ドラマ動画(見逃し配信)

「孤独のグルメ Season8」1話から最終回まで全話の動画(見逃し配信)を無料視聴する方法は?シーズン1~8まで見放題のサービス

こちらでは、ドラマ「孤独のグルメ Season8(シーズン8)」1話~最終回を見逃してしまっても、無料で全話の動画を視聴できるサービスについてお伝えしていきます。

結論から言いますと、ドラマ「孤独のグルメ Season8」はParavi(パラビ)という動画配信サービスで見放題となっています。(初回登録後、30日間無料です)

▼いますぐ視聴する方は下のリンクからどうぞ▼
30日間お試しでParaviに登録する(無料です)
(30日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

ドラマ「孤独のグルメ Season8」の動画(見逃し配信)を無料で視聴できるサービスをご紹介!

ドラマ放送から1週間以内の場合

ドラマの放送から1週間以内の場合、Tver(民放公式テレビポータル)もしくはネットもテレ東という動画配信サービスを利用すれば、無料視聴が可能です。

ただしスキップできないCMが何回か流れますので、ご注意ください。

これらのサービスでは1週間の限定配信となっていて、次回の放送開始直前まで視聴できます。

Tverで無料視聴する

ネットもテレ東で無料視聴する

ドラマ放送から1週間以上経っている場合

ドラマの放送から1週間以上経過している場合は、Tverやネットもテレ東で見ることはできません。

ここで、国内ドラマの配信サービスを行っているVOD(ビデオオンデマンド)におけるドラマ「孤独のグルメ Season8」の配信状況を見てみましょう。

Paravi
Hulu
U-NEXT
dTV
TSUTAYA TV
ビデオパス
ビデオマーケット
FODプレミアム

上記のようにドラマ「孤独のグルメ Season8」を見ることができるのは、Paravi(パラビ)のみ(独占配信中)となっています。

初回登録後、30日間無料で全話見放題ですし、CMもないので快適に見られます。

▼いますぐ視聴する方は下のリンクからどうぞ▼
30日間お試しでParaviに登録する(無料です)
(30日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

Paravi(パラビ)の特徴やメリット!ドラマ配信数がトップクラス!

Paravi(パラビ)は、TBS、テレ東、WOWOWなど大手メディア6社が出資し誕生した動画配信サービスで、月額925円(税抜)でほとんどの配信作品が見放題となっています。

ドラマ、映画、アニメ、スポーツなど様々なジャンルが配信されていますが、他の動画配信サービスに比べてドラマ・バラエティ・ビジネスに強い印象です。

特にドラマは、国内ドラマにとにかく強く、独占配信が多いのが特徴です。

Paraviで配信中の人気ドラマ(一例)

 

また、地上波では見られないWOWOWドラマも配信されていますし、スピンオフドラマなどParavi(パラビ)でしか見られないオリジナルコンテンツも充実しています。

Paraviで配信中のWOWOWドラマ(一例)

 

さらに毎月500円分の優待チケットがもらえるので、新作映画などの有料コンテンツも楽しめます。

このようにParavi(パラビ)にはメリットがたくさんありますが、初回登録後、30日間の無料お試し期間があり、無料期間中に解約すればお金は全くかかりません。

そしてParavi(パラビ)ではドラマ「孤独のグルメ Season8」は全話見放題(独占配信中)となっています。

Season1~Season7までの全放送やSP版も見放題になっているので、とてもオススメなサービスです。

登録・解約手続きは簡単なので、ぜひお試しください。

30日間お試しでParaviに登録する(無料です)
(30日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

Paravi(パラビ)で配信中の人気ドラマ!たくさんのメリットまとめ!

Paravi(パラビ)では、最新のドラマから過去の名作まで人気ドラマがたくさん配信されています。(独占配信多数!)

最近のドラマ配信例を以下にご紹介します。

Paravi(パラビ)で配信中の作品例(最近の国内ドラマ)

  • G線上のあなたと私(波瑠主演・2019年秋)
  • 4分間のマリーゴールド(福士蒼汰主演・2019年秋)
  • 孤独のグルメ Season8(松重豊主演・2019年秋)
  • グランメゾン東京(木村拓哉主演・2019年秋)
  • 凪のお暇(黒木華主演・2019年夏)
  • Heaven?ご苦楽レストラン(石原さとみ主演・2019年夏)
  • ノーサイド・ゲーム(大泉洋主演・2019年夏)
  • 集団左遷!!(福山雅治主演・2019年春)
  • わたし、定時で帰ります。(吉高由里子主演・2019年春)
  • インハンド(山下智久主演・2019年春)
  • きのう何食べた?(西島秀俊、内野聖陽主演・2019年春)
  • グッドワイフ(常盤貴子主演・2019年冬)
  • 初めて恋をした日に読む話(深田恭子主演・2019年冬)
  • よつば銀行 原島浩美がモノ申す!(真木よう子主演・2019年冬)
  • メゾン・ド・ポリス(高畑充希主演・2019年冬)
  • 中学聖日記(有村架純主演・2018年秋)
  • ハラスメントゲーム(唐沢寿明主演・2018年秋)
  • 大恋愛(戸田恵梨香主演・2018年秋)

 

最後にParavi(パラビ)のメリットをまとめてみました。

Paravi(パラビ)のメリットまとめ

ドラマ「孤独のグルメ Season8」を含め、配信中の多くの作品が見放題
国内ドラマ配信数は最大級で、独占配信が多い(WOWOWドラマも!)
スピンオフドラマなどオリジナルコンテンツが多数
30日の無料お試し期間あり(解約はいつでも可能)
毎月500円分の優待チケットがもらえるので、有料コンテンツも楽しめる
ダウンロード機能があるので、オフラインでも楽しめる
再生速度の変更が可能

Paravi(パラビ)はドラマ好きにはたまらない動画配信サービスです。

無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。登録・解約手続きも簡単なのでこの機会にぜひ試してみてください。

30日間お試しでParaviに登録する(無料です)
(30日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

※2019年10月時点の情報です。配信状況など詳細は公式サイトにてご確認ください。

動画共有サイトでの視聴は自己責任で

PandoraやDailymotionなど動画共有サイトでドラマ「孤独のグルメ Season8」が視聴できる場合もあるかもしれません。

しかし、これらのサイトは違法アップロードサイトですので、次のデメリットがあります。

・画質、音質が悪い
・広告が多くてストレスになる
・動画が途中で止まったり、急に削除されるので全話見るのは難しい
・ウイルス感染や個人情報流出の危険がある

安全かつクリーンに高画質でドラマ「孤独のグルメ Season8」を視聴するなら、公式サービスであるParavi(パラビ)をおすすめします。

▼いますぐ視聴する方は下のリンクからどうぞ▼
30日間お試しでParaviに登録する(無料です)
(30日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

ドラマ「孤独のグルメ Season8」1話のあらすじと視聴者の声

井之頭五郎(松重豊)は、横浜中華街の山下町公園のベンチで、肉まんをほおばりながら、ムチャぶりされた案件の対応をしていた。

どうにかパソコン作業を終え、次の商談先占い師・ワン(八嶋智人)のもとへ向かった。

始めは自宅リビングのインテリアの相談だったのだが、自身のキャラに迷いがあるワンは、なぜか五郎に進路相談をし始めて…。

何とか商談を終え、腹が減り出した五郎は、一人でも入る店はと小さな店が軒を連ねる路地を攻めていく。

だが香港、上海、台湾、北京…バリエーションのあまりの多さに店が決められない。

まさに“中華大迷宮”――めげそうになっていたその時、偶然“釜飯”なるものが目に飛び込んでくる。

「中華で釜飯!?」と気になった五郎は、この釜飯に賭けようと【南粤美食】へ。

出迎えてくれた店のお母さん(榊原郁恵 ※「榊」…正しくは“木へんに神”と表記します。)が先客に出した料理も、「ピータン紅生姜添え」という意外な組み合わせで、五郎の興味はどんどん加速していく。

注文に迷っていると常連客(佐々木主浩)が頼んだ料理にそそられ、「腸詰め干し肉貝柱釜飯」と「香港海老雲呑麺」、常連客が食べていた「アヒルのパリパリ揚げ」を注文する。

まるで北京ダックのようなパリパリ揚げと、プリプリずっしり海老雲呑、そして腸詰めと貝柱の旨味が土釜で凝縮された料理を堪能し疲労がぶっ飛んだ五郎であった。

参照:「孤独のグルメ Season8」公式サイト

参照:「孤独のグルメ Season8」1話あらすじ詳細はこちら

視聴者の声を見る

放送後(ネタバレあり)

榊原郁恵や佐々木主浩などの豪華メンバーを配置したSeason8第1話は、横浜中華街という色彩が眩しい雰囲気にマッチした番組でありました。

占いの館に赴き、ビジネスの相手方と面談することとなりますが、なかなか相手の顔を映さないカメラワークは、笑える展開を想像させ、いかにもインチキ臭い八嶋智人の登場に、何をしてくれるのか期待が膨らみます。

占い師が、人生相談を投げかけるという奇想天外さと、松重豊を占うときの本物ぽさが、番組の導入部分のコント的な味わいを煮詰め、本題のランチへと繋がっていくのが妙です。

中華街をさ迷いながら、お気に入りの店を探すことで、中華街自体の雰囲気が番組を通じて伝わるとともに、どの店に入店するのか気を抜けない展開を通り抜け、やっと決めた店では、なんと、榊原郁恵が迎えてくれて、一気に盛り上がってきます。

豊富なメニューと釜めしという意外性にも魅了され、どのような味わいを見せてくれるのか期待が膨らみ、松重豊の食べっぷりが満足感を満たしてくれました。

但し、鶏肉料理を2品注文してましたが、1品で良く、その代わり、他のメニューを見たかったです。

注文した料理の持ち帰りにも触れ、食品ロスの啓発に役立つ内容を盛り込んでおり、敬服します。
(50代男性)

第一話で中華街を持ってきて、あのたくさんある中からどのような結論で一軒を見つけるかが気になって見ていました。

ビジネスマンが一人で食事をとることが出来、こだわりの料理をピックアップする等の条件が加わると、王道の中華料理から外れたり、有名店などは出てこないことは予想していましたが、中華素材の釜飯は想定外でした。

普通釜飯は醤油ベースの和風のものしか食べたことがないので、あの釜飯は食べてみたいと思いました。セリフの中でも、これだけで100合はいけるとあったように、実際に食べてみても、期待外れはないのではないかと思っています。

カウンターの上に置かれた丸鳥も、おいしそうな色に蒸されていて、骨がついた状態で食べているシーンを見ていると、こちらも今それがすぐに食べたいと思ってしまいます。

毎回何品も料理をたのみ、豪快に食べ進めるところは、主役の松重さんの胃袋すごいなと感心してしまいます。

ただ、僕らサラリーマンの場合食べた後の支払いが気になるところで、今日の放送分では4710円とのことでした。

サラリーマンの昼飯ではありえない金額になっているところが毎回気になるところです。
(50代男性)

番組を見終わって何とも言えない雰囲気に浸っている自分がいます。

井之頭五郎さんのファンです、早いもので8年になりますね、何気ない日常での食事ですが「至福の時」を見事に演じてくれています今回の新シリーズS8楽しみにしていました。

第1話の舞台は横浜中華街、私も数回訪れたことがあります、なかなかお店を決められませんでした、各シーズンでの食事処は、路地を歩き小さな店に飛び込んでいくシーンが多く、今回はがらりと変わり豪華中華街とは予想してなく、東南方向が吉方と占いが出たがどっちでもいいと中華街へ五郎さん消えていきました。

新シーズン初回とあってかゲスト陣も華やかさがありました、元プロ野球の佐々木投手がお客さんとして出演していましたが結構お似合いでした。

今回は少々お店選びに悩んだ様ですが、ふと立ち寄った店で1人での食を楽しむ姿と幸福な時間を堪能する五郎さんを拝見しているだけで、こちらも空腹感に誘われ、何だか幸せな気分になります。 ありがとう御座います。
(60代男性)

待っていましたという感じです。

毎回松重さん演じるごろうさんが仕事以外のことで勘違いされているのも面白いです。

相変わらずよく食べるなあと思いながら見ていました。

松重さんの食べっぷりには相変わらず脱帽です。

松重さん演じるごろうさんですが今日持ち帰る所を始めて見ました。

横浜中華街はちょっと外れると大丈夫か?と思ってしまいますがすこし道を外れてもおいしいお店はあるんだと思いました。

松重さんの食べっぷりには相変わらず脱帽です。

でもいつもすごくおいしそうに食べているので見ているこちらもおなかがすいてきます。

夜中の放送はつらいです。

今回は占いで東南といわれ広東の東と名前に南が入っているというオチも最高でした。

くすみさん相変わらず飲んでますが可愛いです。

ごろうさんが読めなかったお店の名前も最後に判りよかったです。

中国料理に釜飯があるのも驚いたししかもすごくおいしそうでした。

それと神戸の中華がにもあったが横浜の中華街にもコテージみたいなものがあってどこも同じなのかと思いながら見ていました。

最後に怪しい松重さんの映画のCMが面白かったです。
(50代女性)

ドラマ「孤独のグルメ Season8」2話のあらすじと視聴者の声

井の頭線で高井戸へやってきた井之頭五郎(松重豊) は、迷いながらも待ち合わせ場所の【cafe工房 木突木】に到着する。商談相手は笑顔が可愛らしい沢村まどか(上白石萌音)。ところが商品を即決したかと思うと、沢村は高い値引き交渉を仕掛けてくる。実は20代前半という若さながら婚活パーティーを主催する会社社長で、五郎も苦笑いしてしまうほど、なかなかのヤリ手だった――。

商談を終え、運動がてら歩いて中央線の駅へ向かおうとすると、一見オフィスビルのような【レストラン EAT】に遭遇する。しかし表にはメニューがなく、手掛かりは看板に描かれた牛のマークのみ。窓から店の様子を伺うと、窓際に座るカップルのテーブルにおいしそうなシチューやステーキが…。「こんなの見ちゃったら腹が減る」と、店に入った五郎は、レストランのお母さん(中尾ミエ)に了解を得て、カウンター席を陣取る。

そこは目の前で調理が見られる、ステージ最前列のような良席だと思ったが、厨房から出来上がった料理が次々と目の前を通り過ぎ、さらにメニュー表には「ア・レ」や「ミートパトラ」など、イメージがわかない初耳料理…次々と繰り出されるメニューと料理の波状攻撃に、五郎は何を注文すべきか混乱するが、“ガーリック醤油ソース”に惹かれ「タンステーキ」を注文。

ランチセットということで、「チャーチャースープ」と「自家製ドレッシングのプチサラダ」も付いてきたが、このスープと自家製ドレッシングが絶品!メインの「タンステーキ」も、その分厚さとは相反する柔らかさで、五郎は幸せを噛み締める。 これで終わりかと思いきや、「食べずに帰ると絶対に後悔する」と、「ミートパトラ」を追加注文。辛口の挽肉のミート感、とろーり卵のコンビネーションに感動した五郎は、また必ず来店する事を誓うのであった。

参照:「孤独のグルメ Season8」公式サイト

参照:「孤独のグルメ Season8」2話あらすじ詳細はこちら

視聴者の声を見る

放送前(ネタバレなし)

次回も松重さんの食べっぷりも楽しみなのですが料理の名前ミートパトラ?がわからないのでどんな料理か期待しています。

毎回食べるものもどんなものを食べるのかどこに行くのかも楽しみです。

おいしそうに食べる松重さんには毎回毎回楽しみです。

次回は肉の回なのかミートパトラなるものの他にタンステーキが出てくるのでどのくらいのタンが出てくるのかそれも楽しみです。

そしてくすみさんの頼む料理もごろうさんとちがうので飲む人が頼むようなものなのかと毎回楽しみです。(50代女性)

私の中では不思議な番組です。
毎回そうなんですが、これと言って期待もせず何ら変わったことも無いですし、同じような番組内容と思いながらチャンネルをツイ合わせてしまいます。

食欲そそる多くの料理、何処にでもある小さなお店と、食べたい品を思いっきり食す「食べっぷり」そして、絶妙なまでの「心の叫び」圧巻です。

展開予想ですが正直出来ませんね、今迄どおり変わらない番組であって欲しいです。

年末に放送された「生放送」の特番を楽しみにしています。
(60代男性)

前半のドラマ部分はあまり興味がなく、今回はどこのエリアでどなたが出演しているのかが気にかかります。

面白いのは、自問しながらお店を探しまわり、これだと思うお店を選ぶところと、その店のメニュー表に何か特別な料理があり、オーダーしてから出てくるところが面白く、どの料理もおいしそうに見え、その場でそれ僕も食べたいという気持ちになります。

また、たまたま居合わせた常連さんが頼む、知らない料理も注目してしまいます。

メニューで見ただけでは、想像できない料理も実際に持ち込まれる瞬間を見ると、これも頼みますとオーダーしたくなってきてしまいます。
(50代男性)

次回は、タンステーキとミートパトラであり、肉料理を存分に味わう展開のようで、タンという固形物とミートパトラのどちらかというと流動物の登場に、食感や味付けの違いをどのように表現するのか楽しみです。

店の立地からみて、高級住宅街的な地域にたたずむ、品の良い店構えと、店員の中尾ミエを配することで、客に媚びない味を提供していることがコンセプトなのかなと思います。

松重豊が、ミートパトラ等を真っ白いワイシャツを汚さずに食べる姿が、見事となりましょう。
(50代男性)

放送後(ネタバレあり)

今回の放送で、まず1つ気になったのは料理は確かに美味しそうなのではあるのだが、フォークとナイフをテーブルクロスも敷かないテーブルの上に直接置いたところ…これは実際の店舗ではどうなんだろう…と思わざるをえないところでした。

孤独のグルメという番組の性質や主人公「井之頭五郎」のキャラクター性を考えるのならば、ここは一言あってもいいシーンだったのではないか?と思います。

前半と後半で登場するキャラクターがそれなりに濃かったのも今回の放送の特徴と言えますが、「レストラン EAT」のママ役を勤めた「中尾ミエ」さんの個性は特に際立ったと言えるでしょう。

アクの強いキャラクターを演じさせたら天下一品の中尾さんをサラッとしたキャラクターで起用したギャップが楽しめるのも孤独のグルメならではの楽しみ方だと思います。

いつものことながらではありますが、今回はカウンターに陣取ったために調理されテーブルに運ばれていく料理を眺めながらの五郎を演じる「松重豊氏」の多彩な表情はやはり見事です。

様々な仕掛けを用意していると言われる孤独のグルメseason8ですが、第2話は「いーんだよ、こういうのが欲しかった」的に楽しめる安定回だと評価できるはずです。
(40代男性)

今回井之頭は杉並区にある洋食屋を訪れるんですがここの料理が最高に美味そうです。

タンステーキとチャーチャースープとミートパトラが出てくるのですが、まずタンステーキは物凄く分厚いステーキでソースがたっぷりかかった感じはたまりません。

多分このソースでご飯を何杯でも食べれる自信があります。肉の旨味が溶け出したソースを想像しただけでヨダレが止まりません。

続いてチャーチャースープですが、このスープは味が一番想像つかなかったです。

卵の黄身が入っていてボルシチに似ているけど違うと話していたのでクリーミーな感じなんでしょうか。

最後にミートパトラですが見た目はドリアのようでとてもグツグツと熱そうでした。

しかし、こちらも卵が入っていて牛肉と混ぜながら美味しそうに食べている井之頭さんを、みていると癒されます。

このミートパトラをご飯に乗せて食べるのですがそれはもう美味しいに決まってると思いながら羨ましそうに見ていました。
(30代男性)

今回は仕事依頼で杉並区高井戸を訪れていました。

お客様との取引交渉で先手をうたれ、やられたという顔をする井之頭のなんとも言えない表情が面白く、その後も負けじと交渉し合う姿が笑えました。

仕事が終わっての散歩途中にふと目にした店に井之頭レーダーが作動し、すぐに入ろうと行動にうつす様子は、さすが一人グルメを慣れた人だと感心してしまいました。

何も分からないところからメニューを見て、メニュー名だけで想像を膨らませたり、シェフの作る様子や他のお客様が頼んだメニューを観察して選んでいる井之頭の行動が挙動不審になっていて、そうなるほど悩んでいる姿に何を頼むのか期待が膨らみました。

悩んだあげく選んだ後も他のお客が頼んだメニューが気になっている様子でしたが、いざ注文したメニューが目の前に届き食べ始めると、周りのことは目に入らないようで、一人の世界に入り料理を楽しむ姿にお腹が減ってしまいました。

今回のメイン料理はタンステーキで、それを頬張る井之頭が羨ましく感じました。

タンステーキを食べ始めてからは、手が止まることなく平らげてしまう様子にそれだけで美味しさの評価が高いことが分かりました。

また、それだけ食べたにも関わらず、再度追加メニューをした井之頭の大食漢に驚きでした。

今回も安定の飯テロな内容となっていました。
(30代女性)

ドラマ「孤独のグルメ Season8」3話のあらすじと視聴者の声

日比谷公園のベンチでひと時の休憩をとっていた井之頭五郎(松重豊)は、昨今の忙しさからかついつい居眠り…。仮眠後、商談相手の劇団ノーモラル主宰・武者小路朱雀(岸谷五朗)を尋ねる為、銀座のとあるバーへ向かう。

しかし、オーダーを受けた像のカタログを渡すも「インスピレーションで探して」と言い出すなど、五郎を困惑させ面倒なやりとりが続いていく…。

商談はうまくいったものの、変な気を使って体力を消耗し空腹に。飲食店街に出た五郎は、怪しげな路地に建つ、アングラな店構えの【四馬路】を見つける。“昼食堂”“ポークソテー”と書かれた看板に心惹かれ、五郎は覚悟を決めてこの店に勝負をかけることに!

しかし、ポークソテーを注文しようとすると、店主(室井滋)から「ロールキャベツ定食しかない」と言われる。ボークソテーがない事にショックを受けつつも、「ロールキャベツ、随分食べてないし、それも良し」と思い、ロールキャベツ定食を注文することに。

独特な店主のキャラクターに圧倒されるも、出てきた「ロールキャベツ」は不思議な甘さで無茶苦茶旨い!さらに定食に付く「大根と人参のなます」は、絶妙な酸っぱさで「ロールキャベツ」との相性は抜群!最後にご飯をお替りし、ロールキャベツのスープを残さず堪能し、再び仕事に向かう五郎であった。

参照:「孤独のグルメ Season8」公式サイト

視聴者の声を見る

放送前(ネタバレなし)

次回は銀座のBarのロールキャベツ定食を食べるとのことで、お酒が飲めない井之頭が、なぜBarで食事をすることになったのかが気になるところであり、見どころだと思います。

Barに行くからには、必ずお酒の話題になり、飲めないことに触れられてしまうことで、少し微妙な空気になってしまう様子が笑いどころだと思います。

また、気まずさを感じながらも、食事を目の前にすると周りが見えなくなるほどの集中力を発揮する井之頭が3話でも見どころだと感じました。
(30代女性)

次回は銀座のバーでロールキャベツ定食だそうです。

多分銀座のバーがポイントになると思います。

そんなお洒落なところのロールキャベツ定食が不味いわけありません。

恐らく味も他の定食屋とは一風変わっていて隠し味的な何かが、あるような気がします。

井之頭さんがお洒落なバーにいる姿を想像すると結構似合っていることに気づきました。

でもこう言うお洒落なバーの食事って値段が高いんですよね。

その点が気になりますが楽しんで見たいと思います。
(30代男性)

第2話は安定感のある放送内容だっただけに、第3話はどんな内容で攻めてくるのだろうか?と期待される回だと思います。

第3話は洋食のロールキャベツもさることながら、店主?ママ役の「室井 滋」が予告の最後に出てきたのがやはり注目を集める部分ではないでしょうか。

もちろんグルメ番組なのでそれほど番組の内容に絡むことはないのは百も承知ですが、やはり個性派女優の登場には興味をそそられます。

また「俺はいまキャベツの優しさに包まれている」この台詞にどう絡めてくるのかも注目です。
(40代男性)

放送後(ネタバレあり)

最初の五郎の昼寝。

撮影は日比谷公園だが、実際あの公園であそこまで大袈裟に寝ている人を見た記憶はない。

打ち合わせの武者小路さん何がやりたかった?

しっかりマクベスと答える五郎に対する武者小路のニワカぶりにドン引き。

日比谷、有楽町方面、しかもガード下からコリドー通りを抜けなくてもお店は沢山あるだろうにと思いつつ、謎の昼食堂に惹かれる五郎。

結局はハズレではなかったが、一見さんには博打が過ぎる店を選ぶとは結構アグレッシブ。

食事のロールキャベツは、どんぶりご飯に味噌汁、和え物が紅白なますとよく分からない品揃え。

ナイフとスプーン、そしてお箸という面倒な食べ方。

ロールキャベツはスープがしみて美味しそうだが、味噌汁とコンソメが口の中でごちゃ混ぜしてしまいそうだ。

最後の追い込みは、五郎得意の丼攻めかと思いきや、今回は逆パターンでロールキャベツの汁にご飯を入れるリゾット風で、BGMもいつもと違っていた。

お店を出た後の五郎が感想した「不思議な時間」を演出した室井滋の怪演が光る。

今回は1000円前後でランチが済んだという、そちらの方が珍しい回だった。
(40代男性)

五郎さん今回は銀座のBARが昼間提供しているロールキャベツを食していましたね。

当初はポークソテー目当てに来店しましたがポークソテー無くて正解でした。

だってロールキャベツ定食めちゃめちゃ美味しそうでしたもん。

そもそもロールキャベツ定食なんて扱っているお店私は遭遇したことないのでロールキャベツがあるお店は非常に珍しく見えました。

まずはあのロールキャベツ。肉がびっしりと詰まっていてのコンソメ味が白飯に合いそうで旨そうでした。

特に甘いスープと一緒にロールキャベツの上にあったトマトが酸味を効かせるアクセントとしているようで余計に食欲をそそりました。

五郎さんが最後ロールキャベツのスープにご飯を落として食べていましたが自分もそれやりそう。

最後の最後までロールキャベツを堪能したいと思わせられるシーンでした。

そしてロールキャベツと白飯の脇をサポートするかのようになますと味噌汁の存在が渋いですね。

なますってお口直しの意味もあったのかな。

味噌汁も具材がわかめにほうれん草、カボチャとおふくろの味的な味噌汁で食べごたえありそうでしたね。
(40代男性)

第3話は、冒頭のお客との商談のシーンから面白かったです。何気にゲストの出演者が豪華だった。

今回のお店は、日比谷の路地裏にあるバーでした。夜がバーで、昼間にランチをやっているお店だった。

お店の事情で、ランチメニューはロールキャベツのみ。

しかし、このロールキャベツがとても美味しそうでした。

大きなロールキャベツ2つに、ご飯にみそ汁など、どれも観ていて涎が出てきちゃいました。

お店の女将さんも、ユニークな人で、最後のコーナーで、実際の女将さんが出てくるのですが、劇中で室井滋が演じていたようにとてもユニークで、味のある人で共感がもてました。

最後の、作者が実際のお店に訪問するコーナーでは、夜のバー営業の時で、フルーツが出されていました。

メロンを2つに切って、そこにブランデーを掛けて食べるのですが、ここでも涎が出てしまうほど、美味しそうでした。

第3話を観て、日比谷ということで近いので、実際にロールキャベツを食べに行きたいと思いました。
(40代男性)

ロールキャベツが出てくるまでにママのお話が面白く、食材に拘っているところも聞いていて楽しかったです。

ワカメに拘っているだけあって、出てきたお味噌汁がすごく美味しそうでした。

ロールキャベツはとても柔らかくスーっとナイフが入り、口の中でとろけるような旨味が広がっていて、画面越しでも美味しさが伝わってきて、一緒に食べているような気分になりました。

ヨーグルトがいい味わいを出していて、ロールキャベツの旨味と混ざりあいながら、味を壊さず整えているところがすごいなと思いました。

松重さんが口に一口いれながらじっくり味わう姿は、こちらの食欲を誘ってきてとても美味しそうでした。

常連さんもママのロールキャベツを食べない日々が続くと恋しくなるといっていた意味が伝わってきて、ママの人柄も良いし、こんなお店が近くに合ったら通ってみたいなと思いました。

皆に愛されるお店なので、この味がいつまでも耐えることなく続いていったら良いなと思いました。
(30代女性)

ドラマ「孤独のグルメ Season8」4話のあらすじと視聴者の声

放送後に更新します。

まとめ

ドラマ「孤独のグルメ Season8」1話~最終回の見逃し配信を無料視聴する方法をご紹介しました。

放送から1週間以上経過している場合、Paravi(パラビ)で全話無料視聴できます。

Paravi(パラビ)のメリットまとめ

ドラマ「孤独のグルメ Season8」を含め、配信中の多くの作品が見放題
国内ドラマ配信数は最大級で、独占配信が多い(WOWOWドラマも!)
スピンオフドラマなどオリジナルコンテンツが多数
30日の無料お試し期間あり(解約はいつでも可能)
毎月500円分の優待チケットがもらえるので、有料コンテンツも楽しめる
ダウンロード機能があるので、オフラインでも楽しめる
再生速度の変更が可能

30日間のお試し期間があり、30日以内に解約すればお金は全くかかりません。

登録・解約手続きは簡単なので、ぜひお試しください。

▼いますぐ視聴する方は下のリンクからどうぞ▼
30日間お試しでParaviに登録する(無料です)
(30日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)