映画あらすじ見どころ(ネタバレなし)

映画【決算!忠臣蔵】あらすじキャスト見どころ!あの「忠臣蔵」を金銭面から描いた新感覚時代劇!

時代劇の王道忠臣蔵をテーマにした新感覚の時代劇エンターテイメントが2019年11月22日に公開となります。

主演堤真一と岡村隆史が「予算達成」の観点から赤穂浪士達の復讐劇を演じました。

あらすじ、キャストなど作品情報をはじめ、見どころ紹介記事です。ネタバレはありません!
この記事のURLをコピーする


スポンサーリンク


映画【決算!忠臣蔵】作品概要

(C)2019「決算!忠臣蔵」製作委員会

公開日(日本):2019年11月22日

上映時間:125分

原作:山本博文「忠臣蔵」の決算書

監督:中村義洋

脚本:中村義洋

作品概要

歴史に残る復讐劇「忠臣蔵」をテーマに、「討ち入りにかかる予算」という新しい観点から描いた時代劇です。

決められた予算内で仇討ちを果たそうとする赤穂浪士たちの苦労を笑いと涙ありのエンターテイメンに仕上げました。

日本を代表する大物俳優堤真一と、お笑い芸人の岡村隆史という異例のダブル主演映画ということでも話題を集めています。

予告動画

映画【決算!忠臣蔵】あらすじ(ネタバレなし)

(C)2019「決算!忠臣蔵」製作委員会

舞台は約300年前の日本。

赤穂藩藩主、浅野内匠頭はかつてから賄賂まみれであった吉良上野介に江戸城で斬りかかり、即日切腹を言い渡され、赤穂藩は取り潰されることになってしまう。

突然藩主を失ってしまった赤穂藩士たちは路頭に迷い、筆頭家老の大石内蔵助は幼馴染の勘定方矢頭長助に力を借り、残務処理や財源の確保に翻弄する。

しかしそういった努力や幕府への働きかけも叶うことなく御家復興の道は閉ざされてしまう。

赤穂藩士たちに残された希望、また江戸の庶民たちの希望は吉良への仇討ちであった。

しかしそこで討ち入りするにもお金がかかるという驚愕の事実が発覚する。

討ち入りに使える予算は今の日本円の価値にして9,500万円。

生活費、食費、家賃に交通費、討ち入りの道具などお金は出て行くばかり。

討ち入りプロジェクトは難航を極め、更に予算の都合上討ち入りできるのは1回のみ。

果たして内蔵助は予算内で討ち入りを果たすことができるのか?



スポンサーリンク


キャスト紹介と作品解説

(C)2019「決算!忠臣蔵」製作委員会

キャスト

堤真一(大石内蔵助)

岡村隆史(矢頭長助)

濱田岳(大高源吾)

横山裕(不破数右衛門)

妻夫木聡(菅谷半之丞)

荒川良々(堀部安兵衛

石原さとみ(瑤泉院)

竹内結子(大石理玖)

解説とコメント

この映画のテーマとなった「忠臣蔵」を簡単に説明するとこのような話です。

徳川5代将軍綱吉の時代の元禄14年3月14日。

江戸城にて赤穂藩主浅野内匠頭が吉良上野介を斬りかかる事件が発生。

通常であれば喧嘩両成敗のはずが江戸幕府は浅野内匠頭に即日切腹、赤穂藩も取り潰しの命を出した。

それを不服とした赤穂藩の47人の浪士たちは主君浅野内匠頭の仇を討つためことを決意。

1年9か月後の12月14日に吉良上野介の家に討ち入りを行い、主君の仇討ちを成功させた。

この一連の事件は「赤穂事件」と呼び、「義挙」として江戸の町民から評価されました。

その後人形浄瑠璃や歌舞伎、小説家や映画化など数多く赤穂事件を取り扱うものは存在し、映像化作品だけでも300本以上あると言われています。

その中でも事件の47年後に作られた人形浄瑠璃「仮名手本忠臣蔵」は集大成と呼ばれ、以降赤穂事件を取り扱うものは「忠臣蔵」と呼ばれています。

本作はその忠臣蔵を金銭面から辿るという異色の作品です。

原作の作者は東京大学大学院情報学環教授山本博文作の「「忠臣蔵」の決算書」です。

赤穂藩の筆頭家老大石内蔵助は討ち入りまでに使用した費用すべてを帳簿に記録しており、その帳簿を元に金銭面から藩士の行動や心情などを読み解いた一冊です。

今回の映画は本当に大物俳優が数多く揃っていることでも話題を呼んでいます。

赤穂藩筆頭家老大石内蔵助を演じるのは大物俳優堤真一です。

今や知らない人はいない程の有名俳優ですが、人気があがるきっかけとなったのは2000年のテレビドラマ「やまとなでしこ」ではないでしょうか。

その後2005年に出演した「ALWAYS 三丁目の夕日」で第29回日本アカデミー賞最優秀助演男優賞を含め国内の主な映画賞の助演男優賞部門を多数獲得しました。

「クライマーズ・ハイ」「容疑者Xの献身」「フライ,ダディ,フライ」など数多くの代表作を持ち、日本アカデミー賞も多数受賞している名実ともに日本を代表する俳優の1人と言えるでしょう。

大石内蔵助といえば筆頭家老として浪士をまとめるなくてはならない存在ですが、本作では金欠に悩むリーダーという新しい姿が見られます。

そしてそんな大石内蔵助を支えると矢頭長助を務めるのはお笑い芸人、ナインティナインの岡村隆史です。

芸人のイメージが強い彼ですが、今まで数多くのドラマ・映画での出演経験があります。

今までの主な出演作としては映画「踊る大捜査線」シリーズ、「妖怪大戦争」「少林少女」などであり、また来年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」への出演が決定しているみたいです。

今回は勘定方とのことで、撮影の合間に算盤の稽古に励んでいたというエピソードや、本番中に最初の台詞が全くでてこず、堤真一をびっくりさせる様子も見受けられたようです。

本作は舞台となった赤穂藩が現在の兵庫県に位置することもあり堤真一と岡村隆史は関西弁とのことで、2人の掛け合いが楽しみですね。

赤穂藩浪士、大高源吾を演じるのは個性派俳優濱田岳です。

デビューは1998年にドラマ「ひとりぼっちの君に」の子役であり、その後一時芸能活動を休止していたようですが、2004年に復帰しています。

2007年の映画「アヒルと鴨のコインロッカー」で第22回 高崎映画祭最優秀主演男優賞を受賞し、その後も数多くの映画・ドラマ・CM等で活躍しています。

好感度が高いことでも有名で、「2014年CM好感度ランキング」の男性部門で第2位を獲得していますね。

この映画は上記で紹介したほか横山裕、妻夫木聡、荒川良々、石原さとみ、竹内結子、西川きよし、橋本良亮、西村まさ彦、寺脇康文、上島竜兵等々、本当に豪華キャストが集結しています。

吉本の芸人さんなど普段役者をメインでやっていないキャストの選出も多く見受けられ、その様々な芸風のコラボレーションで面白いかつ唯一の作品となっていることに間違いはないでしょう。



スポンサーリンク


見どころ紹介&こんな人におすすめ

(C)2019「決算!忠臣蔵」製作委員会

見どころはこの9,500万円という限られた予算の中で赤穂浪士たちがどう苦労し、考え、そして討ち入りにたどり着くのか?というその過程だと思います。

今までの史実や赤穂事件を扱った作品からは見えてこなかった新しい観点で忠臣蔵を知ることができるはずです。

この映画は今までの「忠臣蔵」の他の作品が好きな人にはもちろんお勧めしたいですし、今まで見る機会がなかった方にも是非チャレンジしていただきたいです。

「忠臣蔵」は日本の忠義礼節を重んじる浪士の姿が描かれており、時代が変わってもなお語り継がれる日本の武士道が感じることができます。

そんな忠臣蔵を知ることがきっかけとなり、また今までのファンの方にも今までに誰も見たことのない「お金」方面の観点から知ることでより理解が深まる作品であると思います。

まとめ

以上が「決算!忠臣蔵」のあらすじキャスト見どころになります。

映画公開を記念してトークイベントも開催されるようですし、第32回東京国際映画祭のオープニング・イブ作品としても上映されるようで益々盛り上がってきている様子です。

超豪華キャストによる新しい観点の忠臣蔵を見逃さないようにしてください。



スポンサーリンク