映画無料視聴

【動画】映画「ハウルの動く城」を無料視聴する方法とは?

映画「ハウルの動く城」の動画を無料視聴する方法についてご紹介していきます。

現在、映画「ハウルの動く城」は各種の動画配信サービス(VOD)では一切配信されていません。

ではどうすれば無料視聴できるかと言いますと、TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)というサービスでDVDを無料レンタルすれば可能です。

TSUTAYA DISCASでは、現在30日間の無料お試し体験を実施しているので、映画「ハウルの動く城」のDVDを無料でレンタルすることができるんです。(翌日配送・送料無料・返却期限なし

いますぐTSUTAYA DISCASで無料レンタルする
(30日間以内に解約すれば、料金は一切かかりませんし、解約手続きは簡単にできます)

映画「ハウルの動く城」の動画を無料視聴する方法!⇒TSUTAYA DISCASで手軽に無料レンタル

冒頭でもお伝えしましたが、映画「ハウルの動く城」の動画は現在、動画配信サービス(VOD)では配信されていません。

そこでTSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)というサービスを利用すれば、無料で簡単に映画「ハウルの動く城」のDVDをレンタルすることができますので、非常におすすめです。

TSUTAYA DISCASは超便利な宅配レンタルサービス!

TSUTAYA DISCASは、株式会社TSUTAYAが提供しているDVD/CDの宅配レンタルサービスで、これまでに延べ数百万人が利用しています。

スマホやPCから手軽に予約して、自宅まで送料無料で届けてくれますのでとても便利なサービスです。(翌日配送率は97%!

視聴後はポストに返却するだけで完了です。

しかも返却期限がないので、延滞金の心配もまったくありません。

通常は有料サービスですが、初回登録時に30日間のお試し体験を実施していますので、期間中は無料でサービスを利用することができます。

お試し期間中は、DVD/CDの旧作が借り放題となります。

新作は対象外となりますが、映画「ハウルの動く城」を無料で借りることができますし、他にもTSUTAYAの充実した作品群が楽しめます!

もちろん他のジブリ作品も無料でレンタル可能ですので、同時に視聴するのもいいですね。

お試し期間中に解約すれば、料金は全くかかりませんし、登録・解約手続きはとても簡単にできますので、ぜひお試しください。

TSUTAYA DISCASで無料レンタルする
(30日間以内に解約すれば、料金は一切かかりませんし、解約手続きは簡単にできます)

※借り放題は月額レンタル可能枚数終了後、「旧作」が借り放題となります。
※30 日間無料お試し期間中は「新作」はレンタル対象外となります。
※無料お試し期間終了後、通常料金(無料お試し終了後の料金)で自動更新となります。

TSUTAYA TV(動画配信サービス)にも同時に無料登録することが可能!

TSUTAYA DISCASに登録する際に、TSUTAYA TVという動画配信サービスにも同時に無料登録することができます。

TSUTAYA TVでは、新作・準新作を除く10,000タイトル以上が見放題となっていて、映画、ドラマ、アニメなど豊富なラインナップを楽しめます。

初回登録時に1,100円分の動画ポイントをもらえますので、ポイントを使って新作の視聴も可能です。

こちらのサービスも初回登録後30日間はお試し期間となりますので、期間中はサービスを無料で利用できます。もちろんお試し期間中に解約すれば、料金はかかりません。

TSUTAYA TVが必要なければ、TSUTAYA DISCASのみでの登録も可能です!

登録手続きは簡単ですので、この機会にぜひ登録してみてください。

TSUTAYA DISCASとTSUTAYA TVの公式ページを見てみる
(30日間以内に解約すれば、料金は一切かかりませんし、解約手続きは簡単にできます)

※記事内容は、2020年5月6日時点の情報です。最新の情報は TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV 公式サイトにてご確認下さい。

動画共有サイトでの視聴はリスクがあります。おすすめはできません。

動画共有サイトで映画「ハウルの動く城」が配信されている場合があるかもしれません。

しかし、そういったサイトは違法アップロードサイトですので、次のデメリットがあります。

・画質や音質が悪い
・広告が多くてストレスが溜まる
・動画が途中で止まったり、急に削除されるので全て見ることができない
・ウイルス感染や個人情報流出の危険がある

公的機関等でも著作権に関する注意事項が記載されています。

参照:「著作権法の一部を改正する法律について」(文化庁)

参照:「著作物を無断で使うと?」(公益社団法人著作権情報センター)

参照:「テレビ番組の違法配信に関わる法制度について」(日本民間放送連盟)

 

安全かつクリーンに高画質で映画「ハウルの動く城」を視聴するなら、公式サービスであるTSUTAYA DISCASでレンタルすることをおすすめします。

映画「ハウルの動く城」作品情報

作品概要

『ハウルの動く城』は、スタジオジブリ制作の日本の長編アニメーション映画。監督は宮崎駿。

日比谷スカラ座を筆頭に東宝系で2004年11月20日に公開された。

イギリスの作家ダイアナ・ウィン・ジョーンズのファンタジー小説『魔法使いハウルと火の悪魔』(原題:Howl’s Moving Castle)を原作とし、呪いで老婆にされた少女ソフィーと魔法使いハウルの奇妙な共同生活が、宮崎監督により「戦火の恋」を柱として脚色され描かれている。

物語前半は比較的原作に準じているが、後半は原作には無かった戦争が付け加えられるなど全く違った展開になっている。原作者のジョーンズは「ハウルの性格を変えないように」とだけ注文をつけ、映画の感想を「とても素晴らしかった」「宮崎は私が執筆したときと同じ精神で映画を作った」と語っている。スタジオジブリの宮崎駿監督の長編映画としては『魔女の宅急便』以来、15年振りとなる他者原作の作品となった。また、ヒロイン役を演じた声優が主題歌の歌唱を兼任したのは『紅の豚』でヒロインの1人であるジーナ役を担当した加藤登紀子以来である。

参照:ハウルの動く城ウィキペディア

主なキャスト

ソフィー:倍賞千恵子
ハウル:木村拓哉
荒地の魔女:美輪明宏
カルシファー:我修院達也
マルクル:神木隆之介
かかしのカブ:大泉洋
国王:大塚明夫
ヒン:原田大二郎
サリマン:加藤治子

主なスタッフ

原作:ダイアナ・ウィン・ジョーンズ『魔法使いハウルと火の悪魔』(徳間書店刊)
脚本・監督:宮崎駿
プロデューサー:鈴木敏夫
作画監督:山下明彦、稲村武志、高坂希太郎
美術監督:武重洋二、吉田昇
色彩設計:保田道世
映像演出:奥井敦
音楽:久石譲
制作:スタジオジブリ

TSUTAYA DISCASとTSUTAYA TVの公式ページを見てみる
(30日間以内に解約すれば、料金は一切かかりませんし、解約手続きは簡単にできます)

関連ツイートと視聴者の声(ネタバレあり)

視聴者の考える見どころ

(40代・男性)
ジブリならではの、豪華な壮大な世界観の中での大冒険が何よりも見所だと思います。

そして、木村拓哉さんがハウルを、マルクルを神木隆之介さんが担当していたりと声優陣が今までのジブリという感じはなくて、本業の声優さんを使わずに有名人を使っていて豪華だと思います。

(20代・女性)
ハウルの動く城では、ソフィーのその時々の感情によって見た目がどのように変化するか、ソフィーの言動に伴って何が起こるか、という点にぜひ注目してみてほしいです。

映画では触れられていないのですが、実は原作ではソフィーは魔法が使えることが明らかになっています。

ジブリ作品では魔法だと意識されてはいないように感じるのですが、言葉の力、気持ちの持ちようによる影響を、宮崎駿さんが信じており、それを伝えようとしていることが感じられます。

(30代・女性)
自信のなさや卑屈な心で自分自身を生き辛くさせてるだけで歳を取ることは不幸ではないって思える映画です。

そんな風に生きられたらいいけどなかなか難しいのが現実と考えさられるシーンがおおくあります。

本当に望むものを見つけるまでの過程のなかでそれぞれの登場人物の思いが深く考えされます。

(20代・女性)
ハウルの成長ぶりに注目してほしいです。

最初は顔がひたすら顔が良く臆病な魔法使いという印象ですが、物語が進むにつれてハウルの心境が変わりとてもかっこよくなります。

ハウルがソフィーを守るために放った一言には胸が思わずキュンとなりました。

さらに見どころを見る

(30代・女性)
ハウルの1番の見所はハウルの動く城の繊細な作りと細かい細工がなされているところが見ていて面白いです。

最初は人に心を許す事ができなかったハウルがソフィーの優しさに触れ、徐々に愛する事を覚えていく姿が素敵です。

(40代・女性)
自分に自信のない、地味な少女のソフィが、ハウルや色々な人に出会う事によって、自分に自信をつけて、強く、たくましく成長していく所が、ステキです。

ハウルとソフィの恋の展開も、ドキドキで見どころの一つです。

色々な楽しいキャラクターが、出てくるので、そこも楽しんでください。

(20代・男性)
ハウルやソフィーだけでなく、そのほかのキャラクターにも注目してみてほしいですね。

火の悪魔のカルシファーや、可愛い子供のマルクルなど、個性の豊かなキャラクターたちとの生活を見ているだけで元気が出てくるので、是非とも注目してみてほしいです。

(30代・女性)
最初の方に、ハウルとソフィーが空中散歩するところが、一番ロマンティックでした。

女の子なら誰もが憧れるシーンだと思います。

途中、戦争があったりするので、ダークに思えるかもしれませんが、ソフィーの一生懸命な姿や言葉には、素敵な意味が込められていました。

(30代・男性)
タイトルにある「動く城」の中での生活がとても楽しそうです。

スタジオジブリ作品の特色でもある食事の場面も楽しめます。

魔法がもつ魅力と危険性が表現された物語は、現実世界の戦争を考えさせられる内容に仕上がっていると思います。

(10代・女性)
見どころは沢山ありますが、やはりジブリということもあり声優さんに力を入れているなと思いました。

例えば、ハウルの声にはキムタクさんが使われています。

ストーリーがおもしろいのはもちろん声優さんが豪華なだけでも見て損はないと思います。

視聴者の感想

(40代・男性)
まずは、ジブリの作品ということでファンタジーな世界で、魔法などを使っての大冒険が夢が詰まっていて、とても面白いと思います。

元々はソフィーは若い女の人ですが、悪い魔法使いの荒地の魔女によっておばあさんにさせられているので、おばあさんがヒロインというのも斬新だったと思います。

そして、おばあさんならではの体が思うように動かないというのを描く事によって、若い人に老人の不自由さを伝えていたと思います。

メッセージと言うところでは、戦争の愚かさなども組み込んでいたと思います。

また、タイトルが「ハウルの動く城」ということで、住処となっている家が移動式というのも、夢があって良かったです。

魔法によって色々なところに、玄関から行けるというのも面白いと思いました。

そして、マルクルが移動場所によって変装して大人になったりするのも面白かったと思います。

印象に残っているのはハウルと契約を交わしている火の悪魔のカルシファーで、卵の殻を食べるところなどが可愛いと思いました。

(20代・女性)
ハウルの動く城では、なんといってもソフィーが成長していく様子にとても感動しました。

はじめは自分に自信のなかったソフィーが、ハウルと不思議な共同生活を送っていく中で、自分の意思を持ち行動できるようになるまでの描写が大変丁寧で心に響きました。

特に、ソフィーが荒地の魔女にかけられた魔法は、コンプレックスの魔法だと私は思っていて、自信を持てるようになっていく過程でソフィーが呪縛から解き放たれていくように感じました。

またハウルについても、始めは表面上の付き合いだったものが、どんどん心を開いていく様子が感じられ、良い関係を築いているのだなと嬉しくなりました。

カルシファーやマルクル、かかしといったその他の登場人物もとても魅力的で、一人一人のキャラクターが生き生きとしているように感じられるところはジブリ作品ならではの魅力だと思います。

かかしが実は隣の国の王子様だったという展開は驚きで、姿が戻った王子様の貢献により、この後戦争が収束するのではないかという期待が持てる、素敵なエンディングでした。

(30代・女性)
ハウルの城のグリグリ動く感じや、カルシファーやマルクルの可愛さ、臆病なのに強気なハウル、悪いやつだけど憎めない荒地の魔女など、魅力に溢れた作品です。

オープニングのシーンで人生のメリーゴーランドに合わせて空を歩くハウルとソフィーの姿に凄いワクワクしますし、ハウルがかっこよすぎて最高としか言えません。

ジブリ作品のこのメッセージ性の奥深さ、本当に素晴らしいなと思います。

子供の心のままだったハウルが、ソフィと再会して守るべきものを知り、ハウルと出会って心が強くなっていくソフィもとてもかっこいいですし、ソフィの思いの強さも分かります。

ソフィはあんなに可愛いのに自分に自信がなくて、でもお婆さんになってから恋をして、自信を持ってその瞬間だけは若返ってソフィの感情が出てくるのはすごい表現と設定だとと思いました。

そして戦いたくなかったハウルが、ソフィのために戦争の真っ只中でも逃げなかったシーンにはグッときてしまいます。

(20代・女性)
映画のタイトルでもある動くお城の描写は細かいところまで描かれていて見ごたえがありますし、何より魔法で動いたり部屋が構成されているのでとても夢があります。

『ハウルの動く城』はハウルの成長とハウルとヒロインのソフィーの恋愛を描いた作品で、とても胸がキュンとさせられて何度も見たくなるような構成がされています。

最初に観賞するとハウルのソフィーに対する言い回しに少し違和感を感じるところがある場合がありますが、物語を見届けて改めてもう一度観賞すると納得できる場面もあるからです。

ソフィーは家事はなんでもできるかわいらしいですが、振る舞いや考え方が少しおばあちゃんじみたヒロインです。

魔法によって本当におばあちゃんの姿にされてしまいますが、ハウルと一緒にいることで心に変化が訪れ次第により心の強い一層魅力的な女性へと変化していきます。

周囲を固めるキャラクターも個性は揃いなため、映画を観る人を飽きさせません。

きっと大好きなキャラクターに出会える作品だと思います。

さらに感想を見る

(30代・女性)
宮崎駿監督の独特の世界観が表現されているハウルの動く城は、主人公のソフィーが荒地の魔女におばあさんになる魔法をかけられるところから物語は始まります。

魔法使いのハウルに魔法を解いてもらおうとするソフィーが、だんだんハウルに心惹かれていく姿がキュンとしました。

おばあちゃんになったり、おばちゃんになったり少女に戻ったりと色々変化するソファーが面白かったです。

ハウルの城は魔法で姿を変えるので、ハウルの魔法で色々と変化する様子が面白いです。

個人的に私が好きなシーンは、ハウルがベーコンエッグを作るところです。

宮崎監督のこだわっている一つの部分でもある料理を美味しく見せるこだわりがよく表されているシーンだと感じます。

ラストのシーンでは呪いは全て溶けてハウルも死なずにすみ、ソファーも髪の毛の色こそ変わってしまいましたが、元の姿に戻れハウルとハッピーエンドで終わったのでスッキリする終わり方でした。

声優も豪華な面々なのでそれだけでも見る価値のある作品だと思います。

(40代・女性)
異世界の物語で、宮崎駿監督らしいワクワクする映画で、とても好きな映画の一つです。

帽子屋の地味な少女のソフィが、兵隊に絡まれていた所をハウルに助けられるところから始まる、ストーリー展開が、素敵でした。

自分に、自信のなさげだったソフィが、ハウルと出会う事によって、人を愛する事を知って、自分はこうだ!という意思を持って、自分の信じる道を突き進むのが、見ていて、共感できました。

人は、人との出会いによって、どんな風にでも変われると感じました。

色々な、名物キャラクターも出てきて、楽しかったです。火の悪魔・カルシファーや、荒地の魔女、カカシのカブなど、愉快な仲間が沢山出てきて、見ていて、飽きることがなかったです。

特に、荒地の魔女がお気に入りで、声優を勤められた美輪明宏さんが最高に役に合っていました。

お互いぶつかり合いながらも、お互いを深く思うハウルとソフィの関係に憧れます。

ラストは、ハラハラ・ドキドキしましたが、ハッピーエンドで、見終わった後に、スッキリ・爽快な気分にさせられる素敵な映画でした。

(20代・男性)
怖がりで臆病な魔法使いのハウルと、美人だけど自分に自信の持てないソフィーの恋物語は、本当に見どころだらけですね。

ソフィーは物語の最初の方で荒地の魔女に歳をとる魔法をかけられて老婆になってしまうわけですが、その後にハウルやその仲間たちと一緒に暮らしていくことによって、そしてハウルに恋をしていくことによってだんだん魔法が解けていくという設定がとてもロマンチックで魅力的だと思います。

この作品には魔法という非現実的なものが存在しているのですが、この魔法を本当にうまく活用しているとも思いました。

戦時中のヨーロッパを舞台としているとは思うのですが、兵士だけでなく魔法使いも戦争に利用されるということで、ハウルもその戦争に巻き込まれていくわけですが、その戦争に戦いにいくわけも物語が進んでいくうちに、自分の家族を守るためにと変わっていくのです。

ハウルが恋をすることによって1人の人間として成長していく姿が見られるのが見どころだと思いました。

(30代・男性)
スタジオジブリ作品は全て欠かさず観ています。

木村拓哉が声優というので、観る前は「おもしろいのか」と思っていましたが、予想以上におもしろかったです。

ヒロインの少女ソフィー役の倍賞千恵子は、物語の中で少女から老婆まで幅広く変化する役柄を演じきっていました。

荒野の魔女の呪いで老婆になったソフィーが、ハウルの動く城での生活を始める場面は、とても楽しく描かれていました。

ソフィーが掃除したことで、ハウルの髪の色が変わってしまい困惑していた様子からは、それまでの「魔法」の概念が変わりました。

自分の中にある力を使って魔法を使うのではなく、心臓や髪の毛を差し出して契約をするところは、「悪魔くん」のように感じました。

スタジオジブリ作品の見どころの一つでもある食事シーンは、この作品でも効果的に盛り込まれていました。

後半の戦争のシーンは、現在の世界を映し出していると考えさせられました。

国と国の間のパワーバランスも、現実世界を現しているようでした。

魔法は楽しいだけでなく、強すぎる力は戦争につながる可能性も秘められているというようなメッセージ性も感じました。

(30代・女性)
まず、木村拓也さんの声が本当に素敵でした。

ずっと聞いていられるし、何度も聞きたと思えるほど、素晴らしい声の演出でした。

物語全体とシしては、さすがジブリ映画なだけあって、特にお婆さんになってしまったソフィーがのリアクションが所々大げさに表情などが演出されていて、それがまた可愛らしくいいと思いました。

ジブリならではの演出だと思います。

ハウルは勿論、カッコいいのだけれど、お風呂から出てくるときのリアクションなど、イケメンなのに・・・と残念なところもまた、ジブリらしかったです。

ただ、これはイケメンとお婆さんによるホッコリ物語ではなく、街が空襲を受けるなど「戦争」が裏にあるので、意味深なメッセージも感じ取りました。

戦争に駆使され、疲弊しきっているハウルは、現代社会をも反映しているように思えます。

結局、最前線で戦っている人が精神的にも、体力的にも疲弊してまうのです。

そして、お金持ちはいつだって、遠くから眺めていい暮らしをしているだけなのです。

そんな皮肉なメッセージも込められていたと思います。

ちょっとダークな物語なのかな、とも思いましたが、最後は隣国の王子が戦争を終わらせようとするので、戦争は、両国の友好関係があれば、終わるものだとシンプルなメッセージでもあったと思います。

平和と戦争というのは、紙一重なのかもしれません。

(10代・女性)
まず映像が綺麗です。

お城が動くというのも発想が面白くて子供ならみていてワクワクすると思います。

実際に私も子供の頃ワクワクして見ていました。

行き先を決めて、ドアを開けると場所が変わっているシーンも見ていて楽しかったです。

でも1番見ていて楽しかったのは食事シーンです。

ハウルの城の食事シーンは有名だと思います。

厚切りベーコンに目玉焼き、それをかぶりつく。

決して綺麗とは言いきれない食べ方ですが、とても好きなシーンです。

見た人はみんな明日の朝ごはんはこれにしよう、、と思うんではないでしょうか。

出てくるキャラクターも、喋る炎のキャラクターなどと、個性豊かでとても可愛らしいです。

私としては、カルシファーに卵のカラをあげてるシーンが可愛くて好きです。

それぞれのキャラクターの声もキャラクターに合っていて、聞き取りやすく見やすいです。

主人公のソフィアの声は優しく落ち着いた声で聞いていてとても居心地が良かったです。

映画「ハウルの動く城」の動画視聴方法まとめ!TSUTAYA DISCASで手軽に無料レンタルしよう!

映画「ハウルの動く城」の動画は、動画配信サービスでは配信されていませんので、TSUTAYA DISCASでDVDを無料レンタルするのが一番おすすめです。

ネットで気軽に予約できて、基本的に翌日には自宅に届きますので、とてもおすすめです。(送料無料・返却期限なし

登録時には、動画配信サービスのTSUTAYA TVにも同時に無料登録できます。(TSUTAYA DISCASのみの登録も可)

両サービスともに30日間のお試し期間があり、期間中に解約すればお金は全くかかりません。

登録・解約手続きは簡単ですので、ぜひお試しください。

TSUTAYA DISCASとTSUTAYA TVの公式ページを見てみる
(30日間以内に解約すれば、料金は一切かかりませんし、解約手続きは簡単にできます)

◆映画を無料で視聴する方法(作品名あいうえお順)