アニメ動画(無料視聴方法)

アニメ「ダーウィンズゲーム」フル動画を全話無料で視聴する方法は?

あらすじ概要を見る

平凡な高校生の少年カナメは、ある日『ダーウィンズゲーム』という謎のアプリの招待を親友から受けたことから、超能力同士の殺し合いゲームに巻き込まれる。カナメの能力は、「物体をコピーして取り寄せて強化する」という汎用性のある激レアなシギルだった。

透明化の能力を持つ、マスコットの着ぐるみを着た担任教師カトウを退けたカナメは、敗北したカトウが床ごと体が切り刻まれながら消滅するところを目撃する。その後、カナメは自宅でアプリについて調べ、初回ガチャでダンボールが転送され、その中身が「本物の拳銃」であるという異常事態に直面する。

鎖使いの少女シュカに接触したカナメは、このゲームは各プレイヤーに異能(シギル)と呼ばれる様々な超能力が与えられ、他のプレイヤーと命懸けで戦うことを強制される異能者たちのバトルゲームであると聞かされる。それは一度始めたらクリアするまで、絶対にやめられない命をかけたデスゲームだった。

参照:「ダーウィンズゲーム」ウィキペディア

ここでは、アニメ「ダーウィンズゲーム」を視聴したい方のために無料で動画を配信しているサービスをご紹介します。

結論から言いますと、動画配信サービスのU-NEXTを利用すれば、1話から最新話まで全話無料で視聴できます。

U-NEXTに登録して31日間は無料トライアル期間となるので、31日以内に解約すれば料金は全くかかりません。

▼いますぐ視聴する方は下のリンクからどうぞ▼
U-NEXTに登録して無料視聴する
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

アニメ「ダーウィンズゲーム」動画はU-NEXTで全話見放題!アニメを見るなら見放題作品数No.1のU-NEXTで!

アニメ「ダーウィンズゲーム」は、U-NEXTで全話配信されています。

U-NEXTは日本最大級の動画配信サービスで、映画・ドラマ・アニメを中心に動画配信数は断トツの17万本(見放題作品は14万本)となっています。

アニメだけに注目しても圧倒的な配信数(2700本以上!)で、現在放送中の作品も含め、ほとんどが見放題作品となっています。

実は主要動画配信サービスのなかでアニメ見放題作品数はU-NEXTがトップなんです!

U-NEXTで配信中のアニメ作品例

▼いますぐ視聴する方は下のリンクからどうぞ▼
U-NEXTに登録して無料視聴する
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

 

またU-NEXTは、31日間無料トライアルを実施中で、アニメ「ダーウィンズゲーム」は見放題作品なので全話無料で視聴することができます。

原作者の漫画も配信されていますので、おすすめです。

さらに下記のように大きなメリットがあります。

<U-NEXTの登録メリット>
登録特典として600ポイント、無料期間終了後には毎月1,200ポイントがもらえるので、新作や漫画などの有料コンテンツも楽しめる(1ポイント=1円)

一つの契約で4アカウントまで作れる(視聴履歴の共有はなし)

パソコン、スマホ、タブレットなどのマルチデバイス対応で、同時視聴も可能(4人まで)

ほとんどの作品のダウンロードが可能で、オフラインでどこでも楽しめる

再生速度の変更ができる

42万冊以上の電子書籍を配信中!さらに70誌以上の人気雑誌が読み放題!

初回登録から31日以内に解約すれば、料金は一切かからないので、初回の方には特におすすめなサービスです。

また、登録手続きは簡単ですし、解約はいつでもすぐにできます。

▼いますぐ視聴する方は下のリンクからどうぞ▼
U-NEXT公式ページを見てみる
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

動画共有サイト検索結果と注意事項

下のリンクが動画共有サイトでのアニメ「ダーウィンズゲーム」検索結果です。

参照:You Tube検索結果

参照:ニコニコ動画検索結果

ちなみにその他の違法動画サイト(Pandora、Dailymotion、9tsu、miomioなど)での視聴は、下記の理由からおすすめしません。

【違法サイトで視聴するデメリット】
・低画質かつ低音質
・広告が多く、危険な海外サイトに飛ばされたりする
・途中で止まったり、見られなくなる
・ウイルス感染や個人情報流出のリスク

公的機関等でも著作権に関する注意事項が記載されています。

参照:「著作権法の一部を改正する法律について」(文化庁)

参照:「著作物を無断で使うと?」(公益社団法人著作権情報センター)

参照:「テレビ番組の違法配信に関わる法制度について」(日本民間放送連盟)

 

安全かつクリーンに高画質で動画を視聴するなら、公式サービスであるU-NEXTの利用をおすすめします。

U-NEXT公式ページを見てみる
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

※記事内容は2020年1月4日時点の情報です。配信状況など詳細はU-NEXT公式サイトにてご確認ください。

原作・作者情報

原作情報
『ダーウィンズゲーム』は、FLIPFLOPsによる日本の漫画作品。『別冊少年チャンピオン』(秋田書店)にて、2013年1月号から連載中。2019年3月時点での累計発行部数は360万部。

参照:「ダーウィンズゲーム」ウィキペディア

作者情報
FLIPFLOPs(ふりっぷふろっぷす)は、原作:深山秀(「ぎんこ」より改名)と作画:高畑ゆきの2人組の日本の漫画家。かつて2009年までは同名の同人サークルとしても活動を行っていた。

ギャグ調のコメディ、シリアスなストーリー物、バトル物など、様々なタイプの作品を出している。

参照:「FLIPFLOPs」ウィキペディア

▼いますぐアニメを視聴する方は下のリンクからどうぞ▼
U-NEXTに登録して無料視聴する
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

アニメ「ダーウィンズゲーム」主題歌・キャスト・スタッフ・公式リンク

主題歌

オープニングテーマ:ASCA「CHAIN」

エンディングテーマ:綾野ましろ「Alive」

▼いますぐ視聴する方は下のリンクからどうぞ▼
U-NEXTに登録して無料視聴する
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

キャスト(声の出演)

(カナメ)小林裕介
(シュカ)上田麗奈
(レイン)大森日雅
(リュージ)八代拓
(スイ/ソータ)花守ゆみり
(ハマダ)広瀬裕也
(キョウダ)小林千晃
(シノヅカ)落合福嗣
(バンダ君)竹本英史
(王)松岡禎丞

スタッフ

監督:徳本善信
原作:FLIPFLOPs
アニメーション制作:Nexus
キャラクターデザイン:中西和也
音楽:末廣健一郎

公式リンク

参照:公式サイト

参照:公式ツイッター

参照:原作者HP

参照:原作者ツイッター

参照:イラストレーターツイッター

アニメ「ダーウィンズゲーム」あらすじネタバレと感想

第1話「初陣(ファーストゲーム)」

平凡な日常を送っていた男子高校生のカナメの元に、ある日アプリ「ダーウィンズゲーム」の招待メールが届く。
何気なくアプリを開いた事でゲームのプレイヤーになってしまったスドウカナメ。
怪しげな雰囲気のゲームを訝しんでいるうちにバトルが始まり、突如パンダの着ぐるみを着た謎の人物が襲い掛かかる。
果たして、絶体絶命のバトルにカナメは生き残ることができるのか!?

参照:「ダーウィンズゲーム」公式サイト

ネタバレと感想を見る
ネタバレ

東京の街なかで一人の男が死にものぐるいで走っていた。

その手にはスマホがしっかりと握られており、その尋常ではない表層から誰かに追われているのは明白であった。

わけもわからないまま男は逃げ続け一心不乱に連作先を繰り一人にメールを送ろうとする。

メールを送ったが無常にも返事は帰ってこず、男は切り刻まれこと切れてしまうのであった。

時が変わりごく普通の高校生である須藤要はある日友人から一通のメールを受け取る。

不意に気になってメールを確認するとそれはダーウィンズゲームと呼ばれるゲームの勧誘で送られてきた。

アドレスを開いても可愛らしいキャラクターがトップページを飾っており、よくあるゲームアプリのタイトル画面が表示された。

特に怪しむ事もなく友人の遊んでいるゲームと思い、タイトル画面のスタートボタンを押すと突如画面から蛇が飛び出し要の首に噛み付いて意識を失い倒れる要なのであった。

程なくして保健室で目をさました要は体調不良を訴えて早退を申し出て、担当の保険医から相対届を受け取ろうとするが、手元が狂いペンを机の下に落としてしまう。

何気なく机の下に手を伸ばしペンを拾いあげ、早退届を提出した要は保険室を去ってゆく。

その姿を見届けた保険医はふと床に目を見やると、そこには手に持っているはずであるペンと全く同じものが転がっていた。

その帰り道に電車の中でスマホを確認するとゲームはすでに始まっていることを告げるメッセージをみつける。

あまりの唐突さに話が理解できないままあたりを見渡すと、アバターとそっくりの全身着ぐるみで身を固めた人を見つける。

電車の中ということもあり、あまりにその不自然な格好に何かの冗談かと思うもその者の手には包丁を握りしめており、要の姿を確認するや否やいきなり切りかかってくるのであった。

一生懸命逃げるも着ぐるみは追いかけてくる。

慌てて派出所に逃げるも着ぐるみはためらうことなく警察官を切りつける。

キョウダの手助けもあって、その場から逃げて隠れてもスマホアプリのGPS機能でどこまでも追い続けてきて逃げられない。

必死に逃げた先、偶然車が通りかかり要は一命をとりとめる。

そんななかアラームが鳴り響き要は初戦を勝ち抜いた。

安堵したのもつかの間、キョウダの姿を探すもすでに亡くなっているとメッセージが告げられる。

頼れる相手もいなくなった要は対戦中に連絡を取ってきた相手シュカの誘いを受けて工場に出向く。

シュカと出会うも交渉は決裂し、対戦を申し込まれるが戦う中で自身の能力の使い方を知り、シュカを撃退する。

そして要はシュカと正式に手を組むのであった。

そこから彼の逃れることのできないデスゲームが始まるのであった。

感想

第一話はとても面白かったです。時間も一時間とたっぷりあったのでストーリーがよくわかりやすかったです。

どうやっても逃れられないデスゲームが開幕した雰囲気がよく出ています。

超常的な能力を駆使したバトルものということもあり、相手が透明になるなんて反則級の能力で驚きました。

それだけに主人公の能力もどんなものか気になりますね。

保健室でペンを拾ったり銃を取り出したりするシーンがあったのですが、同じものを複製できるコピー能力か同じものを手繰り寄せることのできるテレポーテーション能力なのでしょうか?

もしかしたら自分の想像打にしない能力かもしれないので次回で主人公の能力の正体が判明しないか楽しみですね。

また、話の展開もとてもテンポが良くて面白かったです。

巻き込まれたばっかりで右も左もわからない主人公がどうやってこの戦いを切り抜けるのかその立ち回りも気になりますね。

一話を見た感じだとごくごく普通の高校生でいきなり平気で人をあやめる事ができそうな攻撃的な性格ではなさそうなので、この試合をどうやって切り抜けるのか見ものです。

いくら逃げて隠れてもスマホのGPS機能を使って追い続けているところも面白かったです。

初戦は相手が車にひかれて偶然勝ちましたがこれは本当に偶然なのかな?

いくら何でも出来すぎているので何かの伏線のように感じます。

そういう意味も含めて今後の展開に期待が持てます。

声優の迫真の演技と相まって主人公の必死さがよく出ておりより一層アニメを楽しめました。

これからどんなデスゲームが繰り広げられるのか楽しみですね。

▼いますぐ視聴する方は下のリンクからどうぞ▼
U-NEXT公式ページを見てみる
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

第2話「渋谷(ジェムストーンマイン)」

ルーキー狩りのバンダ君を倒し、無敗の女王シュカからも勝利を手にしたカナメ。
その後、シュカからゲームのルールの説明を受け今後共闘することに。
そして次に開催されるゲーム内イベントの情報を収集するため、早速二人で舞台となるシブヤを散策するのだが、緊張感なく買い物に夢中になるシュカに辟易気味なカナメの元に、不穏な影が忍び寄る―

参照:「ダーウィンズゲーム」公式サイト

ネタバレと感想を見る
ネタバレ

スドウカナメはシュカと同じベッドで寝ていた。

シュカは裸で寝ており、スドウカナメはかなり動揺してしまう。

スドウカナメをここまで運んでケガの手当てをして力尽きた結果らしい。

シュカから家族になってほしいと言われて、また動揺するスドウカナメだが、ダーウィンズゲームでのクランを作る事だった。

シュカからシェルターというアイテムを使えば、対戦しないで済む事を教えられる。

シュカからクランの設立はやっぱり男がするべきだと言われ、スドウカナメはクラスを上げなければならなくなった。

その後、シュカと別れた後、コンビニに寄った際にお金の残高を確認すると、100万円増えていた。

10ポイント還元した分だと理解して、これが命がけの報酬である事も理解した。

どこかの場所で金網に囲まれたリングで男ともう一人お面を付けた人物が戦っていた。

勝負はお面の人物があっさり勝ってしまう。

その際に男は渋谷で12人をやった犯人が男のクランとエイスというクランから疑われており、パンダ君をやった新人が出たらしいと噂される。

シュカと待ち合わせをしていたスドウカナメは、デートとシュカは言っているが、イベント告知の打ち合わせで渋谷に来ていた。

シュカからダーウィンズゲームの禁止事項を教えられ、ダーウィンズゲームを広く公表する事を禁止する決まりがある。

だから人がいる場所ではただゲームとした方がいいとアドバイスされる。

シュカになぜダーウィンズゲームをやっているのか聞くのだが、答えてもらえなかった。

解析屋と呼ばれるレインと話す男との会話で、渋谷にスドウカナメが現れる事を聞いていた。

実はレインの元にもそのイベントの案内が来ている事だった。

シュカとデートをしている最中に一人の男がスドウカナメの前に現れる。

面を貸せと言われて、スドウカナメ一人で、その男についていく事に。

その男はイヌカイというゲームのプレイヤーで、パンダ男、シュカを倒したスドウカナメと戦いたいので、無理やりバトルをする羽目に。

いきなり姿が見えなくなったスドウカナメを待つシュカに解析屋のレインから連絡が入る。

シュカが頼んでいた̪シギル使いの調査結果の連絡だった。

ダンジョウ拳闘倶楽部については白、エイスについてはまだ調査中、最近加入したシグという男も探してる男とは別人、問題は王ですが情報がない。

シュカは更なる調査を依頼するが、スドウカナメの現在の情報を聞く。

スドウカナメはイヌカイから攻撃を食らうが、自分のシギルで状況を好転させる。

その際にシュカが割って入り、イヌカイはバトルを停止させる。

そしてイベント開始時刻となる。

そしていきなりどこかに転送される。

どうやら参加者は強制的に転送させられたようだ。

このイベントはリングを奪い合うサバイバルゲームのようだ。

エイスのリーダーの王も参加者のようだが、転送先にはもう一人が近くにいて、先制攻撃を受ける。

しかし、先制攻撃した人間は速攻でビルから落とされ、亡くなった。

感想

前回シュカとのバトルに勝利したスドウカナメはシュカと仲良くなったようである。

シュカの豪華なマンションでいきなり同衾してるんだから、笑ってしまう。

そしてシュカも何も着ていない言い訳が、運ぶのに苦労した、ケガを治療したら力尽きたなど言っているが、まったく体を隠す素振りすらないのはなぜだろうか。

しかも、素っ裸でお尻を向けるなど、スドウカナメを別の意味で挑発していると思う。

そして、シュカがなぜこのような命をかけたゲームをするのか、今もわからない状態である。

渋谷でイベントの為にデートしている時にシュカに聞いてみるが、やはり答えてもらえなかった。

過去に何かあったのだと思うが、解析屋のレインにシギル使いの調査を頼んでいる事からも、何か大きな事情があるのだろう。

しかも、ダーウィンズゲームのシステムはどういう原理で働いているのかも不明である。

普通の人だったのに、ダーウィンズゲームをする事でシギル(異能)を得る事が出来るのはまったくどんなシステムでどう与えているのだろうか。

また何が目的で運営者はゲームを運営しているのか、まだよくわからない部分が多い。

そして宝探しゲームが始まるが、強制転移もどうやって発生させてるのか。

やばいと言われる渋谷のエイスのリーダーの王は相当残虐なようである。

強制転送で王に速攻で仕掛けた女の子はあっと言う間にゲームオーバーです。

次回以降、このやばそうな王をどうやって倒すのだろうか。

▼いますぐ視聴する方は下のリンクからどうぞ▼
U-NEXT公式ページを見てみる
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

第3話「引き金(イグニッション)」

イベント「宝探しゲーム」がついに始まる。イベントのルールは、”シブヤの街に隠されたリングを集める”というもの。
直前まで一緒だったはずのカナメとシュカは離れ離れとなりイベントスタート。
ホテルに転送されたカナメはシュカとの合流を目指し脱出を開始する。
好戦的なプレイヤーの存在や封鎖された通路により苦戦を強いられる中、レインと名乗る少女と出会う。

参照:「ダーウィンズゲーム」公式サイト

ネタバレと感想を見る
ネタバレ

宝探しゲームがスタートする。このゲームは参加者以外にも影響を与えるらしく、一般人は操られたように家路についた。

このゲームは24時間で300人がリングを探すというゲームだった。プレイヤーサーチ機能は無効化され、代わりに『異次元カメラ』というリングを探す機能が追加された。

プレイヤーはリングを集めることが目的なので、リングが動いているとそれはプレイヤーの位置を示すこととも繋がる。さらに時間制限以内に3個未満のリングしか集められなかったものは強制的にゲームオーバーとなる。

要は転送先の部屋でリングを見つけるが、どうやら同じホテル内に複数のプレイヤーがいるようだった。

部屋を出るとすでにやられてアートになっているものもいた。

そんな中、カメラで動くリングを発見。最初に出会ったのは骸骨マスクのマシンガンを持った男。エレベーターは危ないと非常階段を降りるが、なぜか巨大な植物でどこも逃げ場がない。

エレベーターしか逃げ道はないとエレベーターを待っていると、骸骨マスクに追いつかれてしまった。

リングを渡すから殺さないでくれと命乞いをするが、戦闘となる。しかし骸骨マスクの銃が玉詰まりを起こし、その隙に銃で反撃に出ようとする要。

しかし手が震えて撃てない。その姿を哀れに思い、何もしないで去っていく骸骨マスク。

震えていると解析屋と呼ばれている情報提供を商売にしていた女の子・レインに出会う。

エレベーターには乗らないほうがいいと忠告を受ける要。どうやらさっきの骸骨マスクが植物に取り込まれているようだった。

レインの見立てでは、このホテルは1人のシギルによって完全に包囲されているとのこと。同じ立場であることからレインと手を組むこととなった。

ゲームを大画面を通して見ているものたちがいた。どうやら今現在の首位はシュカで6個のリングを獲得している模様。

次にクラン・エースのリーダーであるワンの4個。しかしクランとしてはすでに18個も集めていた。

シュカは4人組に囲まれて戦闘となるが瞬殺。要がいる澁谷セントラルタワーを目指すのであった。

レインに植物野郎の情報はないかと訊ねるが、そもそも植物野郎の姿を見たものがいないらしく、出せる情報は『花屋』と呼ばれていることだけだった。

しかしその戦闘スタイルから、罠を張って待つタイプのプレイヤーだということは分かる。

さらにレインの推理ではエレベーターにのみ罠を仕掛けているとのことだった。なぜならエレベーターにだけ死体があるからである。

そこで要は気づく。このゲームで死んだものはアートとなるのだ。

しかしさっきの骸骨マスクは、体が残っていた。つまりまだ死んではいないのだ。

カメラを見ると3つのリングがこちらに向かってくる。

クラッシュバンを投げて閃光と爆音で足止めをするレイン。相手が怯んでいる隙に、なんとか逃げることに成功。

カメラを起動すると、こちらはリングを持っていないにもかかわらず、正確にこちらの位置を追いかけてきていた。

そのとき要はトリックに気づいた。花屋は防犯カメラで要たちの位置を把握していたのだ。つまり花屋は監視質にいる。

感想

謎に思うことがたくさんあります。まずレインの発言から。最初にホテルには25人がいて、うち1人が花屋でそれ以外の24対1の構成だったというのだ。

なぜ彼女は25人いるという情報を知っていたのでしょうか。要が知りうる情報では、300人がゲームに参加しているということだけです。

もしかしたら常にアプリを見ていて、動いているリングの数をカウントしていたのかもしれません。

しかし要が部屋を出たときにはすでにアート化しているものもいましたので、もしかしたら彼女は物語の説明のためだけに数を把握していたのかもしれません。

シュカの発言にも気になるものがあります。渋谷で4人組に襲われていたとき、瞬殺して要の元を目指すのですが、なぜか要が澁谷セントラルタワーにいることを知っていました。

この宝探しゲームではプレイヤーサーチの機能は無効化されていますので、シュカには要の位置が分からないはずです。それでもなぜか要の位置を把握できているシュカ。

もしかすると要には、いつの間にかGPS機能のようなものが取り付けられているのかもしれません。

最後の1つに要が骸骨マスクの持っていたマシンガンに手をかざしたところです。恐らく要のシギルは触れたものを転送させる、もしくはコピー能力なのでしょう。

恐らくこの時点では自分のシギルがどのようなものなのか、ある程度の把握をしているものと思われます。

つまりこのあとの戦いでは、マシンガンを乱射する描写が含まれるのでしょう。アメリカでは放送できそうにありませんね。

▼いますぐ視聴する方は下のリンクからどうぞ▼
U-NEXT公式ページを見てみる
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

第4話「火花(ファイアーワークス)」

監視カメラにより自分たちの位置が「花屋」に補足されていることに気づいたカナメとレイン。
二人は協力し、逃げながら監視カメラを壊すことで、追っ手を使い二人を追い詰めようとする「花屋」をうまく翻弄していく。
しかし、いつまでも追っ手を交わすことに限界を感じたカナメは、生存確率2割以下、 一か八かの大勝負に賭けて出るのだった。

参照:「ダーウィンズゲーム」公式サイト

ネタバレと感想を見る
ネタバレ

レインの能力が判明する。全ての物質の位置と運動量を知ることができ、かつそれら全てを解析する能力のようだ。追っ手が差し迫る中、逃げながらも次々に監視カメラを壊して回る要たち。花屋は兵隊を分担させて要たちを追いかけるが、見つからない。要たちはオートロックで鍵が掛かっているはずの客室に逃げ込んでいたのだ。しかし花屋はそのことを仮定し、監視カメラを集中的に壊した29階の客室を探すことにした。

部屋を使った形跡はあるが、姿が見えない。するとそのとき、25階のバリケードが爆破される。すぐに駆けつけるが、フラッシュボムとスタンガンで突破するフラン。部屋にいるときにショップから武器を買っていたのだ。敵に追われながらもシギルを使って逃げるフランだったが、普段の運動不足からついに追い着かれてしまう。しかし全ての物質の移動を解析できる能力を持つフランに銃弾は当たらない。その隙をついて応戦に出るフラン。その頃、要はすでに1階に下りていた。

姿を現す花屋。花屋は植物でできた鎧を身にまとい、要に襲い掛かる。一方、要は持っていた爆弾を投げるが、花屋にダメージはないようだ。反撃に出た花屋のパンチは、コンクリートの床を粉々に砕くほどの威力である。前回、手に触れていたマシンガンを取り出し応戦するも、全ての弾丸が鎧に弾かれているようだ。動揺している要の隙を突き、マシンガンを破壊する花屋。しかし要は、すぐさま同じマシンガンを取り出した。シギルは使う度に疲労感が襲ってくるようで、あと数回しか使えない模様。

爆弾を使って一時退散を目論むが、その手は読まれていた。しかし次の瞬間、フラッシュボムを起動させて目くらましに成功。隙を突いて逃げる要だったが、すぐに見つかり、ついには攻撃を受けてしまう。マシンガンで応戦するが、今度は盾で防がれてしまう。もうダメかと諦めかけていたとき、自分の中の自分が語りかけてきた。

自分の中の自分との会話の中で、花屋が盾を出した意味を理解する。鎧だけでは耐えられないと悟った花屋は、盾を用意せざるを得なかったのだ。弾帯を取り出した要は、全弾を花屋に撃ち出した。するとついに、花屋の盾を砕くことに成功。連射し続けることで内圧を上げ、弾の威力を上げることができたのだった。

勝負のときと打って出る花屋だったが、すでにひっくり返って幻覚を見ているようだった。要もシギルの使い過ぎで意識を失いそうになっていたが、そこに現れるフラン。お互いシギルの使いすぎで戦力を失っているところに他の敵から襲われては太刀打ちができない。そこで要は、この3人で協力して即席のクランを立ち上げると提案するのだった。

感想

フランの能力の名前が判明します。能力名は”世界関数”(ラプラス)。能力の名前は自分で付けたのかと問う要に対し、フランは運営が”ラプラスの悪魔”のような能力だと考え、そう名付けたのだといいます。それはつまり運営が後から名前を付けたのであって、運営によって決められた能力を付与されたものではないということでしょう。ダーウィンゲームを始める際、蛇に噛まれて何らかの能力を得ますが、それは運営が意図して付けるものではなく、その人の過去や歴史によって決まるのなのかも知れません。そう思う理由のひとつに、要と自分の中の自分との会話が挙げられます。

要の中の自分は刀を何年も打ち続けているようです。さらに矛と盾をめぐる”我々の歴史は”と言っていることから、要には矛と盾に関する歴史がありそうです。高校生の要にそれほど長い歴史があるとは思えませんので、恐らく先祖の話をしているのでしょう。すると要の先祖は刀鍛冶で、最終的な武器は刀になりそうです。さらに要の能力にも新たな情報が追加されました。

自分の中の自分からマシンガンが生み出された訳を知っているはずだと言われた要は、「そうだ。俺は”もう”確かにその訳を知っている。」と答えるシーンがあります。この”もう”という台詞は、今までは知らなかったが何らかの理由で知りえたということでしょう。それは武器を見知ったときか、武器を複製したときのどちらかでしょう。そしてそれは使い方を全く知らない武器であったとしても、使いこなすことができる能力であると言えそうです。

▼いますぐ視聴する方は下のリンクからどうぞ▼
U-NEXT公式ページを見てみる
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

第4.5話「記憶(ログライン)」

花屋こと、ヒイラギイチロウとの闘いに勝利したカナメとレイン。
今後激化するであろうイベントに備えて、消耗したカナメは一時休息を取り、レインはこれまでに集めたカナメの情報を振り返っていた。

参照:「ダーウィンズゲーム」公式サイト

ネタバレと感想を見る
ネタバレ

今回はこれまでの放送を振り返る回です。
ハマダの親友であるカナメに救援メールを送る。
なお、今回のナレーションはレインがおこなっている。
キョウダは相手に追い込まれて、止めを刺されてしまった。
カナメは普通の高校生だったが、ダーヴィンズゲームというスマホアプリを起動した事で巻き込まれる。
キョウダはカナメにハマダを知らないかと尋ねるが、今日は見ていないと答える。
その時にハマダからのダーヴィンズゲームの案内のメールを開き、起動させてしまう。
ゲームを起動後、カナメは倒れてしまう。
カナメは授業をさぼり、帰りの電車で悲劇が始まる。
ダーヴィンズゲームがスタートする。
相手はバンダ君という。
その相手のバンダ君にいきなり切りつけられる。
カナメが境地に陥っていると、キョウダが助けに入る。
しかし、バンダ君にキョウダは負傷させられる。
カナメは消火器を浴びせさせて、バンダ君の姿を見つけるが、ピンチになる。
しかし、駐車場だった為に、車の出入りのある所で、バンダ君は一般の車にどつかれて勝利してしまう。
カナメはダーヴィンズゲームの恐ろしい洗礼を目の当たりにする。
カナメはキョウダに全部終わったと駆けつけるが、キョウダも亡くなっていた。
カナメはこのゲームのアプリを調べる事から始める。
最初に単身でとあるプレイヤーに乗り込む。
彼女はシュカだった。
彼女からゲームの説明を受けた。
カナメは自分のシギルがわからない事でシュカの協力を得られず、絶対絶命を覚悟したシギルが発動する。
カナメはシュカに勝利する。
シュカはカナメに従う事になる。
カナメはシュカのマンションの寝室で目を覚まさずにいた。
シュカは身になにもまとわずに、カナメに縋りつく。
シュカはカナメに家族を作ってとお願いする。
カナメはシュカと協力関係になる。
その後、カナメの元に宝探しゲームという謎の告知が届く。
シュカとカナメは舞台となる渋谷を視察中に謎の男と出会う。
そして、カナメはイヌカイとバトルする事になるが、途中でシュカが合流し、イヌカイのスマホを奪った事でバトルは終了する。
そうしてると宝探しゲームがスタートする。
スタートすると、それぞれ異なった場所に転送させられてしまった。
このイベントは制限時間内に様々なポイントが設定されたリングを集めるというものだった。
参加者はいち早くリングを手に入れる為にバトルロワイヤルが始まる。
そして、カナメはレインと初めて出会う。
カナメはエレベーターでの移動を考えたが、植物で覆われていて、使えないかった。
転送先のホテルを支配しているハナヤに対抗するために、カナメと手を組む事になる。
カナメはホテルからの脱出に起死回生の一手を考えた。
それは監視カメラを破壊する事だった。
カナメはついにハナヤの元にたどり着く。
ハナヤは金が必要で、誰かが死ねば誰かが助かるのさと話す。
カナメはハナヤに追い込まれてしまう。
しかし、この時にシギルの新たな力を引き出す事に成功したカナメはハナヤに勝利する。
ただ、このイベントには他にも強力なプレイヤーが参加していた。
カナメ達は無事に宝探しゲームから生き残る事は出来るのでしょうか。
カナメ達は消耗しすぎた。
カナメは全員協力して生き残るかだ、と。

感想

今回はこれまでの総集編である。
まだ4回しか進んでいない状況で、総集編です。
アニメ作成の作業が遅れているのでしようか。
心配なところですね。
関係者の皆様には頑張って頂きたいと思います。
あらためて、これまでを振り返ってみると、このダーヴィンズゲームはどのような原理で人物に能力を与え、転送まで出来るのか謎です。
スマホやバイクを見てると、かなり未来の話ではないと思う。
むしろ現代としか思えない。
このダーヴィンズゲームの作成者は天才なのかもしれないが、人の命で遊ぶおかしな人なのかもしれない。
これだけ簡単に人を死なせてしまう作品であるが、どのくらい視聴者に影響を与えるのかはわからないが、若輩者には配慮した設定があっても良かったのではないだろうか。
また、強制的に人殺しゲームをしなければならないのはかなりやばいと思う。
その代わり、お金がたくさんもらえるという事。
他人を殺して、お金を得る。
あまり褒められた事ではないと思う。
まぁ個人的にですがね。
しかし、この予算はどこから出てるんでしょうね。
莫大な費用が必要だと思うのですが。
また、少なくてもカナメの友人が2人亡くなっており、カナメもよく耐えていると思う。
その中でシュカと出会えたのは運だと思う。
そして、レインとも出会うなど、カナメは運がかなりいいと思う。
ただ、運がいいなら、ダーヴィンズゲームにも巻き込まれないと考えてしまう。
今後もどのように切り抜けていくのか楽しみではある。
若干、ご都合主義の部分もあるけどね。

▼いますぐ視聴する方は下のリンクからどうぞ▼
U-NEXT公式ページを見てみる
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

第5話「水葬(アクアリウム)」

自らの異能を真に覚醒させ、「花屋」ことヒイラギとの勝負に何とか勝利したカナメ。
「宝探しゲーム」の攻略をするには、危険なクラン「エイス」との衝突は避けられないことを知る。
そこで、カナメはレイン、リュージ、ヒイラギと即席のクランを結成する。
打倒「エイス」に向けて戦略を練っている最中、カナメのもとに、シュカから「たすけて」とメッセージが届く。

参照:「ダーウィンズゲーム」公式サイト

ネタバレと感想を見る
ネタバレ

この回はレインとカナメが共闘し、ハナヤを追い詰める話しとなる。

ハナヤが監視カメラで監視している事にカナメが気づき、動きを見られないようにカメラを一台ずつ壊していく。

その間にレインが最初に転送されてきた部屋の扉に枕を挟み込んだ部屋へと避難するのである。

そこには一時的に非難をし、作戦を練り直すのである。

ハナヤは二人の位置を特定する為ワンフロアずつ兵隊を向かわせるローリング作戦を行い、どのフロアに逃げ込んだのかを探る。

しかし、それでも特定ができず、部屋のどこかに隠れている事に気づく、カメラが破壊されているフロアだと予想し、どこの部屋に隠れているのかを特定され、大ピンチとなるのである。

しして、兵隊が部屋に行く時には既に遅く、上にいる間にレインが非常階段に張り巡らせたハナヤ植物がある25階に行き、ハナヤの植物を破壊しようとするが、思ったよりも硬く破壊できないのである。

そこで、兵隊たちに場所を特定され、逃げ回るレインだもうひとつ狙いがあった。

それは、カナメを兵隊たちから遠ざける為、レインがオトリになって兵隊たちをおびきだすことなのである。

そこで、レインのシギル(ラプラスの悪魔)により兵隊たちの銃弾ひとつひとつをかわしていくのである。

ハナヤはレインが一人で戦っている事に気がつき、カナメの様子と動きを推測し、警備室前に来る事を確信し、覚悟の違いを見せつけられるのである。

カナメは窓から1階に行き、ハナヤと警備室前で直接対決するのだが、ハナヤの圧倒的な強さの前ではなす術がなかった。

銃弾をハナヤに浴びせるが、硬い鎧の前では無力となるのである。

カナメは閃光弾を使い、ハナヤの前を一時的に逃げ出すことに成功はするが、またすぐに追い詰められるのである。

ハナヤの硬い植物の鎧や攻撃によりカナメを追い詰めていくのだが、カナメは悪あがきをするもう一人の自分と会話をし、どうすれば硬い鎧を貫けるかを考えるのである。

すりともう1人の自分からアドバイスで重心を捨てるように言われ、マシンガンの銃弾と威力を増幅するように再作成をし、少しずつ自分のシギルの力を発揮し、硬いハナヤの鎧を破壊するのである。

カナメはハナヤにトドメを刺さずに、協力するように申し出をするのだ。

感想

今回の話ではレインとカナメとハナヤのシギルがそれぞれ発想が違っていてとても面白かったです。

レインは近い未来を予想でき、カナメは触れたものをコピーをする事ができる設定のようです。

ハナヤについては植物を身にまとうだけでなく、植物の成分使って人間をコントロールできる部分が最強であるように思えるが、意識が強いものにとっては効力が弱いという弱点という部分も面白い。

兵隊たちはどのような経緯であのように操られているのかを見たいと思いました。

いきなり一方的に操られているのでは経緯を知らないとハナヤの本来の強さが見えてこないような気がしました。

また、ガイコツのプレイヤーはエレベーターから出てきたのに、帰りのエレベーターで死んでいたので、不思議だなと思っていました。

本来ならエレベーターに罠を仕掛けているのであれば、既にガイコツプレイヤーは死んでいるはずなのです。

もう少し物語にわかりやすい説明と正しい順番で描けばあまり深く考えずに見れるようになると思いました。

カナメの力はコピーのようなものな為、無限に強くなる要素はあると感じられました。

カナメの今後の力を応用したものが見たいと同じようにもう一人の自分とは何なのかがとても気になります、

また、カナメのシギルの名前もどういったネーミングなのか楽しみです。

その他に、これから3人は今後仲間として共に極悪非道なエースのリーダー『ワン』と戦っていく様子も楽しみです。

早く次の話が見たいです。

▼いますぐ視聴する方は下のリンクからどうぞ▼
U-NEXT公式ページを見てみる
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

第6話「金剛(ハードネス)」

シュカがメッセージを送って来た場所に到着したカナメとリュージ。
そこは何者かの異能によって水没した地下道だった。
シュカを救うべく、躊躇なく地下道へ入っていくカナメは、その先で意識を失うシュカを見つける。
一方、リュージは事情を探るべく、地下道の入り口で出会った少女・スイを追い詰めて行くが、逆にスイの異能によって追い詰められてしまう。

参照:「ダーウィンズゲーム」公式サイト

ネタバレと感想を見る
ネタバレ

カナメはシュカを助け出すために、地下鉄駅構内の水の中を泳いでいたのである。

泳いでいくと、氷が貼られていて、水温も低くなっていたのだ。

そして、カナメは能力で銃を手元に取り寄せて、氷を割ることに成功するのである。

そして、泳いで進んでいくと、沈んでいるシュカを発見するのである。

カナメはシュカを水面上に連れて行くが、息をしていなかったのである。

しかし、弱いながらも脈があることに気づいたカナメは、ためらいながらも人工呼吸をするのである。

すると、シュカは意識を取り戻し、カナメとファーストキスのやり直しを行うのである。

その頃、リュージはスイと戦闘を繰り広げていたのである。

そして、リュージはスイに氷漬けにされるが、スイが何かと葛藤しているのに気づくのである。

そして、リュージを解放するのである。

そこに、助かったシュカとカナメが合流し、スイをどうするかを話し合っていたのである。

そして、スイは自分のなかに亡くなってしまった双子の兄がいると告げるのである。

シュカはスイを許すことにして、仲間にすることになるのである。

その頃、レインは今回の宝探しゲームの心の狙いを考えていたのである。

そして、どうやらリングではない、真の宝があるという結論に達するのである。

またその頃、手榴弾を大量に持っているクランのエイスがレインとヒイラギがいるホテルを囲んでいたのだ。

レインは脱出して、宝探しゲームをクリアするために行動をすることになる。

しかし、病気の娘がいて、とりあえずお金が必要なヒイラギはホテルに残り、エイスが持っているリングを奪おうとするのである。

そして、エイスがホテルに乗り込んできて、手榴弾でそこらじゅうを爆破し始めたのである。

まずは、炎を操ることが出来るエイスのメンバーがエレベーターに乗り、上層階を目指すことになるのである。

そして、エレベーターに乗ると予想通り植物のつるが襲って来るが、焼き尽くして無事に上層階にたどり着くのである。

そして、部下たちを待っているが、誰も来なかったのである。

ヒイラギは下の階に行って、エイスのメンバーを殺し尽くしていたのである。

そして、上層階に行き、炎を操るメンバーと戦うことになるのである。

感想

まずは、なんといってもシュカが無事で良かったと思います。

先週のラストシーンでは、自力で水面上に顔を出していましたが、力尽きて水の中に沈んでいたので、どうなることかと心配していましたが無事で良かったと思います。

しかし、カナメが来るのがもう少し遅れていたら、危なかったと思いました。

そして、正しく人工呼吸が出来るというのは、カナメはしっかりしているなと思いました。

カナメは意外と真面目なキャラかもしれないと思いました。

そして、シュカはカナメが助けに来てくれたことと、人工呼吸をしてくれたというのが、相当嬉しかったのだと思います。

ファーストキスのやり直しというのは、実に羨ましい展開だと思いました。

そして、スイですが、前回は双子がいるものだと思っていましたが、どうやらワケアリのような感じだと思いました。

心の中に双子の兄がいると言っていましたが、多分2重人格なのだと思います。

そして、シュカはスイを許すことにしますが、武器を突きつけたときは、まさかという感じがしました。

リュージが言うように、シュカは危険過ぎると思いました。

そして、ホテルでの件ですが、レインは宝石と番号の謎を突き止めることができるのかが気になります。

また、ヒイラギはやはり非道だと思いました。

いくら敵とは言っても、次々に何のためらいもなく、エイスのメンバーを殺すいうのは凄まじいと思いました。

そして、ヒイラギは炎を操るメンバーに勝てるのかが気になります。

まとめ!アニメ「ダーウィンズゲーム」の動画はU-NEXTで無料で見よう

アニメ「ダーウィンズゲーム」の動画を無料視聴する方法、作品情報などをご紹介しました。

アニメ「ダーウィンズゲーム」はU-NEXTで全話見放題となっています。

アニメの見放題作品数は主要サービスのなかでもトップなので、アニメを見るならU-NEXTと言えるでしょう。

原作漫画も配信されていますので、ポイントで読むことが可能です。

<U-NEXTの登録メリット>
登録特典として600ポイント、無料期間終了後には毎月1,200ポイントがもらえるので、新作や電子書籍などの有料コンテンツも楽しめる(1ポイント=1円)

アニメ・映画・ドラマなど配信作品数が圧倒的で、アニメ見放題作品数は1位

一つの契約で4アカウントまで作れる(視聴履歴の共有はなし)

パソコン、スマホ、タブレットなどのマルチデバイス対応で、同時視聴も可能(4人まで)

ほとんどの作品のダウンロードが可能で、オフラインでどこでも楽しめる

再生速度の変更ができる

42万冊以上の電子書籍を配信中!さらに70誌以上の人気雑誌が読み放題!

31日間の無料トライアル期間中に解約すればお金は全くかかりません。

登録、解約は簡単にできるので、この機会にぜひお試しください。

U-NEXT公式ページを見てみる
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

◆アニメを無料で視聴する方法(作品名あいうえお順)