映画あらすじ見どころ(ネタバレなし)

映画【永遠の門 ゴッホの見た未来】あらすじキャスト見どころ!天才画家に視えていた世界とは

誰もが知るあの天才画家ゴッホの伝記をドラマにした映画が2019年11月8日に公開となります。

自らも画家であることで知られているジュリアン・シュナーベル監督がメガホンを取り、今まで私たちの知らなかったゴッホの人生が描かれました。

あらすじ、キャストなど作品情報をはじめ、見どころ紹介記事です。ネタバレはありません!


スポンサーリンク


映画【永遠の門 ゴッホの見た未来】作品概要

(C)Walk Home Productions LLC 2018

作品概要

印象派の画家として今や知らない人はいない程の有名な画家ゴッホ。

ゴッホと言えばその孤独な人生でも知られていますが、「夜になるまえに」「潜水服は蝶の夢を見る」などで有名なジュリアン・シュナーベルが監督が彼なりの新しい解釈で描いた作品です。

主演のゴッホはウィレム・デフォーが熱演し、その他にもルパート・フレンドやオスカー・アイザックなどの実力のある俳優が出演しました。

映画【永遠の門 ゴッホの見た未来】あらすじ(ネタバレなし)

(C)Walk Home Productions LLC 2018

画家として全く評価をされていないゴッホはパリに住んでいた。

ある日会ったばかりの画家ゴーギャンに「南に行け」と助言され、南フランスのアルルに行くことを決意する。

アルルの地で春を迎えた時、「まだ見ぬ絵を描くために、新しい光を見つけたい」というゴッホの願いは叶えられる。

広い畑をひたすら歩き、太陽に近づくために丘に登り、様々な画材を取り出しながら彼はゴーギャンの到着を待ちわびる。

広く何処までも続く風景を絶対的な美と捉え「永遠が見えるのは僕だけだろうか」と自分に問いかけ筆を握り続ける。

しかしある日村の人とトラブルになり、強制的に病院に入れられ孤独を強めるゴッホであったが駆け付けた弟のテオの手引きもありゴーギャンとアルルで再会を果たす。

2人は共同生活をしながら互いに創作活動を進め、絵を描くことに対して熱い議論を交わす。

しかし自然を見て描くゴッホと、それに対し自分の頭の中に見えるものを描くゴーギャンと全く正反対の2人であったためその日々も長く続かなかった・・・・。

たとえ自身の絵が世間に理解されなくとも不器用ながらに生き、筆を握り続けたゴッホの目に見えていたのは果たしてどんな世界だったのか。



スポンサーリンク


作品情報詳細(公開日・監督・キャストetc.)

(C)Walk Home Productions LLC 2018

公開日(日本):2019年11月8日

上映時間:111分

原題:At Eternity’s Gate

監督:ジュリアン・シュナーベル

製作:ジョン・キリク

キャスト

ウィレム・デフォー(フィンセント・ファン・ゴッホ)

ルパート・フレンド(テオ・ファン・ゴッホ)

オスカー・アイザック(ポール・ゴーギャン)

解説とコメント

主人公のゴッホを演じたのはアメリカ人の俳優ウィレム・デフォーです。

性格俳優として名の高い俳優のようで、現在まで様々な映画で活躍をしており、また「スピード2」でのガイガーや「スパイダーマン」のグリーン・ゴブリンなどの悪役を演じることも多かったようです。

本作では孤独に不器用に生きながらも自らの芸術にまっすぐに打ち込んだゴッホ役を熱演し、本作で第75回ヴェネチア国際映画祭で最優秀男優賞を見事受賞、アカデミー賞主演男優賞にもノミネートされました。

監督からもこの役は彼しか考えられなかったと言われており、さながらゴッホそのものの彼の演技に注目です。

ゴッホの弟であり、彼の生涯を支え続けた弟のテオ役の俳優はイングランド出身の俳優ルパート・フレンドです。

2004年に「リバティーン」で映画デビューを果たし、2005年の映画「プライドと偏見」でその演技力が評価され、有名になりました。

また人気テレビドラマ「HOMELAND」の第2~第6シーズンまで出演し、同作でエミー賞にもノミネートされています。

ゴッホに負けず劣らずの大人気の天才画家ゴーギャンはオスカー・アイザックが演じています。

2003年に主演を演じた「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌」にて全米映画批評家協会賞主演男優賞を受賞、またゴールデングローブ賞 主演男優賞にもノミネートされるなどこの作品で彼の知名度は一気に高まりました。

また、2015年のスターウォーズ7作目「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」にも出演しており、同作で彼の演技を観た人は多いのではないでしょうか。

本作の監督はジュリアン・シュナーベルです。

画家としても活動しており、2016年には自身の個展をLAで開催しています。

映画監督作品としては2002年に「夜になるまえに」でヴェネツィア国際映画祭の審査委員グランプリを受賞、2007年には「潜水服は蝶の夢を見る」で第60回カンヌ国際映画祭監督賞、および第65回ゴールデングローブ賞監督賞を受賞するなど華々しい経歴を持っています。

これまでゴッホを題材にした映像化作品は数多くあったといいますが、ゴッホ自身と同じ画家である彼から見たゴッホはどう描かれたのでしょうか。



スポンサーリンク


映画【永遠の門 ゴッホの見た未来】見どころ紹介&こんな人におすすめ

(C)Walk Home Productions LLC 2018

この映画の見どころの一つとしては、その美しい映像美があげられます。

ジュリアン・シュナーベル監督はゴッホが「自分だけに見えるその美しさを人々に伝えたい」という使命を持ち筆をとったと考えこの作品を映像化しました。

その考えを受け撮影監督のブノワ・ドゥロームはゴッホの瞳に映る世界をそのままカメラに映して顧客である私たちに伝えようとしています。

最大限の柔軟性を出すために極力手持ちのカメラで撮影されたといい、時には主演のウィレム自身がその手にカメラを持ち彼の視線からの撮影を試みました。

ゴッホの視ていた世界では自然が美しく輝き、雄大な自然の色々を魅せています。

是非その美しい映像観ながら天才画家がその景色を通じて伝えたかったことを感じてみてください。

また他の見どころとして、その天才ながらも孤独であった彼の不器用な人生と彼を取り囲む人々が描かれているところだと思います。

ゴッホの絵は彼が生きている間はほとんど売れず、そして最後にゴッホは自らの命を絶ってしまいます。

誰にも理解されない彼を弟であるテオは献身的に支え、また同じ芸術仲間として彼と競ったゴーギャンとの共同生活はどうだったのでしょうか。

この映画は芸術としてゴッホが好きな人にはもちろんお勧めですが、今まであまり美術に興味がなかった人にも是非みてもらいたい作品です。

天才が視ていた世界をこの映画を観ることで知ることができ、私たちの毎日の世界もまた違った見方をすることができるのではないでしょうか。

まとめ

以上が永遠の門 ゴッホの見た未来のあらすじとみどころになります。

2018年にアメリカで公開され、高い評価を受け、待望の日本公開がいよいよ11月8日に近づいています。

9月26日は新宿ピカデリーでジャパンプレミアの開催と舞台挨拶が決定しているみたいで、主演のウィレム・デフォー&ジュリアン・シュナーベル監督が来日するみたいですね。

また、2019年10月~上野の森美術館、2020年1月25日~兵庫県立美術館でゴッホ展の開催も予定されているようです。

是非この映画を観てゴッホの世界を知り、ゴッホ展にも足を運び天才画家の世界にどっぷり浸かってみてください!



スポンサーリンク