公開の第一作「チャイルド・プレイ」も配信されていますのでおすすめです。(見放題作品です)

登録後31日間は無料トライアル期間となっていて、解約はいつでも簡単にできます。

いますぐU-NEXTで無料視聴する方はこちら
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

映画「チャイルド・プレイ」動画の無料視聴方法!おすすめは断然U-NEXT

まず、主要な動画配信サービスでの映画「チャイルド・プレイ」の配信状況をチェックしてみましょう。
(○=今すぐ無料視聴が可能、△=配信されているが有料、×=未配信)

U-NEXT
Hulu
Amazonプライム
dTV
FODプレミアム
ビデオパス
ビデオマーケット

いくつかのサービスで配信されていますが、最もおすすめなのが、業界大手のU-NEXTです。

大きな理由は以下の通りです。

・映画「チャイルド・プレイ」が今すぐ無料で視聴可能
・1988年の初代「チャイルド・プレイ」も配信中
・登録、解約手続きが比較的簡単にできる
・作品配信数が圧倒的

・無料トライアル期間が長い

U-NEXTには見放題作品とレンタル作品がありますが、レンタル作品であっても初回登録時にもらえる600ポイントを使用してすぐに無料視聴ができます

ちなみに映画「チャイルド・プレイ」はレンタル作品(視聴するのに440ポイントが必要)なので、初回登録時にもらえるポイントを使用しての視聴となります。

U-NEXTでは、1988年に公開された第一作「チャイルド・プレイ」も見放題で配信されていますので、おすすめです。

そして両作品ともに字幕と吹き替えの選択が可能です。

現在31日間の無料トライアルを実施していますので、全くお金をかけることなく、映画「チャイルド・プレイ」の視聴が可能です。

 

U-NEXTの動画配信数は16万本と国内最大級で、映画はもちろんドラマ、アニメ、音楽、バラエティなど作品の充実度は群を抜いています。

新作から旧作まで多数の映画を配信中

登録や解約手続きは他サービスに比べて簡単なので、ぜひお試しください。

U-NEXT公式ページを見てみる
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

U-NEXTのメリットが凄い!映画好きには特にオススメ!

さらにU-NEXTは、他のサービスと比較して下記のようにメリット(特徴)がたくさんあります。

U-NEXTのメリット(特徴)

31日間の無料トライアル期間がある(解約はいつでも可能)
初回登録時に600ポイント、無料期間終了後には毎月1,200ポイントがもらえるので、新作映画や電子書籍などの有料コンテンツも楽しめる(1ポイント=1円)
毎月貰えるポイントは映画のチケット(しかも300円分お得なチケット)に交換可能
新作映画の配信が早い
ほとんどの作品のダウンロードが可能で、オフラインでどこでも楽しめる
一つの契約で4アカウントまで作れる(視聴履歴の共有はなし)
パソコン、スマホ、タブレットなどのマルチデバイス対応で、同時視聴も可能(4人まで)
再生速度の変更が可能
70誌以上の最新の人気雑誌が読み放題
42万冊以上の電子書籍があり、無料で読める漫画もたくさんある

このようにU-NEXTは映画好きにはたまらないメリットが盛り沢山です。

デメリットは無料期間終了後の月額料金が1990円(税抜)とやや高めなことくらいです。

といっても毎月1,200円分のポイントがもらえますし、その前に無料期間内(登録から31日以内)に解約してしまえば料金は一切かかりません。

登録・解約手続きはとても簡単ですし、映画「チャイルド・プレイ」を無料で視聴するならU-NEXTが一番オススメです。

違法アップロードされているサイトでの視聴は、ウイルス感染や個人情報流出の危険がありますので、公式サービスであるU-NEXTで安全に視聴することをおすすめします。

参照:「著作権法の一部を改正する法律について」(文化庁)

参照:「著作物を無断で使うと?」(公益社団法人著作権情報センター)

参照:「テレビ番組の違法配信に関わる法制度について」(日本民間放送連盟)

U-NEXT公式ページを見てみる
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

※記事内容は2019年12月4日時点の情報です。配信状況など詳細は公式サイトにてご確認ください。

映画「チャイルド・プレイ」作品情報

作品概要

『チャイルド・プレイ』(Child’s Play)は、タイラー・バートン・スミス脚本、ラース・クレヴバーグ監督による2019年のアメリカ合衆国のスラッシャー映画である。『チャイルド・プレイ』シリーズ通算8作目かつ1988年の第1作のリブートであり、プロットもオリジナル版に沿っている。出演はオーブリー・プラザ、ガブリエル・ベイトマン(英語版)、ブライアン・タイリー・ヘンリー(英語版)、ティム・マシスンらであり、マーク・ハミルがチャッキーの声を務める。

これまでのシリーズでは、連続殺人鬼のチャールズ・レイがブードゥ教の呪術によって人形に魂が乗り移るという設定だったが、本作は88年のオリジナル版の制作時当初の企画だった「ハイテク機能を搭載した人形が、子供の成長によって相手にされなくなった恨みから暴走して殺戮を行う」という設定を重視されて制作された。

参照:チャイルド・プレイウィキペディア

あらすじ

アンディ少年は、音声認識機能など最先端テクノロジーを搭載した「バディ人形」を誕生日にもらう。だが、これは欠陥品だった。的外れな受け答えをする人形に呆れていたアンディだったが、「君が一番の親友だよ」と話す人形に、次第に夢中になっていき…。

主なキャスト

(カレン)オーブリー・プラザ
(アンディ)ガブリエル・ベイトマン
(マイク・ノリス刑事)ブライアン・タイリー・ヘンリー
(ファリン)ビアトリス・キットソス
(パグ)タイ・コンシーリョ
(シェーン)デヴィッド・ルイス
(ドリーン)カーリース・バーク
(オマール)マーロン・カザーディ
(チャッキー)マーク・ハミル

主なスタッフ

監督:ラース・クレヴバーグ
音楽:ベアー・マクレアリー
脚本:タイラー・バートン・スミス
製作:デヴィッド・カッツェンバーグ、セス・グレアム=スミス

U-NEXT公式ページを見てみる
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

関連ツイートと視聴者の声(ネタバレあり)

感想

人工知能を搭載した人形というのが、今の時代にあっている設定だと思いました。

母子家庭で寂しい思いをしていたアンディの母親が、プレゼントとして渡したのが人口知能を搭載した人形でした。

その人形は、目が赤くなっていることで返品されてものでしたが、アンディが電源を入れると人形と会話を出来るようになって行きますが、AIの時代にピッタリの設定だと思いました。

人形とアンディは、友情をはぐくんで行きますが人形が暴走し始めた所がとても怖さを感じました。

一番怖いと思ったのは、人形がアンディがシェーンがいなくなればと言った言葉を聞いた人形が、シェーンを殺して顔を剥がしてアンディに贈り物としてシェーンの顔をはったスイカを置いている所が凄く怖かったです。

殺人鬼となった人形がアンディの母親を殺そうとする、シーンも迫力がありましたがアンディが母親を守ろうとする姿も感動的でした。

ただの人形ではなく、AIの人形というのがリアルに感じました。
(50代女性)

チャイルド・プレイでお馴染みのチャッキーが進化して帰ってきたように思いました。

今回のチャイルド・プレイは冒頭の何故チャッキーが暴走したかの原因が鮮明に描かれており、現代の映画にアレンジされており感動しました。

チャッキーは友達だと認識したアンディの言葉を字句通りに、時には大袈裟に受けとってしまいそのためにアンディを苦しめてしまいますが、チャッキーにはそれが分かりません。

昔の映画チャイルド・プレイとは違い過激な残虐シーンの中にも心を理解しきれないチャッキーと人間の噛み合わない様子が描かれており、今回のチャイルド・プレイには少し悲しみを感じました。

チャッキーが一時は心の支えとはなり新しく友達が出来たアンディが自分の心を救ってくれたチャッキーが恐ろしい敵になっていく様を見たときには現代のこんなはずじゃなかったという現象を上手く表現していると思いました。

母親の恋人やパワハラ、孤独な子どもなどより社会問題に焦点を当てた作品であると思いました。
(20代女性)

警察官に殺人犯が射殺されるところからストーリーが始まっていきます。

殺人犯は人形に乗り移ってしまうのですが、子供をどんどん洗脳していくのでハラハラしながら見ていました。

シンプルなストーリーなので小学生の子供でも見ることが出来たので、親子で怖いねといいながら見ていました。

最近の映画はストーリーが複雑で難しいものも多いので、単純なストーリーで楽しめるホラー映画は良いと思います。

またホラーといっても残酷なシーンは少ないので、小学生の子供でも見やすい映画だと思います。

チャイルド・プレイは人形の顔が不気味で、見ていると本当にぞっとしてしまいます。

子供のお母さんは、中々人形に人間が乗り移っていることを周りの人に理解して貰えないのでかわいそうだと思いました。

また最後には人形との戦いがあったので、どのような展開になるのか目が離せませんでした。

古い映画ですが、これから何十年もずっと楽しめるホラー映画だと思いました。
(40代女性)

2019年版『チャイルド・プレイ』は、80年代の名作ホラーを現代風にリブートした作品でした。

オリジナルは連続殺人鬼の魂が乗り移るというファンタジーにもとれる作風でしたが、2019年版はとある工場で製造されたAI導入型人形の暴走が描かれていました。

工場での過労にストレスを感じた1人の作業員の策略で、狂気の殺人人形が誕生する展開が、まるで過労死が謳われる現代の労働者の怒りが暗喩されていると思いました。

その怒りに、1人の少年が巻き込まれ、騒動へと展開していくのがかなり皮肉が効いていて強烈でした。

『ターミネーター』といった名作でもAIの暴走はよく描かれていますが、本作における殺人人形は最初から殺人を犯すわけではなく、主人公の少年の無視からくる悲哀からの行動でした。

持ち主から無視され、周囲の無関心からくる後半の殺戮劇は、まるで資産家や運営者から無視される労働者をみているようでした。

冒頭の工場での労働者の怒りが、本作の殺人人形の怨念と類似しているところが面白いと感じました。

全編通して、殺人人形の孤独が今の労働者を具現化しているようで、そういった意味ではかなり興味深い内容だったと思います。
(20代男性)

あの呪われた狂気的な殺人人形チャッキーが現代版として進化して帰ってきました。

今回のチャイルド・プレイはリメイク作品となっていますので今回のバージョンでないチャイルド・プレイを観ていなくても楽しめると感じました。

見所はやはりなんと言ってもチャッキーが最先端の技能とAIを搭載しているという点です。

主人公であるアンディは誕生日プレゼントとしてチャッキーを受け取ります。

1人ぼっちで友達のいなかったアンディにとって、チャッキーは初めてできた親友だったのです。

チャッキーもアンディから様々なことを学び、徐々に中を深めていくシーンは心が温まりました。

ただ、しかしこのバディ人形チャッキーは不良品でした。

いつものようにアンディはチャッキーと遊んでいましたが、彼の飼っていた犬によってアンディは軽い怪我をしてしまいます。

これを見たチャッキーはアンディを傷つけたと学習し、犬を殺してしまいます。

そこからアンディに対する歪んだ友情が少しずつ増幅していき、殺人人形チャッキーへと進化してしまいました。

友情がありながらもチャッキーを止めなければいけないアンディは観ていて悲しい気持ちになりました。

最先端の技術を搭載しながらもナイフを使い襲い掛かるチャッキーには懐かしさと同時に鳥肌が立つほどの恐ろしさを感じました。
(20代男性)

可愛らしい人形、息子のためにと購入した人形、それが実は殺人人形だった。

思いもよらない形で、愛する息子の命が危なくなります。

最初は、謎の死をとげた友人、そこから物語が進んでいき、その犯人が徐々に明らかになっていくわけですが、母親が殺人人形であるチャッキーの本当の姿を知ったシーンは、戦慄が走りました。

そこからは、一気にホラー要素が加速していきます。

そもそも、人形が殺人を犯すという設定だけで、そんなに恐怖をかんじますか。

日本ホラーのようなお化けや、ジェイソンといったように、明らかに殺人めいた容姿があれば、怖さも増すでしょうが、チャイルドプレイははただの人形です。

その人形で、あそこまでの怖さを出させるのは凄いと思います。

役者の恐怖の演技であるとか、人形の声優の力量次第で、どっちに転ぶであろうこの作品を見事なまでに恐怖を感じさせているのは素晴らしいと思います。

リメイク作品は、たいてい前作のイメージが強くて、なかなか評価を得難いと思いますが、今作は見て間違いなしです。
(30代女性)

前の作品よりも殺し方が残虐でグロかったですが、見てて面白かったです。

最初は、お友達のロボットだったのにふと見た怖い映画を見て喜んでいた子供達を見てそれが楽しいものだと間違った認識をしてしまいます。

怖いなと思いつつ実際には起こらない映画の中だから…正しい事か悪い事を判断出来なければ感じ方はAIも人間も同じなのかと思いました。

AIがリアルに世の中に入って来ているのでこの先感情を持ったAIロボットが出てきても不思議ではないかと思います。

便利になった分、全てを安心して任せきりも危険で便利さに慣れすぎるのも怖いです。

友達に喜んで欲しがったそれだけで動いていたのだけれど、残虐さが表立ってそれを見て怖いと思いつつ面白いと思ってしまうのもまた一興ですね。

最後の方で、仲間と一緒に闘いますが、男の子よりも女の子の方が度胸があるのでしょうね。

ママの彼氏の頭を包装してプレゼントしてしまった時はハラハラしてしまいました。
(30代女性)

見どころ

アンディの人形であるチャッキーは、普段は青い目なのに怒りを感じると赤い目になり暴走してしまいます。

暴走し始めてチャッキーの怖さは、見る人を驚愕させる怖さです。

親友がこんなチャッキーのような人形だったらと思いながら見るとさらに怖さが倍増します。
(50代女性)

チャイルド・プレイを見る人の多くは昔のチャイルド・プレイも知っていると思いますが、より社会問題に焦点を当てそこに恐怖が加わることで現代社会に違和感なく入ってきたチャッキーの姿により恐怖を感じる事が出来ると思います。
(20代女性)

人形に人間が乗り移ってしまうというストーリで、なかなかありそうでない話だと思いました。

シンプルでわかりやすいストーリーなので、子供と一緒に楽しめるホラー映画だと思います。夢中で見ることのできる映画なのでお勧めです。
(40代女性)

2019年は『ハロウィン』のような伝統を受け継ぐリブート作品もありましたが、『チャイルド・プレイ』は殺人者の魂からAI人形の設定に変えており、現代風にアレンジしたものになっています。

現代の私達だからこそ、殺人人形の脅威に震えつつ、またメッセージ性を捉えやすい作品だと思います。

また、オリジナル版と比べても、スプラッター描写にも拍車がかかっており、そういった映画が好きな人にもおすすめです。
(20代男性)

見所はチャッキーのアンディへの友情が歪んでいくシーンです。

AIの誤った学習が進化を重ねながら、1988年公開の元祖チャイルド・プレイで私たちが味わった恐怖を呼び覚まします。

より賢く、より恐ろしく進化したチャッキーは必見です。
(20代男性)

悪魔のやどる人形、一見すると可愛いらしい人形、そんな人形がナイフ片手に人を襲う。

狂気と恐怖に満ちたこの作品、殺人人形の正体がわかるまで、そしてわかってから恐怖におびえ、最後の結末までノンストップで進むこの作品をぜひ見てください。
ラストシーンは、恐怖そのものです。
(30代女性)

さすが15禁と思いました。

AIとの友情?教え方を間違うと間違った解釈で疑わず動き出すます。

友達だと思うからの嫉妬はAIも人間も変わらないのかとリアルな怖さがありました。

ママの彼氏の頭の皮…なぜプレゼントにしてしまったのか…ハラハラしました。
(30代女性)

まとめ!映画「チャイルド・プレイ」の動画はU-NEXTで無料視聴しよう!

映画「チャイルド・プレイ」のフル動画を無料視聴する方法や、作品情報をご紹介しました。

U-NEXTを利用すれば、映画「チャイルド・プレイ」を無料で視聴することが可能です。

1988年に公開された第一作「チャイルド・プレイ」も見放題で配信されていますので、とてもおすすめです。

U-NEXTのメリット(特徴)

31日間の無料トライアル期間がある(解約はいつでも可能)
初回登録時に600ポイント、無料期間終了後には毎月1,200ポイントがもらえるので、新作映画や電子書籍などの有料コンテンツも楽しめる(1ポイント=1円)
毎月貰えるポイントは映画のチケット(しかも300円分お得なチケット)に交換可能
新作映画の配信が早い
ほとんどの作品のダウンロードが可能で、オフラインでどこでも楽しめる
一つの契約で4アカウントまで作れる(視聴履歴の共有はなし)
パソコン、スマホ、タブレットなどのマルチデバイス対応で、同時視聴も可能(4人まで)
再生速度の変更が可能
70誌以上の最新の人気雑誌が読み放題
42万冊以上の電子書籍があり、無料で読める漫画もたくさんある

U-NEXTは31日以内に解約すればお金は全くかかりません。

登録、解約手続きは簡単なのでこの機会にぜひお試しください。

U-NEXT公式ページを見てみる
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)