アニメ動画(無料視聴方法)

アニメ「地縛少年花子くん」フル動画を全話無料で視聴する方法は?

ここでは、アニメ「地縛少年花子くん」を視聴したい方のために無料で動画を配信しているサービスをご紹介します。

結論から言いますと、動画配信サービスのU-NEXTを利用すれば、1話から最新話まで全話無料で視聴できます。(最速先行配信)

※U-NEXTでは原作漫画1巻も無料で読めます!

U-NEXTに登録して31日間は無料トライアル期間となるので、31日以内に解約すれば料金は全くかかりません。

▼いますぐ視聴する方は下のリンクからどうぞ▼
U-NEXTに登録して無料視聴する
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

アニメ「地縛少年花子くん」動画はU-NEXTで全話見放題!アニメを見るなら見放題作品数No.1のU-NEXTで!

アニメ「地縛少年花子くん」は、U-NEXTで全話配信されています。

U-NEXTは日本最大級の動画配信サービスで、映画・ドラマ・アニメを中心に動画配信数は断トツの17万本(見放題作品は14万本)となっています。

アニメだけに注目しても圧倒的な配信数(2700本以上!)で、現在放送中の作品も含め、ほとんどが見放題作品となっています。

実は主要動画配信サービスのなかでアニメ見放題作品数はU-NEXTがトップなんです!

U-NEXTで配信中のアニメ作品例

▼いますぐ視聴する方は下のリンクからどうぞ▼
U-NEXTに登録して無料視聴する
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

 

またU-NEXTは、31日間無料トライアルを実施中で、アニメ「地縛少年花子くん」は見放題作品なので全話無料で視聴することができます。

U-NEXTでは、原作漫画も全巻配信されていて、現在1巻が無料で読めます!(※2020年1月10時点)

さらに下記のように大きなメリットがあります。

<U-NEXTの登録メリット>
登録特典として600ポイント、無料期間終了後には毎月1,200ポイントがもらえるので、新作や漫画などの有料コンテンツも楽しめる(1ポイント=1円)

一つの契約で4アカウントまで作れる(視聴履歴の共有はなし)

パソコン、スマホ、タブレットなどのマルチデバイス対応で、同時視聴も可能(4人まで)

ほとんどの作品のダウンロードが可能で、オフラインでどこでも楽しめる

再生速度の変更ができる

42万冊以上の電子書籍を配信中!さらに70誌以上の人気雑誌が読み放題!

初回登録から31日以内に解約すれば、料金は一切かからないので、初回の方には特におすすめなサービスです。

また、登録手続きは簡単ですし、解約はいつでもすぐにできます。

▼いますぐ視聴する方は下のリンクからどうぞ▼
U-NEXT公式ページを見てみる
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

動画共有サイト検索結果と注意事項

下のリンクが動画共有サイトでのアニメ「地縛少年花子くん」検索結果です。

参照:You Tube検索結果

参照:ニコニコ動画検索結果

ちなみにその他の違法動画サイト(Pandora、Dailymotion、9tsu、miomioなど)での視聴は、下記の理由からおすすめしません。

【違法サイトで視聴するデメリット】
・低画質かつ低音質
・広告が多く、危険な海外サイトに飛ばされたりする
・途中で止まったり、見られなくなる
・ウイルス感染や個人情報流出のリスク

公的機関等でも著作権に関する注意事項が記載されています。

参照:「著作権法の一部を改正する法律について」(文化庁)

参照:「著作物を無断で使うと?」(公益社団法人著作権情報センター)

参照:「テレビ番組の違法配信に関わる法制度について」(日本民間放送連盟)

 

安全かつクリーンに高画質で動画を視聴するなら、公式サービスであるU-NEXTの利用をおすすめします。

U-NEXT公式ページを見てみる
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

※記事内容は2020年3月時点の情報です。配信状況など詳細はU-NEXT公式サイトにてご確認ください。

原作情報

『地縛少年花子くん』(じばくしょうねんはなこくん)とは、あいだいろによる日本の漫画。『月刊Gファンタジー』(スクウェア・エニックス)2014年7月号より連載中。主人公を始めとする個性的な人間と怪異の関係を描いた怪異譚。

参照:地縛少年花子くんウィキペディア

▼いますぐアニメを視聴する方は下のリンクからどうぞ▼
U-NEXTに登録して無料視聴する
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

アニメ「地縛少年花子くん」主題歌・キャスト・スタッフ・公式リンク

主題歌

エンディングテーマ:鬼頭明里「Desire Again」

▼いますぐアニメを視聴する方は下のリンクからどうぞ▼
U-NEXT公式ページを見てみる
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

キャスト(声の出演)

(花子くん)緒方恵美
(八尋寧々)鬼頭明里
(源光)千葉翔也
(源輝)内田雄馬
(赤根葵)佐藤未奈子
(七峰桜)安済知佳
(日向夏彦)水島大宙

スタッフ

監督:安藤正臣
原作:あいだいろ
アニメーション制作:Lerche
キャラクターデザイン:伊藤麻由加
音楽:高木洋
総作画監督:伊藤麻由加

公式リンク

参照:公式サイト

参照:公式ツイッター

参照:グッズ販売サイト

参照:月刊Gファンタジー

アニメ「地縛少年花子くん」あらすじネタバレと感想

1話「トイレの花子さん」

かもめ学園高等部1年生の八尋寧々は、学園に伝わるとある噂話を耳にする。
大切なものと引き替えに願いを叶えてくれるという『トイレの花子さん』。
どうしても叶えたい願いのある寧々は、旧校舎の女子トイレで花子さんを呼び出す。
だが、現れたのは男の子の幽霊で!?

参照:地縛少年花子くん公式サイト

ネタバレと感想を見る
ネタバレ

かもめ学園高等部1年生の八尋寧々は、学園の七不思議の七番目『トイレの花子さん』の元に行きます。

どうしても叶えたい願いのある寧々は、噂で聞いた通りに花子さんを呼び出しますが、現れたのは学生服を着て、左頬に「封」の札が貼ってある男の子の幽霊でした。

花子くんは寧々の願いを聞いてみますが、それは先輩との恋の成就。花子くんは寧々と先輩の仲を進展させるために、寧々の特技を生かしてはどうかと提案します。

昔、思い切って告白した結果、こっぴどく振られたことがある寧々は、イケメンの源先輩に告白して、振った男の子を見返してやりたいと思っていました。

花子くんは、寧々の特技、園芸で育てたものを、先輩の机に置くようにアドバイスしますが、夏野菜を置いてみたものの、先輩には珍事件として受け取られてしまいました。

花子くんは、夏野菜をお弁当にして先輩の机に置きますが、気持ち悪いキャラ弁の思いは先輩には伝わらずに、落とし物だと思われて、職員室へ届けられてしまいます。

偶然、先輩とぶつかって意識させる作戦も、いろいろな生徒を巻き込む大惨事になってしまいました。

花子くんは、願いをかなえることには初心者なのだとカミングアウトします。寧々に責められながらも、花子くんはヘラヘラするばかりでした。

そんな中、寧々は、落ちていた、お守りのようなものを見つけます。それは、人魚の鱗という、呪いをうける代わりに縁結びの効果がある道具でした。

鱗を使ってはいけないと止める花子くんに対して、寧々は、「呪いを受けてもいいから先輩と両想いになりたい」と人魚の鱗を飲み込んでしまいます。

先輩の元へ走った寧々は、女生徒に告白されている源先輩を見つけました。

女生徒からの告白に「好きな子がいる」と断った源先輩を見て、寧々は「先輩には好きな人がいるんだ」とショックを受けますが、その時、体が水底に沈むような異変に襲われます。

水に沈んでいきながら、どうしてこうなってしまったのか、考えましたが、ろくに話したこともなく、名前もよく覚えていない源先輩を本当に好きなのか、自問自答します。

そして、全部、自分勝手な理由だったと、自業自得だと、改めて感じた時、花子くんの声が聞こえてきました。

気が付くと、寧々は水槽の中にいました。なんと、寧々は金魚の姿になっていました。人魚の呪いのために寧々は金魚になってしまったのです。

花子くんは、人魚の鱗について、鱗を飲めば魚にされてしまうこと、二人で鱗を飲めば効力が薄まること、一緒に呪いを受けた二人は特別な縁で結ばれるから、縁結びだと言われているのだと教えてくれました。

寧々が、自分の行動を後悔していると、突然、女性の声が響き、教室が崩れ落ち、人間の顔を持つ巨大な人魚が現れます。

人魚は寧々を連れて行こうとしますが、花子くんは、「まだその子の願いをかなえていないから、連れて行くならそのあとにしてほしい」と言いますが、人魚は聞き入れません。

花子くんと人魚は戦うことになりますが、一撃で人魚をやっつけます。

寧々は人魚に連れていかれることを嘆きますが、花子くんは「鱗を使うな、と忠告したよね」と意地悪な発言をしますが、先輩に使わなかった鱗があるので、あと一つ、願いをかなえてあげられる、人間に戻りたいか?と寧々に尋ねます。

それ相応の代償はあることを承知で、寧々は人間に戻してほしいと懇願します。

花子くんは「お代はカラダで払ってもらうよ」と寧々に言い、鱗を飲み込みました。すると、水槽は割れ、寧々は元の姿に戻ります。

花子くんは、人魚の呪いの半分を引き受ける代わりに、寧々の労働力を求め、寧々を助手にすることにしました。

感想

イラストの雰囲気は少女漫画というよりは小学生向けのタッチなので、苦手ですが、お話の雰囲気と合っています。

学校の七不思議、トイレの花子さんが男の子だという設定に、少し驚きましたが、くせのあるキャラクターで、でも、優しくてついつい女の子をいじってしまう、という性格なのも、親しみやすいです。

ただ、高校生にもなって、おとぎ話のような噂を信じてしまう寧々には、ちょっと引いてしまいました。

中学校の設定であれば、納得できると思いますし、キャラクターの見た目も高校生というより、中学生のような幼い感じを受けました。

寧々はイケメンの源先輩と両想いになりたいという願いですが、女の子にとってはとても身近な願い事なので、代償はいったいどんなものなのか、ドキドキしました。

花子くんの、寧々の願いをかなえようと、野菜を作ったり、お弁当を作るようにアドバイスしたり、というもの、ベタですが、面白かったです。

また、縁結びのアイテムの人魚の鱗も、キーアイテムで、商品化したら面白いなと思いました。

これからの時期であれば、バレンタインの友チョコにしてもいいかも、と思いました。

寧々は、結局、自分の先輩への思いは、自分の自己満足で、両想いになりたいというのが願いだったと自覚しますが、これは今も昔も、思春期の女の子が持つ悩みなのかな、と思いました。

それを自覚して、自分を顧みることができた寧々は、花子くんの助手として、これから成長していくのだと感じました。

▼いますぐ視聴する方は下のリンクからどうぞ▼
U-NEXT公式ページを見てみる
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

2話「ようせいさん」

花子さんの助手となった寧々は、
その日から毎日のようにトイレ掃除を強要させられる。
花盛りの寧々にとって、放課後をトイレ掃除に費やすのはあまりにも残酷。
寧々は次第に花子さんへの不審感を募らせるようになる。
そんなある日、学園内で物がなくなる事件が多発。
それは生徒達の間で噂されている『ようせいさん』の仕業のようで…?

参照:地縛少年花子くん公式サイト

ネタバレと感想を見る
ネタバレ

第1話から1週間が経っていた。その間、寧々は放課後にトイレ掃除をさせられたいたようだ。

寧々はクラスのイケメンにデートに誘われていることを理由に断ろうとするが、しそうはさせてもらえない。ちなみにデートとは生徒会の資料をまとめること。

授業を受けているとき、先生に本を読むように言われる。しかしなぜかさっきまで机の上に出ていた本が見当たらない。

それは寧々だけでなく、クラス全体になくし物が流行っているようだった。友達が言うには”ようせいさん”の仕業ではないかとのこと。

”ようせいさん”とは大事なものをなくしたり、必要なときにいつもあるものがなくなったり。そして”ようせいさん”をみると、命までとられてしまうとのこと。

クラスメイトにうっかり水をかけられてしまう寧々。寧々は人魚の呪いにより、水をかけられると鱗がでるようになっていたのだ。

そのことが回りにばれないように逃げ出す寧々。気がつくと廊下にタオルが落ちている。

さらに側にはクラスメイトたちがなくしたもの、自分の教科書などが見つかった。

近くの教室を見て見ると、なんと”ようせいさん”を見つけてしまう。噂では”ようせいさん”を見ると、命まで奪われてしまう。その噂どおり、”ようせいさん”は襲ってきた。

そこへ現れる花子さん。あっという間に”ようせいさん”を倒してしまった。しかしその”ようせいさん”の正体とは、うさぎの形をした怪異。名前をモッケ。

古くから人間の側にいて、小さな盗みやいたずらをしていた。今は大勢で集まって”ようせいさん”をしていた。

怪異とは噂の通りに生きるもの。もしその通りにいきなければ消えてしまう。そこで寧々に噂を変えるように言われる。

寧々は”ようせいさん”の噂を「見たら殺される」から「飴玉を持ち歩けば殺されない」に書き換えた。

別の日、空からイケメンが降って来て悪霊(花子)を払ってくれる妄想している寧々。そこに空から源光が降ってくる。

源家は代々、悪霊退治を生業としているらしく、光は花子を払おうとしていた。

光の持つ雷霆杖は術者の霊力を雷に変換できるもので、これを持って花子を退治しようとした。

しかし1発目はダメージを与えたものの、2発目からは雷が効かなくなった花子。

それどころか杖を使いこなせていなかったらしく、光は手に火傷を負っていた。まだまだ実力差のある花子と光。次の花子の一撃で、光は倒されたのであった。

感想

怪異や妖怪といった類は、噂でしか聞かないものです。噂ということは、時代によってはまた別の噂になっていることもあるのでしょう。

今回出てきた怪異のモッケは、元々は人間にいたずらしたり盗みを働くだけのものでした。しかし噂が噂を呼び、この物語では「人を殺す」にまで発展していたのでした。

この噂を変えることで、また怪異の特性を変更できるという設定が、この物語の面白い部分なのかもしれません。

そういえば花子さんは本来、女の子の霊ですね。しかしこの作品では、なぜか男の子の姿をしております。

これもこのルールに則って、何らかの変化があったものなのかもしれません。

花子で言えば、包丁を武器に戦っているところも不思議なポイントでしょう。本来の花子は女の子ですが、武器などを持っているという噂はありません。

バトル要素を含むためか、第1話から包丁を武器に戦っているシーンが見受けられます。これも噂によるものなのでしょうか?

また光が言うには、花子は光のおばあちゃんが封印した怪異だというもの。何かの拍子に封印が解けたのでしょうか。

そういえば花子のほっぺたには「封」の字が入ったお札が貼られています。

ちなみに光の持っていた雷霆杖も同じ封印のお札を貼られて封印されてしまうのですが、お札を持っていたのは花子自身だったのです。あのお札は元々、花子が持っていたものなのでしょうか。

今回の話で気になった点は2つ。1つは花子は放課後の寧々と過ごす日々を大事にしているとのこと。これは昔もそうであったからとのことでした。

もう1つが神様から使命を全うすれば、罪は消えると言われていたとのことです。

この2つから考えると生前に何らかの理由で人を殺め、その罪滅ぼしとして幽霊となって怪異退治をしているのではないでしょうか。その理由というのが、物語が進むに連れてわかってくるようになるのでしょう。

▼いますぐ視聴する方は下のリンクからどうぞ▼
U-NEXTに登録して無料視聴する
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

3話「ミサキ階段 其の一」

祓い屋の少年・源みなもと光こうから花子くんが生前に犯した罪を聞いた寧々。
元気のない寧々を心配する親友・赤根 葵が突然姿を消してしまう。
クラスメイト、教師、葵の母親……誰に聞いても彼女を知る者はなく、
寧々はひとり葵を探し、花子くんを頼る。
花子くんはひとつ心当たりがあるという。
それは異界に通じるという噂の七不思議『ミサキ階段』だった。

参照:地縛少年花子くん公式サイト

ネタバレと感想を見る
ネタバレ

祓い屋の少年・源光から花子くんが生前に人を殺したと聞いた寧々でしたが、「花子くんは友達だ」と言います。
そんな寧々に、花子くんは「八尋は人殺しでも仲良く出来るんだと」言い放ちました。
そんな花子くんの態度が気になり、どこか元気のない寧々を心配して、親友の赤根葵が元気づけようと噂の七不思議「ミサキ階段」について語りだしました。

ミサキ階段とは、美術室階段の4段目は絶対に踏んではいけないという噂。
その階段を踏んでしまうと、死者の世界に引き込まれてしまい、身体を切り裂かれ、黄昏時、犠牲者の血がしたたり落ちるという話でした。

心配してくれた葵の優しさに感動した寧々でしたが、翌日登校してみると葵が突然姿を消してしまいます。
さらに不思議なことに、クラスメイト、教師、葵の母親、誰に聞いても彼女を知る者はなく、寧々はひとり葵を探し、花子くんを頼ります。

花子くんは、心当たりがあると言います。
それは葵から教えてもらった「ミサキ階段」でした。

そんな話をしていると、光もクラスメイトが何人か行方不明になったと花子くんのもとに飛び込んできます。
そして3人はミサキ階段へと向かい、異世界へと足を踏み入れるのでした。

異世界を歩いていると、突如電話がなりました。
相手は、切り裂かれて殺されたという女からの電話でした。
その女は、もともと教師で、身体がなく授業が出来ないから、「制限時間内に右腕を探して欲しい」と言います。
なんとか右腕を探し出すも、制限時間内に指定の場所に腕を戻せず間に合わなかった3人。
すると、はさみと人形が3人に襲いかかってきます。

はさみと人形から逃げながらも、なんとか指定の場所に右腕を戻し、次の道へと進める扉が開きました。

光は他の方法を考えるために、花子くんにミサキ階段の弱点を聞きます。
花子くんは「神の依代が弱点だ。しかし、この扉のずっと先にある」と答え、この道を進むしかないと分かります。
そして次の扉をくぐった時、また電話が鳴り響きます。

次は花子くんが電話を取り「久しぶり。俺のこと覚えているよね」と問いかけますが、電話を切られてしまいます。

そして、なんとか全ての身体のパーツを探し当てた3人。
いよいよ最後の扉が開きますが、寧々は、身体がなく何も出来ないと言っていたはずなのに、「電話をかけてきた女は一体誰?」と
疑問に思うのでした。

感想

アニメ冒頭に、花子くんが生前に人を殺したと聞かされますが、絶対に悲しい理由が何かあるに違いないと思いました。
今後、花子くんの過去が明らかになっていくのがとても楽しみです。
そして、花子くんと寧々が本当に友達になる日が来るといいなと思います。

異世界に引きずり込まれた葵や他の生徒が、どうなっているのか気になります。
恐らく同じような課題が出されたに違いありません。
なので、無事に生きているといいなと思います。
ただ黄昏時、4段目の階段に血が垂れていたことから、あれは誰の血だ?と色々と考えてしまいました。

また、ミサキ階段で登場した電話の女と花子くんの関係性も気になります。
花子くんの「久しぶり」との問いかけに対して、無言を貫いたシーンがあることから、ただの知り合いではないと推察します。
もしかすると、花子くんの過去を知っている人物の1人ではと思いました。
また、花子くんが「少しやりすぎだ」とつぶやいたシーンがあったので、怪を消滅させるのか、それとも生かしておくのか、今後の展開が楽しみです。

そして、身体がなく何も出来ないと言っていたはずなのに、「電話をかけてきた女は一体誰?」と寧々が疑問に思いながら次回へと話が進みますが、電話の相手の謎が明らかになっていくのが楽しみです。

今回の話で、少しだけ登場したイケメンの少年が今後話に絡んでくると思いますが、黒い折り鶴に寧々を追跡させていることから、味方になるのか敵なのかも気になるところです。

▼いますぐ視聴する方は下のリンクからどうぞ▼
U-NEXTに登録して無料視聴する
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

4話「ミサキ階段 其の二」

『ミサキ階段』の怪異に命じられるがまま、
ミサキの身体を探していた寧々たち。
ひとつひとつパーツを集め、
ようやく出来上がった身体を持って頂上の部屋まで上り詰めると、
寧々たちを待ち受けていたのは…!?

参照:地縛少年花子くん公式サイト

ネタバレと感想を見る
ネタバレ

花子くん、寧々、光の三人は、消えた友達を探す為、学園七不思議の二番目「ミサキ階段」に突入した。
彼らは、「神の依代」という七不思議の弱点があると言われる最深部を目指す。
最上階にたどり着くと、彼らを待っていたのは不気味な人形だった。
その人形は、三人が今まで集めてきたパーツで作られていた。
見た目残念な人形について話していると、何者かが近づいてくる足音に気づく。
その正体は電話の主で、和服の美女だった。
美女は人形が気に入り、「今度はきっと上手くいく。ミサキ、歩いて見せて頂戴な!」と言いながら人形に息を吹きかける。
すると人形は動き出すのだが、すぐに倒れてしまった。
「また失敗。残念だわ。」と美女は嘆く。
寧々は、「私たちの他に同じ制服の子は来ませんでしたか?」と美女に聞くと、「失敗した子達なら、そこら中にいるじゃない。」と答える美女。
周りを見渡すと、山のように人形が積まれていた。
その山の中には、寧々の親友の蒼の変わり果てた姿もあった。
蒼にすがりつく寧々に、突然斬りかかる美女。
間一髪で光が助けるが、斬られた光の腕は人形に変わってしまった。
白杖代の力がここでは使えない花子くんは、ここには無い依代を壊せば美女を倒せると光に告げる。
そして、一番下に依代があると思った花子くんは、依代を探させる為寧々を下に突き落とすのだった。
最深部にたどり着いた寧々は、マル秘のマークがついた日記帳らしきものを見つける。
そこにはミサキの文字が有り、どうやらこの日記を書いているのはミサキ(岬)という先生の教子(少女)らしかった。
毎日の日記には岬先生の返事が書かれているのだが、ある日を境にその返事が書き込まれていないことに寧々は気付く。
「今日もミサキが来ませんでした。」という書き込みが何ページも続き、やがてこんな書き込みが寧々の目に飛び込んだ。
「このあいだ、このきざはしで事故があり、教師がひとりここから落ちて死んだそうです。」
つまり、岬先生が死んだ為、返事が書かれていなかったのだ。
「死」の意味がわからない少女は、「次岬にあったら(死の意味を)聞いてみよう!」と書き込んでいる。
その後白紙のページが何ページも続き、最後の2ページに「ミサキはもうここには来ないのかもしれない」「仕方がないからミサキを作ることにしました。」と書かれていたのだった…。

感想

今回は前回の続きで、行方知らずの友達を探す為、三人が学園七不思議の二番目「ミサキ階段」に乗り込んだ話でしたね。
冒頭の寧々ちゃんの「こんにちは〜。愛され系ヒロイン(イテー)八尋 寧々です!」っていう自己紹介、かなり可愛かったと思います。
まあ花子くんの頭には疑問符が飛び交っていたみたいですが…。
ところで、ミサキ階段最上階で三人が出会った美女は色気たっぷりな喋り方で良かったですよ〜。
最初この人がミサキ本人かと思ったら、人形に「ねえミサキ」と囁きかけたところから話が少しわからなくなりました。
でも、後半の先生と生徒の交換日記らしきものの内容から、ミサキとはこの美女の幼い頃の担任の先生岬であることが分かりました。
まだ、100%そうだとは断言できませんが…。
でも、次回で「実はそうじゃなくて…」的なことになったら、それこそ話こねくり回しすぎだと思うので、この予想があっていることを祈ります。
ちなみに、寧々ちゃんを最深部に突き落としたりするなんて!
花子くん、ちょっと寧々ちゃんの扱い雑じゃ無いですか?
今始まったことじゃ無いとはいえ、今回のは酷すぎると思いました。
寧々ちゃんファンの私としては、たまには最後まで寧々ちゃんに優しく接して欲しいと思っています。
今回光はあんまりいいとこなかった(腕人形にされてたし)のですが、次回頑張ってもらいたいところですね。
私、光にはあまり悪い印象は抱いていません。
いつも寧々ちゃんのことを「先輩!」と呼んで敬意を持って接してくれますし、寧々ちゃんは光のこと、恋愛対象としては見ていないので、安心して見ていられますから!

▼いますぐ視聴する方は下のリンクからどうぞ▼
U-NEXTに登録して無料視聴する
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

5話「告白の木」

花子くんからご褒美を貰った寧々。
その日から寧々は花子くんのことを意識してしまう。
そんな時、花子くんから放課後に呼び出しを受ける。
呼び出された場所は成功率100%と噂される告白の木の下。
寧々、まさかの初彼氏(幽霊)誕生!?

参照:地縛少年花子くん公式サイト

ネタバレと感想を見る
ネタバレ

授業中に居眠りをしている寧々は、イケメンの夢を見ているようだ。しかしそのイケメンが花子くんになったことに驚き、叫び声と共に起きた。恥をかいた寧々は花子くんことを思い返すが、ほっぺにキスをされたことが気になったようだ。このことに関して寧々は、自分のことが好きなのではないか予想する。葵に相談するが、やはり同じ意見のようだった。

最近、クラス内にカップルが増えているようだ。校庭に生える”告白の木”の下で告白をすると、必ず成功するようなのだ。寧々も近いうちに告白されるかもしれないからと、心を決めておくように言われる。その日のトイレ掃除中、花子くんから告白の木に来て欲しいと言われる寧々。もちろん告白を受けるものだと思い動揺しているようだ。

初めて告白されたことに緊張している寧々。タイプではないと言いながらも、まんざらでもない様子。思いにふけっている寧々に対し、早く断るように促がす花子くん。どうやら告白の木は怪異で、力で無理やりつき合わせていたようだ。断った寧々を襲う木の怪異だが、寧々のほっぺに七のマークが現れたと同時に、バリアが張られた。木の怪異はカップルの前にしか姿を現さないため、花子くんは寧々を使っておびき出す作戦だったようだ。

木の怪異は何も悪い事はしていないとするが、それをおせっかいだと捉える花子くん。包丁で一刀両断にすると、怪異は力をなくして小さくなってしまった。告白が嘘だったことにショックを受け、泣き出す寧々。ほっぺにキスをしたことを責める寧々だったが、実は怪異から身を守る御まじないを付けていたのだ。怒って帰ろうとする寧々を引き止める花子くん。普段はあまり気になっていなかった花子くんに対し、初めて興味を抱くようになった。

次の日から相性占いと称し、花子くんのことを聞きまくる寧々。相性占いなら好きな源先輩に聞けばいいのではないかと花子くん。そこで源先輩が現れる。どうやら源先輩は、光を探しているようだ。花子くんを睨み付ける源先輩。ここで初めて、光と源先輩が同じ苗字で兄弟であることに気がついた寧々だった。源輝(先輩)も光と同様に祓い屋としての力を持っており、花子くんたち七不思議を祓おうとしているようだ。

図書館で七不思議について調べる寧々。しかし調べてみてもやはり花子といえば女の妖怪。男の花子くんの話は出てこない。そこに現れる七峰。花子さんに関する本を持っていることに気づいた七峰は、七不思議の5番目に会うようにとアドバイスをして去っていく。急いで追いかけようとする寧々だったが、先生らしき男性とぶつかって時間を取られている間に、七峰を見失った。

葵に七不思議の5番目の噂を聞いてみると、16時の書庫だと教えてもらえた。16時にだけ入れる書庫があり、本には人の名前に書かれているという。そして本には、その人が学園にいる間の過去と未来が書かれているようだ。本には白・黒・赤の3色があり、白い本には生きている人のこと、黒い本には亡くなった人のことが書かれている。そして赤い本は、絶対に見てはいけないようだ。

感想

今までは嫌々トイレ掃除をしている様子の寧々でしたが、最近は花子くんのことを気にしているようでした。特に花子くんの告白が怪異を呼び寄せるためのものだったことを知った寧々が、泣き出して帰ろうとするシーンには、学生時代の甘酸っぱい思い出が蘇えってくるようでしたね。

そして花子くんのことが気になり始めた寧々は、花子くんのことに関して調べものを始めます。しかし図書館には花子”さん”のことしかありませんでした。そこに七峰が現れますが、前回の放送で映った七峰の足はミイラのように表現されていましたが、今回は普通の足でした。これは七峰に対する伏線なのかもしれません。さらに七峰は、花子さんの本をみて、”あー、猫みたいな子よね”と表現しております。その前に一瞬だけ考えているような間があるのですが、それは花子”さん”ではなく、花子”くん”だという認識から来るものなのでしょうか。

もっとも気になるのが七峰は花子のことを”わがままで、気まぐれで、甘えん坊さん”と表現しているところです。確かに花子くんは、わがままなところも気まぐれなところもありますが、甘えん坊ではなさそうです。さらに七峰はこう続けます。”あなたのところもそう?”と。これではまるで花子とは複数存在し、猫のような個体差がある怪異なのだと言っているようにも取れます。

このことから考えるに、もしかしたら花子とは人によって見え方が違っていて、その人の心に住まう怪異なのかもしれません。もしそうであれば、寧々の見ている花子くんと七峰が思う花子に、微妙な違いと別の花子がいると思われる台詞に説明がつきます。もしくは七峰は別の次元や別の時代から来ており、噂に左右される怪異は時代によって、印象に違いがあるということを言っているのかもしれません。

▼いますぐ視聴する方は下のリンクからどうぞ▼
U-NEXTに登録して無料視聴する
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

6話「16時の書庫」

告白の木、輝との対立の一件から、寧々と光は花子くんの秘密を知ろうと
五番目の七不思議、『16時の書庫』へと入り込む。
書庫の中には学園にまつわる全ての人の過去と未来が記された本が並んでいた。
寧々は花子くんの本を探すうちに、自身のことが書かれた本を見つけてしまい……。

参照:地縛少年花子くん公式サイト

ネタバレと感想を見る
ネタバレ

寧々と一緒に図書館を訪れる光。光は兄の輝に怪異は無条件で祓うようにと言われたが、花子くんは悪い怪異には思えないでいる。そこで花子くんに関して調べようとしているようだ。寧々が光と一緒に協力しようと手を取り合うと、緊張の面持ちの光。そこにどこからともなく、蝶々が飛んでくる。

本に止まると煙を上げる蝶々。するとそこには扉が現れた。どうやら16時の書庫に通じる扉のようだ。蝶々に導かれるように先に進んでいくと、寧々の名前が書いてある白い本を発見する。本には寒いポエムが書かれており、それを見て噂は本当だと確信する寧々。次に未来と書かれたページの先に、”七不思議七番目の正体を知る”というページを見つけると、本から血が滴り落ちてきた。

最初は白い本だったが、血に染まって赤い本へと変わる。そして花子くんの本当の名前を知った寧々。そこへ横から現れる寧々の姿をした怪異。光は雷霆杖で攻撃を試みるが、花子くんに封印されているため雷が出ない。そのことに気が付くと横から花子くんが現れた。

騒いでいるところに現れた先生だったが、怪異に襲われそうになる。しかし先生の服から腕が伸び、怪異を倒してしまった。人が変わったようになり、寧々たちを脅しているところを花子くんが先生を紹介する。どうやら先生は七不思議の五番目のようで、人としてこの世に留まっているようだ。

七不思議とは人間を脅しはするが、仲良く学園の平和を守る正義の七人衆だと紹介。しかし呼び出された二番のヤコと五番の土籠の仲はよくないようだ。この七人の中に裏切り者がいるらしく、それは人と縁を結び、都合よく改変した噂を流しているのだという。裏切り者を詮索するのではなく一度、七不思議を全部なくそうと言い出す花子くん。土籠は花子くんと争いたくないらしく、その提案を呑んだ。しかし寄り代のところまで連れて行けるのは寧々1人だけとした。

道中で未来に書かれていたことは変えられるのかと訊ねる寧々に対し、基本的には変えられないが、1度だけ未来が変わるところを見たと話す土籠り。奥にはさまざまな宝石が飾ってあったが、土籠の寄り代は月の石だった。月の石は誰からもらったのかと訊ねる寧々に対し、普通の人間にもらったと答える土籠。月の石は柚木普という少年からもらったものだった。

寧々が見た寄り代に宿った記憶にいた柚木普は、昔の花子くんだった。さらに土籠は昔から怪異だったらしく、花子くんの未来を知っていた。本来は理科の教師になって同じ学校で働くはずだったが、未来を変えて死に、この学園の七不思議となったようだ。

感想

16時の書庫には赤・白・黒の本があるとされていましたが、実際には1冊の本があるだけでした。最初に白い本だったものが血に染まり、赤い本になりました。それはいいとしても、黒い本が出なかったのは今後の布石でしょうか。過去と未来が見れることに対し、この黒い本というのは何を表しているのかが気になるところです。

五番の土籠が人間のふりをした怪異であるように、寧々の友達の中にもそういう存在がいるのではないかと土籠が言っております。アニメではミイラのような足になっている描写のある七峰が怪しい気もしますが、同様に寧々の友達である葵も怪しいです。噂好きとのことですが、七不思議に関しても詳しく知りすぎております。まるで自分も七不思議であるかのように。ただ葵は二番のヤコのところで一度は人形になっておりましたので、その線は薄いかもしれません。

そして最後に花子くんの生前の名前が判明します。土籠に寄り代となる月の石を渡した柚木普です。柚木普は中学生で、よく怪我をしてくる少年でした。そんな少年が幽霊になったときに、なぜか包丁を武器としております。二番の寄り代と武器がハサミであったように、もしかすると花子くんの寄り代も包丁かもしれません。

逆に周りの七不思議から考えると答えに近づけるかもしれません。学校七不思議というのは学校によって違うのでしょうか?もしそうならば、二番と五番は確かにその学校特有の七不思議かもしれません。それに対し七番の花子くんは全国の学校で囁かれるありきたりな噂です。ここに違和感があります。もしかすると七番は元々違う怪異だったが、噂を改変されてトイレの花子くんになったのかもしれません。

▼いますぐ視聴する方は下のリンクからどうぞ▼
U-NEXTに登録して無料視聴する
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

まとめ!アニメ「地縛少年花子くん」の動画はU-NEXTで無料で見よう

アニメ「地縛少年花子くん」の動画を無料視聴する方法、作品情報などをご紹介しました。

アニメ「地縛少年花子くん」はU-NEXTで全話見放題となっています。(原作漫画も全巻配信中!)

アニメの見放題作品数は主要サービスのなかでもトップなので、アニメを見るならU-NEXTと言えるでしょう。

<U-NEXTの登録メリット>
登録特典として600ポイント、無料期間終了後には毎月1,200ポイントがもらえるので、新作や電子書籍などの有料コンテンツも楽しめる(1ポイント=1円)

アニメ・映画・ドラマなど配信作品数が圧倒的で、アニメ見放題作品数は1位

一つの契約で4アカウントまで作れる(視聴履歴の共有はなし)

パソコン、スマホ、タブレットなどのマルチデバイス対応で、同時視聴も可能(4人まで)

ほとんどの作品のダウンロードが可能で、オフラインでどこでも楽しめる

再生速度の変更ができる

42万冊以上の電子書籍を配信中!さらに70誌以上の人気雑誌が読み放題!

31日間の無料トライアル期間中に解約すればお金は全くかかりません。

登録、解約は簡単にできるので、この機会にぜひお試しください。

U-NEXT公式ページを見てみる
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

◆アニメを無料で視聴する方法(作品名あいうえお順)