映画ネタバレと感想

映画【グリーンブック】ネタバレ(あらすじ)と感想評価「実話を元にした友情物語」

(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC. All Rights Reserved.

黒人ピアニストとイタリア系白人運転手が友情を深めていく姿を描いた感動実話です。

第91回アカデミー賞では、全5部門にノミネートされ、作品賞・脚本賞のほか、ドクター・シャーリーを演じたマハーシャラ・アリが助演男優賞を受賞しています。

ここでは、映画「グリーンブック」のあらすじを「ネタバレなし」、「ネタバレあり(結末まで)」のパートに分けてご紹介します。

後半では、感想評価について書いていますので、そちらもぜひご覧ください。

映画【娼年(しょうねん)】ネタバレ(あらすじ)と感想評価「リョウ(松坂桃李)の透明な微笑み」 石田衣良の原作発表から10数年、松坂桃李という稀有な役者の登場で2016年夏に舞台化され、満を持しての映画化となった「娼年」。 ...

映画【娼年(しょうねん)】ネタバレ(あらすじ)と感想評価「リョウ(松坂桃李)の透明な微笑み」



スポンサーリンク

【グリーンブック】予備知識

「グリーンブック」の予告動画

公開日(日本):2019年3月1日

監督:ピーター・ファレリー

キャスト
ヴィゴ・モーテンセン(トニー・“リップ”・バレロンガ)
マハーシャラ・アリ(ドクター・ドナルド・シャーリー)
リンダ・カーデリーニ(ドロレス・バレロンガ)

作品概要
1962年のアメリカを舞台に、ガサツなイタリア系白人の運転手トニー・リップ・バレロンガと高い教養を備えたアメリカ系アフリカ人ピアニストのドクター・シャーリーがコンサートツアーを巡る中で築いた友情の物語。

実話を元にしており、トニー・バレロンガの実の息子ニック・バレロンガが制作・脚本を手掛けているのにも注目です。

【グリーンブック】あらすじ(ネタバレなし)

舞台は1962年アメリカ。トニー・リップ・バレロンガは、腕っ節の強さとハッタリを武器に、ニューヨークのナイトクラブで用心棒として働いていました。

ある日、ナイトクラブが改装工事のため閉店してしまいます。

途方にくれたトニーは、大食いの賞金でその日暮らしの生活となるが、新しい仕事を探しているところにドクター・シャーリーなる人物が運転手を探しているという情報を得てトニーは面接へ向かいます。

シャーリーはアメリカ系アフリカ人のピアニストで、アメリカ南部をツアーで回るための運転手兼世話役として、トニーの腕っ節の強さを見込んで面接に招いたのでありました。

(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC. All Rights Reserved.

当時のアメリカは黒人差別が色濃く残っており、まして南部ではそれが熾烈であるということ、自らも黒人差別主義であり、世話役は出来ないとことを理由に、トニーは一度はこの仕事を断りますが、待遇面や自身の状況を鑑み引き受けることとなります。

トニーは妻と二人の子供とクリスマスまでには必ず返ってくることを約束。

黒人旅行者が不快な思いをしないよう、利用することができるレストランやモーテルが記された「グリーンブック」片手にツアーに出発するのでした。

(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC. All Rights Reserved.
以下、結末までのネタバレになります。ご注意ください。


スポンサーリンク

【グリーンブック】あらすじ(ネタバレ)

ツアー中シャーリーは、トニーの粗暴な態度や言動を幾度となく注意します。

シャーリーは高い教養を身につけており、自身がうんざりしたということもあるが、シャーリーのピアノを聴きにくる観客は富裕層が中心のため、今のままでは客前にトニーを出せないと考えたのです。

しかし、生来の気質を曲げるつもりのないトニーとの間にしばしば衝突が起こります。

一方でトニーは、シャーリーの演奏に次第に魅了されていくが、ステージから降りたシャーリーへの観客や招待人の差別的な態度に困惑していました。

シャーリーの演奏には魅了されるものの、トイレは「黒人専用」を使うことを強要され、レストランにも入れてもらえないのです。

(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC. All Rights Reserved.

外出時には白人からリンチを受けることすらあり、トニーは一人で外出しないようシャーリーを叱りつけます。

警察の厄介になることもしばしばで、シャーリーが白人男性を買春しようとしたところを警察に捕まり、トニーは警察を買収することでことなきを得ますが、シャーリーはその買収に激怒します。

また、日没後に黒人が外出することは違法とされ、職務質問を受けた際、警官からの侮辱的な発言にトニーは警官を殴ってしまいます。

二人は逮捕されてしまいますが、シャーリーは司法長官のロバート・ケネディとのコネクションを利用し解放され、トニーはシャーリーが政界にまで顔が効くことに驚きを隠せないのでした。

ツアーの最終公演、シャーリーは会場の白人専用のレストランの利用を断られてしまい、レストランが利用できないのであれば演奏は断ると言いボイコットしてしまいます。

(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC. All Rights Reserved.

二人はその後、食事をするために立ち寄った黒人のクラブで、ブルースに合わせてアドリブでのピアノを演奏し、大いに楽しみます。

ツアーが終わったものの、家族と交わしたクリスマスまでに戻るという約束を果たすため、雪道を懸命に車を運転するトニーであったが、道中眠気に負けてしまいます。

しかし、そこでシャーリーは自ら運転を買って出るのです。

トニーは無事帰宅し、シャーリーも自宅に帰りますが、孤独に耐えかねトニーの一家を訪れ、一緒にクリスマスを楽しむのでありました。



スポンサーリンク

【映画名】感想と評価

黒人差別が色濃く残るアメリカを舞台に、黒人ピアニストが南部を巡るという重いテーマなので、辛いシーンが多くあることを覚悟して鑑賞しましたが、黒人だが繊細なシャーリーと白人だが粗暴なトニーという普通であれば全く相入れない二人のやりとりがおもしろ可笑しく、全編を通してコメディタッチで描かれていることもあり、笑いが絶えず鑑賞することが出来ます。

当時の黒人差別の描写を見ると、黒人に対して嫌悪する感情があるというよりも、そうすることが当たり前だから差別していたのだということがわかります。

シャーリーが皆と一緒のトイレが利用できなかったり、白人専用のレストランがあることは、黒人に対する感情というよりも「そういうものだから」という理由で、いかにシャーリーが偉大なピアニストであろうと関係がないのです。

シャーリーがあえて南部にツアーに出る理由にも感銘を受けるものがあります。

音楽・心理学・芸術の分野で博士号をとりドクターと称されますが、黒人がゆえに差別を受けることに対して、あえて差別が激しい南部に身を置くことで何かを変えようとしたのです。

しかし、実際に南部に出てみると、黒人たちは依然として奴隷のように働いているし、観客らは自らの教養の良さを強調するために高尚とされるシャーリーの音楽を聴いていることがわかり失望します。

自身のアイデンティティが軽んじられていると感じたシャーリーは、怒りを感じ演奏をボイコットします。

それが人間のあるべき姿であると感じたのです。しかし、ボイコットした後で訪れた黒人のクラブでは、自由に演奏することのおもしろさを発見することができます。

また、ツアーを通して芽生えたトニーとの友情はシャーリーにとって幸福であったと思います。

トニーもまた差別主義を改めシャーリーと友人となり、より豊かな心を得られたのです。

まとめ

差別する側はそこまで重大なことをしているとは思っていなくても、差別されて側にとっては非常に傷つくことがあり、この作品は黒人差別が色濃く残る時代を舞台にしていますが、現代にも通じるものがあり、自身を見つめ直すきっかけとなる作品です。

ヴィゴ・モーテンセン演じるトニーと、マハーシャラ・アリ演じるシャーリーの掛け合いがとにかく面白く、重いテーマながら楽しく見ることができるのもポイントが高いです。

映画【翔んで埼玉】ネタバレ(あらすじ)と感想評価「悪名は無名に勝るby埼玉県知事」 魔夜峰央さんによる原作「翔んで埼玉」が刊行されたのが1982年。 当時「パタリロ!」などで人気を博していた魔夜さんが住んで...

映画【翔んで埼玉】ネタバレ(あらすじ)と感想評価「悪名は無名に勝るby埼玉県知事」



スポンサーリンク