映画あらすじ見どころ(ネタバレなし)

映画【ひとよ】あらすじキャスト見どころ!ばらばらになった家族の物語

劇団KAKUTAの舞台を映画化した白石和彌監督の最新作が2019年11月8日に公開となります。

佐藤健・鈴木亮平・松岡茉優と豪華実力派俳優が揃い、家族をテーマにしたヒューマンドラマを作り上げました。

あらすじ、キャストなど作品情報をはじめ、見どころ紹介記事です。ネタバレはありません!
映画【ひとよ】ネタバレあらすじ!壊れてしまった家族の再生の物語。感想レビューも 子供たちを守るため。 2004年5月のある雨の夜、母は夫をその手で殺めたのです。 ___それから15年後の今、歪んで...


スポンサーリンク


映画【ひとよ】作品概要

(C)2019「ひとよ」製作委員会

作品概要

「孤狼の血」などで有名な白石和彌監督が、鶴屋南北戯曲賞などの受賞歴がある、桑原裕子率いる劇団KAKUTAの代表作ともいえる舞台作品を映像化し生まれた作品です。

母親の殺人事件がきっかけにバラバラになってしまった家族の再会と葛藤、再構築へともがきつづける姿を描きました。

主演は実力派俳優佐藤健が演じ、兄妹役にカメレオン俳優鈴木亮平と若手人気女優松岡茉優が揃いました。

予告動画

映画【ひとよ】あらすじ(ネタバレなし)

(C)2019「ひとよ」製作委員会

ある土砂降りの日、稲村こはるは愛する夫を殺した。

タクシー会社を営み、三人の子供をもった母親は夫を殺すことが子供のためになることと信じた結果の殺人だった。

そして子供たちと15年後に再会する約束を交わし、こはるは家を去った。

15年後、長男・大樹、次男・雄二、長女・園子の三兄妹は事件で負った心の傷を隠し、でも忘れることができないでいた。

事件から運命が大きく狂い、時が止まってしまったままの兄妹の前に母が約束を果たしに帰ってくる。

15年前の母の大きな決断と、残されてれてしまった子供たち、そして幸せを願ったはずの未来と、食い違ってしまった現実。

再会した彼ら家族がたどり着く先とは?



スポンサーリンク


作品情報詳細(公開日・監督・キャストetc.)

(C)2019「ひとよ」製作委員会

公開日(日本):2019年11月8日

上映時間:123分

原作:桑原裕子

監督:白石和彌

脚本:高橋泉

キャスト

佐藤健(稲村雄二)…稲村家の次男。東京でフリーターをしており、家族と距離を置いている。

鈴木亮平(稲村大樹)…稲村家の長年。三兄妹の中で唯一家族を持っている。

松岡茉優(稲村園子)…稲村家の長女。スナックで働きながら生計をたてる。

田中裕子(稲村こはる)…稲村家の母。15年前夫を殺害する。

解説とコメント

この映画の原作は、「鶴屋南北戯曲賞」「読売文学賞」戯曲・シナリオ賞などの受賞歴がある劇作家である桑原裕子がひきいる劇団KAKUTAの代表作です。

桑原裕子は福島出身で、この作品は福島の震災がきっかけで生まれた作品であり、2019年9月20日には集英社文庫から小説版も発行されているみたいですね。

主演を務めるのは実力派俳優として有名な佐藤健です。

デビューのきっかけはスカウトだそうで、2006年のテレビドラマ「プリンセス・プリンセス」で俳優デビューをしています。

その後2007年の平成仮面ライダーシリーズ「仮面ライダー電王」に出演したことで人気に火が付き、大河ドラマへの出演や映画「るろうに剣心」で主演を務めるなど広く活動をしています。

整った顔立ちながらも役柄によって雰囲気を変えたり、髪形をドレッドヘアや丸坊主にすることなどに抵抗がなく与えらえた役柄に真摯に取り組む性格のようで、その演技力も高く評価されています。

2018年に「8年越しの花嫁 奇跡の実話」で第41回日本アカデミー賞の優秀主演男優賞を受賞するなどこれまでも数多くの賞を受賞しています。

今回は普段の演じる役よりも少し闇を持ったような役どころであり、役作りで初めてひげを生やしたと言います。

本人は白石監督作品に出演することが念願であったと語っているようです。

長男の稲村大樹を演じるのは映画・ドラマと大活躍中の俳優鈴木亮平です。

中学時代から俳優になりたいという夢があったようで、大学生活では演劇部に所属し、芸能事務所・制作会社に履歴書を持って50社以上回った経験があるようです。

過去はモデルとして活躍したこともあるようですが、2006年にドラマ「レガッタ〜君といた永遠〜」で念願の俳優デビューを果たしています。

NHK朝の連続テレビ小説「花子とアン」で主人公の夫役としてに出演したり、2015年の映画「俺物語!!」で型破りな主人公を熱演したり、2015年にはNHKの大河ドラマ「西郷どん」で主演を務めたりと、幅広い演技力があり、役によって時に大幅な肉体改造を行う事でも有名ですね。

今回の映画は2年ぶりの現代劇のようで、また演じる大樹は幼い頃より吃音を持っており人とのコミュニケーションが苦手とのことですが、その新しい役どころをどう演じるかも楽しみです。

稲村園子役は2019年10月公開の映画「蜜蜂と遠雷」で主演を演じることでも話題の松岡茉優です。

芸能界デビューのきっかけは8歳の時に当時3歳の妹がスカウトされ、妹の面接に同行し、面接担当者にその場で「芸能界をやってみるか」と声をかけられた事だそうです。

2013年のNHK連続テレビ小説「あまちゃん」出演から徐々に知名度をあげ、2017年の映画「勝手にふるえてろ」で映画初主演を果たしました。

同作で「第30回 東京国際映画祭」のコンペティション部門に出品され、観客賞を受賞しています。

2018年には出演映画「万引き家族」が、第71回 カンヌ国際映画祭で最高賞である「パルムドール」を受賞したことで彼女の高い演技力を知った人も多いのではないでしょうか。

この映画では母の帰りを暖かく迎え入れる園子役を演じ、時には激しく感情をぶつかり合う姿も演じています。



スポンサーリンク


映画【ひとよ】見どころ紹介&こんな人におすすめ

(C)2019「ひとよ」製作委員会

「壊れた家族は、つながれるか」をテーマにした今作の見どころは、いったんばらばらになってしまった家族がどういう形として再構築されていくのかという様子が描かれているところにあると思います。

この映画で母、こはるが起こす殺人事件は家族に様々な思いを残します。

母親を信じ続けたり、苦しみ続けたり、あるいは許すことができなかったり、家族が抱える思いはそれぞれいったんばらばらになってしまいますが、それが果たしてどういう結末を迎えるのか。

作者である桑原裕子は福島の震災直後の復興や絆、そして再生が叫ばれる世の中のために「本当に再生するための方法」をこの家族を通じで伝えたかったと語っています。

もし、家族との間にわだかまりを感じていたり、違和感を感じてしまっている人がいたら是非この作品をおすすめしたいです。

ずれていても、違う方向に向かっていても家族だと、そう思わせてくれる作品であると思います。

まとめ

以上が「ひとよ」のあらすじと見どころです。

白石和彌監督がどこかでやらなきゃいけないと思っていた家族の作品であり、また同監督の最高傑作との呼び声も高い本作品を是非観に行ってみてください。

前述したように最近小説の販売されましたので、チェックしてから作品を観ることもまた違った「ひとよ」を体験することができるとおもいます。

9月20日から前売り券が発売されているので、気になる方は是非早めにお買い求めいたくことをお勧めします。

映画【ひとよ】ネタバレあらすじ!壊れてしまった家族の再生の物語。感想レビューも 子供たちを守るため。 2004年5月のある雨の夜、母は夫をその手で殺めたのです。 ___それから15年後の今、歪んで...


スポンサーリンク