映画あらすじ見どころ(ネタバレなし)

映画【家族を想うとき】あらすじキャスト見どころ!イギリスの巨匠による現代社会の問題を浮き彫りにした話題作。

現代社会が抱える労働問題をテーマにしたイギリスの巨匠ケン・ローチ監督の最新作が2019年12月13日に公開となります。

第72回カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品作品が満を持してついに日本で上演となります。

あらすじ、キャストなど作品情報をはじめ、見どころ紹介記事です。ネタバレはありません!
この記事のURLをコピーする


スポンサーリンク


映画【家族を想うとき】作品概要

(C)Sixteen SWMY Limited, Why Not Productions, Les Films du Fleuve, British Broadcasting Corporation, France 2 Cinéma and The British Film Institute 2019

公開日(日本):2019年12月13日

上映時間:100分

原題:Sorry We Missed You

監督:ケン・ローチ

製作:レベッカ・オブライエン

作品概要

本作はケン・ローチ監督の現代社会で変わってきている人々の働き方と、それに影響される家族の姿を描いたヒューマンドラマです。

監督はこれまで労働者階級・移民・貧困など現代の社会問題に焦点を当て、多くの作品を製作しパルムドール賞他多くの賞で評価されています。

主演はクリス・ヒッチェンズ、他映画初出演となるデビー・ハニーウッドやリス・ストーン、ケイティ・プロクターが家族を演じます。

予告動画

映画【家族を想うとき】あらすじ(ネタバレなし)

(C)Sixteen SWMY Limited, Why Not Productions, Les Films du Fleuve, British Broadcasting Corporation, France 2 Cinéma and The British Film Institute 2019

イギリス、ニューカッスルに暮らしているターナー家族。

父親のリッキーはマイホームを持つという夢があり、フランチャイズの宅配ドライバーとして独立を決意する。

本部のマロニーに「勝つのも負けるのもすべて自分次第。できるか?」と聞かれ、できると答えたものの、不安は隠しきれない。

母親であるアビーは介護福祉士のパートという仕事を持ち、一日中働いている。

しかしリッキーの配送業のフランチャイズの仕事を始めるにあたり資本金が必要で、アビーの車を売ってその資金を作るしかなかった。

遠く離れた顧客のもとへ行かないといけないアビーにとって車は必需品であったが、夫婦の夢のマイホームのためにというリッキーの言葉に車を手放す他なかった。

介護先へバスで通わないといけなくなったアビーは、今までより長くかかる移動時間のせいでますます家にいる時間が少なくなる。

まだ16歳の息子と12歳の娘ともコミュニケーションをとる時間が無くなり、留守電で一方的に話しかけるのみ。

家族を幸せにするはずの仕事が、家族の時間を奪っていき、子どもたちは次第に不満を募らせる。

そんなある日、リッキーがとある事件に巻き込まれてしまうが・・・。



スポンサーリンク


映画【家族を想うとき】作品解説

(C)Sixteen SWMY Limited, Why Not Productions, Les Films du Fleuve, British Broadcasting Corporation, France 2 Cinéma and The British Film Institute 2019

ケン・ローチ監督と言えばイギリス映画の巨匠であり、「リフ・ラフ」、「麦の穂をゆらす風」「わたしは、ダニエル・ブレイク」などの、社会問題に焦点をあてた名作を多く世に送り出してきました。

実は監督は前作「わたしは、ダニエル・ブレイク」を最後に映画界からの引退を表明していました。

しかし、イギリスや世界中で広がり続ける格差社会や貧困の現実が依然として問題としてあること、さらに新自由経済が持ち込まれてから労働者を守る仕組みが破綻し、理不尽なシステムの中働かせられる労働者という問題に対しどうしても伝えたい物語がある、と引退を撤回、本作が作られるに至りました。

監督はこの映画を制作するにあたり、実際の宅配ドライバーや介護福祉士の方への取材等を自ら行い、リアリティを追求したと言います。

また、第71回カンヌ国際映画祭において、最高賞であるパルム・ドールを受賞した「万引き家族」の監督である是枝監督は最も尊敬する監督はケン・ローチ監督だと語り、NHKの番組「クローズアップ現代+」では対談を行っています。

原題の問題として、社会の片隅で貧困に困る家族を作品を通じて社会に訴えかけるなど共通のテーマを描いてきた両監督はともに、社会に押しつぶされそうな人々の「声なき声」をどう世の中に伝えるのか、弱者たちが置かれた現実をどう社会に伝えるのか、が映画監督としての仕事であると語っています。



スポンサーリンク


キャスト紹介

キャスト

クリス・ヒッチェン (リッキー)…ターナー家の父親。フランチャイズの配送業者として独立を決意する。

デビー・ハニーウッド (アビー)…ターナー家の母親。介護福祉士のパートとして夫を支える。

リス・ストーン(セブ)…ターナー家の長男。両親がいない寂しさから次第に不満を募らせる。

ケイティ・プロクター(ライザ)…ターナー家の長女。

解説

ケン・ローチ監督は映画を作るにあたり俳優の自然な演技を引き出し、よりリアルな状態を伝えることを重視しているといい、有名俳優の起用はあまり行わず、新しい才能を好む傾向にあるといいます。

本映画でもベテランで有名どころの俳優ではなく、オーディションによってキャストを起用しています。

主人公リッキー役を演じるのはイギリス出身のクリス・ヒッチェンです。

20年間配管工で働いていた経歴を持ち、40歳を過ぎてから演技の道へと進んだそうです。

この映画のあとにもイギリスのTVシリーズ「The Barking Murders」へのレギュラー出演が決まっているようです。

母、アビー役はデビー・ハニーウッドが演じます。

イギリス出身の女優のようですが、今まで映画の出演はなく、TVシリーズで小さな役を演じたのみとのことです。

主役級の仕事を本作で初めて演じるとのことですが、デビーの演じるリアルな母親像に期待が高まります。

見どころ紹介&こんな人におすすめ

(C)Sixteen SWMY Limited, Why Not Productions, Les Films du Fleuve, British Broadcasting Corporation, France 2 Cinéma and The British Film Institute 2019

一昔前と違い、経営者が労働者を雇い経営者のもと給与をもらって働くという働き方のみならず、フランチャイズとして個人事業主となるという働き方が台頭してきています。

自らがオーナーになり、稼いだ分だけ自らが儲かるという一見素晴らしい制度のように見えますが実態は異なり、労働者を守る仕組みもなく、奴隷のように働かされ結果家族との時間を失っていくという事態が起こっています。

日本でも契約時には利点のみ聞かされ、実際に働いてみると現状は大きく異なっており、平等な経済の在り方ではないことから大きな問題として取り上げられています。

「家族のために働いている」はずが、「家族を壊していく」という現状に監督は怒りを覚え、再びメガホンを取りました。

「自己責任」と切り捨てられてしまえばそれまでですが、そのような社会の在り方で良いはずはないと、監督は私たちに大きく呼びかけています。

監督が引退を撤回してまで伝えたかった現代社会の問題、そしてそれに負けない家族の姿がこの映画の見どころであると言えます。

普段の生活が安定していてこのような問題に直面しないような方に、そしてこれから社会にでて働くことを選択しこれからの社会を担っていく若い世代の方々に是非観ていただきたい作品です。

まとめ

以上が「家族を想うとき」のあらすじと見どころになります。

「カンヌ国際映画祭」他「第67回サン・セバスティアン国際映画祭 Perlak部門出品」「第44回トロント国際映画祭に出品」など多くの映画祭に出品され、また日本でも文部科学省も教育映像等審査制度にてこの映画を少年向き映画と選定しています。

この映画を観ることで監督が感じている社会への問題を知り、それが今後の社会や働き方を変えていくきっかけとなりうる映画です。

試写会も行われるみたいなので興味のある方は是非チェックしてみてください。

この記事のURLをコピーする


スポンサーリンク