未分類

【見逃し配信】ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!(ガキ使)の動画を無料で視聴する方法は?

「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」(ガキ使)を見逃してしまった場合に、動画配信を無料で視聴する方法をご紹介します。

結論を言いますと、「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」はHuluで最新回を含め過去1ヶ月分の放送を無料視聴することができます。

Huluに初回登録すると、2週間の無料トライアルとなりますが、期間中に解約すればお金は全くかかりません。

いますぐHuluで無料視聴する
(2週間以内に解約すれば、料金は一切かかりません。解約手続きは簡単です。)

「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」の見逃し配信動画はHuluで見放題

ではまず、主要なVODサービスでの「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」の配信状況を見てみましょう。
(○=無料視聴可、△=有料レンタル、×=未配信)

Hulu
Amazon プライム・ビデオ
Paravi
U-NEXT
dTV
TSUTAYA TV
ビデオパス
ビデオマーケット
FODプレミアム

上の表のように、「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」はHuluの独占配信となっています。

Huluでは、「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」の過去1ヶ月分の動画が配信されていて、無料視聴することが可能です。

※2019年11月5日現在の場合、10/6~11/3までの5回分の放送が配信されています。

高画質な上にCMもないので快適に視聴できます。

Huluに初回登録すると、2週間の無料トライアル期間となり、サービスを無料で利用できます。

2週間以内に解約すれば料金はかかりませんし、登録・解約手続きはとても簡単にできます。

Hulu公式ページを見てみる
(2週間以内に解約すれば、料金は一切かかりません。解約手続きは簡単です。)

Huluは全ての動画が見放題のお得なサービス

Huluではたくさんのバラエティ番組が配信されています。

Huluで配信中のバラエティ番組の例
・有吉反省会
・今夜くらべてみました
・アナザースカイⅡ
・マツコ会議
・旅猿
・ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!
など

バラエティ以外にも映画、ドラマ、アニメなどたくさんの動画(6万本以上!)が配信されています。

多くのVODサービスでは、レンタル作品と見放題作品に分けて配信されていますが、Huluはすべての動画が見放題作品となります。

通常はサービスの利用に月額1,026円(税込)かかりますが、初回登録後は無料トライアル期間となり、サービスを無料で利用できます。

そして、「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」の動画ですが最新回を含む過去1ヶ月分の放送が配信されています。


2019年11月5日現在の場合、上の画像のように10/6~11/3までの5回分の放送が配信されています。

すべて見放題なので、おすすめです。

最後にHuluのメリットをまとめてみました。

Huluのメリット(特徴)

2週間の無料トライアル期間がある(解約はいつでも可能)
配信中の全ての作品(6万本以上)が見放題
作品のダウンロードが可能(対象外作品あり)
パソコン、スマホ、タブレットなどのマルチデバイス対応

初回登録後、2週間は無料トライアル期間となります。

解約はいつでもできますし、登録・解約手続きはとても簡単です。

この機会にぜひお試しください。

Hulu公式ページを見てみる
(2週間以内に解約すれば、料金は一切かかりません。解約手続きは簡単です。)

※2019年11月5日時点での情報です。配信状況など詳細は公式サイトでご確認ください。

動画共有サイトでの視聴はリスクがあります

Pandora、Dailymotion、9tsu、miomioなど動画共有サイトで「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」が配信されている場合があるかもしれません。

しかし、これらのサイトは違法アップロードサイトですので、次のデメリットがあります。

・画質や音質が悪い
・広告が多くてストレスが溜まる
・動画が途中で止まったり、急に削除されるので全話見ることができない
・ウイルス感染や個人情報流出の危険がある

公的機関等でも著作権に関する注意事項が記載されています。

参照:「著作権法の一部を改正する法律について」(文化庁)

参照:「著作物を無断で使うと?」(公益社団法人著作権情報センター)

参照:「テレビ番組の違法配信に関わる法制度について」(日本民間放送連盟)

 

安全かつクリーンに高画質で「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」を視聴するなら、公式サービスであるHuluをおすすめします。

「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」番組情報

1989年10月の放送開始当初〜約半年間は漫才形式のネタ披露のみだったが、1990年春頃〜1998年頃までは「オープニング」と呼ばれる、コントやチャレンジものなどの単発企画と、ダウンタウンのフリートークの2本立てで構成。1999年以降は従来通り2本立ての場合と、企画のみで30分もしくはトークのみで30分、というケースも多い。

各企画名には「第○回 ガキの使いやあらへんで! チキチキ」が付く。そもそも最初の企画「第1回 ガキの使いやあらへんで!! 激突チキチキ三輪車マラソンレース」(1990年2月20日放送)は「チキチキマシン猛レース」をもじって企画タイトルを付けたものだが、以降定例化。恒例企画であっても基本的に回数は「第1回」という表記が用いられる。

参照:ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!Wikipedia

公式サイトはこちら:ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!公式サイト

公式ツイッターはこちら:ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!公式ツイッター

「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」視聴者の声


視聴者の考える見どころを見る

必ずどの回においても方正が何らかの方法でビンタされる場面が見どころである。

また、着替えるシーンにおいて、浜ちゃんがみんなと違う格好、例えば、女装などをするのも毎回異なるので見どころであると考えられる。
(20代女性)

見所と致しては、やはり、ダウンタウンさんの冠番組であり、ダウンタウンの松本さんが企画を考えたりしているのでその面白さが見どころだと思います。

今風の企画も多いのでそういうところも見どころだと思います。
(20代男性)

見どころはダウンタウンを中心の5人が割とゆるく、たまには本気でバラエティーに富んだ様々な企画に挑むところです。

長年やっているだけあってレギュラー5人の息もピッタリあっていてまったりしている事が多いので見ている側も気楽に笑えるのがいいと思います。

毎回どんな企画をするのかワクワクできるのも見どころだと思っています。
(30代女性)

ダウンタウンの松本と浜田と、ココリコの田中や遠藤、山崎方正など、もう若手ではない芸人たちが、若手がやるような企画を体を張ってやっているところが魅力でもあります。

毎週、企画が異なって視聴者を飽きさせないのも良いです。
(40代男性)

見どころは、次々に出くわす色々な企画の連続性だと思います。

視聴者がチャンネルを変えられない、トイレに行けないぐらいに見過ごせないシーンが次々に映し出される点は、ドキドキ感とワクワク感(新鮮味)を盛り上げてくれます。
(40代男性)

ダウンタウンと現状ではココリコ、月亭方正との企画を通しての笑いが見ものです。

笑いの第一人者だと思うダウンタウンがやはり注目ですね。

一番有名で面白いという点では年末に放送される笑ってはいけないシリーズになるかなと思います。
(40代男性)

色々な新しい企画があって、とても楽しいです。

色々なテーブルゲームで遊んだり、ご当地ポテトチップス等を、利きチップスしたりなど。

何週かに渡って、一つの内容をやりますが、毎週毎週とても楽しい企画ばかりです。
(30代女性)

出演者が体を張って笑いを取る企画が多いのが見どころです。

ダウンタウン・ココリコ・月亭方正のレギュラー陣は40代後半から50代ですし、それぞれ実績も残している大御所的な立場です。

それにも関わらず人をいじって笑いを取るのではなく、自分たちで笑いを生み出し続けるのはすごいと思います。
(50代男性)

ダウンタウン、月亭方正、ココリコの5人のトークによるお笑いや、5人それぞれの性格がよく出てくる企画もののお笑い、お笑い界以外のゲストの方を招いて行う企画による笑いなど、様々な状況による笑いを楽しめるところが見どころです。
(20代女性)

ダウンタウンさんを先頭にいろんな事にチャレンジをしたりしてるところが面白いです。さらに素で動いているところが魅力的です。それがよりお笑いを誘ってくれる番組だと思います。色んな企画が満載の番組で見逃しても全然次が見れる番組です。
(40代女性)

視聴者の感想を見る

今までの放送で面白かったのは、毎回の放送で見られることだとも感じるが、仲間に対しての平気な裏切りがあることである。

毎回の放送で松本が捕らえられ、鬼ごっこをするシーンがあるが、この際に裏切り行為が見られると思う。

笑ってもいいので、気は少し楽かもしれないが、ハリセンを持っている鬼やエガちゃんが登場するシーンなど逃走者にはしんどい場面かもしれないが、見るこちらからとしては面白いし、次はどんな鬼が出てくるのかと期待していつも見ている。

鬼に捕まりたくないので、先輩の浜ちゃんのことを見捨てたり、捕まってる松本に座っているだけなので楽だと言いながら、罰ゲームを受ける松本を見ているメンバーもいたり、鬼ごっこの場面は毎回面白いと感じる。

また、方正の服が汚れて着替えてきた方正にケツバットをするシーンがあったが、たくさんケツバットをされてお尻が赤くなる方正にメンバーが保冷剤をお尻に当てたところ、くっついて痛いと言っている方正も面白かった。

放送中にメンバーを笑わそうとする多くの仕掛けが毎回工夫されてあって毎年楽しみに見ている。
(20代女性)

今まで面白かった放送としては、ヘイポーさんが出ているような企画です。

例えば、ヘイポーさんが赤ちゃんになり、お世話をされるという企画はとても面白かったです。

ライセンスの藤原さんがヘイポーさんをお世話するという企画だったのですが、もともとはライセンスの藤原さんの罰ゲーム企画として指導したものであったのですが、だんだんヘイポーさんの罰ゲーム的なものになっていったのは最高でした。

また、それを見ていたダウンタウンさんやココリコさんのコメントも最高でした。

また、その他にもコロコロチキチキペッパーズのナダルさんとヘイポーさんのコラボ企画も面白かったです。

クズ芸人と放送作家のコラボはなかなか見られないし、なんかキャラクター自体が似ている二人であったのでそのコラボは最高でした。

また、その他にも笑ってはいけないシリーズは傑作です。

特に、地球防衛軍のシリーズは最高でした。ゲストの俳優さんが豪華で驚きました。
(20代男性)

大分前になりますが、浜ちゃんが罰ゲームでロシアのウラジオストクまで行っていた回はとても印象に残っています。

もちろんこの頃からダウンタウンは芸人の中でもトップクラスの人気と実力があり、そんな浜ちゃんでもわざわざ飛行機でウラジオストクまでただ番長に殴られるだけのために行くんだ、そんな番組なんだと思った事を覚えています。

徹底的に裏にこだわった内容が面白かったのはもちろんですが、ウラジオストクの様子を色々見る事ができたのはかなり貴重だったと思っています。

また、ガキ使に欠かせないヘイポーの謝罪文回は久しぶりにお腹を抱えて息ができなくなるほど笑ったのを覚えています。

番組内容はヘイポーが西川史子さんに対し大変失礼な事をしてしまった事を謝罪するというものですが、その謝罪文を笑いながら言う、しかも内容が全然反省していないというものでこんなに失礼かつ面白い謝罪文絶対にガキ使でしかできないと思いました。

他にも浜ちゃんが罰ゲームで松ちゃんのお母さんとアメリカでタイタニックをする回や毎年恒例になった笑ってはいけないシリーズ等ガキ使はゆるく愉快な番組で私の心の支えになっています。
(30代女性)

ダウンタウンの二人とココリコの二人、山崎方正が、スマホを持たずに与えられたお題に沿った場所へ落ち合うという企画がよかったです。

東京に住んでいたことがなければ楽しめない企画だとは思いますが、東京の観光地紹介にもなるので面白く見ることが出来ます。

特に面白いのが、毎回ココリコの田中が見当違いな場所へ行くことです。

感覚が他のメンバーと完全にずれているのか、狙ってやっているのかが分からないのも面白いです。

意外と、ダウンタウンの松本や浜田が常識人だということも分かる企画でもあります。

ただ単に仕事を早く終わらせたいという思いしかないのかもしれませんが、そんなダウンタウンの姿が見られるのも楽しいです。

たまに普通に買い物している芸能人が、ひょっこり現れるのもこの番組ならではの緩い感じがして良いです。

大物扱いされることの多い、ダウンタウンの二人の芸人魂が感じられる番組だと思います。

お昼なども普通に近くの飲食店へ入って済ますなど、そういう場面ももっとオンエアーで流してもらいたいです。
(40代男性)

サンシャイン池崎が斎藤工に変わったシーンが一番面白かったです。

二枚目俳優や大御所俳優が芸人のネタをするという企画は今まであまり無かったですし、サンシャイン池崎の「空前絶後の~」のインパクト・切れ味を、真面目にマネする二枚目俳優は大変だっただろうと思います。

それは笑いを超越して、むしろやり切って欲しいと視聴者が応援したくなる共感の雰囲気があったように思います。

サンシャイン池崎を初めて見たのが、この番組で、ネタの内容も視聴者が予想できなかった点が、更に記憶に残るシーンにしてくれたのではないかと思います。

また、斎藤工もはまり役だったのかもしれません。俳優が芸人のネタを本気でするとああなるのかと思いました。

更に斎藤工はサンシャイン池崎のネタを100%やり切っているのが伝わってきて俳優の本気度(照れ無し度)が重要だとも思いました。

マツコ・デラックスが登場して以来でしょうか、毎年、新しい年男・年女的なブームを巻き起こす人が生まれているので今年もそういった企画を期待しています。
(40代男性)

個人的には現在吉本の社長の岡本がまだダウンタウンのマネージャーの時に出ていた企画が過去最高に面白かったです。

パンツ一丁の岡本が無茶苦茶な企画に挑戦して失敗するという内容ですが、マネージャーの岡本がダウンタウンにボロクソ文句言う場面は未だにユーチューブで見てしまいます。

当時は岡本が山崎方正にビンタしたり蹴ったりしても面白かったですが、岡本が凄いのは浜田にも思い切り蹴りを入れたりと容赦なく誰にでも攻撃する場面が新鮮すぎてたまらなく面白かったです。

岡本が主役みたいな感じで香港旅行を正月スペシャルで流したりとかなり視聴率も良かったと思います。

他ではもう無くなりましたがダウンタウンの2人が視聴者からの手紙を読んで、それについて話すというのが面白かったですね。

松本が基本的には視聴者からのふざけた内容の手紙に乗って作り話を始める内容ですが、たまにはやってもらいたいなと今でも思っています。

ガキの使いはまだまだ面白いのあるんで本当に凄い番組だと思います。
(40代男性)

やはり年末の、笑ってはいけないが1番面白いですよね。

ですが、昔の笑ってはいけないの方が好きでした。ダイナマイト四国が大好きです(笑)

まっちゃんの一人廃旅館なども、物凄く笑えます。

昔は、見ているだけでも伝わるくらい、ケツバットもかなり痛そうでした。

今は、柔らかな素材の音ですが、昔は音はたいした事ないですが、ズシッとくる痛さが伝わるケツバットでしたしね。

今のように、派手な演出とか、ゲストが出たりはありませんが、シュールな笑いだったり、本当にくだらない笑いもあるのが、とっても面白かったです。

まっちゃんの一人廃旅館に泊まるのは、怖さもある反面まっちゃんのビクビクしてる感じや、物音に敏感になりすぎていて、ビックリする姿だけでも面白いです。

浜ちゃん達が、隠れていて脅かしながら登場するのですが、トイレに行ったらお化けが出てくるシチュエーションになっていて、驚いたりなど、とにかく派手な事は無くてもかなり笑えます。
(30代女性)

ダウンタウンの二人が普段では考えられないほどの理不尽なことを他の出演者に言って笑いを生み出す理不尽シリーズ回が面白いです。

人生ゲーム・紙相撲・かるた・マジカル浜田といったこのシリーズの回が多数放映されてきましたが、ココリコ・次長課長・フットボールアワーなどの出演者に無茶苦茶で理不尽なことを言って笑いを生み出すのが最高です。

言動はナンセンスですし、今の言葉で言うと「老害」の雰囲気をダウンタウンが醸し出していますが、それを面白く演出しているのはこの番組だからこそだと思います。

他に面白いのは山崎モリマン対決のシリーズです。

山崎方正(月亭方正の旧名)とモリマンのホルスタイン・モリ夫が宿敵の間柄という設定で様々な対決をします。

ゴボウや濡れタオルでしばきあったり、豆板醤を塗りあったりします。

どの対決でも山崎方正が100%負けるのですが、それぞれの対決で見せる山崎方正の言動や行動が無茶苦茶笑えます。

山崎方正は意識して笑いを取りに行くと逆に面白くないことが多いのですが、素の状態での彼の面白さが存分に感じられるシリーズです。
(50代男性)

年末にある笑ってはいけないシリーズ。毎回テーマを設けた衣装とセットで笑うのを我慢する5人が面白い。

だいたいこんなパターンでしょ、と分かっていても面白い。

毎年驚くようなゲストが(特に俳優・女優)参加してビックリするような格好や笑わせるための行動をするので、今年は誰が出てくるんだろうという楽しみもたくさんある。

着ぐるみトークの回はどの回もダウンタウンを中心に色々お喋りしてくれるのでとても楽しいです。

はたして着ぐるみである必要があるのかどうかは不明ですが、可愛らしい姿で楽しく、おもしろく見ます。

ケータイを使わずに待ち合わせシリーズも好き。つい最近も放送があったが、地方に住んでいるため、東京の立地などはほとんど知らないが、田中だけいつも遅れるのが面白い。

的外れな予想や、予想してる時には合ってたはずなのに実際に集合すると違ったり、結局夜になるまで集まれない。楽しいし、自分たちもやってみたいと思うような企画だと思う。
(20代女性)

スマホなしで集まれるかが好きです。

お互いスマホなしで想像して集まれるなんて凄いと思います。

お互いの行動や知り尽くしてないと広い東京で集まれるなんてないと思うからです。

ざっくばらんなキーワードでそれぞれ行く場所を決めてそこに行く、それで集まれるなんて本当に凄い事だと思います。

集まるまで行くまでのタクシーの中のコメントとかがお互いの事良く見てるなって本当に仲の良さが分かる企画です。

この企画は面白いよと周りにオススメ出来ます。

あと好きな企画が芸能人を街で探すものが好きです。場所を決めて時間内に芸能人を見つけるなんて本当にリアルに探してるのが面白いです。

なかなか見つからないのが現実ですしヤラセではないのがまた面白いです。

さらに全員が答えられないといけないなんてせっかく会えてもゴールではないなんて笑えます。

全員が答えられる芸能人を見つけ出すなんて本当に運試しの企画ですから面白さが増してます。
(40代女性)

まとめ!「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」を見逃した方は、Huluで動画配信を無料視聴しよう

「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」は最新回を含む過去1ヶ月間の放送をHuluで視聴できます。(見放題です)

Huluのメリット(特徴)

2週間の無料トライアル期間がある(解約はいつでも可能)
配信中の全ての作品(6万本以上)が見放題
作品のダウンロードが可能(対象外作品あり)
パソコン、スマホ、タブレットなどのマルチデバイス対応

初回登録後、2週間の無料トライアル期間となり、期間中に解約すれば料金はかかりません。

登録・解約手続きは簡単なので、ぜひ試してみてください。

Hulu公式ページを見てみる
(2週間以内に解約すれば、料金は一切かかりません。解約手続きは簡単です。)