映画あらすじ見どころ(ネタバレなし)

映画【Fukushima 50】あらすじキャスト見どころ!あの時福島第一原子力発電所で起こっていた真実

門田隆将原作のノンフィクション小説を映像化した作品「Fukushima 50」が2020年3月6日に公開となります。

若松節朗が監督を務め、主演は日本映画界を代表する佐藤浩市が演じています。

あらすじ、キャストなど作品情報をはじめ、見どころ紹介記事です。ネタバレはありません!
この記事のURLをコピーする


スポンサーリンク


映画【Fukushima 50】作品概要

(C)2020「Fukushima 50」製作委員会

公開日(日本):2020年3月6日

上映時間:122分

原作:門田隆将

監督:若松節朗

脚本:前川洋一

作品概要

門田隆将のノンフィクション小説「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」を原作にした映画です。

東北地方太平洋沖地震の際に福島第一原子力発電所に従事していた50人の作業員たちが直面した真実を描きます。

主演の佐藤浩市の他にも渡辺謙、吉岡秀隆、安田成美他数多くの実力俳優陣が集結しました。

予告動画

映画【Fukushima 50】あらすじ(ネタバレなし)

(C)2020「Fukushima 50」製作委員会

2011年3月11日。東北地方を襲ったマグニチュード9.0、最大震度7という巨大な地震は誰も想定していなかった大津波を引き起こした。

津波は福島第一原子力発電所(イチエフ)を襲い、浸水によりイチエフは全電源を喪失、原子炉を冷やせないという状態に陥る。

このままではメルトダウンが引きおこり想像を絶する被害がもたらされてしまうため、1、2号機当直長の伊崎をはじめとする現場作業員は原発内に残り、制御に走り回る。

吉田所長は全体の指揮を執り行っており部下たちを励ましているが、本店や官邸からの状況の把握ができていない指示に怒りを示す。

そして現場の頑張りも虚しく事態は悪化し続け、近隣住民の避難を余儀なくされてしまう。

官邸の試算によると最悪の場合、被害範囲は東京を含む半径250キロメートル、対象人口は5,000万人・・・それはつまり東日本の壊滅を示すものだった。

唯一残された方法は「ベント」という未だ世界で実施されたことのない手段であり、作業員たちがなんと体一つで原子炉に突入して手作業で行うというもの。

外部との情報も遮断されてしまったなか、ついに前代未聞の作戦が始まる。



スポンサーリンク


映画【Fukushima 50】作品解説

(C)2020「Fukushima 50」製作委員会

「フクシマ50」という言葉を聞いたことはあるでしょうか。

フクシマ50とは東北地方太平洋沖地震が起きた時に福島第一原子力発電所の対応業務に従事していた従業員のうち、事故後も現場に残り作業を続けた約50人の作業員に対し、日本国外のメディアが与えていている呼称のことです。

彼らは当時、混乱した状況下の中、度重なる原子炉爆発事故や火災が起き放射性物質が飛散した可能性があるため東京電力から避難警告が出たにも関わず現場に残り、被害を食い止めることに尽力しました。

放射能汚染の危険レベルは非常に高いものでしたが、そのリスクを承知で現場にとどまった彼らの名は「Fukushima 50」として広く日本国外に広まりました。

しかしそんな彼らの情報は東京電力によって氏名や勤務会社などの一切の情報の開示が禁じられています。

この映画の原作、門田隆将著「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」は90人以上の関係者の取材を基に執筆されたノンフィクション小説です。



スポンサーリンク


キャスト紹介

キャスト

佐藤浩市(伊崎利夫)…福島第一原発1・2号機当直長

渡辺謙(吉田昌郎)…福島第一原発所長

吉岡秀隆(前田拓実)…福島第一原発5・6号機当直長

解説

この映画の主演を務めるのは佐藤浩市です。

日本映画界を代表する実力俳優であり、父親も俳優である三國連太郎です。

俳優デビューは1980年、ドラマ「続・続事件 月の景色」であり、翌年映画「青春の門」でブルーリボン賞新人賞を見事受賞しています。

その後わき役がしばらく続いたといいますが、重厚な演技が話題となり出演作も増え、現在では数多くの主演作・ヒット作を持つ大俳優です。

賞の受賞も多数あり、「忠臣蔵外伝 四谷怪談」、「64 ロクヨン 前編」で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞、「ホワイトアウト」、「壬生義士伝」では同最優秀助演男優を獲得しています。

福島第一原発所長を演じるのは渡辺謙です。

今や活躍の幅は日本を超え、世界で最も活躍している日本俳優の一人と言われています。

1982年に「未知なる反乱」でテレビデビュー、映画は1984年の「瀬戸内少年野球団」にて初出演を果たしました。

1987年に主演を演じたのNHK大河ドラマ「独眼竜政宗」は大河ドラマ史上最高の平均視聴率である視聴者39.7%を獲得し一躍スターになります。

その後闘病生活を経て一時治療に専念していましたが俳優復活、2003年に「ラストサムライ」でハリウッドデビューを果たし第76回アカデミー賞助演男優賞や第61回ゴールデングローブ賞 助演男優賞などにノミネートされるなど海外でも高い評価を受けています。

その後も「バットマン ビギンズ」「硫黄島からの手紙」「GODZILLA ゴジラ」など日本を代表する国際俳優として活躍しています。

見どころ紹介&こんな人におすすめ

(C)2020「Fukushima 50」製作委員会

この映画は実際の関係者90人以上を取材して書かれた小説が基となっており、実際に現場で起きていたことを知ることができる映画です。

見どころは正にそこであると言え、2011年3月11日未曾有の大災害が日本を襲う最中、被害を食い止めようと必死に闘った人たちの存在を、そして彼らが感じたであろう緊張感をリアルに感じることができます。

彼らの想いや闘いをニュースなどの報道機関で私たちが知ることは難しいですが、だからこそこの映画の存在が大きな意味を持ってくるのだと思います。

この映画は本当に全日本国民に観ていただきたいといえるものです。

あの時、あの時間に起こったことを私達は知り、そして忘れることなく世界に発信していく義務があるのだと思います。

まとめ

以上が「Fukushima 50」のあらすじと見どころになります。

東北大震災から9年経とうとしていますがあの時おこった出来事を忘れることのないよう、今こそ見るタイミングである映画でしょう。

試写会の応募も行われており、応募者全員にムビチケ50円引きになるプロモーションコードがもらえるみたいなので是非応募してみてください。

参照:Fukushima 50

この記事のURLをコピーする


スポンサーリンク


◆映画を無料で視聴する方法(作品名あいうえお順)