映画無料視聴

映画「It/イット “それ”が見えたら、終わり。」の動画をフルで無料視聴する方法は?ホラー映画歴代1位の大ヒット作品

スティーヴン・キングのホラー小説『IT-イット-』が実写化され、ホラー映画歴代1位の大ヒットとなりました。

ここでは、映画「It/イット “それ”が見えたら、終わり。」のフル動画を無料で視聴できるサービスについてお伝えしていきます。

結論から言いますと、U-NEXTという動画配信サービスを利用すれば、一切お金をかけることなく視聴ができます。

登録後31日間は無料お試し期間となっていて、解約はいつでも簡単にできます。

U-NEXTでは、元となった1990年の映画も配信されています。

いますぐU-NEXTで無料視聴する方はこちら
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

映画「It/イット “それ”が見えたら、終わり。」動画の無料視聴方法!おすすめはU-NEXT

まず、主要な動画配信サービスでの映画「It/イット “それ”が見えたら、終わり。」の配信状況をチェックしてみましょう。
(○=今すぐ無料視聴が可能、△=配信されているが有料、×=未配信)

U-NEXT
Hulu
Amazonプライム
dTV
FODプレミアム
ビデオパス
ビデオマーケット

いくつかのサービスで配信されていますが、最もおすすめなのが、U-NEXTです。

大きな理由は以下の通りです。

・映画「It/イット “それ”が見えたら、終わり。」が今すぐ無料で視聴可能
・登録、解約手続きが比較的簡単にできる
・作品配信数が圧倒的

・無料トライアル期間が長い

U-NEXTに登録すると、600円分のポイントをもらえます。

そして映画「It/イット “それ”が見えたら、終わり。」の視聴には、440円分のポイントが必要なので、登録時にもらえるポイントを使って無料で視聴することができます。(他のサービスは視聴するのにお金がかかってしまいます。)

現在31日間の無料お試しを実施していますので、全くお金をかけることなく、映画「It/イット “それ”が見えたら、終わり。」の視聴が可能です。

U-NEXTでは1990年版も配信されていますので、おすすめです。

U-NEXTの動画配信数は16万本と国内最大級で、映画はもちろんドラマ、アニメ、音楽、バラエティなど作品の充実度は群を抜いています。

新作から旧作まで多数の映画を配信中

登録や解約手続きは他サービスに比べて簡単なので、ぜひお試しください。

U-NEXT公式ページを見てみる
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

U-NEXTのメリットが凄い!映画好きには特にオススメ!

さらにU-NEXTは、他のサービスと比較して下記のようにメリット(特徴)がたくさんあります。

U-NEXTのメリット(特徴)

31日間の無料トライアル期間がある(解約はいつでも可能)
初回登録時に600ポイント、無料期間終了後には毎月1,200ポイントがもらえるので、新作映画や電子書籍などの有料コンテンツも楽しめる(1ポイント=1円)
毎月貰えるポイントは映画のチケット(しかも300円分お得なチケット)に交換可能
新作映画の配信が早い
ほとんどの作品のダウンロードが可能で、オフラインでどこでも楽しめる
一つの契約で4アカウントまで作れる(視聴履歴の共有はなし)
パソコン、スマホ、タブレットなどのマルチデバイス対応で、同時視聴も可能(4人まで)
再生速度の変更が可能
70誌以上の最新の人気雑誌が読み放題
42万冊以上の電子書籍があり、無料で読める漫画もたくさんある

このようにU-NEXTは映画好きにはたまらないメリットが盛り沢山です。

デメリットは無料期間終了後の月額料金が1990円(税抜)とやや高めなことくらいです。

といっても毎月1,200円分のポイントがもらえますし、その前に無料期間内(登録から31日以内)に解約してしまえば料金は一切かかりません。

登録・解約手続きはとても簡単ですし、映画「It/イット “それ”が見えたら、終わり。」を無料で視聴するならU-NEXTが一番オススメです。

動画共有サイトでの視聴は自己責任で

Pandora、Dailymotion、9tsu、miomioなど動画共有サイトで映画「It/イット “それ”が見えたら、終わり。」が視聴できる場合もあるかもしれません。

しかし、これらのサイトは違法アップロードサイトですので、次のデメリットがあります。

・画質、音質が悪い
・広告が多くてストレスになる
・動画が途中で止まったり、急に削除されるので全話見るのは難しい
・ウイルス感染や個人情報流出の危険がある

公的機関等でも著作権に関する注意事項が記載されています。

参照:「著作権法の一部を改正する法律について」(文化庁)

参照:「著作物を無断で使うと?」(公益社団法人著作権情報センター)

参照:「テレビ番組の違法配信に関わる法制度について」(日本民間放送連盟)

 

安全かつクリーンに映画「It/イット “それ”が見えたら、終わり。」を楽しむなら、公式サービスであるU-NEXTで安全に視聴することをおすすめします。

U-NEXT公式ページを見てみる
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

※2019年11月時点の情報です。配信状況など詳細は公式サイトにてご確認ください。

映画「It/イット “それ”が見えたら、終わり。」作品情報

あらすじ

1990年のメイン州デリーで、子供だけを狙った連続殺人事件が発生する。デリーに住んでいたマイクは、事件現場近くでそこにあるはずのない男の子の古い写真を発見し子供時代にIT(あいつ)と呼んでいた奇怪なピエロ、ペニーワイズの仕業であると確信する。マイクはかつての仲間との約束を思い出し、30年ぶりに再会することになる…。

参照:Itウィキペディア

主なキャスト

(ビル)ジェイデン・リーバハー
(ペニー・ワイズ)ビル・スカルスガルド
(ベン)ジェレミー・レイ・テイラー
(ベバリー)ソフィア・リリス
(リッチー)フィン・ウォルフハード
(スタンリー)ワイアット・オレフ
(マイク)チョーズン・ジェイコブズ
(エディ)ジャック・ディラン・グレイザー
(ヘンリー)ニコラス・ハミルトン
(ジョージー)ジャクソン・ロバート・スコット

主なスタッフ

監督:アンディ・ムスキエティ
原作:スティーヴン・キング
音楽:ベンジャミン・ウォルフィッシュ
脚本:チェイス・パーマー、キャリー・フクナガ、ゲイリー・ドーベルマン

U-NEXT公式ページを見てみる
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

視聴者の声(ネタバレあり)

感想

感想を見る

恐怖のマッドクラウン、ペニーワイズが登場する「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」。

兄のビルに作ってもらった手作りの紙製のボートに喜ぶ弟ジョージ。

幼いジョージは遊びに夢中になり、手作りのボートを排水溝に落としてしまいます。

咄嗟にのぞき込んだ先に待っていたのは、闇の中に潜み子供を惑わして襲うペニーワイズでした。

ジョージの腕を食いちぎるという衝撃的な始まりで物語は幕を開けます。

何と言ってもこのペニーワイズというクラウンの存在感が凄いです。

ビジュアルからすでに不気味なのですが、神出鬼没で精神的にも物理的にも子供たちを追い詰めていく様子は、ホラー好きにはたまらない見所の一つでした。

ストーリーの構成は、ペニーワイズとジョージの兄ビルが率いるルーサーズクラブの戦いがメインです。

いじめられっ子や家庭に問題があり、学校でのけ者にされがちな主人公たちが力を合わせ、ペニーワイズを追い詰めていきます。

80年代後半に設定されたアメリカの世界観やあどけなさが残る少年たちの姿は、どことなく懐かしさ感じさせる演出でした。

全てが終わった後、やつが再び現れたらまたここで再会しようと分かれていきます。

その後、画面にはまだ第一章であることが示され、ペニーワイズの笑い声が響き渡るシーンは思わずゾクッとなることでしょう。
(30代男性)

原作はスティーブンキングの同名の小説です。

デリーという街で、人間の恐怖心を餌に力を増す殺人ピエロとそれに立ち向かう少年たちを描きます。

感想ですが、この映画はかなり怖いです。

恨みを残した悲しくも美しい幽霊が夜な夜な現れる、というようなある種予定調和的な日本のホラーとはまるで違います。

昼間だろうが自分の部屋だろうがピエロが現れます。

そしてめちゃめちゃ積極的に殺しにきます。

子供だろうが容赦はありません。

最初の登場シーンは「ヘイジョージィ…」で有名ですね。

現実世界でも道化恐怖症・クラウン恐怖症というものがあるのは有名ですが、アメリカでは実際に近年ピエロに怖いイメージがついてしまい、道化師が商売にならないという事態も起こっているそうです。

もうひとつ怖いと思った点は、「IT」はどんな姿にも変わるということです。

誰しもが持っている「怖いもの」こそが、彼そのものです。

それは日常にあります。

「それ」を怖がらないことができるでしょうか。

私は怖がりなので即死すると思います。

デリーに生れなくてよかった。
(20代男性)

この映画の感想ですが、一番感じたのが若者の青春時代が豊富に盛り込まれてること、ホラー映画だけども、そこまで残酷ではなくホラー映画初心者や、ちょっと苦手という方にもお勧めできる点です。

映画の中に、時々コミカルな映像も入ることによってどなたでも楽しめるような、内容になっています。

ルーザーズクラブ(負け犬クラブ)と言われる男女の少年メンバーが、ペニーワイズなる神出鬼没の怪物に果敢に立ち向かいます。

恐怖に立ち向かい、誰も住まない空き家にメンバーが仲間を助けに行くシーンは、この映画の中でも見どころで、ペニーワイズの様々な、幻惑と呼ばれる幻か、現実かわからなくなるような罠にも、勇気をもって立ち向かう姿に、勇気をもらいました。
少年たちも、いろいろな負の原因を抱えていて、喘息もちや、うまく言葉が離せない、親から虐待されている、などの心に深く傷をおった少年が、この怪物に最後まで諦めず立ち向かい、今まで捕らわれていた人をついに救出します。

映画の中の主人公の淡い恋心が無事成就するのかも密かなポイントです。
(40代男性)

排水口から悪魔が顔を覗かせてくるシーンがかなり有名な映画だと思いますが、大人が見てもなかなか怖い作品で面白かったです。

そして怖さだけでなく冒険感みたいなものも強い物語だった気がして、そこが男心をくすぐる映画でしたね。

町を脅かす怪物の正体を少年達が少しずつ突き止めていったり、段々と仲間が増えていったり。

主人公の少年達は何だかんだで最終的に7人パーティくらいになっていたと思いますが、それが作品的にも物語的にも良かったのだと思います。

一人だけではあんな恐怖に太刀打ちできないでしょうし、あんなに盛り上がらなかったのではないかと。

あの個性豊かな、というかバラバラな性格の7人が集まって、お互いに励まし合ったり罵り合ったりしながら行動していたからあのラストに繋がったのではないでしょうか。

まあ続編を匂わせるようなラストではありますが、もっと酷い結果になると思っていた時もあるので最後の爽やかさはとても良かったです。
(30代男性)

かなり怖いのかなと思ってみた映画だったため、実際そこまで怖すぎるということはなく、また年齢制限をするほどのグロテスクなものはなかったかなと思いました。

またいじめや暴力などの映像もあったため、少し心が痛くなりましたが、友情が描かれていたりなど、ちゃんとしたストーリーがある映画だったと思います。

私自身、予告の際に流れていた、排水溝からペニーワイズが出てくるシーンがとても強烈であり、なぜそこから出てくるのか、彼は何者なのかなど全くわからない状態で見に行ったので、ペニーワイズがどんな理由で恐ろしい人物になったのかが知れて良かったです。

また、映画に出てくる子供たちがみんな子供たちらしくて、人間の良い部分も悪い部分も全て描かれていると思いました。

そのため、ホラー映画というよりも、子供たちの成長を描いた映画といっても過言ではないなと感じました。

子供たちの演技もとても素晴らしいので、そこもこの映画の魅力だと思います。
(20代女性)

それぞれの家庭に悩みや問題を抱える子供達が、互いに協力し合いながら、怪物に立ち向かっていく姿が非常に感動的だと思いました。

また、この怪物は、残酷さ、見た目の恐ろしさや不気味さというより怖さだけではなく、子供にとっての恐怖心の象徴でもあると思います。

自らの恐怖心に打ち勝つことによって、怪物に立ち向かっていく姿は、単なるホラー映画にとどまらず、嫌なこと、苦しいことに立ち向かうことの大切さを多くの人々に伝えるようなメッセージ性もあると感じました。

もともとは、かなり昔にスティーブンキングによって制作された映画で、当時からかなり時代が変わっていますが、リメイクとしてはとてもクオリティが高く、完成度も高いと思います。

ホラー映画も青春映画の双方をミックスしたような独特の雰囲気を受け継ぎつつ、怪物の不気味さ、恐ろしさもスケールアップしていて、期待を裏切らない仕上がりになっていました。

続編も必ず見たいと思いました。
(30代男性)

この映画を観た感想は、ずばりホラーとアドベンチャーの融合作品であると感じました。

先ずホラー映画としての感想は、非常に恐怖感を煽る映像と展開にゾクっとしてしまいました。

どことなく全体的に暗い空気を醸し出す映像で、冒頭の部分からこの先を観るのが怖くなる程でした。

そして、人々が怯える恐怖の存在が明らかにならず、ただ身近な人達が消えていく恐ろしさは、なんとも言えない恐ろしさです。

そして、なんと言ってもピエロの怖さの完成度が凄すぎて、なんだか夢に出てきそうな恐ろしさでした。

次にアドベンチャーな要素があるなと感じたのは、子供達が力を合わせてピエロに立ち向かおうと決断する展開があったからです。

危険な目に遭いながらも、子供達が知恵を絞り、お互いを信じ協力し合うことでピエロに打ち勝つ、そんなところに冒険の様なワクワク感があります。

そんな子供達の冒険的な要素から、同じスティーヴン・キングの作品である、「スタンド・バイ・ミー」とどこか通ずる作品であると思いました。

ただのホラー作品ではなく、青春映画みたいでもあり、非常に楽しめました。
(30代男性)

基本的にずっとホラーテイストですが、そのなかにも主人公たち5人のそれぞれの家庭環境の悩みや、町の謎解き要素が面白い映画でした。

ホラーでありつつも、青春ドラマの要素もあり、主人公たちの悩みや葛藤、成長が映画の中で体験できます。

また、ホラーに関して言えば、ITがピエロの容姿をしているので一見愉快に見えますが、映画の中ではピエロの姿でいることはそこまでなく、電気が消えたり、バスルームが血だらけになったりなどの怖さがあってみごたえがあります。

また、途中から出てくる舞台の町とITの関係性や、その謎を解き明かしていくといった展開は、冒険ものの要素もあり、恐いながらもわくわくします。

とくに、水道ルートを探索して、井戸に入っていくシーンは、いつ何が起こるか分からないという恐怖と、隠された謎を解き明かしていくというわくわく感がありみごたえがあります。

映画が面白いと思ったら、是非原作の本も、少し長いですが読んでみるとさらに楽しめると思います。
(20代女性)

田舎町に住む子供達と得体の知れない何かとの戦いを描く映画です。

主人公の男の子をはじめ、個性の光る仲間達とヒロインの女の子が特に可愛らしくて、それぞれのキャラが際立っていて好きな映画です。

ストーリーはホラーテイストで不気味なシーンもたくさんあるのですが、子供達が冗談を言い合うシーンや幼くて可愛い恋模様が描かれているのが印象的な映画でもあります。

子供達の成長もこの映画ではテーマになっているのだと思いますが、いじめっ子やそれぞれが怖いと思う物、家族や昔の出来事などが絡んできて、ストーリーに深みを出していると思います。

得体の知れない何かの招待を子供達で解き明かしていく展開や勇気を持って挑んでいく姿に自然に引き込まれていきます。

ピエロという道化の姿はこの映画では恐ろしい存在として登場しますが、現実でもピエロが怖くなってしまいそうな作品です。

最終的に得体の知れない敵を本当に倒せたのかは描かれていなかったので、次回作が楽しみです。
(30代女性)

劇場で観ました。

ホラー映画をよく観る人は分かると思いますが、邦画のホラー映画と、洋画のホラー映画はタイプが違います。

邦画のホラー映画ははっきりとした恐怖ではなくなんとなく不安で静かな感じ、洋画のホラーはゾンビなどが出てきてグロテスクな感じが多いです。

しかしながらこの映画はどちらかというと邦画ホラー寄りだと私は感じました。

ピエロの存在も意味がわからなければ子供達が襲われる恐怖も理不尽で意味のわからないもので静かな日常のシーンから突然恐怖が始まるため終始驚きと不安でいっぱいでした。

洋画要素も全くないというわけではなく、流血や焦げた人など洋画特有の直接的なグロシーンもあった為ホラー映画好きな私にとってダブルで楽しむことができました。

スティーブンキングが原作の作品はどこか意味のわからない恐怖や不安の要素があって好きなのですが、この映画はホラー要素をメインに押し出していてとても面白い作品であったと思います。
(20代男性)

見どころ

見どころを見る

一風変わったホラーというのは流石はスティーブンキングというところです。

大人の方々は自分が子供時代一番怖かったものがなんであったかを思い出しながら観るとより面白いとおもいます。

次作品が気になる終わり方も見どころです。
(20代男性)

ホラー映画ではあるのですが、個人的に思わず笑顔になってしまうところや笑ってしまう場面も多い映画だと思います。

子供達の会話や大人びた行動をして、それが逆に可愛らく見えたり、逆に思いっきり子供らしい行動もあり微笑ましいシーンがたくさんあります。
(30代女性)

不気味なピエロな出てくるホラー映画ですが、実際は、ホラー要素もあり、主人公たちの成長もありの沢山の要素が詰まった映画です。

最初のほうで恐くて見るのを止めてしまわずに、最後の謎解きの部分まで見てこそ面白さがわかります。
(20代女性)

この映画の見どころは、子供達の団結、そして成長を描いているところです。

もちろん、ホラー作品としても楽しめるのですが、それよりも子供達の冒険、そして青春を描いているのが、この映画の一番の見どころだと感じました。
(30代男性)

誰もが少年時代に抱えていた恐怖心みたいなものを、怪物の残酷さ、不気味さを織り交ぜつつも、爽やかで甘酸っぱい青春ドラマのテイストも取り入れられている点が面白いと感じました。

恐ろしさと懐かしさを同時に楽しむことができる映画です。
(30代男性)

ホラーが苦手な人でも見ることのできる映画だと思います。

ホラーというよりも人間の良い点や悪い点などをリアルに描いている冒険ストーリーだと思うので、誰でも楽しむことのできる、見入ってしまう映画だと思います。
(20代女性)

ホラー映画としての怖さも十分ありますが、個人的には少年少女達の冒険活劇としても面白かったです。

子供達が勇気を振り絞って怪物に立ち向かう、そんな冒険心をくすぐられるような映画になっているのでぜひ見てください!
(30代男性)

見どころは、仲間がさらわれた時の、みんなで一致団結して救い出すところ、そして、最後のペニーワイズとの戦いです。

忘れかけていた、懐かしい少年時代の青春の想いでを、思い出させてくれます。

ホラー映画初心者には、うってつけの作品だと思います。
(40代男性)

この映画の見どころの一つは、人物を丁寧に描くリアルさです。

ホラー映画は観る人を怖がらせようとするあまりに設定に無理があったり、逆に滑稽になってしまったりすることがあります。

ですが『IT』では、しっかりと人間が描かれています。

登場人物の心の弱さが描かれているのです。

この映画に出てくる大人はどこか病んでしまっています。

対して、本来弱い存在である少年たちは子どもだからこそ「それ」に狙われ、しかし子供だからこそ「それ」に立ち向かうことができます。

そして中盤から殺人ピエロは「理不尽に降りかかる不幸や恐怖」としてではなく、「立ち向かうべき敵」として描かれます。

ここに、単にホラー映画としてくくられるだけではない『IT』の魅力があるように思います。
(20代男性)

今では恐怖の象徴として、クラウンやピエロが映画に多く登場するようになった現在。

その中でも、抜群の存在感を誇り一度見ると夜な夜な暗闇を気にしてしまうくらいインパクトがあります。

ホラーが好きな方には、ペニーワイズが見せる数々の不気味さ・ビジュアル・耳から離れなくなる笑い声を是非堪能してほしいです。
(30代男性)

まとめ!映画「It/イット “それ”が見えたら、終わり。」の動画はU-NEXTで無料視聴しよう!

映画「It/イット “それ”が見えたら、終わり。」のフル動画を無料視聴する方法や、作品情報をご紹介しました。

U-NEXTを利用すれば、映画「It/イット “それ”が見えたら、終わり。」を無料で視聴することが可能です。

U-NEXTのメリット(特徴)

31日間の無料トライアル期間がある(解約はいつでも可能)
初回登録時に600ポイント、無料期間終了後には毎月1,200ポイントがもらえるので、新作映画や電子書籍などの有料コンテンツも楽しめる(1ポイント=1円)
毎月貰えるポイントは映画のチケット(しかも300円分お得なチケット)に交換可能
新作映画の配信が早い
ほとんどの作品のダウンロードが可能で、オフラインでどこでも楽しめる
一つの契約で4アカウントまで作れる(視聴履歴の共有はなし)
パソコン、スマホ、タブレットなどのマルチデバイス対応で、同時視聴も可能(4人まで)
再生速度の変更が可能
70誌以上の最新の人気雑誌が読み放題
42万冊以上の電子書籍があり、無料で読める漫画もたくさんある

U-NEXTは31日以内に解約すればお金は全くかかりません。

登録、解約手続きは簡単なのでこの機会にぜひお試しください。

U-NEXT公式ページを見てみる
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)