映画あらすじ見どころ(ネタバレなし)

映画【ドクター・ドリトル】あらすじキャスト見どころ!ロバート・ダウニー・Jr.が演じる児童文学の名作の映像化作品

ヒュー・ロフティング作の名作児童文学「ドリトル先生」を映画化した「ドクター・ドリトル」が2020年3月20日に公開となります。

主演はロバート・ダウニー・Jr.が務め、スティーブン・ギャガンがメガホンを取りました。

あらすじ、キャストなど作品情報をはじめ、見どころ紹介記事です。ネタバレはありません!
この記事のURLをコピーする


スポンサーリンク


映画【ドクター・ドリトル】作品概要

(C)2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

公開日(日本):2020年3月20日

上映時間:101分

原作:ヒュー・ロフティング

監督:スティーブン・ギャガン

脚本:スティーブン・ギャガン、ジョン・ウィッティントン

制作:ジョー・ロス、ジェフ・キルシェンバウム、スーザン・ダウニー

作品概要

100年以上も愛されている児童文学の名作「ドリトル先生」を原作としたアクションアドベンチャー映画です。

動物と会話できるという名医ドリトル先生が病に倒れれた若き女王を救うため動物たちと冒険に繰り出します。

「アイアンマン」「シャーロック・ホームズ」などのロバート・ダウニー・Jr.が主演を務め、動物たちの声はエマ・トンプソン、ラミ・マレック、トム・ホランドなど豪華俳優が演じました。

予告動画

映画【ドクター・ドリトル】あらすじ(ネタバレなし)

(C)2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

名医であると同時に変わり者として知られている医師、ドリトルは実は動物たちと会話することができる能力を持っている。

彼は世間から遠ざかり仲の良い動物たちとひっそりと暮らしていた。

しかし、若い女王が重い病を患ったことを知り、その唯一の治療法を探すために仲間たちと旅にでることになる。

頑固なオウム、臆病なゴリラなどの個性豊かな仲間と共に伝説の島へと出発するが、冒険の途中に先生の過去や国家をゆるがす陰謀などの事実が明らかになっていく。

果たして彼は無事治療法をみつけ、女王を救うことができるのだろうか。



スポンサーリンク


映画【ドクター・ドリトル】作品解説


この映画の原作となっている「ドリトル先生」は20世紀前半にアメリカで活躍したイギリスの作家ヒュー・ロフティングによって書かれた児童文学シリーズです。

物語の舞台は1830年代後半から1840年代前半のイギリスであり、動物と話すことができる能力をもつドリトル先生の生活や冒険を描いたフィクション小説です。

1920年に第1作「ドリトル先生アフリカゆき」が刊行されると世代を問わず高い人気を呼び、シリーズは全12巻、番外編が2巻存在し、イギリスやアメリカのみならず全世界で翻訳されて読まれている作品です。

日本では最初に1925年に大槻憲二によって翻訳され、その後時代にあわせた新訳版が何度も出され、どの時代の子供たちにも親しみのある児童書として存在していました。

ロフティングがこの小説を書くきっかけとなったのは第一次世界大戦中に従軍していた際に動けなくなった軍用馬の処分のため射殺する現場に遭遇したことで心を痛め、動物の言葉がわかる獣医師の物語を思いついたと言われています。

そして彼は従軍先から2人の子供に宛てた手紙で「ドリトル先生」の短い短編を書くようになりそれが第一作の原案となりました。

100年以上も愛されている名作であり、多数の実写映画化やアニメ映画化作品が存在しており、映像化作品としては1998年にエディ・マーフィが演じた「ドクター・ドリトル」が1番有名ではないでしょうか。

日本ではトヨタが1990年~1991年にCMキャラクターとしてドリトル先生を起用、当時の日本では非常にめずらしい環境をテーマにしたテレビCMや新聞媒体が作成されていました。



スポンサーリンク


キャスト紹介

キャスト

ロバート・ダウニー・Jr.(ドリトル)

エマ・トンプソン(ポリネシア(オウム)/声の出演)

ラミ・マレック(チーチー(ゴリラ)/声の出演)

トム・ホランド(ジップ(イヌ)/声の出演)

解説

主役、ドリトル先生を演じるのはロバート・ダウニー・Jr.です。

映画監督ロバート・ダウニー・Srを父親に持ち、俳優としてデビューしたのはわずか5歳の時、父の監督作でのことでした。

その後いくつか子役として映画出演をし、17歳の時に高校を中退して本格的に演技の道に進みます。

1992年の映画「チャーリー」でチャーリー・チャップリンを演じ高い評価を受け英国アカデミー賞 主演男優賞を受賞、アカデミー賞にもノミネートされます。

その後もアメリカに人気ドラマ「アリー・myラブ」に出演し人気を博しゴールデングローブ賞助演男優賞を受賞するなど順調なキャリアを積んでいました。

しかし、幼い頃の父親の影響から始めたとされるドラッグの影響で一時は第一線を退いてしまいますが、その後薬物と断絶して完全復帰を果たします。

その圧倒的演技力からその後も2008年の「アイアンマン」や「トロピック・サンダー 史上最低の作戦」、2010年の「シャーロック・ホームズ」などの代表作を数多くもっています。

オウムのポリネシアの声を担当するのは5度のアカデミー賞ノミネート経験があるイギリスの大女優エマ・トンプソンです。

ケンブリッジ大学在学中に劇団「フットライツ」に参加し卒業後は卒業後はコメディエンヌとしてTV番組を中心に活躍します。

1989年に「彼がステキな理由」で映画デビュー、1993年の「ハワーズ・エンド」でアカデミー主演女優賞を受賞し高い演技力が評価されます。

その後も「日の名残り」や「いつか晴れた日に」などのアカデミー賞ノミネート作品があり、人気映画「ハリー・ポッター」にも出演しています。

そんな名女優が声だけの出演という大変豪華なキャスティングとなっています。

彼女以外にも「ボヘミアン・ラプソディ」でフレディ・マーキュリーを演じたラミ・マレックがゴリラのチーチー役、「スパイダーマン」のトム・ホランドがイヌのジップ役など、豪華メンバーが吹き替えた声の出演にも大注目です。

見どころ紹介&こんな人におすすめ

(C)2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

この作品の見どころは「アイアンマン」「シャーロックホームズ」などのイメージが強いロバート・ダウニー・Jr.が新たなはまり役として演じる演技力の広さや、上述した通りとても豪華な俳優陣が動物たちをどう演じたのかというところです。

以前エディ・マーフィが演じたバージョンとはまた違う仕上がりとなっており、違いや本作の魅力をみつけながら鑑賞するのもお勧めです。

また、この映画は原作をよりコメディよりにした作品であるようで、更に現代ならではのCGを駆使し動物たちがリアルに面白く描かれており、ストーリは特に子供たちにわかりやすく楽しめる内容となっています。

そのため上記理由から是非家族で一緒に映画館にいき、皆で楽しんでいただきたい作品となっています。

まとめ

以上が「ドクター・ドリトル」のあらすじと見どころになります。

子どもがいる方は是非子どもと一緒に、いない方は幼い頃呼んだ「ドリトル先生」を思い出しに、100年以上愛されている児童文学の現代版を是非体感しにいってください。

ムビチケも好評発売中のようなので、ぜひご家族皆さま分購入してお得に観に行ってみてください。

この記事のURLをコピーする


スポンサーリンク


◆映画を無料で視聴する方法(作品名あいうえお順)