映画あらすじ見どころ(ネタバレなし)

映画【グッドバイ 嘘からはじまる人生喜劇】あらすじキャスト見どころ!太宰治の絶筆作品がコメディ作品として映画化

文豪太宰治の遺作である「グッド・バイ」を基にした映画「グッドバイ 嘘からはじまる人生喜劇」が2020年2月14日に公開となります。

大泉洋と小池栄子という個性実力派俳優がダブル主演を務め、日本アカデミー賞受賞者である成島出が監督を務めました。

あらすじ、キャストなど作品情報をはじめ、見どころ紹介記事です。ネタバレはありません!
この記事のURLをコピーする


スポンサーリンク


映画【グッドバイ 嘘からはじまる人生喜劇】作品概要

(C)2019「グッドバイ」フィルムパートナーズ

公開日(日本):2020年2月14日

上映時間:106分

原作:ケラリーノ・サンドロヴィッチ

監督:成島出

脚本:奥寺佐渡子

作品概要

昭和の文豪太宰治の小説「グッドバイ」をケラリーノ・サンドロヴィッチが独自の視点で完成させた舞台が2015年に上映されました。

この映画はその舞台を基に新たにスクリーンにむけた人生喜劇映画としてよみがえらせた作品です。

主人公を大泉洋、ヒロインを舞台でも同役を演じて話題となった小池栄子を起用した他、木村多江、濱田岳、松重豊などの実力派俳優が登場します。

予告動画

映画【グッドバイ 嘘からはじまる人生喜劇】あらすじ(ネタバレなし)

(C)2019「グッドバイ」フィルムパートナーズ

舞台は戦後の混乱を乗り越えて復興に向かっている昭和の日本。

文芸雑誌の編集長でありながら闇稼業で小金を稼いでいる田島周二は優柔不断な性格ながらも何故か女性からはよくモテる。

その性格から気づいたら何人もの愛人を抱えてほとほと困ってしまっていた。

このままではいけない、真っ当な生活をしようと愛人たちと別れる決心したが、いざ愛人たちを目の前にすると別れがなかなか切り出せない。

そこで周二は金にがめつく、大食いでがさつのキヌ子にニセの女房を演じてくれと頼み込む。

しかし、泥だらけの顔をぬぐったキヌ子は誰もがふりかえる美女だったのだ。

女と別れるための男と、金のための女という水と油のようなニセ夫婦の企みがはじまる。



スポンサーリンク


映画【グッドバイ 嘘からはじまる人生喜劇】作品解説

(C)2019「グッドバイ」フィルムパートナーズ

この映画の基となった小説「グッドバイ」は太宰治の死によって絶筆となった作品です。

太宰治は知らぬ人はいないほどの有名な作家であり、「走れメロス」「人間失格」「斜陽」など現代の文学界にも影響を及ぼすほどの名作を多く生み出しています。

また、彼の人生も波乱に満ちており、自殺未遂・薬物中毒・不倫などを経験しており、彼の作品にもそういった経験が投影されています。

「グッドバイ」は第13回分までの原稿が執筆されましたが、1948年に彼が入水自殺をしてしまったためについに未完で終わってしまったのです。

彼の最後の作品ということでファンも多く、今までもこの小説を基にした映像作品、また着想を得た舞台化作品がいくつか存在します。

その未完の作品をケラリーノ・サンドロヴィッチが舞台用に書き換え2015年に上映されたKERA・MAP公演「グッドバイ」は大ヒット、第23回読売演劇大賞最優秀作品賞を見事受賞しました。

またその舞台でキヌ子役を演じた小池栄子は第23回読売演劇大賞、最優秀女優賞を受賞するなど当たり役として非常に高い評価を得ており、今回映画版でも同役を演じるということで話題となっています。

映画版の監督を務める成島出は山梨県の出身、1986年に監督作品「みどり女」が第9回ぴあフィルムフェスティバルに入選したことをきっかけに映画監督の道を目指します。

1994年に「大阪極道戦争 しのいだれ」で脚本家でデビュー、2003年に初大衆向け長編映画監督作品「油断大敵」にて藤本賞新人賞やヨコハマ映画祭新人監督賞を受賞し有名になります。

その後2012年の「八日目の蝉」第35回日本アカデミー賞最優秀監督賞を受賞、2015年には「ふしぎな岬の物語」にて第38回日本アカデミー賞優秀監督賞や第38回モントリオール世界映画祭の審査員特別賞グランプリとエキュメニカル審査員賞を受賞するなどの経歴があります。



スポンサーリンク


キャスト紹介

キャスト

大泉洋(田島周二)

小池栄子(永井キヌ子)

水川あさみ(大櫛加代)

橋本愛(水原ケイ子)

緒川たまき(青木保子)

解説

本映画の主演を務めるのは個性派俳優大泉洋です。

北海道出身の俳優ということは周知の事実ですが、デビューは北海学園大学在学中でありローカル番組「水曜どうでしょう」で道内だけでなく全国的に有名となります。

東京でのTV俳優業を本格的に始めたのは2005年のドラマ「救命病棟24時」であり、その後「ハケンの品格」やNHK大河ドラマ「龍馬伝」等有名ドラマに出演俳優としての知名度もあげていきます。

映画界でも「アフタースクール」や「探偵はBARにいる」などの主演作を多く持ち、また声優としても映画に出演したり、演劇ユニット「TEAM NACS」としての活動をおこなったりと幅広く精力的に活動を行っています。

舞台版に引き続き永井キヌ子を演じるのは小池栄子です。

芸能界入りしたきっかけはスカウトであったといい、1998年のドラマ「美少女H」でデビューを果たします。

女優希望で芸能界入りしていますが、ブレイクのきっかけはグラビアアイドルとして絶大な人気を獲得したことであり、またMCとしても活躍しています。

近年は女優業に比重を移しており実力もかなり評価されており、映画では「20世紀少年シリーズ」や「人間失格」、成島出監督の「八日目の蝉」など話題作に多く出演しています。

見どころ紹介&こんな人におすすめ

(C)2019「グッドバイ」フィルムパートナーズ

この映画の見どころは「女と別れるため」と「金のため」のニセ夫婦、田島の愛人、そして田島の本妻という複雑な人間関係がどうなってしまうのかというところです。

また遺作であることからこの作品は太宰治の遺書ではないかとも言われており、映画を観ることで太宰治が読者に残したかったメッセージが伝わってくるかもしれません。

喜劇で作成されているこの映画はどの世代の人にとっても楽しめる内容となっており、太宰治作品と言うと固いイメージを持ってしまわれる方にも偏見なく観ていただける作品となっています。

まとめ

以上が「グッドバイ 嘘からはじまる人生喜劇」のあらすじと見どころになります。

執筆から70年絶ち新たな作品として現代によみがえった文豪の遺作を是非劇場に観に行ってみてください。

またあまり文学作品を普段読まれない方はこれを機に、昭和の文豪の作品を是非手に取って読んでみてください。

この記事のURLをコピーする


スポンサーリンク


◆映画を無料で視聴する方法(作品名あいうえお順)