映画あらすじ見どころ(ネタバレなし)

映画【ジェミニマン】あらすじキャスト見どころ!ウィル・スミスが一人二役を演じた革新的な映像映画

ウィル・スミス主演の近未来アクションエンターテイメントが2019年10月25日に公開になります。

今までにない未知の映像の世界を巨匠アン・リー 監督が作り上げました。

あらすじ、キャストなど作品情報をはじめ、見どころ紹介記事です。ネタバレはありません!


スポンサーリンク


映画【ジェミニマン】作品概要

(C)2019 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

世界的に有名なハリウッドスターのウィル・スミスとアカデミー賞監督賞に2回輝いたことのあるアン・リー監督が作成したSF作品。

自分のクローンがある日現れたら?という近い将来に実際に起きそうな話題をテーマにしたアクション映画です。

予告動画

映画【ジェミニマン】あらすじ(ネタバレなし)

(C)2019 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

主人公は伝説的とも言われる凄腕のスナイパー、ヘンリー・ブローゲン。

政府からの任務を遂行している最中にある者に命を狙われる。

その襲撃者は自分の動きをすべて把握しており、更に「撃ってもいつの間にか姿を消してしまう」と神出鬼没で絶対に殺せないという最強のターゲットだった。

そのターゲットをついに追い詰めるが、なんとその正体が25年前に秘密裏に作られた若き日の自分のクローンだという衝撃の事実を知る。

そのことをきっかけに政府をも巻き込む大きな陰謀にヘンリーは巻き込まれていく・・・

クローンを生み出した「ジェミニ計画」の目的とは一体何なのか?



スポンサーリンク


作品情報詳細(公開日・監督・キャストetc.)

(C)2019 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

公開日(日本):2019年10月25日

原作:Gemini Man

監督:アン・リー

制作:ジェリー・ブラッカイマー

キャスト

ウィル・スミス(ヘンリー・ブローゲン/ヘンリーのクローン役)

メアリー・エリザベス・ウィンステッド(ダニー)

クライヴ・オーウェン(クレイ・ヴァリス)

解説とコメント

主演を務めるのは世界的に有名なハリウッドスター、ウィル・スミスです。

俳優だけではなく、映画監督として、またラッパーとしても成功しており、広く活躍くを行っています。

今まで様々なジャンルの映画に出演してきましたが、近年では彼が出演すると映画がヒットする、と言われるほどの人気俳優です。

彼の代表作といえばやはり1997年公開の「メン・イン・ブラックシリーズ」や2007年公開の「アイ・アム・レジェンド」があげられると思います。

今年公開の映画「アラジン」ではランプの精霊ジーニーを見事演じきったことで話題となりました。

コミカルな役からシリアスな役まで演技力の広い彼ですが、本作ではなんと主人公のヘンリー・ブローゲンと彼を狙うクローン役の2役を演じます。

自ら23歳の自分を演じるという今までにない役どころであり、また本作品はアクション映画でもあり、予告映像でも激しいバイクアクションを展開しています。

彼の激しいアクションにも注目が高まります。

ウィル・スミスの日本語吹き替え役と言えば、「メン・イン・ブラック」シリーズ等でお馴染みの江原正士か「インデペンデンス・デイ」や「アラジン」を務めた山寺宏一です。

本作ではなんと2人そろって「天才スナイパー」と「23歳のクローン役」のウィル・スミスの吹き替えをそれぞれ担当しました。

豪華声優のかつてない夢の共演とのことで、日本語吹き替え版の方も注目度の高い作品になっています。

本作の監督は代表作「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」などで有名なアカデミー賞監督のアン・リーです。

アカデミー賞のみならず、ベルリン映画祭金熊賞やヴェネツィア国際映画祭での金熊賞獲得など今まで華々しい経歴を持っています。

製作は「パイレーツ・オブ・カリビアン」や「アルマゲドン」などハリウッドの超大作に携わってきたジェリー・ブラッカイマーが務めます。

主演俳優・監督・製作どれをとってもハリウッドのヒットメイカーとなっており、大ヒット間違いない映画になることでしょう。



スポンサーリンク


映画【ジェミニマン】見どころ紹介&こんな人におすすめ

(C)2019 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

この映画の見どころはウィル・スミスが1人2役をどう演じるのかというところではないでしょうか。

長い経歴を持っている彼からしても初体験の演技であり、求められる演技力も相当高かったようです。

更に革新的な映像技術も話題になっています。

この映画は何年も前から映画化するという構想はあったようですが、技術が追い付かないため映像化するのは困難と言われていました。

しかし、昨今のテクノロジーの目まぐるしい発展により、最新のVFX(視覚効果)により見事に23歳のウィル・スミスが生み出されています。

更に120fps撮影(fpsとは画像や画面を1秒間に何回書き換えているかを表したもの)や最新の3Dが駆使された映画となっており、おそらく今までみたことの無いような未知の映画の世界を感じることができる作品となっていることでしょう。

この作品はハリウッドの超豪華制作人・俳優がそろった映画であり、ハリウッド大作映画が好きな人にはたまらない映画となっていると思います。

更に、今までに見たことのない映像の世界が体験でき、今まで観たことのないウィル・スミスを観れる作品ともあるので、新しいものが好きな人にもお勧めできる映画だと思います。

更に「クローン技術」で自分が目の前に現れるというテーマは近未来の話でありながらもどこか現実的でもあります。

ある日突然現れた敵が自分自身だったら・・・人類は戦えるのでしょうか?

映像のすごさだけではなく作りこまれたストーリーにも注目して観ていただきたい作品です。

まとめ

以上がジェミニマンのあらすじ、見どころになります。

未知の映像の世界をぜひとも劇場でその凄さを体験してほしい作品です。

映像の革新ともいえる本作をぜひその目で確かめてみてください。



スポンサーリンク