映画ネタバレと感想

映画【引っ越し大名!】ネタバレあらすじ!これは春之介の成長の物語!感想レビューも

(C)2019「引っ越し大名!」製作委員会

この作品にはモデルになった実在の大名がいました。

生涯に7回もの国替えをさせられ、“引っ越し大名”とあだ名された実在の大名・松平直矩をモチーフにした土橋章宏さん原作の小説「引っ越し大名三千里」の映画化で、土橋さんが脚本も担当しています。

監督は「のぼうの城」でも知られる犬童一心。

そして主演は星野源。

幕府の理不尽な命令に屈することなく、全力で引っ越しをやり遂げた男と女の物語です。

ここでは、映画「引っ越し大名!」のあらすじを「ネタバレなし」、「ネタバレあり(結末まで)」のパートに分けてご紹介します。

後半では、感想レビューを書いていますので、そちらもぜひご覧ください。

この記事のURLをコピーする
映画【劇場版おっさんずラブ 】ネタバレあらすじ!ハルタの真実の愛は何処?感想レビューも コトの起こりは2016年の大晦日深夜…単発ドラマ「おっさんずラブ」だけでも結構な衝撃だったのに! 2018年春季にまさかの...

映画【劇場版おっさんずラブ 】ネタバレあらすじ!ハルタの真実の愛は何処?感想レビューも



スポンサーリンク


【引っ越し大名!】予備知識

「引っ越し大名!」の予告動画

公開日(日本):2019年8月30日㈮

監督:犬童一心

キャスト
星野源(片桐春之介):姫路藩書庫番。引きこもりの書物オタクで別名「かたつむり」。ある日突然、越前松平家引っ越し奉行を任ぜられ、国替えの責任者となってしまう。

高橋一生(鷹村源右衛門):姫路藩御刀番。春之介とは幼馴染。

高畑充希(於蘭):先代引っ越し奉行の娘。父は下士で、その手柄を上士の家老らに奪われたことを恨みながらも春之介の人柄に惹かれ、国替え・引っ越しの指導をし、現場を仕切る。

山内圭哉(仲田小兵衛):姫路藩江戸留守居役。ことあらば国元に早馬を駆って現れる。

正名僕蔵(佐島竜五郎):姫路藩勘定奉行。財政難の責任も取らず、国替えの費用不足の責任も春之介に投げてよこす放漫パワハラ上司。

ピエール滝():姫路藩士

飯尾和樹(高橋四郎):姫路藩士。春之介にリストラを宣告される。

和田 聰宏(田中衆三郎):幕府の隠密

岡山天音(和泉屋 若旦那):姫路の回船問屋

松岡広大(綾瀬主水):藩主・松平直矩の側仕えの小姓

富田靖子(波津):春之介の母

中村靖日(蛭田源右衛門):姫路藩士

矢野聖人(戸田采女):姫路藩士

鳥越壮真(音松):於蘭の息子。離縁されて母と二人暮らしのしっかりした男の子。

斉藤暁(小野田真之):姫路藩士。城の門番を務めていた。

向井理(柳沢吉保):五代将軍綱吉の側用人。

小澤征悦(山里一郎太):姫路藩士。学問好きで、書庫に通っては春之助と言葉を交わしていた。その縁で、国替えに際し大きな役目を頼まれることとなる。

濱田岳(中西監物):姫路藩勘定頭。春之介の人柄に思うところがあり、上司の佐島の目を盗んでその費用の工面を手助けする。

西村まさ彦(藤原修三):姫路藩次席家老。実は大きな陰謀を画策しており、春之介の仕事の邪魔をしていた。

松重豊(木村三右エ門):姫路藩国家老。春之介に引っ越し奉行を命じるが、何かあると即「切腹!」と脇差に懐紙を巻いて脅す。

及川光博(松平直矩):越前松平家二代目当主&姫路藩主

丘みどり(特別出演):藩士・大野の美しい妾

立川志らく(ナレーション)

野村萬斎:「引っ越し唄」振付・監修

作品概要
越前松平家の当主・松平直矩は姫路藩を治めていましたが、ある日突然豊後日田藩に国替えを命じられました。

先代は徳川家康の男系の孫という血筋の譜代の大家でありながら、既に姫路藩→越後村上藩→姫路藩と国替えを経験していた越後松平家。

今回はその石高も半分以下に減封され、7万石に。

こうして天和二年(1682年)、その「引っ越し」という名のご公儀の理不尽に対する戦の幕は切って落とされたのでした。

【引っ越し大名!】あらすじ(ネタバレなし)

理不尽!

その夜、松平直矩は幼い頃の夢を見ていました。

父・直基はこの播磨姫路藩へと国替えを命じられ、その旅の途上で命を落としたという悲しい思い出が蘇ってきたのです。

小姓の美少年・綾瀬が寄り添い…「愛いやつ」と良い雰囲気になったところで飛び込んできた者がおりました。

江戸留守居役の仲田小兵衛が姫路まで早馬を飛ばして戻ってきたのです。

彼がもたらした情報は、姫路藩を大いに揺るがしました。

国替え…豊後日田藩(現在の大分県日田市)へ。

(C)2019「引っ越し大名!」製作委員会

そして石高も半分以下の7万石になってしまう、というのです。

当時、大名の国替えは徳川綱吉の気持ち一つで全国どこに飛ばされるかわからないという危うさがあったのです。

そんな理不尽を噛み締めながらも、大名にはそれを拒否する権利は与えられていませんでした。

しかも、今回の件は、藩主である直矩のちょっとしたトラブルから引き起こされてしまった事案だったのです。

半年前、彼は江戸城で将軍側用人の柳沢吉保に言い寄られ、それを振り払ったところ、吉保がよろめいて柱に頭をぶつけ、流血するという事件があったのです。

恥をかかされた、と憤った柳沢が将軍に上伸したことからこんな大事になってしまった…と直矩は頭を抱えていましたが、後の祭りです。

こうして、姫路藩士とその家族総勢一万人、総距離600㎞のお引越しという一大プロジェクトが始動したのです。

任命…

姫路藩の首脳陣は悩んでいました。

まず何から手を付けてよいかも解らず、財政もひっ迫し、それを成し得られそうな人材は見当たらなかったからです。

(C)2019「引っ越し大名!」製作委員会

そんな中でひょんなことから名前が挙がってしまったのがお城の書庫番をつとめていた片桐春之介です。

人づきあいが苦手で、書庫に引きこもって日がな一日書物に向き合っていた彼に押し付けられた役割は途方もなく重たいもので、本当にどこから手を付けて良いかもわかりません。

しかし、彼を推した幼馴染の鷹村源右衛門は「お前はその頭を使い、俺はこの身体を使う!」とはっぱをかけていったのでした。

途方に暮れて足を引きずるように帰宅した春之介を迎えたのは源右衛門らの同僚をもてなす母・波津の姿。

「こんなに奮発したのはそなたのお食い初め以来ですよ!」

引っ越し奉行に任ぜられ、藩の役に立てるのだということで喜ぶ母の姿。

春之介は複雑な気持ちで杯を傾けたのでした。

頼るべきもの

さて、その引っ越しの具体策がまったく思い浮かばない春之介でしたが。

源右衛門が思いがけないヒントをよこしました。

前回の国替えの時に活躍した引っ越し奉行の娘、於蘭の存在です。

言い寄ってみたが全く相手にされなかった、という源右衛門でしたが。

藁にもすがる思いで、春之介は於蘭を訪ねたのです。

古い家の軒先で、馬の手入れをしていた於蘭でしたが、その馬の機嫌が悪く難儀をしていたのです。

「水を欲しがっている…」

前足がバタバタとしているのはその表れだ、と春之介の助言で、於蘭が水を飲ませると、ほどなく馬は落ち着きを見せました。

「馬にお詳しいのですね?」

於蘭が言うと、軍記にそうした記述があったから、と答える春之介でしたが。

その来訪の趣旨を聞くと、於蘭は表情を凍らせました。

かつて、身命を賭してお国替えのために働いた父は、下士であったが故にその功績を上士の家老らに独占され、正しく評価されることもなく、失意のうちに亡くなったのだ、というのです。

於蘭の幼い息子・音松にも邪険にされ、すごすごと引き返す春之介。

しかし、他の誰にも頼ることができない彼は、誠意を尽くして於蘭に頼み込むことしかできませんでした。

そこで、彼は於蘭の父の粗末な墓を大切に磨き、手を合わせ、気持ちを表わしていたのです。

(C)2019「引っ越し大名!」製作委員会

そんなある日、彼は国家老の本村らにその仕事の進捗を問われ「できないなら腹を切れ!」と責め立てられ、あわや切腹!という瀬戸際まで追い詰められたのです。

「何もできないなら、せめて介錯は自分が」…という源右衛門の姿に絶望した春之介の前に現れたのは風呂敷包みを抱え馬を駆って城にやってきた於蘭の姿でした。

「女抜きで引っ越しができるとお思いですか?」

(C)2019「引っ越し大名!」製作委員会

彼女は、亡父が残した引っ越しの記録を差し出し、引越しの指南を請け負ってくれたのです。

お金がない!

その頃の姫路藩の金蔵にはおよそ三千両しか金子がありませんでした。

しかし、ざっと算出されたそのお国替えの必要経費は二万両。

現在の価値にして約15億円です。

差し引き、一万七千両の不足をどう補うのか。

この時代の金策とは商家に借金を申し込むことでした。

しかも殆ど“踏み倒す”ことが前提であり、商人らも困っていたのです。

勘定奉行の佐島にも責め立てられて困惑する春之介に思わぬ味方が現れました。

彼が右往左往しながらも奮闘する姿に共感した勘定頭の中西です。

(C)2019「引っ越し大名!」製作委員会

その知識を駆使し、さらに姫路中を歩いて商家の懐事情を調べつくし、 “ここならば貸してもらえるはず!”という候補を取りまとめた資料を差し出してくれたのです。

八千両を用立てて欲しい、と申し入れたのは回船問屋の和泉屋でした。

代替わりしたばかりの若い当主は聞く耳をもちませんでしたが。

真摯にその意向を伝え、額を地面にこすり付けるようにして土下座までした春之介の姿に、その借金を受け入れることを約束してくれたのでした。

中西が「見返りに、播磨の酒を日田で商えるようにする」といったこともその背中を押したのです。

ノコギリのように、船で物を運んで商い、戻り船でも商品を運んで商う。

回船問屋にしてみれば大きなチャンスが増えることになる、と当主は目論んだのです。

しかし何より決め手になったのは、春之介の人柄そのものでした。

「あの目は、金を返す人の目だ」

その決断のおかげで、八千両を用立てることができた春之介たち。

そして彼らはまたさらに大胆な策を考えるのでした。

断捨離

当時の引っ越しで何にお金がかかったか、というと、駆り出す人足と馬の費用です。

武士が自ら荷車を押したり、背負って動くことはまずありえなかったのです。

しかし、引っ越し費用の四割がそうした人馬の日当に消えていくのだと知った時、春之介は意外な決断をします。

こうした“レンタル”をやめ、藩士自らがその作業を行うことにしたのです。

男らが人足に身をやつして街道をゆけばよい、と。

そして、城内も、藩士一人一人も持っていける荷物を極力減らして行えば、これ以上の借金を作らなくても良いのでは?ということに気付いたのです。

借金は一時しのぎに過ぎず。

その多くは次世代、またその次の代の子供たちに重くのしかかるはず。

そうした負の連鎖を防がなければならない、という彼の主張は、反論を封じました。

(C)2019「引っ越し大名!」製作委員会

そして、引っ越し奉行として、藩のお墨付きをもらった春之介は容赦なく断捨離を行うようになります。

勿論、個人の所有物を処分、売り払った場合には対価は本人に差し戻られることにはなりましたが。

同僚から上司の勘定奉行らまでガンガン勧めていくその断捨離には反発も多く。

(C)2019「引っ越し大名!」製作委員会

妾も連れて行きたいとごねるものまでが現れる始末。

とうとう、春之介の愛する書庫の一冊一冊の本にも別れを告げなければならない時がやってきたのです。

そのために、彼は四日間書庫に籠り、懸命にその内容を頭に叩き込みました。

(C)2019「引っ越し大名!」製作委員会

大好きだった甲陽軍鑑雑記を火にくべた時の哀しみは、しかし全ての藩士が同様に負っていたものだったのです。

そうした彼らの努力を知り、藩士ら一人一人が体を鍛えて引っ越し本番に備えるようになってきました。

於蘭のアドバイスもあって、源右衛門らは“引っ越し唄”を歌いながら心を一つにして日々を駆け抜けていたのです。

以下、結末までのネタバレになります。ご注意ください。


スポンサーリンク


【引っ越し大名!】あらすじ(ネタバレ)

知恵はそこにあった!

さて。

金策と断捨離は順調に進んでいましたが。

さらに残念なことに、半分以下となってしまう石高のために、今度は人減らしをしなければなりません。

実に二千人中、約六百人に及ぶ大リストラです。

しかし、浪人として放り出したら、彼らは明日から食べる者にも事欠くことは容易に想像できます。

武士として代々生きてきた彼らには、それぞれに矜持もあります。

その生きるよすがも全て断ち切ることは、春之介にはできませんでした。

苦しむ彼の頭の中に、つい先ごろ火にくべてしまった甲陽軍鑑の一説が蘇ってきたのです。

武田信玄も同様のことで頭を悩ませていたことがあったとのこと。

彼は、家臣団の一部を“帰農”させることで生きながらえさせ、再び状況が良くなったら武士として家臣に復帰させる、という手段をとっていました。

事ここに至っては、これこそが最後の手段である、と春之介たちは藩士たちを集めたのでした。

涙のリストラ

その広間に集められた藩士は、妻と子を持たない者たちでした。

お国替えに同行させるのは、家族を持つものを優先させたのです。

しかし、徳川幕府の世になって七十年以上が経ち、名門越前松平家に仕えてきた彼らに、帰農せよ、明日から田畑を耕せ、というのは酷な話でした。

春之介は一人一人に心から詫びて、さらに「もとの十五万石に加増がかなった時には必ず再び召し抱える!」と約束したのです。

その中には、春之介と書物のことで親しく付き合いのあった山里もおりました。

彼は目立たぬながら堅実に学問を治め、藩のために働いてきたのです。

「自分は一体何のために学んできたのか…」

呆然としたそのつぶやきに、春之介は言いました。

残していく者たちのために、そういう人が必要だったのだ、と。

今は山深い場所を切り拓き、この土地を豊かにしていくためには、先人の知識を実践し、着実に豊かな田畑を作れる能力のある者に任せたいのだと、農業指南の書物を差し出したのです。

全ての者に話し終え、外はとっぷりと暮れて夜になっていました。

春之介がとぼとぼと歩いて向かったのは於蘭のところだったのです。

涙を流す彼を、於蘭はぎゅっと抱きしめ、その悲しみを受け止めてくれたのでした。

陰謀?!

順調にお国替えの準備が進む中、姫路では闇の中をうごめく陰謀がありました。

城を遥かに望む場所で、次席家老の藤原は、公儀御庭番の田中と密会していたのです。

お国替えの失敗、直矩の失脚、その見返りに藤原が望むものは“旗本”の身分。

姫路藩は獅子身中の虫を飼っていたことにまだ誰も気づいていませんでした。

さて、お城の中では柱や壁を傷めない養生もきっちりと行われ、代わりに姫路城に入る福島藩からの使者との手続きも終わって出発のその日を待つばかり。

そして残るもの、旅立つものそれぞれにものを思う頃。

出来ることを一つひとつ片付けていった春之介の、最後に残していた大切なことが一つだけありました。

於蘭のことです。

彼女は、藩士だった父を亡くし、婚家から離縁されて音松を連れて実家を頼っていましたが。

実質、姫路藩とは縁が切れた親子だったのです。

今回豊後日田へ行けるのは姫路藩の藩士とその家族のみ。

思い切って、於蘭のもとを訪れた春之介に、彼女は真顔で言い放ちます。

「いま調子にのって、私と一緒に居たい、と、おっしゃいましたか?」

あ、もうダメか…ダメなのか…?!
春之介が絶望しかかった、その瞬間。

於蘭が浮かべたのは笑顔。

彼女も、懸命に働く春之介の姿を見て尊敬するようになっていったのでした。

そうして音松と於蘭を伴って、春之介の本当の出発の時がやってきたのです。

反撃!

源右衛門はあまりに順調なその旅程にどこか居心地の悪さを感じていました。

おかしい、もっと何かが起こるはず…。

その予感は、良くも悪くも当たりました。

(C)2019「引っ越し大名!」製作委員会

直矩の籠を中心に進む行列は、ほどなく海を望む浜に至りました。

そこで、ざっと周囲を取り囲む胡乱な男たちの群れが現れたのです。

彼らを指揮していたのは公儀隠密の田中でした。

ここで行列が滞ればお国替えは失敗。

あわよくば直矩の命も奪ってしまおう、という彼らは容赦なく躍りかかりますが、タダでやられるわけはありません。

(C)2019「引っ越し大名!」製作委員会

むしろ、源右衛門は「きたああああああああああああああああ!祭りだぁ!」と大喜びで刀を抜いて暴れまくります。

そして、人足に身をやつしていた男たちも次々と刀を抜き、さらに荷物の中にあった棒を片手に暴れまくります。

姫路藩士の面々は引っ越しの準備のために大いに体を鍛え、力を蓄えていたのです。

その甲斐あって存分に反撃していくと、みるみるうちに隠密たちが劣勢となっていきました。

その時、直矩は家宝の“御手杵の槍”を源右衛門に差し出したのです。

天下三槍の一つとして知られたその名が槍は全長3.8mという巨大なもので、一振りで薙ぎ払うとバタバタと悪漢が倒されていく痛快なものです。

まさに祭りだとばかりに大暴れする源右衛門らの働きで、悪漢は倒され、その頭目の田中も仕留められたのでした。

ほっと安心した直矩らの前に追いついたのは江戸留守居役の仲田小兵衛でした。

彼は、この国替えの裏に隠されていた陰謀と、裏切り者の正体を知って急遽知らせにやってきたのです。

その裏切り者の正体が、次席家老の藤原だということが発覚した瞬間に、逃げようとした彼の首に刺さる鋭い手裏剣が___仕留めたはずの田中が、最後の力を振り絞って藤原にとどめを刺したのでした

力尽きた彼と、藤原。

ともあれ、国替えは止まりません。

彼らは、海を越え、歩いて、10日の旅程を進み続け、豊後の国へと入ったのです。

そしてまたお国替え

壮麗な姫路城見慣れた者たちには、その質素な日田の城はまるでただの陣屋のような風情で、脱力してしまいました。

しかし、新しい藩としての生活を立ち上げなければなりません。

春之介は、姫路に残してきた者たちにその様子をつぶさに書き送っていました。

やっとその暮らしが安定してきたか、と思われたころ、また国替えの沙汰があり、今度は出羽山形藩へ。

15年の時が流れ、春之介は於蘭と所帯を持ち、二人目の息子である春太郎が元服を迎えておりました。

兄の音松もすっかり大人になり、仲の良い兄弟ぶりです。

その元服の宴を祝っているところに、また仲田が訪れ、江戸からの知らせを持ってきたのです。

陸奥白川藩へのお国替え。

しかし、今度は嬉しい知らせが一緒でした。

加増され、越前松平家の禄は再び15万石に戻されたのです。

おかえりなさい!

春之介は姫路に向かいました。

15年前に帰農した者たちを迎えに行ったのです。

すっかり農民の暮らしに馴染んでいた山里や高橋らが彼を温かく迎えました。

本当にこの日がやってくるとは思っていなかった、というものもありましたが。

その日々を彼らは無為に過ごしていたわけではありませんでした。

かつて山だったところが大きく拓かれて、そこには美しい棚田が広がっていたのです。

山里は帰参することを決めましたが、中には残ることを希望する者もありました。

その数、600人中40人。

せっかく開拓した田畑を維持していくのだというのです。

春之介はその思いもしっかりと抱えて、山里らを伴い白川藩へと戻りました。

日焼けした男たちが新しくあつらえた裃を身につけて登城していきます。

彼らは直矩と再会し、そして直矩が山里の手を取りました。

ごつごつとした、土色の傷だらけの荒れた手です。

その様子に、年月の全てが凝縮されていました。

春之介は皆の前で石碑の白い布を引きはがしました。

そこにあったのは、帰農している間に亡くなった者たち。

そして並べられた刀は、白川藩に帰参せず、姫路の農地に残った者たちのもの。

全て合わせて2156名。

あの頃、姫路で共に仕えていた全ての家臣らが揃ったのです。

「おかえりなさい!」

春之介の言葉が、藩士たちの胸に響きました。



スポンサーリンク


【引っ越し大名!】感想とレビュー

これが本当にあったこと?!

転勤族の生活を経験している私には、その規模と距離に頭がくらくらしてくる思いでした。

いやしかし、何もできない…と途方に暮れていた春之介の尻を蹴飛ばし、見事にやり遂げたのは実は於蘭です。

その見事な采配ぶりは今に通じるものがありますね。

引っ越し、一世帯でも大変なのに、一万人て…。

その当時本当にお国替えで人が死ぬの、想像出来ちゃいます。

冒頭で直矩の父、直基がその旅の途上で亡くなってしまうのも無理はない、と。

ストレス、半端ないですからね。

しかしそんな中でも明るく楽しく皆をのせて動かすには歌が良い!と奨励していた引っ越し唄と踊りは、なんと野村萬斎さんが監修しているのだとか。

当時を彷彿とさせる節回しと動きは流石の出来栄えでしたね。

そして、ただ踊っているだけではなく、見事に侍たちの身体に宿った筋肉と、整然と動くさまは、引越しと、不意に仕掛けられた“戦”に見事に役立っていましたね。

皆カッコ良かった!

さて、燃やしてしまった宝物のような書物の中に大切なヒントをみつけた春之介。

彼はそれまでカタツムリと言われるほどに籠っていた書庫の中で、沢山の知識を頭に叩き込んでいたのです。

最後には、4日間で燃やさざるを得ない書物を全て暗記して荷物を減らしました。

いざとなれば、思い出せる。
実に有能な人だったのです。

しかし、彼一人では、おそらくこの大事業は成しえませんでした。

引っ張り出してくれた源右衛門、そして叱咤激励をし、飴と鞭で皆を上手く働かせてくれた於蘭。

もしかしたら書庫の中で一人寂しく朽ちていったかもしれない春之介の人生は、大きく広がり、最後には越前松平家の国家老にも任ぜられるようになったのです。

15年を経て、歳を重ねた彼らが再びそろった時の素敵な笑顔は、地位も名誉も乗り越えた清々しいものでした。

実在したかはわかりませんが。
彼のような人材が本当に報われる時代であったかはわかりませんが。

その後の春之助が、於蘭と白川藩で幸福な日々を生きてくれたと信じたいですね。


↑このカタツムリさん、仕込みじゃなかったんですね。
とても重要なシーンのメインキャストです(笑)。


↑とある上士の妾で、恐らく彼女は姫路に取り残されてしまうのですが。想いを切々と歌うシーンは美しかった!


↑あの槍を!あの巨大な槍を!ぶん回していた高橋一生は、控えめに言って今までの三倍カッコ良かったと思います。


↑はい、本当に岳ちゃんの安定感半端なかった。
そして若旦那さんの所作とかふっと細かく移ろう目つきとか、正名僕蔵さんのどうしようもないネチネチした上から目線の芝居と、追い詰められた時のギャップが素晴らしかった(褒めています)。


↑大人になった音松の落ち着きも素晴らしかった。
血のつながらない弟の春太郎を思いやる彼の包容力。
ちび音松を見た後だと、感慨ひとしおです。


↑ちび音松を演じた鳥越壮真くん、今はドラマ「ボイス」でも活躍しています。
将来が楽しみです!

まとめ

(C)2019「引っ越し大名!」製作委員会

ぼろぼろの裃に丸めた背中。

日の当たらないところにいた彼・春之介を引きずり出した源右衛門グッジョブ!とまず思い…できない、できないと思い込んでいた彼に方法論を叩き込んでいった於蘭さんも素晴らしかったですね。

少しずつ背筋が伸びた春之介が最後には皆を率いて日田へ、それから山形…白川まで。

どんどん彼らの”引っ越し”とその指南の腕は上がるばかり。

今ならりっぱな企業秘密ですね。

星野源さんが演じたその春之介の成長物語はファンのみならず、彼にばっちり魅了されるはずです。

気弱な彼が、弱音を吐くことは当然でしたが、しかし、煮え切った顔を見せたり、心を込めて誰かに接するとき、ふと見せる表情の豊かなこと!

対する高橋一生さんも、いつもより数倍”体育会系”の大ぶりなお芝居を見せてくださっています。

あそこまで大暴れするのも滅多にみられないチャンスです!

ああおもしろかった!
多分、もう一回観に行きます。

この記事のURLをコピーする
映画【アス】ネタバレあらすじ!自分自身に襲われる恐怖。感想レビューも 2017年公開された「ゲット・アウト」でアカデミー賞脚本賞を受賞したジョーダン・ピールが監督・脚本・製作を手がけるサプライズ・ス...

映画【アス】ネタバレあらすじ!自分自身に襲われる恐怖。感想レビューも



スポンサーリンク