映画無料視聴

映画「ジョーカー」の動画(字幕と吹き替え)をフルで無料視聴する方法は?「バットマン」シリーズの最強悪役の誕生物語!

ここでは、映画「ジョーカー」のフル動画(字幕と吹き替え)を無料で視聴できるサービスについてお伝えしていきます。

結論から言いますと、動画配信サービスであるU-NEXTを利用すれば、一切お金をかけることなく視聴ができます。

※U-NEXTでは、ジョーカーが登場する「バットマン・ビギンズ」「ダークナイト」「ダークナイト ライジング」も見放題配信中!

登録後31日間は無料トライアル期間となっていて、解約はいつでも簡単にできます。

いますぐU-NEXTで無料視聴する方はこちら
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

映画「ジョーカー」動画の無料視聴方法!おすすめは断然U-NEXT

まず、主要な動画配信サービスでの映画「ジョーカー」の配信状況をチェックしてみましょう。
(○=今すぐ無料視聴が可能、△=配信されているが有料、×=未配信)

U-NEXT
Hulu
Amazonプライム
dTV
FODプレミアム
ビデオパス
ビデオマーケット

いくつかのサービスで配信されていますが、最もおすすめなのが、業界大手のU-NEXTです。

大きな理由は以下の通りです。

・映画「ジョーカー」が今すぐ無料で視聴可能
・バットマンシリーズ3部作が見放題
・登録、解約手続きが比較的簡単にできる
・作品配信数が圧倒的

・無料トライアル期間が長い

U-NEXTには見放題作品とレンタル作品がありますが、レンタル作品であっても初回登録時にもらえる600ポイントを使用してすぐに無料視聴ができます

ちなみに映画「ジョーカー」はレンタル作品(視聴するのに550ポイントが必要)なので、初回登録時にもらえるポイントを使用しての視聴となります。

もちろん視聴時には、字幕と吹き替えの選択が可能です。

U-NEXTでは、ジョーカーが登場するバットマンシリーズ3部作「バットマン・ビギンズ(2005年)」「ダークナイト(2008年)」「ダークナイト ライジング(2012年)」も見放題で配信されていますので、一緒に見れば楽しさ倍増です。(※3部作のストーリーは繋がっています)

現在31日間の無料トライアルを実施していますので、全くお金をかけることなく、映画「ジョーカー」の視聴が可能です。

 

U-NEXTの動画配信数は17万本と国内最大級で、映画はもちろんドラマ、アニメ、音楽、バラエティなど作品の充実度は群を抜いています。

新作から旧作まで多数の映画を配信中

登録や解約手続きは他サービスに比べて簡単なので、ぜひお試しください。

U-NEXT公式ページを見てみる
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

U-NEXTのメリットが凄い!映画好きには特にオススメ!

さらにU-NEXTは、他のサービスと比較して下記のようにメリット(特徴)がたくさんあります。

U-NEXTのメリット(特徴)

[jin_icon_check_circle color=”#e9546b” size=”18px”]31日間の無料トライアル期間がある(解約はいつでも可能)
[jin_icon_check_circle color=”#e9546b” size=”18px”]初回登録時に600ポイント、無料期間終了後には毎月1,200ポイントがもらえるので、新作映画や電子書籍などの有料コンテンツも楽しめる(1ポイント=1円)
[jin_icon_check_circle color=”#e9546b” size=”18px”]毎月貰えるポイントは映画のチケット(しかも300円分お得なチケット)に交換可能
[jin_icon_check_circle color=”#e9546b” size=”18px”]新作映画の配信が早い
[jin_icon_check_circle color=”#e9546b” size=”18px”]ほとんどの作品のダウンロードが可能で、オフラインでどこでも楽しめる
[jin_icon_check_circle color=”#e9546b” size=”18px”]一つの契約で4アカウントまで作れる(視聴履歴の共有はなし)
[jin_icon_check_circle color=”#e9546b” size=”18px”]パソコン、スマホ、タブレットなどのマルチデバイス対応で、同時視聴も可能(4人まで)
[jin_icon_check_circle color=”#e9546b” size=”18px”]再生速度の変更が可能
[jin_icon_check_circle color=”#e9546b” size=”18px”]70誌以上の最新の人気雑誌が読み放題
[jin_icon_check_circle color=”#e9546b” size=”18px”]42万冊以上の電子書籍があり、無料で読める漫画もたくさんある

このようにU-NEXTは映画好きにはたまらないメリットが盛り沢山です。

デメリットは無料期間終了後の月額料金が1990円(税抜)とやや高めなことくらいです。

といっても毎月1,200円分のポイントがもらえますし、その前に無料期間内(登録から31日以内)に解約してしまえば料金は一切かかりません。

登録・解約手続きはとても簡単ですし、映画「ジョーカー」を無料で視聴するならU-NEXTが一番オススメです。

違法アップロードされているサイトでの視聴は、ウイルス感染や個人情報流出の危険がありますので、公式サービスであるU-NEXTで安全に視聴することをおすすめします。

参照:「著作権法の一部を改正する法律について」(文化庁)

参照:「著作物を無断で使うと?」(公益社団法人著作権情報センター)

参照:「テレビ番組の違法配信に関わる法制度について」(日本民間放送連盟)

U-NEXT公式ページを見てみる
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

※記事内容は2020年1月29日時点の情報です。配信状況など詳細は公式サイトにてご確認ください。

映画「ジョーカー」作品情報

概要

『ジョーカー』(原題:Joker)は、2019年のアメリカ合衆国のスリラー映画。 監督はトッド・フィリップス、出演はホアキン・フェニックス、ロバート・デ・ニーロなど。

DCコミックス『バットマン』に登場する最強の悪役(スーパーヴィラン)ジョーカーが誕生する経緯を描く。ホアキン・フェニックスがジョーカーを演じる。第76回ヴェネツィア国際映画祭で最優秀作品賞にあたる金獅子賞を受賞した。R15+指定。

ロケ地となったニューヨーク・ブロンクス地区にある階段が観光名所になった。

参照:ジョーカーウィキペディア

あらすじ

「どんな時も笑顔で人々を楽しませなさい」という母の言葉を胸に、ピエロの大道芸をしながらコメディアンを夢見る心優しいアーサー。彼は同じアパートに住むソフィーに好意を抱きながら、笑いのある人生は素晴らしいと信じ、どん底から抜け出そうとするが…。

主なキャスト

(アーサー・フレック)ホアキン・フェニックス
(マレー・フランクリン)ロバート・デ・ニーロ
(ソフィー・デュモンド)ザジー・ビーツ
(ペニー・フレック)フランセス・コンロイ
マーク・マロン
ビル・キャンプ
(ランドル)グレン・フレシュラー
シェー・ウィガム
(トーマス・ウェイン)ブレット・カレン
(アルフレッド・ペニーワース)ダグラス・ホッジ

主なスタッフ

監督:トッド・フィリップス
音楽:ヒルドゥル・グーナドッティル
脚本:トッド・フィリップス、スコット・シルヴァー
製作:トッド・フィリップス、ブラッドリー・クーパー、エマ・ティリンジャー・コスコフ

U-NEXT公式ページを見てみる
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

視聴者の声(ネタバレあり)

見どころ

見どころを見る

(20代男性)
社会派映画が好きな方には断然お勧めできます。

私のように『バットマン』をご存じでない方でも問題なく楽しめますよ!

主人公がどうして闇に落ちたのか。映画の中に描かれる社会問題と絡めて考察する楽しさがあると思います!

(30代男性)
見どころは、アーサーを演じたホアキン・フェニックスの狂気に満ちた演技です。

本当にホアキンが障害を抱えながらも精一杯夢に向かって希望を忘れずに生きているようにみえました。

ホアキンは今まで多くの映画に出演してきました。

ですがこれは完全にホアキンではなくジョーカーになる前のアーサーという人物そのもの、という印象を受けました。

今までも多くの俳優がジョーカーを演じてきましたが、それぞれが個性を出しつつ、それでもジョーカーという悪のカリスマに統一感を持たせ映画は成立しています。

演技か狂気か、観る前には「これから演技を観るんだ」という心構えで観てほしいです。

そうでないと、狂気に飲まれてしまうので注意してください。

それぐらいホアキンの演技は演技を超えています。

(10代男性)
この映画の見所は、もともと少し変ではありますが普通の一般市民として生きる一人の人間が周りの環境やなにかのきっかけによりまるで別人のように変貌していく様がとても鮮明に描かれています。

見ているときに面白いのはもちろん見終わったあとにも色々考えさせられる映画です。

(50代女性)
この作品の見どころは、アーサーがなぜジョーカーにならないといけなかったからです。

ジョーカーになるしかなかったアーサーの真実もこの作品を見ると分かって来ます。

心優しいアーサーが狂気の人になってしまった理由が、分かって行きアメリカの闇が分かって来ます。

(20代女性)
この映画はとても深い内容でいろいろと考えさせられる映画です。

ジョーカーがなぜこのような行動に挑むことになったのか、主人公の心境の変化に重視してみてみると凄く刺激の受けられる映画だと思います。

少し内容は難しいかもしれないですが行動一つとっても無駄なことが何一つない映画なのでとても見ごたえがあると思います。

(20代女性)
観ると落ち込むと思います。

でも、その落ち込みを大切にしてみてください。

観る時間は難しいですが、夜の方がより感傷に浸れると思います。

不安な方はお昼に観に行ってみてください。

怖いですが、ところどころで感じるおしゃれな表現とのバランスが絶妙なので、ぜひご覧いただきたいです。

(30代女性)
暗い描写が多いのですがだからこそとても心に響く内容で、人としての生き方を考えさせられます。

現代社会の闇にも通ずる問題として、自分がジョーカーにならない為に、またジョーカーのような人間を作り出さない為にできることは何だろうと問題提起をしてくれるような作品でした。

(20代男性)
誰もが体感した事のある人間性を持つアーサーですが、そのアーサーが誰もが体感した事のない世界に仕上げる展開は圧巻の一言でどこまで「ジョーク」でどこまで「真実」か分からないという所が見どころです。

主人公のアーサーは完全に「JOKER」になったのか。
それとも社会の「切り札」になったのか。

それを判断するのはこの映画を観た人が判断するべきだと思います。

(30代女性)
正義と悪とは何か?という事を考えさせられてしまいました。

誰かにとっての正義は、誰かにとっての悪であり、それを咎めることは誰にもできないと感じました。

ジョーカーは簡単に人を殺してしまう凶悪な殺人鬼ですが、なぜかどこか同情してしまったり、共感してしまう一面もあり、自分の心の中の感情が掻き回される作品です。

(20代女性)
「JOKER」の見どころは、社会的にも人間的にも弱者で、精神の均衡が危うい状態の主人公アーサーが、どんどん社会の理不尽や自分の生い立ちの不条理さにさらされて悪の道へ進むべくして進むというシナリオです。

物語の終盤には、まるでJOKERは彼のために存在する概念のように感じてしまう所がゾッとしました。

この映画を観た色んな人が「誰もがなり得る」と考察していますが、私としてはあの存在は彼にしかいき付くことのできない境地だと感じました。

誰もが共感できる不快要素をシナリオに織り交ぜていき、変な一体感を与える演出を施した結果、観客は「自分にも当てはまる」と錯覚してしまう、そんな怖さのある映画であると思います。

感想

感想を見る

(20代男性)
『バットマン』すらまともに見たことがない自分ですが、映画好きの友人(それも複数!)から『ジョーカー』が面白いとお勧めされたので、今回見ることにしました。

主人公のアーサーが暮らしているゴッサムシティはとても貧しくてゴミに溢れていると描写されています。

そんなシーンが最初に見た時には、「この主人公がこれからどうやって噂の殺人鬼になるのだろう?」と素直に疑問を持ちました。

しかし、そんな疑問が変わってくるシーンがありました。

彼は精神疾患を抑えるための薬を処方されていたのですが、なんとゴッサムシティは福祉予算を削る方針を打ち立て、彼は薬の処方を止められます。

このあたりからアーサーの様子がおかしくなり始めます。

ひょんなことから手に入れた拳銃、彼の限界に達した心、そしてその爆発を誘発させる出来事。

これらが重なり、彼はついに拳銃で人殺めてしまうのです。

正直『バットマン』すら知らない私は展開に驚いてしまいました。

(30代男性)
バットマンのジョーカーと聞くと極悪非道で、大罪人でありつつ悪のカリスマのイメージが私にとっては強いです。

正義を貫くバットマンを残虐な手口で追いつめてゆく悪の塊。

ですがこの映画「ジョーカー」ではアーサーという男が大悪党になる前の姿を事細かに描いています。

この映画を観た後は、とてもやるせない思いになりました。

なぜならこの映画は現代、問題視されていることの縮図を一人の男が背負わされてしまっているからです。

母親の介護、先天的な障害、それらを軽減するはずの福祉サービスの打ち切りや、貧困といった多くの問題を主人公はあたりまえのように抱えています。

そのような生活を送りながらも誰かを笑顔にしたい、その一心でコメディアンを目指しますが多くの人に裏切られます。

次第に人間不信になっていき、その上自分の記憶でさえも自身で書き換えてしまっていることに気付きアーサーの人生、人格は変わっていきます。

なぜやるせなくなってしまったかというと、どんなにより善く生きようとしても人は環境によって大きく変わってしまうと感じたからです。

主人公が抱える問題が一つでも当てはまれば、人生は辛いものになります。

ですがこの映画ではそれが二重苦、三重苦さらに辛いものとなっていきます。

ましてや相談する相手もおらず、逃げ場と救いは空想世界だけです。

ジョーカーはまぎれもない悪人で同情する余地もありませんが、アーサーにはどことなく同情してしまうように観ていて感じました。

(10代男性)
見る人によってその映画の解釈が全然違うところがこの映画の一番面白いところだと思います。

作中の終盤で市民がジョーカーに賛同しピエロの仮面をかぶって暴動を行うというシーンが有るのですが、私はこのシーンあたりからはジョーカーの妄想であり、その話を一番最後のシーンで取り調べを受けている人に話しているというオチであると考えたのですが、一緒に見に行った友人は全て実際に起こったことであり最後のシーンは警察に捕まっていると考えていました。

このように見る人によって解釈が全く違うというというところがこの映画の楽しみ方の一つかなと思います。

また最初は少し病気を持った優しい普通の人であったのに周りの環境などにより、ある一つのきっかけによりまるで別人のように殺人鬼へと化してしまいます。

これほど極端ではないかもしれませんが現実の私達の周りにも起こりうることなのではないのかと思います。

この映画は見て面白かっただけで終わるような映画ではなく。見たあとにその映画についてよく考えることで一つの映画として成り立つとても深い映画だと思います。

(50代女性)
アーサーという一人の人間が、地下鉄でのいざこざがきっかけで人を殺してそのことでスイッチが入ってしまい、狂っていってしな所が印象的でした。

誰でもアーサーのような辛い境遇に落ちてしまうと、狂ってしまうおそれがあるのではないかとこの作品は感じさせてくれました。

アメリカという国は、自由の国でありながら不平等な社会であることが強く感じられます。

もし、アーサーのような立場に置かれたら誰もがまともな精神状態ではいられない気がします。

この作品では、アーサーがその後どうなったかをはっきりさせておらず見る人の想像に任せている部分があります。

私は、アーサーの全てが妄想だったと解釈しました。

いろいろな解釈できる映画だからこそラストがどうなのかは、見る人によって解釈が変わって来ます。

自分なりのラストを考えることが出来るのもこの映画の面白さだと思います。

見た人によって自分なりの解釈できるこの作品はアメリカという社会を深く描いていました。

(20代女性)
最初は少し障害があっても自分の夢をかなえようと必死になって頑張る姿、母親を支えながら頑張って生きていく姿がとても印象に残っています。

でも、ほかの人はがっつり偏見の目で見たり、障がい者だからと決めつけたり、そういった世間の目が彼の性格を少しづつ変えたんじゃないかななどと深く考えさせられる映画でした。

もし自分がジョーカーの立場だったらと考えると世間の目はとても冷たいもので悔しい、悲しい思いを何度もすると思います。

だから自分の味方が出来た時にその行為に依存してしまうんじゃないかなと考えさせられました。

面白かった点は映画の構成がとてもよかったです。

あのような少し難しく深い内容のものを2時間でまとめるということは凄い大変だと思いますが、ジョーカーの行動一つひとつに無駄がなくとても流れのいいストーリー構成だったと思います。

ジョーカーの心境に少しづつ変化がみられる様子がとても印象に残っています。

この役のために痩せたとインタビューで見たので役に対する真剣さが演技の中からも感じられました。

(20代女性)
ジョーカーというひとりの人間の人生を観ているのですが、他人事とは思えず、共感とはまた違う感情で、人間は「誰しもがジョーカーになりうる要素を持っている」と感じました。

映画の中の圧倒的な悪役も見方を変えれば誰かのヒーローになることもあり、複雑な気持ちになりました。

要介護の母と二人暮らしのため家が貧しく、自身も精神的ストレスによる病を患っていて辛い境遇なのですが、一方で、白人だからこれまで生きてこれていて、これがもし黒人だったら、とうの昔に死んでいるという声もあり、暗にそういった人種差別問題も含んでいるところに考えさせられました。

また、バイオレンスで目を覆いたくなる表現がいくつかあり、ショックでした。

しかし、反対におしゃれで今時っぽいグラフィックやミュージックを使用していて、演出が魅力的でした。

個人的に感じたこととしてはストーリーは始めから、既にジョーカーという人間がほぼ形成されている時代からのスタートだったので、なぜこのようになってしまったかというのをもっと根本から見はことに興味を持ちました。

(30代女性)
1人の人間が負の連鎖を断ち切ることができずにどんどん悪の道に流れていき”ジョーカー”となってしまうのですが、作中に現れる人物達はほぼ全員自分のことしか考えておらず、人に対する優しさや思いやりというものが欠けるとこういう社会ができあがっていくんだろうなと感じました。

ジョーカーの生い立ちや境遇は確かに辛いものですが、だからといって人から受けた悪意のエネルギーを悪意として他者にバラまくのではなく優しさに変えて人に与えることができる心の強ささえあればジョーカーの人生はまた全く違うものになっていたんだろうなと、あらゆる方向からとても考えさせられる内容でした。

自分がジョーカーの立場だったら、あるいは彼の周りの人の立場だったら、逆の状況に持っていくにはどういった行動ができただろうと考えました。

暗くディープな描写が多い映画ですが、心に刺さる深い内容だったと思います。

ジョーカー役のホアキンフェニックスの演技がとてもハマっていて、暗さや闇を見事に表現されていて素晴らしいです。

(20代男性)
今作では原作はアメコミなのですが思いっきり社会派映画であり映画界の切り札になったとも言える作品だと個人的に思います。

主人公のアーサーは売れないコメディアンで病を患っている母親の看病をしますがそれでも冴えない日々の繰り返しという部分では現代社会で誰にでも1つは当てはまる作風や設定になっていることからこの映画は共感性が高い作品になっていると思います。

劇中ではアーサーがバーの所で他人のコメディアンを見てネタの勉強をしている時にみんなが笑っている時に笑わずシーンとなっている時にアーサーが1人爆笑しているシーンはなんとも胸が苦しくどこか悲しい感情になった人が多いと思いました。

そしてアーサーが悪ガキから看板を奪われた挙句暴行されたのに関わらず自分のせいになったので社長から減棒処分になった時にゴミ広場で冷蔵庫をただひたすらに蹴り続けるシーンも何とも見事でした。

映画「タクシードライバー」などで観られる社会に不満を持ち自分自身が社会の転覆の切り札になると同じで終盤は圧倒的な展開の数々でアーサーが完全に「JOKER」になる所が人間らしく狂気的で終始80年代のコメディチックに仕上げている所も良かったです。

(30代女性)
まず、私はジョーカーについて全く無知の状態での鑑賞でした。

アクション映画的なイメージを勝手に思い浮かべていたのですが、アクションの要素はあまりなく、それでいて退屈も一切しないような素晴らしい内容でした。

格差社会の闇の中、主人公自身が心の病にかかりながらもなけなしのピエロの職を全うし、貧困の中で母親の介護を甲斐甲斐しくし続けている姿はとても切ないものがあり、心を動かされました。

そんな暗い人生の中で、唯一の希望であるコメディアンになる夢を追いかけ続け心の支えにして生きていくも、周りの冷たい視線に傷つき、職も失い、母親すらも本当の母親ではないという事実が発覚し、全てを失った主人公に悲しみや怒りという感情が生まれジョーカーとして覚醒していくのですが、
主演のフォアキン・フェニックスが悲しみや怒りを笑って表現する演技には、恐ろしいほどの狂気を感じました。

ジョーカーとして覚醒し、怖いものなど何も無くなった完全無敵の状況から、ピエロの姿の殺人鬼として街中の貧困層達のスターになっていく様は、見ていて沢山の感情に襲われました。

恐怖、悲しみ、怒り、感情の渦に飲み込まれ、劇場を出る頃には少し気分が落ち込みましたが、なぜか心の奥はスッキリしていました。

そんな感情に気づき、自分の中にもジョーカーのような狂気が潜んでいるのかもしれない、と少しだけ怖くなりながらも劇場を後にした。

(20代女性)
「JOKER」はDCコミック「バッドマン」の悪役、JOKERがどのようにして生まれたのか、というあおり文で公開された映画でしたが、観た感想としては、JOKERという存在をうまく利用して観客に親しみやすさを与えた上で、1人の孤独な男の半生を恐ろしく描いた作品だと思いました。

映画表現として、物語の序盤、中盤あたりまで主人公アーサーの境遇や周囲からの扱いが酷すぎるので、見ている側としては同情し、何とか助かってほしいという思いを掻き立てられました。

物語の終盤で豹変するアーサーに、当然恐ろしさを感じましたが、序盤、中盤とで感じた「同情」と「助けたい」という思いのせいで、豹変しつつも高らかに楽しそうに笑うアーサーに対して、これで良かったと、ハッピーエンドのように安堵を感じてしまうところが、この映画のとても奇妙で怖いと感じる部分だなと思いました。

「タクシードライバー」「キングオブコメディ」をオマージュされて作られたということで、この2作品を観てからJOKERを観ると既視感を得られてまた違った視点で観れ、面白いと思います。

まとめ!映画「ジョーカー」の動画はU-NEXTで無料視聴しよう!

映画「ジョーカー」のフル動画を無料視聴する方法や、作品情報をご紹介しました。

U-NEXTを利用すれば、映画「ジョーカー」を無料で視聴することが可能です。

バットマンシリーズ3部作「バットマン・ビギンズ」「ダークナイト」「ダークナイト ライジング」も見放題で配信されていますので、とてもおすすめです。

U-NEXTのメリット(特徴)

[jin_icon_check_circle color=”#e9546b” size=”18px”]31日間の無料トライアル期間がある(解約はいつでも可能)
[jin_icon_check_circle color=”#e9546b” size=”18px”]初回登録時に600ポイント、無料期間終了後には毎月1,200ポイントがもらえるので、新作映画や電子書籍などの有料コンテンツも楽しめる(1ポイント=1円)
[jin_icon_check_circle color=”#e9546b” size=”18px”]毎月貰えるポイントは映画のチケット(しかも300円分お得なチケット)に交換可能
[jin_icon_check_circle color=”#e9546b” size=”18px”]新作映画の配信が早い
[jin_icon_check_circle color=”#e9546b” size=”18px”]ほとんどの作品のダウンロードが可能で、オフラインでどこでも楽しめる
[jin_icon_check_circle color=”#e9546b” size=”18px”]一つの契約で4アカウントまで作れる(視聴履歴の共有はなし)
[jin_icon_check_circle color=”#e9546b” size=”18px”]パソコン、スマホ、タブレットなどのマルチデバイス対応で、同時視聴も可能(4人まで)
[jin_icon_check_circle color=”#e9546b” size=”18px”]再生速度の変更が可能
[jin_icon_check_circle color=”#e9546b” size=”18px”]70誌以上の最新の人気雑誌が読み放題
[jin_icon_check_circle color=”#e9546b” size=”18px”]42万冊以上の電子書籍があり、無料で読める漫画もたくさんある

U-NEXTは31日以内に解約すればお金は全くかかりません。

登録、解約手続きは簡単なのでこの機会にぜひお試しください。

U-NEXT公式ページを見てみる
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

◆映画を無料で視聴する方法(作品名あいうえお順)