映画あらすじ見どころ(ネタバレなし)

映画【ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 Birds of Prey】あらすじキャスト見どころ!キュートなヴィランが大活躍のスピンオフ映画

ジョーカーのパートナーとして知られるハーレイ・クインを主役としたアクション映画「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 Birds of Prey」が2020年3月20日に公開となります。

「スーサイド・スクワッド」でハーレイ・クインを演じ話題となったマーゴット・ロビーが引き続き同役を演じます。

あらすじ、キャストなど作品情報をはじめ、見どころ紹介記事です。ネタバレはありません!
この記事のURLをコピーする


スポンサーリンク


映画【ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 Birds of Prey】作品概要

(C)2019 WBEI and c&TM DC Comics

公開日(日本):2020年3月20日

原題:Birds of Prey: And the Fantabulous Emancipation of One Harley Quinn

監督:キャシー・ヤン

脚本:クリスティーナ・ホドソン

制作:マーゴット・ロビー

作品概要

DCコミックス出版のアメリカン・コミックスに登場するスーパーヴィラン、ハーレイ・クインを主役に添えたスピンオフ作品です。

ジョーカーと別れたハーレイ・クインは自由を愛する女性たちと手を組み、戦いに身を投じていくこととなります。

主役はハーレイ・クインが当たり役であるマーゴット・ロビー、監督はキャシー・ヤンが務めています。

予告動画

映画【ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 Birds of Prey】あらすじ(ネタバレなし)

(C)2019 WBEI and c&TM DC Comics

「スーサイド・スクワッド 」の出来事のあと、悪のカリスマであるジョーカーと別れたハーレイ・クイン。

彼女は全ての束縛から放たれ覚醒し、天真爛漫でモラルの無い暴れっぷりで多くの街の悪党の恨みを買っていた。

そんなある日、彼女はカサンドラ・ケインという少女と出会う。

カサンドラは謎のダイヤを盗んでおり、残忍でサイコな大物犯罪者ラックマスクから命を狙われていたのだ。

ハーレイは自分と同じような自由を愛するハントレス・ブラックキャナリー・レニー・モントーヤ等のくせ者だらけのチームを結成、カサンドラを守るための戦いを挑むこととなる。



スポンサーリンク


映画【ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 Birds of Prey】作品解説

(C)2019 WBEI and c&TM DC Comics

ハーレイ・クインはアメリカンコミック「バットマン」およびその派生作品に登場するヴィランキャラクターです。

1992、アニメバットマンにてジョーカーのパートナー役として初登場、その後1999年にコミックスにも登場します。

精神科医であったクインゼル博士(のちのハーレイ・クイン)は刑務所に入れられたジョーカーに対し研修対象として近づきます。

ジョーカーの歪んだ精神状態を研究するうちに彼に魅了されジョーカーの虜になってしまい、ジョーカーから「ハーレイ・クイン」という名をもらい彼のパートナーとなります。

アメリカン・コミックスに登場する複数の犯罪者を主役2016年のスピンオフ映画作品「スーサイド・スクワッド」にてマーゴット・ロビー演じるハーレイ・クインが登場しました。

キャッチーな衣装、キュートで可愛いダークヒロインながら自由奔放な暴れっぷりが評価され大変な人気を呼びました。

今回はそんな彼女が主演となるスピンオフ作品ということ、2019年にホアキン・フェニックス主演で映画化された作品「ジョーカー」が大ヒットしたことに伴いとても期待されている作品となっています。



スポンサーリンク


キャスト紹介

キャスト

マーゴット・ロビー(ハーレイ・クイン)

メアリー・エリザベス・ウィンステッド(ハントレス)

ジャーニー・スモレット=ベル(ブラックキャナリー)

ロージー・ペレス(レニー・モントーヤ)

解説

ハーレイ・クインを演じるのはお馴染みマーゴット・ロビーです。

オーストラリア出身でアメリカで活躍する女優で、デビューは2008年のドラマ「Neighbours」であり、オーストラリア内で人気の女優となります。

その後アメリカに進出、2013年に「ウルフ・オブ・ウォールストリート」でレオナルド・ディカプリオの相手役を演じてアメリカでも注目を浴びだします。

そして2016年、「スーサイド・スクワッド」のハーレイ・クイン役でアメリカのみならず世界的なブレイクを果たしました。

その後も2017年の「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」や2019年の「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」に出演、同年の映画「スキャンダル」では第92回アカデミー助演女優賞にノミネートされています。

ハントレスを演じるのはメアリー・エリザベス・ウィンステッドです。

アメリカ出身の女優でテレビデビューは1997年、1999年のTVシリーズ「Passions」で注目され始めます。

その後2005年の「ザ・リング2」、2006年の「ファイナル・デッドコースター」等ホラー映画やティーン向け映画で活躍します。

2007年「ダイ・ハード4.0」でブルース・ウィリス娘役に抜擢され話題となりその後も2010年の「スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団」や2019年の「ジェミニマン」などの作が出演作があります。

見どころ紹介&こんな人におすすめ

(C)2019 WBEI and c&TM DC Comics

この映画の見どころはジョーカーと別れたハーレイ・クインがどういう道を進んでいくのかというところです。

原作からのファンの方や「スーサイド・スクワッド」を観た方からはジョーカーと彼女が破局してしまったことが悲しいという声も上がっているみたいです。

しかし、彼女はジョーカーという束縛から解き放たれ新たな仲間を見つけて強く生きていくことを決意しています。

「スーサイド・スクワッド」で特徴的だったロングのポニーテールをバッサリ切り落とし、自分らしく自由奔放に生きる彼女とそして新たな仲間たちを応援せざるを得ない作品となっているでしょう。

また、マーゴットが本作をポップでクレイジーと語っており、彼女の予測不可能な暴れっぷりが炸裂するアクション映画い仕上がっておりスカッとしたい作品が見たい方にはお勧めしたい一本です。

まとめ

以上が「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 Birds of Prey」のあらすじと見どころになります。

映画「ジョーカー」とはまた違う観点から一人のヴィランに焦点をあてた作品を是非観に行ってみてください。

1月24日より特性スマホステッカー付のムビチケも好評発売中のようなのでぜひチェックしてみてください。

この記事のURLをコピーする


スポンサーリンク


◆映画を無料で視聴する方法(作品名あいうえお順)