映画あらすじ見どころ(ネタバレなし)

映画【ヒックとドラゴン 聖地への冒険】あらすじキャスト見どころ!ドラゴンとの冒険シリーズの完結作ついに日本上映!

劇場版「ヒックとドラゴン」シリーズの第三弾であり完結作であるヒックとドラゴン 聖地への冒険が2019年12月20日に公開となります。

前作から1年後の世界を描き、監督は前2作でも監督を務めたディーン・デュボアが続投します。

あらすじ、キャストなど作品情報をはじめ、見どころ紹介記事です。ネタバレはありません!
この記事のURLをコピーする


スポンサーリンク


映画【ヒックとドラゴン 聖地への冒険】作品概要

(C)2019 DreamWorks Animation LLC. All Rights Reserved.

公開日(日本):2019年12月20日

上映時間:104分

原題:How to Train Your Dragon: The Hidden World

監督:ディーン・デュボア

製作:ブラッド・ルイス ボニー・アーノルド

作品概要

イギリスの児童文学作家、クレシッダ・コーウェルの同名児童文学を原作とした「ヒックとドラゴン」映画シリーズ。

本作はそのシリーズ完結作となる物語で、ヒックとその仲間たちが新たな聖地を探す旅を描きました。

監督は「リロ・アンド・スティッチ」で有名なディーン・デュボアが務めます。

予告動画

映画【ヒックとドラゴン 聖地への冒険】あらすじ(ネタバレなし)

(C)2019 DreamWorks Animation LLC. All Rights Reserved.

かつてはドラゴンは人間の敵であったが、弱虫のバイキングの少年ヒックと傷ついたドラゴントゥースの活躍により互いに共存する道を選んだ。

人間とドラゴンはしばらくバーク島で平和に暮らしていたが、ドラゴンの数が増えすぎてしまい、バーク島は定員オーバーとなってしまう。

亡き父の跡を継ぎ、若きリーダへと立派に成長したヒックは問題を解決するため島を旅立ち、みんなのために新天地を探し求めるという決断をする。

ヒックが目指すのはかつて父から聞いた地図に載らないという幻の聖地。

そこの場所さえ探し求めれば皆で平和に暮らすことができるはずであった。

しかし旅の途中で最凶と呼ばれるドラゴンハンター、グリメルに命を狙われ、またトゥースの前には謎の白いドラゴン、ライト・フューリーが姿を現す。

旅の終わりに彼らがたどり着いたのは人間には住むことができないドラゴンたちの「隠された王国」であった。

人間とドラゴンが共存するのは果たして正しいことなのだろうか?ヒックとトゥースは別れてしまうのか?

彼らの友情が今試される。



スポンサーリンク


映画【ヒックとドラゴン 聖地への冒険】作品解説

(C)2019 DreamWorks Animation LLC. All Rights Reserved.

この作品はイギリスのベストセラー児童文学「How to Train Your Dragon」を基にした映画です。

少年とドラゴンが様々な苦労を乗り越えて友情を深め活躍するというのが主なストーリーであり、2015年に本編全12作が完結し、世界30国ほどで翻訳され800万部の売り上げを記録しています。

原作と映画バージョンでは違いがあり、例えば原作ではヒックはドラゴン語を話すことができますが、映画では話すことはできません。

また、ヒックは原作では剣士に成長していきますが映画ではそのような描写はなく、またドラゴンのトゥースも原作ではかなり強い設定ですが、映像では小さなドラゴンということになっています。

このように違いはありますが、作者であるクレシッダ・コーウェルは映像化について、原作の精神とメッセージは残されていると肯定的にとらえているようで、原作と映像化両方の物語の違いを楽しめる作品と言えるでしょう。

映像化作品第一弾「ヒックとドラゴン」は2010年に公開され、北米では当初から爆発的に人気があったわけではありませんが、公開後口コミを通じて人気が広がり、最終的に約2億1700万ドル以上の興行収入を上げています。

またアカデミー賞の長編アニメ映画賞にもノミネートされるなど大きな話題となり、その人気をうけて続編である「ヒックとドラゴン2」が2014年に公開となりました。

第2作目は世界的な大ヒットとなり、ゴールデングローブ賞 アニメ映画賞やアニー賞の作品賞を受賞するなど非常に高い評価を受けましたが、とても残念なことに日本では上映がしばらく未定の作品だったのです。

もちろん熱心なファンにより公開を求める声は多く、2014年から有志によるchange.org上での署名が始まり7000人以上の署名が集まりました。

また、監督であるデュボアも署名に参加し、日本のアニメに影響を受けた事、宮崎駿のファンであることをメッセージで残しましたが、一般劇場での公開に至ることはありませんでした。

ゴールデングローブ賞を受賞した映画が日本で公開されないということは前代未聞であり、ファンの方にはとても残念な結果となっています。

その後、各地の一部映画館で無料上映が行われたり、DVDは発売されたりという動きがあり、今回の第三弾の公開はファンにとって本当に待ち焦がれたものであるに違いありません。

本作は前作より1年の世界が舞台であり、2019年2月22日に全米で先行公開がされています。

今回登場する白いドラゴン、ライト・フューリーの光の当たり方の描写、など作成にあたり難問が多く発生したようで、制作会社であるドリームワークスは新しいソフトウェアの開発や設備の更新を行ったようです。

そのような苦労のすえ生まれた本作品全は米4259館で公開され、公開初週末には5502万ドルを稼ぎ週末興行収入ランキング初登場1位、また世界54カ国でランキング1位を奪取を獲得するなど大ヒットを記録しています。

また、批評家からも絶賛されており、映画批評集積サイトであるRotten Tomatoesにおいても高い成績を残しています。

もし前作・前前作を観てない方がいらっしゃったら、シリーズおさらい映像が作成されているので是非一度チェックしてみてください。



スポンサーリンク


キャスト紹介

キャスト

ヒック(声:ジェイ・バルチェル/田谷隼)…心優しいバイキングの長。人間とドラゴンの共存を目指している。

トゥース…ドラゴンの長。ヒックの相棒。

アスティ(声:アメリカ・フェレーラ/寿美菜子)…ヒックのガールフレンドで優秀なドラゴン乗り。

ライト・フューリー…神出鬼没な白いドラゴン。人間に警戒を抱いている。

解説

ヒックの声を演じるのはカナダ出身のジェイ・バルチェルです。

1999年の映画「Who Gets the House?」でスクリーンデビューをしており、その後「ミリオンダラー・ベイビー」へのキャスティングで注目を集めました。

近年はコメディ映画の出演を数多くこなしている期待の若手俳優です。

日本語吹き替え版は声優の田谷隼が務めます。

アスティの声はNHKでも放送されていたアメリカのドラマ「アグリー・ベティ」で主演を演じたことでも有名なアメリカ・フェレーラです。

上記作品ではゴールデングローブ賞及びエミー賞の主演女優賞も受賞しています。

声優としては映画「ティンカー・ベル」でもフォーン役として演じたことがあるようですね。

日本語吹き替え版は声優・女優として活躍している寿美菜子です。

見どころ紹介&こんな人におすすめ

(C)2019 DreamWorks Animation LLC. All Rights Reserved.

この映画の見どころは人間とドラゴンの共存ができるのか、そしてその問題に直面するヒックとトゥースの友情がどうなってしまうのかというところです。

過去作で培ってきた彼らの友情が試される作品となり、どのような結末を迎えるのか展開から目が離せません。

また、映像化するにあたり苦労を極めたという白いドラゴン、ライト・フューリーの映像クオリティも見どころと言えるでしょう。

この映画は、残念ながら日本で正式上映されなかった「ヒックとドラゴン2」を待ちわびていたファンの方々は絶対に見逃せない作品となっています。

またドラゴンに乗って繰り広げられる冒険とのことで、小さなお子様にとっても胸躍る冒険劇となっていますが、ストーリー性は深く作りこまれており、大人が観ても楽しめるストーリーであることは間違いありません。

まとめ

以上が「ヒックとドラゴン 聖地への冒険」のあらすじと見どころになります。

三部作の完結作品であり、本シリーズが終わってしまうことはとても悲しいですが、成長した彼らの冒険のラストを見逃さないようにしてください。

現在、映画の期待や感想を寄せるキャンペーンが行われておりますので気になる方はチェックしてみてください。

この記事のURLをコピーする


スポンサーリンク