映画無料視聴

映画「キングダム」の動画をフルで無料視聴する方法は?あの大ヒット漫画が実写映画化され話題に

原泰久先生の超人気漫画「キングダム」が山崎賢人主演で実写映画化しました!

ここでは、映画「キングダム」のフル動画を無料で視聴できるサービスについてお伝えしていきます。

結論から言いますと、動画配信サービスであるU-NEXTを利用すれば、一切お金をかけることなく視聴ができます。

U-NEXTでは、アニメ版(見放題)や原作漫画も配信中です。

登録後31日間は無料トライアル期間となっていて、解約はいつでも簡単にできます。

いますぐU-NEXTで無料視聴する方はこちら
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

映画「キングダム」動画の無料視聴方法!おすすめはU-NEXT

まず、主要な動画配信サービスでの映画「キングダム」の配信状況をチェックしてみましょう。
(○=今すぐ無料視聴が可能、△=配信されているが有料、×=未配信)

U-NEXT
Hulu
Amazonプライム
dTV
FODプレミアム
ビデオパス
ビデオマーケット

いくつかのサービスで配信されていますが、最もおすすめなのが、無料で視聴ができるU-NEXTです。(他のサービスで視聴する場合は、お金がかかってしまいます。)

大きな理由は以下の通りです。

・映画「キングダム」が今すぐ無料で視聴可能
・アニメ版「キングダム」も見放題で配信中

・登録、解約手続きが比較的簡単にできる
・作品配信数が圧倒的

・無料トライアル期間が長い

U-NEXTには見放題作品とレンタル作品がありますが、レンタル作品であっても初回登録時にもらえる600ポイントを使用してすぐに無料視聴ができます

ちなみに映画「キングダム」はレンタル作品(視聴するのに550ポイントが必要)なので、初回登録時にもらえるポイントを使用しての視聴となります。

現在31日間の無料トライアルを実施していますので、全くお金をかけることなく、映画「キングダム」の視聴が可能です。

またU-NEXTでは、アニメ版が見放題ですし、原作漫画(電子書籍)も配信されています。

アニメ版「キングダム」が見放題

 

U-NEXTの動画配信数は16万本と国内最大級で、映画はもちろんドラマ、アニメ、音楽、バラエティなど作品の充実度は群を抜いています。

新作から旧作まで多数の映画を配信中

登録や解約手続きは他サービスに比べて簡単なので、ぜひお試しください。

U-NEXT公式ページを見てみる
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

U-NEXTのメリットが凄い!映画好きには特にオススメ!

さらにU-NEXTは、他のサービスと比較して下記のようにメリット(特徴)がたくさんあります。

U-NEXTのメリット(特徴)

31日間の無料トライアル期間がある(解約はいつでも可能)
初回登録時に600ポイント、無料期間終了後には毎月1,200ポイントがもらえるので、新作映画や電子書籍などの有料コンテンツも楽しめる(1ポイント=1円)
毎月貰えるポイントは映画のチケット(しかも300円分お得なチケット)に交換可能
新作映画の配信が早い
ほとんどの作品のダウンロードが可能で、オフラインでどこでも楽しめる
一つの契約で4アカウントまで作れる(視聴履歴の共有はなし)
パソコン、スマホ、タブレットなどのマルチデバイス対応で、同時視聴も可能(4人まで)
再生速度の変更が可能
70誌以上の最新の人気雑誌が読み放題
42万冊以上の電子書籍があり、無料で読める漫画もたくさんある

このようにU-NEXTは映画好きにはたまらないメリットが盛り沢山です。

デメリットは無料期間終了後の月額料金が1990円(税抜)とやや高めなことくらいです。

といっても毎月1,200円分のポイントがもらえますし、その前に無料期間内(登録から31日以内)に解約してしまえば料金は一切かかりません。

登録・解約手続きはとても簡単ですし、映画「キングダム」を無料で視聴するならU-NEXTが一番オススメです。

U-NEXT公式ページを見てみる
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

※2019年11月時点の情報です。配信状況など詳細は公式サイトにてご確認ください。

動画共有サイトでの視聴は自己責任で

Pandora、Dailymotion、9tsu、miomioなど動画共有サイトで映画「キングダム」が視聴できる場合もあるかもしれません。

しかし、これらのサイトは違法アップロードサイトですので、次のデメリットがあります。

・画質、音質が悪い
・広告が多くてストレスになる
・動画が途中で止まったり、急に削除されるので全話見るのは難しい
・ウイルス感染や個人情報流出の危険がある

公的機関等でも著作権に関する注意事項が記載されています。

参照:「著作権法の一部を改正する法律について」(文化庁)

参照:「著作物を無断で使うと?」(公益社団法人著作権情報センター)

参照:「テレビ番組の違法配信に関わる法制度について」(日本民間放送連盟)

 

安全かつクリーンに映画「キングダム」を楽しむなら、公式サービスであるU-NEXTで安全に視聴することをおすすめします。

U-NEXT公式ページを見てみる
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

映画「キングダム」作品情報

『キングダム』は、原泰久による日本の漫画作品である。集英社が発行する『週刊ヤングジャンプ』にて2006年9号より連載が続けられている。

第17回手塚治虫文化賞のマンガ大賞受賞作品である。単行本発行部数は1 – 54巻までの累計で3800万部以上を数える。2008年に集英社運営の『VOMIC』にて全8回のラジオドラマが放送された。2010年11月にはコナミからPSP用ゲームが発売された。

2011年11月にテレビアニメ化が発表され、2012年6月から2013年2月にかけて第1シリーズが、2013年6月から2014年3月にかけて第2シリーズがNHK BSプレミアムにて放送された。両シリーズは更にNHK総合で地上波再放送された。

2018年4月の第50巻達成を記念して実写映画化が発表され、2019年4月に劇場公開された。

参照:キングダムWikipedia

あらすじ

紀元前245年の秦。戦災孤児の少年・信と漂は、大将軍になることを夢見て剣術の鍛錬に励んでいた。ある日、漂は王都の大臣・昌文君によって召し上げられ、2人は別々の道を歩むことに。王宮ではクーデターが勃発し、漂は致命傷を負うが、信のもとにたどり着く。

主なキャスト

(信)山崎賢人
(エイ政/漂)吉沢亮
(楊端和)長澤まさみ
(河了貂)橋本環奈
(成キョウ)本郷奏多
(壁)満島真之介
(バジオウ)阿部進之介
(朱凶)深水元基
(里典)六平直政
(タジフ)一ノ瀬ワタル

主なスタッフ

監督:佐藤信介
原作:原泰久
音楽:やまだ豊
脚本:黒岩勉、佐藤信介、原泰久

U-NEXT公式ページを見てみる
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

視聴者の声(ネタバレあり)

感想

映画キングダムは画面の圧倒的迫力が面白さの一つになっています。

キングダムは今では誰もが一度は聞いたことがあるような大人気漫画であり、あのスラムダンクやバカボンドの作者の井上雄彦が大絶賛するほどの漫画であります。

そんな映画の実写映画が公開され、漫画の巻数が多すぎて読むことを断念してきた人の導入口になる作品になっていると思います。

キングダム自体の面白をベースにして実写映画でしか出せない人と人とが夢をかけて戦う情熱のようなものを感じることができます。

汗臭く泥臭い作品が少なくなってきてどんどんスタイリッシュに、細く美しくとなってきている現代に楔を打ち込んだ泥臭い映画になっております。

血と汗にまみれながら戦う主人公たち、現代の映像技術が発達したからできる大軍勢の戦闘シーン、こんな作品を待っていた人も多いのではないかと思います。

大迫力のバトル映画が好きな人は誰でも楽しむことができる作品になっていると思います。
(10代男性)

中国の春秋戦国時代を舞台とする歴史のドラマ。

ひと言でいうと、ひねくりの無い見事なサクセスストーリーでしょうか。

原作はみていないが、ストーリーがぎゅっと映画に詰め込まれた印象。

サクセスストーリーだから仕方が無いが、「こんなに上手くいくことないでしょ。。」とツッコミたくなってしまったが、これは個人の感覚によると思います。

最後まで飽きることなく見れて、映像もキレイ。そして、終わりはすっきり。

期待が外れるような映画ではないが、期待しすぎるとどうかな、というのが正直の感想。★3つくらいかなーと思います。

個人的に少年時代に将軍になるために主人公2人で練習に励むところは心が動かされた部分がありました。

「大きくなったら必ず強くなる!」という思いを抱いて諦めずに行動できるのはすばらしいと思います。

しかし、現実のところでは、同じ代償を払ったからといって、映画のようにサクセスストーリーを歩められるのかな、というところもあるが、何かを追い求める大切さを教えてくれる映画だと思いました。
(20代女性)

原作に忠実なシーンが多い実写版のキングダムです。

最初は原作と同じ感じではないのだろうなと思い見ましたが、原作をそのまま実写化したかのような迫力があります。

楊端和のキャストが長澤まさみなのが最初は「ん?」と思いましたがそんなことはなかったです。

信と嬴政が楊端和と初めて会うシーンは心がグッと来るような感情になります。

原作でもあるシーンで、楊端和が仮面を脱ぐシーンは特に目が釘付けになります。

さすがは名女優です。

演技がすばらしく最初に思っていた感情が無くなり、どんどんと惹かれて行くように見入ってしまいます。

開始すぐに信の親友、漂の最後の時も開始すぐですが感動を味わえる良いシーンです。

登場してくるキャストが有名な人達なのも見どころの一つです。

キングダムは秦の始皇帝のお話なので今回の映画で完了ではなく、次回作もあると思います。

終局辺りのシーンでは、嬴政はまだ王座にすらついていないのでこのまま終わるのはなんだかしっくりこない気がします。
(30代男性)

原作の漫画やアニメを知っている方が見ることが多いかと思いますが、その世界観を壊すことのない壮大なスケール感です。

映像美が素晴らしく、忠実に再現された服装や町並み、映画ならではの圧倒的な迫力は漫画とは少し違った楽しみ方ができます。

キャストも豪華な点は見所だと思います。

俳優女優陣の作り込み方は素晴らしいと感じたので、原作のキャラ設定をそこまで破壊することもないし、見やすいのでお勧めできます。

それに、やはり実写化ならではの殺陣のシーンでは漫画にはない生身ならではの臨場感、アニメとは違った現実味を帯びていながらも想像を超える戦いに、息を呑みました。

やはり、戦いのシーンがメインとなっているのかなと感じて、力が入っていましたし、見ていて違和感もなく、そこのポイントは高いと感じました。

ストーリーは集約されてあたますが、テンポも良くて、映画の時間内にすんなり収まっていて無理もなく、ほどよい満足感を感じることができました。
(20代女性)

まず、原作を知らずに観ました。

出演者の多くは有名な方々だったので、観れば誰が演じているのかは分かりましたが、時代背景が過去の中国の戦国時代だったので衣装やメイクで随分イメージが変わっている方もいました。

主人公である信を演じていたのは山崎賢人でした。

テレビ等でのイメージから山崎賢人に対しては優しい、ほんわかした人物だという印象を持っていましたが「キングダム」では野性味のある強い意志を持った少年を演じていました。

また、漂を演じていた吉沢亮に対しても優しい青年というイメージがありましたが映画ではクールな役柄がスッキリとした顔立ちともマッチしてとても際立っていました。

自分が女性という立場から見た時に、長澤まさみ演じる楊端和が強く、気高く、美しかった点が少し嬉しくもありました。

時代劇作品においては男性側が主役になりがちな中、強さと美しさを兼ね備え、山の民を従え、戦う姿は思わず目を奪われました。

原作を知らずに観ていましたが、衣装や小物等もとてもあっており、壮大な世界観が表現されていたと思います。
(30代女性)

さらに見る

なによりも迫力がすごかったです。

壮大なアクション映画ですがCGはほとんど使っておらず、実際中国に大きなセットを作り、何百万という現地エキストラに協力してもらったという映画「キングダム」。

それを裏切ることなく、最初から最後まで飽きることなく、むしろどんどん引き込まれて終わるころにはすっかり魅了されていました。

出演しているキャストも素晴らしく、特に一人二役を見事に演じ分けていた吉沢亮さん。

以前から吉沢亮さん出演の作品は観ていましたが、「キングダム」を観て改めてその演技力に驚かされました。

同じ顔のはずなのに全く違う人に見えるのです。

身体の使い方や佇まい、しゃべり方、どこをどうとっても全くの別人でした。

私は原作は全く読んでいなかったのですが、映画を観終わった後は原作が読みたい!これからこの物語はどうなっていくんだろう?と興味を引き立てられました。

観終わった後そのまま本屋に直行して始皇帝に関する本を買ってしまったほどです。

このくらいのスケール・クオリティの邦画を観たのは本当に久々だと感じました。

是非今作だけではなく、続編も制作してほしいです。
(30代女性)

主人公とその相棒の幼少期がその後の物語の軸になる為大きなスケールで描かれています。

最初のシーンから撮影の規模にも注目です。

その後主人公が身分を超えた大望を抱いて成長していくストーリーなのですが、それに相応しいくらい残酷なシーンもリアルに再現されています。

戦闘アクションも見どころで、主人公のシーンはもちろんですが野盗や軍などそれぞれの特徴もしっかり描かれています。

山間の場面へと続くのですが、原作の再現度に圧倒されます。長澤まさみさんの演技がミステリアスな山王にぴったりでした。

王都の民や街並みの表現も、緻密な作りになっていて、特に王弟の玉座の間は殆どの人が写真などで見たことのある金で彩られているので思わず目を引きます。

戦国時代の中国の再現度の高さに感動します。

原作はまだまだ長く続くのですが、その最初の部分(主人公が大望を目指すきっかけの場面)なので、なにより続きが気になります。

上映時間も長いはずですがあっという間で、続きが気になります。

元々の原作が亡き相棒との夢を叶える主人公のサクセスストーリーです。

思わず見ているだけでも、応援したくなる作品です。
(30代女性)

漫画を読んだ事がなくても、十分に楽しめる内容にできています。

歴史物というと、男性の方に人気がありそうですが、映画館で観た時には女性ファンも多くいたのが印象的です。

出演者の男性が、人気俳優だった事もあるのでしょう。

女性が多く観にきたので、ゆっくりと楽しむ事ができました。

中国の歴史物という事だったので、長々と説明があるのかと思っていたのですが、中国の歴史の事を知らなくても物語を楽しむ事ができるようになっています。

変なテロップなどが入る事もなく、ストーリーに集中する事ができました。

アクションシーンも面白かったですが、キャラクターが特徴的で、出演者がみんな綺麗だったところもよかったです。

映画をみていて、汚いところがないというのは、観る価値があります。

味方だけではなく、敵役となっている人たちも、みんな美形揃いでよかったです。

続きもぜひ観たいですが、キャラクターのスピンオフドラマも制作して欲しいと思えるほど、キャラクターにはまりました。
(40代女性)

正に映像のクオリティーの高さが見どころだと思います。

漫画の原作を忠実に再現しているところが素晴らしかったです。

特に吉沢亮さん演じる、嬴政と漂が原作にそっくり素晴らしい演技でした。

嬴政と漂とまったく違う性格のキャラクターを見事に演じた演技力は見事としか言いようがありません、本当に別人では思わせてくれました。

そしてキングダムといえば、大規模な戦闘シーンというところが原作でもよく描かれており、映画での様に表現されるかと思っていましたが見事でした。

最後の成蟜を倒しにいくシーンの大型戦闘シーンは昨今の邦画の中でも一番力が入っているのではないと思わせるぐらい大規模な戦闘になっていました。

キャスト陣も非常に豪華でどの出演者も素晴らしい演技をしていましたが、最後は左慈との戦闘シーンは見応え十分でした。

キングダムの原作でいえば今回の映画は全体の10%もいっていない内容になるので、まだまだ続編が作られる期待がある所も面白い所だと思います。
(30代男性)

私は原作を読んでいて、このお話は歴史上の実話をもとに描かれていますが、とても丁寧にかかれているので(丁寧すぎてなかなか終わらないのですが)、映画化するならあまりとばさずひとつひとつのエピソードを丁寧にしてほしい、むしろ連続ドラマの方がいいと思っていました。

その点、この映画「キングダム」は冒頭の部分から最初の闘いまでで終わっていて、理想どおりだったといえます。

むしろドラマとは比べ物にならない制作費だと思うので、映像に迫力があって満足できました。

キャストについては、原作に忠実という点では、漂と政の二役を演じた吉沢亮さんがすごくよかったです。

まず漫画からでてきたようなお顔、そして王としての高貴さだけでなく強さや信念を併せ持つ政と、優しさと強さを持つ漂を見事に演じ分けていました。

信役の山崎賢人さん、昌文君役の高嶋政宏さん、ようたんわ役の長澤まさみさんも原作のイメージにぴったりでした。

脇役ですが、里典役の六平さんもぴったりでした。

そしてなんといっても配役をきいたときにイメージとは違うな、と思った王騎役の大沢たかおさん、びっくりしました。

肉体改造されてて、王騎になっていました。

とても感動しました。

それとせいきょう役の本郷奏多さん、悪役を見事に演じられてて、せいきょうの卑怯な感じもでてたし、好きな俳優さんになりました。

きっと続きも映画化されると思うので、これからでてくる登場人物は誰が演じるのか、どのエピソードをやるのかすごく楽しみです。
(30代女性)

見どころ

キングダムの魅力はリアリティだと思います。

本当に中華の戦争はこのようなものだったのではないかと思わせてしまうほどのリアリティです。

映画を見ながら主人公たちの上がっていく体温を感じてしまうほど引き込まれてしまいます。
(10代男性)

アクションシーンです。

森の中、王宮の中、さまざまな場面で敵と戦うシーンが見所です。

これを大画面で見れるので、とても迫力があります。

また、信が戦っていく中でどんどん強くなっていくのも見逃せないポイントです。
(20代女性)

映画キングダムの見どころはなんといっても原作に近い内容になっている所です。

当初キャストが本当に大丈夫かな?と思われていたが、映画を見てみると漫画では再現できない細かな表現やカメラワークも楽しめるので時間が2時間ぐらいでは足りないと思えるような内容になっています。
(30代男性)

原作やアニメファンの人は一度は実写化なんて嫌だなと思ってしまうかと思います。

ですが、そんな人にほど見てほしいくらいの圧倒的なスケールでキングダムの世界が描かれています。

原作とはまた違った魅力があるので、是非見てほしいと思いました。
(20代女性)

壮大な世界観が表現されているので、素直に映画に入り込んで貰いたいです。

出演者のそれぞれが高い演技力を持っているので、各キャラクターに注目して観るのも楽しいと思います。

もし原作をすでに読んでいる状態で観るのであれば原作とのキャラクター比較をしてみるのも楽しいと思います。
(30代女性)

さらに見る

壮大なアクションと豪華なキャスト陣が見どころだと思います。

原作を読んでいなくても、息をつく間もなく展開していくストーリーをきっと楽しめるはずです。

実際に私がそうでした。

観るのならできるだけ大画面で観ることをおススメします。

携帯などの小さい画面で観るのはもったいないくらいの映画です。
(30代女性)

主人公の成長を思わず応援したくなるところです。現実社会を再現したような場面がいくつもあります。

今回の映画ではまだ志すきっかけの部分です。

また、その撮影の再現度やスケールにも注目です。

一番の見どころは王弟が軍を壁上から見渡すシーンですが、その軍隊に圧巻されます。

演技は役者の皆様素晴らしかったです。特に大沢たかおさん、長澤まさみさんの再現度が原作から出てきたような印象を受けると思います。

一度見て感動、もう一度見たくなる映画です。
(30代女性)

壮大なスケールで、ストーリーのテンポがいいというところが、あっという間に観れてしまうポイントです。

出演者が豪華で、誰が主役となってもいいくらいのキャラクター揃いだと言えるでしょう。

1人1人のキャラクターが立っていて、どのキャラクターも素敵なところも魅力になります。

主人公である信と嬴政の関係が、物語が進んでいくうちに変わっていくところも注目ポイントです。

個人的には、山の民とのシーンがおすすめになります。

まさかあの人が、あの役でという驚きがあるでしょう。

アクションシーンが見どころとなっていますが、血みどろになるシーンはありません。

アクションが苦手な人や、子供でも楽しむ事ができます。

キャラクター同士の掛け合いを聞いているだけでも楽しい映画です。

男性だけではなく、女性でもみやすい内容の映画になっています。

観た事がない人は、壮大なスケールを感じるためにもできれば大画面で観て欲しい作品です。
(40代女性)

何より豪華キャストですが、楊端和演じる長澤まさみさんはハマリ役でした。

原作に非常に忠実で見る価値は高いと思います、長澤まさみさんもアクションシーンを見事に演じ切ります。

そのほかのキャストもアクションシーンが非常に多いので見ごたえ十分の映画を是非見てください。
(30代男性)

映画「キングダム」、中国で撮影されただけあって映像にすごく迫力があります。

とくに闘いのシーンは大迫力です。

そして山崎賢人さん、吉沢亮さん、長澤まさみさんはじめ美男美女がたくさんでてきますが、みなさんすごく強いです。

そして一番のみどころは、大沢たかおさんの肉体です。

原作のダイジェスト版ではなく、短いエピソードが丁寧にかかれているので、原作を読んでいる方も読んでいない方も楽しめる作品だと思います。
(30代女性)

まとめ!映画「キングダム」の動画はU-NEXTで無料視聴しよう!

映画「キングダム」のフル動画を無料視聴する方法や、作品情報をご紹介しました。

U-NEXTを利用すれば、映画「キングダム」を無料で視聴することが可能です。

アニメ版(見放題)や原作漫画も配信されているので、非常におすすめです。

U-NEXTのメリット(特徴)

31日間の無料トライアル期間がある(解約はいつでも可能)
初回登録時に600ポイント、無料期間終了後には毎月1,200ポイントがもらえるので、新作映画や電子書籍などの有料コンテンツも楽しめる(1ポイント=1円)
毎月貰えるポイントは映画のチケット(しかも300円分お得なチケット)に交換可能
新作映画の配信が早い
ほとんどの作品のダウンロードが可能で、オフラインでどこでも楽しめる
一つの契約で4アカウントまで作れる(視聴履歴の共有はなし)
パソコン、スマホ、タブレットなどのマルチデバイス対応で、同時視聴も可能(4人まで)
再生速度の変更が可能
70誌以上の最新の人気雑誌が読み放題
42万冊以上の電子書籍があり、無料で読める漫画もたくさんある

U-NEXTは31日以内に解約すればお金は全くかかりません。

登録、解約手続きは簡単なのでこの機会にぜひお試しください。

U-NEXT公式ページを見てみる
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)