映画無料視聴

るろうに剣心の映画(動画)をフルで無料視聴する方法はこちら!京都大火編、伝説の最期編も

ここではるろうに剣心の映画(フル動画)を無料で視聴できるサービスについてお伝えしていきます。

結論から言いますと、U-NEXTという動画配信サービスを利用すれば、るろうに剣心の映画3作品(「るろうに剣心」「るろうに剣心 京都大火編」「るろうに剣心 伝説の最期編」)の中から一つ無料で視聴ができます。

登録後31日間は無料トライアル期間となっていて、解約はいつでも簡単にできます。

いますぐU-NEXTで無料視聴する方はこちら
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

るろうに剣心の映画(動画)の無料視聴方法!おすすめは断然U-NEXT

まず、主要な動画配信サービスでの、るろうに剣心の映画の配信状況をチェックしてみましょう。
(○=今すぐ無料視聴が可能、△=配信されているが有料、×=未配信)

U-NEXT
Hulu
Amazonプライム
dTV
TSUTAYA TV
FODプレミアム
ビデオパス
ビデオマーケット

いくつかのサービスで配信されていますが、最もおすすめなのが、唯一無料視聴ができるU-NEXTです。

大きな理由は以下の通りです。

・るろうに剣心の映画が3作品とも配信中
・今すぐ無料で1作品分視聴可能
・アニメが見放題、原作漫画も配信中

・登録、解約手続きが比較的簡単にできる
・作品配信数が圧倒的

・無料トライアル期間が長い

U-NEXTには見放題作品とレンタル作品がありますが、レンタル作品であっても初回登録時にもらえる600ポイントを使用してすぐに1作品分無料視聴ができます

ちなみに、るろうに剣心の映画は「るろうに剣心」「るろうに剣心 京都大火編」「るろうに剣心 伝説の最期編」3作品ともレンタル作品となっていて、1作品あたり432ポイントの使用で見られるようになっています。

またU-NEXTに登録すると、アニメ版「るろうに剣心」がすべて見放題で視聴可能になります。

U-NEXTで見放題のるろうに剣心アニメ

・るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-
・るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-維新志士への鎮魂歌
・るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-星霜編
・るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-追憶編
・るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-新京都編

現在31日間の無料トライアルを実施していますので、全くお金をかけることなく、サービスが利用できます。

U-NEXTの動画配信数は16万本と国内最大級で、映画はもちろんドラマ、アニメ、音楽、バラエティなど作品の充実度は群を抜いています。

新作から旧作まで多数の映画を配信中

登録や解約手続きは他サービスに比べて簡単なので、ぜひお試しください。

U-NEXT公式ページを見てみる
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

U-NEXTのメリットが凄い!映画好きには特にオススメ!

さらにU-NEXTは、他のサービスと比較して下記のようにメリット(特徴)がたくさんあります。

U-NEXTのメリット(特徴)

31日間の無料トライアル期間がある(解約はいつでも可能)
初回登録時に600ポイント、無料期間終了後には毎月1,200ポイントがもらえるので、新作映画や電子書籍などの有料コンテンツも楽しめる(1ポイント=1円)
毎月貰えるポイントは映画のチケット(しかも300円分お得なチケット)に交換可能
新作映画の配信が早い
ほとんどの作品のダウンロードが可能で、オフラインでどこでも楽しめる
パソコン、スマホ、タブレットなどのマルチデバイス対応で、同時視聴も可能(4人まで)
再生速度の変更が可能
70誌以上の最新の人気雑誌が読み放題
42万冊以上の電子書籍があり、無料で読める漫画もたくさんある

このようにU-NEXTは映画好きにはたまらないメリットが盛り沢山です。

デメリットは無料期間終了後の月額料金が1990円(税抜)とやや高めなことくらいです。

といっても毎月1,200円分のポイントがもらえますし、その前に無料期間内(登録から31日以内)に解約してしまえば料金は一切かかりません。

登録・解約手続きはとても簡単ですし、るろうに剣心の映画を無料で視聴するならU-NEXTが一番オススメです。

違法アップロードされているサイトでの視聴は、ウイルス感染や個人情報流出の危険がありますので、公式サービスであるU-NEXTで安全に視聴することをおすすめします。

U-NEXT公式ページを見てみる
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

※2019年10月時点の情報です。配信状況など詳細は公式サイトにてご確認ください。

るろうに剣心の映画!作品情報

映画「るろうに剣心」

あらすじ

幕末に名を馳せた暗殺者“人斬り抜刀斎”。明治になって10年、緋村剣心と名を変えた彼は、斬れない“逆刃刀”を携えて人助けをしながら流浪の旅を続けていた。そんな中、女剣士・薫を救った彼は、ニセ抜刀斎を用心棒に抱える実業家の陰謀に巻き込まれる。

主なキャスト

・(緋村剣心)佐藤健
・(神谷薫)武井咲
・(鵜堂刃衛)吉川晃司
・(高荷恵)蒼井優
・(相楽左之助)青木崇高
・(外印)綾野剛
・(戌亥番神)須藤元気
・(明神弥彦)田中偉登
・(浦村署長)斎藤洋介
・(関原妙)平田薫

映画るろうに剣心「京都大火編」「伝説の最期編」

あらすじ

【京都大火編】不殺を誓った剣豪・緋村剣心は平穏な日々を過ごしていたが、ある日、政府から日本転覆を企む志々雄真実の討伐を依頼され、彼らが拠点を置く京都へと旅立つことに。しかし、元御庭番衆・四乃森蒼紫が、自らの腕前を証明しようと剣心の行く手を阻み…。

【伝説の最期編】岸へ打ち上げられた剣心は、師匠の比古清十郎に拾われ、奥義の伝授を願う。一方、剣心が生きていると知った志々雄は、彼を人斬り時代の暗殺罪で公開打ち首にするよう政府に迫る。奥義を会得した剣心は東京へ向かうが、行く手に蒼紫が立ちはだかり…。

主なキャスト

(緋村剣心)佐藤健
(神谷薫)武井咲
(四乃森蒼紫)伊勢谷友介
(相楽左之助)青木崇高
(高荷恵)蒼井優
(瀬田宗次郎)神木隆之介
(斎藤一)江口洋介
(志々雄真実)藤原竜也
(大久保利通)宮沢和史
ほか

U-NEXT公式ページを見てみる
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

視聴者の声

感想

(映画「るろうに剣心」2012年)
週刊少年ジャンプに連載されていた「るろうに剣心」を実写映画化した作品の1作目です。マンガ原作の実写映画は近年数多く製作されており、原作のイメージとかけ離れてしまって映画を見た観客からネットなどで酷評されるものもたくさんありますが、この映画は違います。

まず緋村剣心役の佐藤健さんが、原作のイメージ通りなんです。

佐藤健さんをイメージして原作を書いたのではないかと思うほどです。

そしてこの映画の素晴らしいところは何と言ってもアクションシーンです。

今までの日本映画にはなかったと言っても過言ではないほどのアクションシーンだと思います。

劇中のアクションシーンも豊富で、薫を助けに武田観柳の屋敷に乗り込むシーンやラスト・吉川晃司演じる鵜堂刃衛との対決シーンは必見です。

この映画は映画本編だけでなく、ONE OK ROCKの主題歌、「The Beginning」がまた素晴らしい。

映画ととてもマッチしていて本当にカッコイイんです。

エンドロールでこの主題歌が流れるんですが、エンドロールが流れ終わるまで楽しめる作品になっています。

原作を読んでいなくても楽しめる作品なので、アクション映画好きは必見の映画です。
(40代男性)

(映画「るろうに剣心 伝説の最期編」2014年)
前の2作からの続きということもあって公開を待ちわびていました。戦いのシーンがもっぱらメインではありましたが、迫力が本当に凄くてとても興奮しました。

個人的には佐藤健くんと神木隆之介くんが戦う場面が1番好きです。

神木隆之介くん演じる役げ、強い相手と戦うほどテンションが上がるという役柄で興奮している気持ちがとてもわかりました。

あんなに凄い剣さばきについてこられる戦いがいのある相手に出会えて嬉しいし楽しい!といった感動と死と背中合わせの恐怖感からくる変なテンションがとてもうまく描けていて、観ているこちらもとてもハラハラして一緒に戦っている気分になりました。

大切な何かを守るため人は強くなるという言葉通り、剣心も大切なものを守る為に強くなった気がします。

人と人との関わり合いや、思いやりの大切さなども感じる事ができる部分がとても魅力的に感じます。

時代の変化についていけず、色々なやり方や思考が混在する中で生きにくい部分もまだたくさんあったでしょうが、それに屈する事なく強く生き続けた剣心達がとてもかっこよく感じました。
(30代女性)

(映画「るろうに剣心」2012年)
まず私がこの作品を見るにあたって、小さい頃にアニメの再放送を見た事がきっかけでした。当時はなんとも思いませんでしたが、大人になるにつれ、ジャンプの作品に興味を持ちました。

本映画を見たきっかけですが、実写版にとても興味があったからです。

良し悪しも見てから判断しようと思い、みたところ、とても面白い作品でした。

感想としては、当時(劇中の時代)の再現度、街並み、アクションの撮影方法がとても素晴らしかったです。

等作品の醍醐味といってもいいほどの心の移り変わりや心理描写が、見ているこちら側にも伝わってきて、原作を知っている私でも、次の展開が気になってしまいました。

原作を知っている方々で一番気になるのが、登場人物の割り当て、役にはまっているかだと思いますが、そんな事など気にならない作品であり私自身は、違和感なく楽しむ事ができました。

原作を知らない方も、一映画としてみることは非常におススメです。

面白かった事として、るろうに剣心は、アクションシーンはもちろんのこと、お笑いのシーンも盛り込まれています。

元は人斬り、なのに優男、口癖は『おろ?』などギャップが楽しめる作品だともいます、ヒロインの薫も、男勝りなのに暖かい。

脇役も脇役と思わせないような個性、その人の人となりが伺える映画です。

特に私がオススメしたいのは、戦闘シーンよりも、何気ない会話のシーン、『剣術は殺人術」などの厳しい言葉も発する剣心。

それでも薫の『人を生かす剣』において感銘を受けているシーン。

物語はあらかたその気持ちと気持ちの中生まれていきます。

剣心の逆刃刀の謎、などもここから紐解いていけるのが、この映画の面白いところだなと、私は感じました。
(20代男性)

(映画「るろうに剣心」2012年)
るろ剣と言えば、私が大好きな、黒傘編。鵜堂刃衛の役をやっている、吉川晃司がまさにはまり役で良かったです。

幕末に人切り抜刀斎とよばれた、佐藤健が扮する緋村剣心が殺さずの誓いをたてて生きていたが、それをよく思わない敵や味方が剣心の周りで動いていきます。

鵜堂刃衛は自分の戦いのため、剣心が殺さずの誓いのために弱くなってしまったことを嘆き、剣心の仲間である薫を人質にとり、剣心を怒らせ、自分を殺そうとすることで幕末の強さをもった剣心と戦いたいとするものです。

そこに、剣心の力を必要とし、仲間にしようとする元新選組斎藤一が絡んできたりと見どころの多い映画です。

ストーリー的には剣心が主人公なんですが、鵜堂刃衛がかっこいいです。

他にも、新選組の斎藤一扮する江口洋介や薫役の武井咲など豪華な俳優陣もストーリーに花をさかせています。

原作が人気アニメだけに、実写化に不安をもっていましたが、実際は殺陣も良かったし、配役も良かったし、ストーリーも良かったです。
(40代男性)

(映画「るろうに剣心」2012年)
漫画の実写映画化と聞くと「えっ? 大丈夫かな……」とつい心配になってしまうものですが、この「るろうに剣心」に関しては原作ファンの私でも大満足の出来でした。原作再現度がとても高かったのです。

思えば大昔から「時代劇」というジャンルがあるので、明治時代を表現した衣装や舞台背景のクオリティが高いのは今さら言うまでもありません。

そこにこの映画は、原作の派手な剣戟アクションや漫画特有の個性的なキャラを出来る限り自然に取り入れて、時代劇とは違った「るろうに剣心」の世界観を作ろうと頑張っていたと思います。

この手の実写映画でよくある「映画オリジナルのキャラクターが登場!」みたいなこともなく、きちんと「剣心」の映画製作に専念してくれたという印象です。

既にとても人気のある原作にわざわざ手を入れたりせず、変なオリジナリティを出さなかったのがこの映画の素晴らしいところですね。

原作漫画「るろうに剣心」が好きな人ならばきっと楽しめるオススメ映画です。
(30代男性)

さらに見る

(映画「るろうに剣心」2012年)
アニメと漫画から実写化した作品ってかなり外れが多いんですが、このるろうに剣心に関しては、かなり成功しているといえるでしょう。

何がすごいって、主人公の緋村剣心を佐藤健が見事に演じきり、原作の雰囲気を壊すことなく成立させている点です。

見た目もそれっぽいんですが、なんといってもワイヤーアクションを利用したアクロバティックな剣術です。

これはどうせ実写だからうまく表現できるわけがないとたかをくくっていた私もとても度肝を抜かれました。

また、それぞれの登場人物たちもとても個性的で、よく特徴を表しているなと感じました。

ストーリーとしても原作をちょっと改変しているというか、2時間ものになるので、やはり端折ったりしてあのシーンは?という展開もありました。

それでもうまく繋いでいて、監督の手腕が問われるような内容であるだけに、誰しもが食い入るようにスクリーンを見つめることでしょう。

もちろん、原作を知らなくてもわかるようにきちんと展開しているので安心です。
(30代男性)

(映画「るろうに剣心」2012年)
原作の大ファンなので、実写版には正直あまり期待していませんでしたが、思ったよりもまとまりのある作品になっていたと思います。

まず、剣心役の佐藤健さんが原作のイメージ通りです。

ビジュアル的にも、細身で小柄で少し中性的な雰囲気が剣心そのものです。

柔らかい雰囲気の中に影を感じるような表情や、剣客としての立ち居振る舞いも自然で、映画の世界観に溶け込んでいました。

他の出演者に関しては、武田観柳役の香川照之、鵜堂刃衛役の吉川晃司がそれぞれのぶっとんだキャラを上手く表現していたと思いました。

ストーリーに関しては、観柳と刃衛が手を組んでいたり、蒼紫がいないのに御庭番衆がいたりと原作ファンとしては違和感のある設定でした。

ただ、過去の自分に迷いながらも不殺を貫き大切な人のために再び戦い始め、その中で剣心の人柄によって助けられる人がいたり、原作の骨幹は揺らがずにストーリーが展開していたので、原作ファンにも受け入れられる作品になったのだと思います。
(40代女性)

(映画「るろうに剣心」2012年)
単行本のころからのファンで、アニメ化したときの衝撃を今でも覚えています。

るろうに剣心は侍アニメの超大作です。全く歴史や人物をよくわからない人でも、ハマるキャラクターの濃さがあります。

特に主人公の剣心は、一見ボーッとしていますが、かなりの切れ者で、実写版では、剣心のボーッとしたところは上手く表現出来ていないものの、佐藤健のキレキレのアクションは流石と思えるものがあります。

私個人としての印象は、アニメ、漫画は同じでもいいですが、映画はまた、別のるろうに剣心の、作品として見るのがいいと思います。

ファンならキャラクターの、個性や自分の思い描く像があると思うので。

この映画で面白いと思った所は、マンガ同様に、剣のアクションが見どころだと思います。

一つ一つのアクション場面が名場面といっていいほど完成度が高く、アクション監督がこだわった感じが出ています。

CGではないワイヤーアクションの迫力を是非見て感じてほしいです。
(30代男性)

(映画「るろうに剣心 京都大火編」2014年)
志々雄ファンです。

志々雄が何故あのような姿になったのか・・・裏切られ、体を切られ、全身を焼かれ・・・映像だとよりリアルで、志々雄がどれほど苦しかったかと泣きそうでした。

志々雄エピソードが満載で嬉しく、藤原さんの演技がとても素晴らしくてまさに志々雄でした。

殺陣のシーンはスピード感、アングルなども素晴らしく、原作のあのシーンはこうなるんだな、カッコいい!と魅入ってしまいます。

剣心VS宗次郎、剣心VS志々雄など手に汗握るシーン、剣心と薫たちとのほっこりするシーンだけではなく、志々雄に襲われた村で、少年の両親が吊るされているシーンなどもあり、それを観たときはこちらまで心が潰されそうになるほどでした。

原作ファンなら「これは・・・!」と思う名言セリフも多数使われており、懐かしい当時の記憶がこそばゆくなります。

るろうに剣心の原作ファンも、原作を知らなかった人も楽しめると思います。

特に原作ファンでしたら最初から最後まで目を離せない!!となることでしょう。
(30代女性)

(映画「るろうに剣心」2012年)
キャストは佐藤健、武井咲の他、蒼井優や綾野剛、土屋太鳳など人気俳優が多数キャスティングされており、特に私のお気に入りは香川照之演じる「武田観柳」です。

あの成金感というか金で全てを動かせると思っている感じが凄く気持ち悪くて香川照之 すげぇなと感じさせる演技でした。

また、この映画の醍醐味とも言えるアクションですが、佐藤健演じる「緋村剣心」が数々の敵と戦う姿は迫力があり、観てて本当に手に汗握るような気迫が伝わってきます。

私が原作から実写映画化される際に注目していたのが、「緋村剣心」の2面性を主演の佐藤健がどのように演じるのかがポイントでした。

普段の飄々とした雰囲気の「剣心」と人斬りの「抜刀斎」という真逆の人格をキレイに演じ分けておりとても感動したのを覚えています。

シリーズ化もされ大人気映画となり、今でも観直すほど大好きな作品の一つです。
(20代男性)

見どころ

(映画「るろうに剣心」2012年)
この映画の見どころは何と言ってもアクションシーンです。

主人公の緋村剣心を演じる佐藤健さんの身体能力の高さから生まれるアクションシーンはまさに必見!

日本映画の常識を覆すほどスケール感のあるアクションシーンは一見の価値ありです。
(40代男性)

(るろうに剣心 伝説の最期編 2014年)
見どころはとにかく戦いのシーンです。

物が壊れる描写や映像が迫力があります。

漫画やアニメのファンの人もまた違った作品だと思えて楽しめると思います。

アニメや漫画ではストーリーを、映画では戦いの迫力を楽しめると思います。
(30代女性)

(映画「るろうに剣心」2012年)
この映画の見所として、まずはいい意味での心変わり、そして矛盾、人殺しが人を殺せない武器で戦う理由などと思います。ここまでですと、一般的なアクション映画ではと思われてしまいますが、劇中には誰でも笑えるシーン、男女共にときめいてしまうシーン。

さまざまなシーンにおいて心動かされる映画となっております。

もちろんどんな世代の方にもオススメなのですが、特に熱い男性、そしてときめきたい女性にオススメしたいと思います。
(20代男性)

(映画「るろうに剣心」2012年)
主人公緋村剣心の過去や今なぜ殺さずの誓いを立てているのか等、緋村剣心の基本がわかる映画です。

そして、はまり役の多い豪華俳優陣の殺陣も見ものです。

特に鵜堂刃衛役の吉川晃司はとても良いのでお勧めの映画です。
(40代男性)

(映画「るろうに剣心」2012年)
特に目を引いたのは殺陣のかっこよさと、ラスボス役として出てくる「刃衛」の再現度の高さです。アクションは日本映画によくある「画面が暗すぎて何やってるかサッパリ分からない…」みたいな事はなく、ちゃんと見て楽しめるアクションになっていました。

そして刃衛。吉川晃司さん演じるこのキャラクターは、この映画の中でも随一の原作再現度になっていて必見です!
(30代男性)

さらに見る

(映画「るろうに剣心」2012年)
見どころは豪快なアクション、そしてハラハラドキドキのストーリーです。

佐藤健くんがかっこいいのはもちろんですが、各キャラクターの戦い方がすごく迫力があって面白いです。

また、武井咲ちゃんのかおるちゃんが凛々しさと美しさを兼ね備えていて、ビジュアル的にも大満足です。
(30代男性)

(映画「るろうに剣心」2012年)
剣心役の佐藤健さんの演技ははずせません。

原作を知らなくても引き込まれること間違いなしです。

とくに殺陣のシーンはとても迫力があり、ぜひ大画面テレビで大きめの音量で見てほしいです。

あとは、比較的重いストーリーの中でたまに現れる、剣心と薫、左之助、弥彦とのほのぼのシーン、軽いテンポで進むコミカルなシーンにも癒されます。
(40代女性)

(映画「るろうに剣心」2012年)
これから、この映画を見る人の見どころは、アニメの実写版と言う印象を捨てて、全く知らない剣術アクション映画として見て下さい。そのくらい、るろうに剣心を知らない人でもハマることが出来る、日本の侍映画です。
(30代男性)

(映画「るろうに剣心 京都大火編」2014年)
各キャラクターの立ち振る舞い、雰囲気などがまるで原作からそのまま目の前に出てきたかのようで、原作ファンでも、手に汗にぎりながら安心して観ていられる映画だと思います。

個人的にはこれまで実写化された映画の中で、一番忠実に再現されてる作品だと感じました。
(30代女性)

(映画「るろうに剣心」2012年)
この映画の最大の見どころはアクションです。

佐藤健演じる「緋村剣心」と様々な敵との鬼気迫る戦いはとても魅力です。

どうやって撮影してるの!?と言いたくなるような激しいアクションは一見の価値ありだと思います。
(20代男性)

まとめ!るろうに剣心の映画(動画)はU-NEXTで無料視聴しよう!

るろうに剣心の映画のフル動画を無料視聴する方法や、作品情報をご紹介しました。

U-NEXTという動画配信サービスを利用すれば、映画3作品の中から1作品分無料で視聴することが可能です。

アニメ版はすべて見放題なので、おすすめなサービスです。

U-NEXTのメリット(特徴)

31日間の無料トライアル期間がある(解約はいつでも可能)
初回登録時に600ポイント、無料期間終了後には毎月1,200ポイントがもらえるので、新作映画や電子書籍などの有料コンテンツも楽しめる(1ポイント=1円)
毎月貰えるポイントは映画のチケット(しかも300円分お得なチケット)に交換可能
新作映画の配信が早い
ほとんどの作品のダウンロードが可能で、オフラインでどこでも楽しめる
パソコン、スマホ、タブレットなどのマルチデバイス対応で、同時視聴も可能(4人まで)
再生速度の変更が可能
70誌以上の最新の人気雑誌が読み放題
42万冊以上の電子書籍があり、無料で読める漫画もたくさんある

U-NEXTは31日以内に解約すればお金は全くかかりません。

登録、解約手続きは簡単なのでこの機会にぜひお試しください。

U-NEXT公式ページを見てみる
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)