映画あらすじ見どころ(ネタバレなし)

映画【引っ越し大名!】あらすじキャスト見どころ!「引っ越し」という難解ミッションにどう立ち向かうのか?

星野源主演、犬童一心監督のコメディ映画が2019年8月30日に公開になります。

豪華俳優・キャストがそろった時代劇かつコミカルに仕上がった話題の作品です。

あらすじ、キャストなど作品情報をはじめ、見どころ紹介記事です。ネタバレはありません!


スポンサーリンク


映画【引っ越し大名!】作品概要

(C)2019「引っ越し大名!」製作委員会

作品概要

江戸時代の引っ越し・・・その名も「国替え」は現代の引っ越しとは全く異なり、藩を挙げての超難関プロジェクトであり、失敗したら切腹が待っています。

そんな難関にどうやって挑戦するのでしょうか。

「超高速!参勤交代」で時代劇を新しい視点から描き話題になった土橋章宏原作の「引っ越し大名三千里」を犬童一心監督(「のぼうの城」で日本アカデミー賞優秀監督賞を受賞)が手掛け、映画化された映画です。

主演は今アーティスト・俳優とマルチな才能で大活躍している星野源が務め、主人公の幼馴染役には今やCMやドラマで見ない日はないほど人気の高橋一生、ヒロインは高い演技力で評価されている高畑充希が熱演します。

主題歌はユニコーンの「でんでん」、振付・監修は野村萬斎が務めます。

予告動画

映画【引っ越し大名!】あらすじ(ネタバレなし)

(C)2019「引っ越し大名!」製作委員会

主人公・片桐春之介は姫路藩の書庫番をしている引きこもり侍であだ名は「かたつむり」。

本を読むのが大好きで、いつも書庫に引きこもっており、人とはあまり話すことがない。

そんなある日、藩主の松平である松平直矩が幕府から姫路(兵庫)から日田(大分)という距離にして6,000㎞の国替え(引っ越し)の命を受けてしまう。

国替えとはすなわち、全ての藩士・その家族全員を引っ越しさせないといけないという巨大難関プロジェクトであり、その数なんと10,000人!

更に姫路藩は何度も引っ越しを命じられてきたため財源が逼迫してきている状態であり、引っ越しの家財や人を減らす(リストラ)ことが必須であり、更に引っ越し金の調達までしないといけない。

その巨大難関プロジェクトの総責任者「引っ越し奉行」に「大量の本を読んでいるから引っ越しの知識もあるだろう」となんと春之介が任命されてしまった。

怖気づいてしまう春之介だが、幼馴染の鷹村源右衛門や前任の引っ越し奉行の娘である於蘭の助けをかりてなんとか引き受ける事となる。

引っ越しの知識など全くない春之介だが、2人の助けを得ながら果たして引っ越しを成功させ、国を救うことができるのだろうか。



スポンサーリンク


作品情報詳細(公開日・監督・キャストetc.)

(C)2019「引っ越し大名!」製作委員会

公開日(日本):2019年8月30日

上映時間:120分

原作:引っ越し大名三千里

監督:犬童一心

脚本:土橋章宏

キャスト

星野源(片桐春之介)…通称「かたつむり」。書庫版をしている引きこもり。

高橋一生(鷹村源右衛門)…春之助の親友。武道の達人。

高畑充希(於蘭)…前任の引っ越し奉行の娘。

及川光博(松平直矩)…姫路藩藩主。過去に何度も引っ越しをしたため「引っ越し大名」のあだ名をもつ。

解説とコメント

主人公の春之介を演じるのはマルチな才能で活用中の星野源です。

ミュージシャンとしての才能もさることながら、高い演技力を持っており様々なドラマ・映画で活躍中の彼が今回の時代劇でコミカルな役どころを演じることにとても期待が高まります。

また、親友の源右衛門には高橋一生が抜擢されました。

「豪快で腕っぷしの強い」役とのことなので、普段の高橋一生とはイメージが異なりますが、演技力の高い俳優さんなのでまた違った面を見せてくれることでしょう。

ヒロイン役は高畑充希が演じます。

NHK連続テレビ小説の「とと姉ちゃん」からブレイクした彼女ですが、舞台女優として幼いことから活躍していたようで、舞台で培った演技力の高さは評価されています。

於蘭の凛々しくてしっかりした役を熱演してくれること間違いないと思います。

また犬童一心監督は作品「ジョゼと虎と魚たち」で2003年に芸術選奨新人賞に選出されて以来「メゾン・ド・ヒミコ」「ゼロの焦点」など独自の話題作を数多く生み出してきました。

2019年秋にはアメリカで大ヒットした「最高の人生の見つけ方」のリメイク作品の公開も控えています。



スポンサーリンク


映画【引っ越し大名!】見どころ紹介&こんな人におすすめ

(C)2019「引っ越し大名!」製作委員会

この映画は「引きこもり」である主人公が困難なミッションをどうやってクリアしていくか、というところが見どころになると思います。

移動人数10,000人、移動距離6,000人、予算なし・・・とその数字だけ見るととても実現不可能に見えますが、その難題を友人の助けを借りながら乗り越えていく様はとても面白いと思います。

また、この映画は「時代劇」でありながら、コメディに作られています。

そのため時代劇が好きな方はもちろん、あまり時代劇を観ないという世代の方にも是非観ていただきたい作品です。

時代劇というとどうしても堅苦しく重々しい雰囲気になりがちですが、この映画はそういった概念を捨ててみることのできる作品です。

コミカルなタッチながらも、実際の江戸時代の日本を知るきっかけになると思います。

また、「引っ越し」という時代劇にはあまり馴染みのないテーマであることも作品の面白さの一つです。

江戸時代の参勤交代は誰もが歴史の授業で一度は聞き覚えのある言葉だと思いますが、今回の主人公が挑む「国替え」は参勤交代を遥かに上回る労力と資金が必要な事業です。

それを「引っ越し」ととらえ、映像化した本作品は時代的のとっつきにくいイメージを払拭し、誰もが見てもらえる作品になっていると思います。

まとめ

以上が「引っ越し大名!」の紹介になります。

今話題のキャスト・監督が作り上げた「時代劇」がどのように仕上がっているのか?

春之助はミッションをコンプリートできるのか?

ぜひ劇場で確認していただければと思います。

映画【引っ越し大名!】ネタバレあらすじ!これは春之介の成長の物語!感想レビューも この作品にはモデルになった実在の大名がいました。 生涯に7回もの国替えをさせられ、“引っ越し大名”とあだ名された実在の大名...

映画【引っ越し大名!】ネタバレあらすじ!これは春之介の成長の物語!感想レビューも



スポンサーリンク