映画無料視聴

映画「この世界の片隅に」の動画をフルで無料視聴する方法はこちら!監督・片渕須直による珠玉のアニメーション

ここでは、映画「この世界の片隅に」のフル動画を無料で視聴できるサービスについてお伝えしていきます。

結論から言いますと、U-NEXTという動画配信サービスを利用すれば、一切お金をかけることなく視聴ができます。

登録後31日間は無料トライアル期間となっていて、解約はいつでも簡単にできます。

いますぐU-NEXTで無料視聴する方はこちら
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

映画「この世界の片隅に」動画の無料視聴方法!おすすめは断然U-NEXT

まず、主要な動画配信サービスでの映画「この世界の片隅に」の配信状況をチェックしてみましょう。
(○=今すぐ無料視聴が可能、△=配信されているが有料、×=未配信)

U-NEXT
Hulu
Amazonプライム
dTV
TSUTAYA TV
FODプレミアム
ビデオパス
ビデオマーケット

いくつかのサービスで配信されていますが、最もおすすめなのが、業界大手のU-NEXTです。

大きな理由は以下の通りです。

・映画「この世界の片隅に」が今すぐ無料で視聴可能
・「この世界の片隅に」実写ドラマ(2011年、2018年)も見放題

・登録、解約手続きが比較的簡単にできる
・作品配信数が圧倒的

・無料トライアル期間が長い

U-NEXTには見放題作品とレンタル作品がありますが、レンタル作品であっても初回登録時にもらえる600ポイントを使用してすぐに無料視聴ができます。(ちなみに映画「この世界の片隅に」は見放題作品です)

現在31日間の無料トライアルを実施していますので、全くお金をかけることなく、映画「この世界の片隅に」の視聴が可能です。

またU-NEXTでは映画だけでなく、実写ドラマも見放題ですし、原作の電子書籍も配信されています。
※実写ドラマは、2011年北川景子×小出恵介の出演作と2018年松本穂香×松坂桃李の出演作です

 

U-NEXTの動画配信数は16万本と国内最大級で、映画はもちろんドラマ、アニメ、音楽、バラエティなど作品の充実度は群を抜いています。

新作から旧作まで多数の映画を配信中

登録や解約手続きは他サービスに比べて簡単なので、ぜひお試しください。

U-NEXT公式ページを見てみる
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

U-NEXTのメリットが凄い!映画好きには特にオススメ!

さらにU-NEXTは、他のサービスと比較して下記のようにメリット(特徴)がたくさんあります。

U-NEXTのメリット(特徴)

31日間の無料トライアル期間がある(解約はいつでも可能)
初回登録時に600ポイント、無料期間終了後には毎月1,200ポイントがもらえるので、新作映画や電子書籍などの有料コンテンツも楽しめる(1ポイント=1円)
毎月貰えるポイントは映画のチケット(しかも300円分お得なチケット)に交換可能
新作映画の配信が早い
ほとんどの作品のダウンロードが可能で、オフラインでどこでも楽しめる
パソコン、スマホ、タブレットなどのマルチデバイス対応で、同時視聴も可能(4人まで)
再生速度の変更が可能
70誌以上の最新の人気雑誌が読み放題
42万冊以上の電子書籍があり、無料で読める漫画もたくさんある

このようにU-NEXTは映画好きにはたまらないメリットが盛り沢山です。

デメリットは無料期間終了後の月額料金が1990円(税抜)とやや高めなことくらいです。

といっても毎月1,200円分のポイントがもらえますし、その前に無料期間内(登録から31日以内)に解約してしまえば料金は一切かかりません。

登録・解約手続きはとても簡単ですし、映画「この世界の片隅に」を無料で視聴するならU-NEXTが一番オススメです。

違法アップロードされているサイトでの視聴は、ウイルス感染や個人情報流出の危険がありますので、公式サービスであるU-NEXTで安全に視聴することをおすすめします。

U-NEXT公式ページを見てみる
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

※2019年10月時点の情報です。配信状況など詳細は公式サイトにてご確認ください。

映画「この世界の片隅に」作品情報

あらすじ

昭和19年、絵を描くことが好きなすずは海軍の街・呉に嫁ぐ。見知らぬ土地に戸惑いながらも、一家の日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、幾度もの空襲に襲われる。そして、昭和20年の夏がやってきた。

主なキャスト

・(北條(浦野)すず)のん
・(北條周作)細谷佳正
・(黒村晴美)稲葉菜月
・(黒村径子)尾身美詞
・(水原哲)小野大輔
・(浦野すみ)潘めぐみ
・(白木リン)岩井七世
・(北條円太郎)牛山茂
・(北條サン)新谷真弓
・(浦野十郎)小山剛志

主なスタッフ

監督:片渕須直
原作:こうの史代
アニメーション制作:MAPPA
音楽:コトリンゴ
脚本:片渕須直

U-NEXT公式ページを見てみる
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

視聴者の声

感想

第二次世界大戦中の広島を舞台にしたアニメ映画ですが、面白かったのは主人公のすずさんが戦争にほとんど関わってこない点ですね。

すずさんと結婚した周作は海軍の書記官として働きますが、それもやっぱり戦争の最前線に送られるわけではなくて。

戦争を題材にした映画なのに主人公もその結婚相手も戦場送りにはならないのが意外でもあり、面白くもありました。

なので軍人達の戦いぶりを観る映画ではなくて、戦争をしている国――日本の片田舎で暮らす普通の人々の暮らしぶりを描いていく映画なんですね。

当時の大多数の日本人はどのような暮らしをしていたのか、その一端を見ることが出来て面白かったです。

とはいえ舞台は広島、その戦争の最後には皆が知っているあの結末を迎える事になるわけでして……。

そこに向かって静かに進んでいく緊張感と、その後に待っていた地獄と復興生活はとても印象深かったです。

戦争する兵士達の映画はたくさんありますが、そうではなくて一般人から見た戦争を描く映画はどちらかというと珍しいので、興味を持っている人はぜひ観てもらいたいですね。
(30代男性)

主人公のすずさんののんびりほのぼのとした雰囲気にとても好感がもてます。

ぼのぼのとしたずずさんが、呉に嫁ぐ前からそして嫁いだ後も、婚家を巻き込んだ数々のぼのぼのとした行いを「クスッ」と笑わせていただきました。

戦時下の厳しい状況の中でも、ぼのぼのスタイルを崩さず、悲惨な別れやその悲しみに沈んでいたとしても、自分を責めながらも婚家の皆さんと悲しみを共有し、みんなで乗り越える強さに感銘をうけました。

なにより映画の中に出てくる「方言」。

聞いていて安心できる、暖かさが伝わる「方言」でした。

それと同時に、当時の生活のリアルさをとても感じられました。

当時の生活様式を知ることができて、とても楽しめました。

それと、すずさんの年代は私の祖父母の世代です。

穏やかに笑っていた、祖父母はこんな恐ろしい戦時下で生きていたのかと思い起こされました。

戦争は、こんなに身近にあるのだと思い知らされた気がします。

すずさんや、まわりの人々のおおらかさとは対局の恐怖を実感します。

戦争は悲惨な事ですが、その当時生きていた人たちの思いを感じることができました。
(40代女性)

原作はこうの史代氏の同名漫画であり、その世界をかなり再現していると思います。

戦時中の広島から呉に嫁いだヒロインの、いち市民としての普通の生活を描いたものであり、刻々と字幕に出る日付に従ってごくごく狭い地域の中だけで話が展開します。

別に何か重要アイテムを探しに上京したりだとか、被爆した家族の安否を求め広島をさまよったりはしません。

嫁ぎ先の面々と触れ合い、砂糖をアリに食べられたといっては嘆き、すぐそこの町で迷子になり、海の見える段々畑で絵を描いている、そんな風景の繰り返しです。

また、容赦ないつっこみにひっくり返るなど、割にギャグ漫画的な表現が多いのも特徴です。

それでいて見終わった後は、柔らかな愛情とともにしっかり戦争の悲惨さを噛み締めることができる映画です。

戦争をテーマにしたもう一つの代表作も、被爆女性のその後をテーマにしており、どちらも直接「ヒロシマ8・6」を描かずして当時を描く、非常に価値のある作品になっています。
(40代男性)

戦争下の一市民の生活を描いたアニメ映画で、トータルで悲しいのですが、すずさんのコミカルな様子、登場人物の暖かさなどがほっこりします。

そのほっこりさがあるから唐突に姪っ子を不発弾事故で失う悲劇、戦争のせいで本来の幸せが壊される悲劇が際立ちます。

すずさんは、戦争に賛成でも反対でもないただの一般市民なのに、戦争に振り回されて嫁ぎ先で気を使われたり、初恋相手が海軍軍人だから気まずい思いをしたり、貧しさに耐えたり、挙句の果てには姪っ子を失った責任を責められて腕まで失ってしまいます。

戦争さえなければあかるいただの一人の女性だったのにと思うと、他の壮大な戦争映画よりも戦争の不条理さに共感できます。

印象的だったのは、敗戦の玉音放送を聞いてすずさんをはじめとする登場人物が、平和が訪れて安心する気持ちよりも、負ける戦争の為に自分たちが失った犠牲は何だったのかという悔しさを感じていたことです。

片腕を失った後原爆孤児を引き取ったすずさんの家庭が、細々としながらも平和であることを願いたいですが、妹さん、孤児の子供なども原爆症で長く生きられなかったのではないかと思うと悲しいです。
(30代男性)

まずはなんといっても、ゆったりとした感じで話す主人公を演じたのんさんの声が本当に心地よくて、癒されるような感じがして最高だと思いました。

出世作の「あまちゃん」以来活躍が少なかったので、本当に久しぶりの当たり役という感じがしました。

ファンには、待ちに待った感じの活躍だと思います。

ストーリー的には第二次世界大戦末期という戦時中の物語ですが、後半は少しありますが、それまでは悲壮感も少なくて見やすかったと思います。

そして、色々と苦労などが多い暮らしの中で、それに負けずに健気に頑張る主人公が魅力的だと思いました。

また後半に、義理の姉の子供を爆弾から守れず、主人公自身も腕をなくすという感じがありましたが、この件は本当に可哀想だと思いました。

ちなみに、松本穂香さんが主演のドラマも見ていて、両方とも違う良さがあると思います。

声だけでこの世界感を表現しているのんさんは、本当に演技力が高くて素晴らしいと思いました。
(40代男性)

さらに見る

戦時中の日本で、女性は何を思い嫁いでいったのか、ここまで描かれた映画はないと思います。

自由に恋愛をして結婚できる今の日本では信じられない、親同士が決めた結婚。

そして、嫁いだ先で始まるのは、家事に追われ夫を支える妻としての生活です。

今で言えば、専業主婦の仕事と変わりないかもしれませんが、環境が違います。

いつの間にか戦争は本格化し、食料の配給が足りなくなってきました。

そんななかでも、知恵を絞って料理を作るすずさんの意気込みに勇気をもらえます。

便利になりすぎた現代社会のなかで、そう遠くない戦争の時代の生活が身近にも感じられます。

きっと、当時の日本も、人々は普通の暮らしをしていて、いつの間にか自分達に戦争の影が忍び寄っていたのだとこの映画を見て思いました。

終戦を迎えた後も、戦時中の心の傷は癒えなくて、生きていても辛かったはずです。

それでも強く生き延びようとする、すずさん達はとてもたくましいです。

この映画を見ると、いかに自分が恵まれた平和な日本で過ごしているかわかると思います。
(20代女性)

関東平野に生まれ育っていると、呉の山あり海ありの景色が、途方もなく遥かかなたの地方に思えてきます。

地方出身の方には、懐かしく身近に感じる光景だったかもしれません。

暮らしも時代が時代とはいえ、国はなぜ国民の多くがこのような生活を営んでいるのに、戦争をする気になったのかと思える位、ほのぼのとした風景と語り口で物語がおっとり進行していきます。

それなのに、原爆を逃れながら、その後に行く必要がなかった場所で被弾し利き腕の片腕を失ってしまう主人公は、絵を描いたり裁縫が上手な人でした。

ほのぼのとした恋愛を交えたストーリーの後半は、このように胸に突き刺さるお話です。

直接戦争被害の悲惨さを描いたシーンは少ないのですが、これまで見た戦争ものの映画やアニメ、漫画の中でも辛く感じました。

興味深いところは、地方ならではの民族学的な傘問答を描いたシーンがあったことです。

自分の両親の親戚の何人かは知っていた様子だったことに、この作品を観てから気が付きました。
(50代女性)

 戦争を描いた映画は、被害の悲惨さや人間の醜さ、一家離散など絶望的につらい現実をつきつけ、目をそむけたくなるようなシーンも多い。

しかし、この映画は普通の主婦が戦時下に精いっぱい生き、ひもじい生活をも自分らしく、明るく暮らしていく姿がほほえましい。

実際は原爆で身内を亡くすし、一緒に歩いていた義理の姪を空襲で失うなど、身近な家族の死も描かれている。

しかし、戦争中はそれは日常的なことだったのだろうし、とにかく自分ですら明日をも知れない命なのだ。

悲惨さよりも、それをも飲み込んで生きていくのが当たり前、という日常こそが現実だったということが胸に迫った。

ただ、絵を描くのが好きだったすずさんが、利き腕を空襲でなくすのはつらかった。

人生の楽しみを奪われ、それでもまた日常は続いていく。婚家で家事をしにくくなり、自分の居場所がないのでは、と悩んだ彼女に手を差し伸べたのこそ、娘を失い、一度はその子といっしょに歩いていたすずさんを責めた義姉であったのは救いだった。

みんなが大事なものを失ったあとも、それでも歯を食いしばって生きていかなければならない。

二人が心を通わす姿に、人生の心理を見たような気がする。
(50代女性)

まずは、なんといっても主役のすずの声を担当している、のんこと能年玲奈さんの声が素晴らしすぎて素敵です。

最近は、お漏れ舞台に出てくることが少なかったのんさんですが、この作品では声だけで表現するという演技力を見せつけています。

「あまちゃん」以来の快挙だと思います。

実写版でドラマバージョンの松本穂香さんのほのぼのした感じも良かったですが、この作品では声だけでこれだけのインパクトを与えるというのは、本当にのんさんの表現力がすごいということだと思います。

とにかく聴いているだけで、とても癒されるような優しい声で演じていて、尚且つ力強さみたいな感じもあって、素晴らしかったと思います。

そして、テーマは第二次世界大戦ということで、しかも末期の日本が大変な時期のことを描いていますが、悲壮感は少なく見やすくて、しかもコミカルな感じの笑えるようなシーンもたくさんあるので、戦争映画が苦手な方にもオススメできると思います。
(40代男性)

戦争に関する表現が詳細でほとんど史実に則していると、公開当時通っていた予備校の日本史の先生がおしゃっていた通り非常にリアルで現実味あふれる描写でした。

内容に反してかわいらしい絵柄ですが、だからこそ辛く厳しい現実がそのまま描かれているにも関わらず目を逸らさず受け止めることができる作品になっているのだと思います。

戦争がいかに凄惨な事実であるかを後世に伝える大きな手助けとなるでしょう。

主人公の幼い頃から始まることで、「たくさんの人が被害を受けた」戦争ではなく、大切なものを失ってゆく1人の人生として描かれています。

そういった1人1人の人生が壊されていったのが戦争なのだと痛感させられました。

また、空襲時以外の穏やかな毎日の描写は、戦時中であるという異常事態が少しずつ日常に同化し、忘れてしまっているという悲しい事実を表しています。

姪っ子を時限爆弾で亡くしてしまい、義姉に責められるが、実際は主人公は悪くないことは彼女も理解しているはずだ。

このような行き場のない怒りや悲しみがたくさん生まれてしまうのが戦争なのだと悔しさと切なさでいっぱいになった。
(20代女性)

見どころ

ほのぼのとした…と言いますか、素朴な感じのする淡い色使いがまず最初に印象に残る映画です。

この色彩から感じられるのは田舎とか「平和」とか「日常」とかいった温かいイメージですが、しかし遠く離れた地では世界大戦の真っ最中なんですよね。

なので、そんな温かい雰囲気のある色彩のまま、その平和な世界にいきなり空襲が遭ったりするのがとても怖く恐ろしかったです。

日常の温かさと脆さを感じさせられる良い演出になっていたと思いますので、皆さんにもぜひ体験してほしいですね。
(30代男性)

当時の生活様式を知ることができるので、子供の教育にはもってこいだと思います。

今の便利な暮らしもいいですが、当時の不便さ、でも当時は当たり前だった生活をみることができるよい映画です。

それと同時に、「戦争は戦地で行われるもの」では無いことを戦争を知らない人たちに教えてくれる映画だと思います。

戦争の是非を問う前に見てほしい映画です。
(40代女性)

この作品には胸おどるストーリーとかはありません。

逆に原爆が落ちた終戦直前が舞台だからといって、グロ描写もないのでそこは安心して見れます(多少、心理的に厳しい暗転のシーンはありますが…)

主人公すずの日常と周りの風景をほぼ淡々と描いているだけ、しかしそれが最大の魅力だと思います。

このすずという女性がちょっと抜けていて実に可愛らしく、自分では普通に真面目に生きているつもりなのだけど周りに指摘されるまでわからないという典型的な天然キャラです。

さらに声を当てているのが女優ののんということでイメージもぴったりであり、その彼女が描きこまれた当時の町並みを歩いているというだけで充分引き込まれてしまうのではないでしょうか。
(40代男性)

戦局も知らない、歴史観も持たないただの一般市民目線で戦争が描かれていることが見どころです。

嫁ぎ先での居づらさ、初恋の相手と再会した気まずさ、夫婦間のいざこざと同じレベルで、生活の貧しさ、死の恐怖が同居していて避けようもないことがリアルに感じられる映画なので悲しい場面もありますがぜひ鑑賞してみてください。
(30代男性)

ストーリー的にも第二次世界大戦を扱っていたりと、気になる部分は多いですが、やはりこの作品の見所と魅力は主人公を演じたのんさんだと思います。

本当に色々な表情の声を、豊かな感性で演じていて素晴らしいと思います。
(40代男性)

さらに見る

この映画は、特に女性に見てほしいです。

戦時中でも、映画のなかの女性は現代の私達と何ら変わりありません。

親の決めた結婚でも、その相手を好きなり、愛情が芽生えるのです。

女性は、いつの時代も変わらず、懸命に生きているのだと勇気をもらえる作品です。
(20代女性)

のどかなまたは目まぐるしい毎日の暮らしの中に、戦争が普通に入ってきて否応なく翻弄され、自分だったらどうする?どう行動する?と突きつけられたような内容でした。

素朴で純粋でピュアな内容と、暖かで類を観ないおとぎ話風の絵柄。

このお話は、おとぎ話ではなく昭和の実話であり、時代考証が綿密にされた厚みのある作品です。

素晴らしい絵とストーリー、ファンタジックに描いている点がみどころです。
(50代女性)

 日本ではよく「平和ボケ」と言う言葉が使われますが、つい数十年前には、同じように普通の人が戦争によって、日常の暮らしを奪われていたことを思い出させてくれる映画です。

失ってはじめて、わたしたちはその「平和な日常」がどんなにありがたいものだったかを知るのです。

だからこそ、日々の暮らしを丁寧に、感謝しながら生きていこうと改めて思わせてくれました。

いま、悶々としている人、やりたいことが見つからないと悩んでいる人にこそ、見てもらいたいと願っています。
(50代女性)

やはり、なんといっても主役の声を演じているのんさんの抜群の表現力が、一番魅力的なポイントだと思います。

戦争映画で第二次世界大戦ということで、後半は悲劇もありますが、それまではほんわかした感じで、癒し的な感じがあると思います。
(40代男性)

辛い現実を受け入れつつ、気丈に毎日を楽しむ主人公の姿に胸打たれます。

暗いだけではなくコミカルな場面も多々ありあまり落ち込みすぎずに見ることができます。

歴史が苦手な私でもかなり楽しめたので、おすすめです。
(20代女性)

まとめ!映画「この世界の片隅に」の動画はU-NEXTで無料視聴しよう!

映画「この世界の片隅に」のフル動画を無料視聴する方法や、作品情報をご紹介しました。

U-NEXTという動画配信サービスを利用すれば、映画「この世界の片隅に」を無料で視聴することが可能です。

「この世界の片隅に」実写ドラマや電子書籍も配信されていますので、とてもおすすめなサービスです。

U-NEXTのメリット(特徴)

31日間の無料トライアル期間がある(解約はいつでも可能)
初回登録時に600ポイント、無料期間終了後には毎月1,200ポイントがもらえるので、新作映画や電子書籍などの有料コンテンツも楽しめる(1ポイント=1円)
毎月貰えるポイントは映画のチケット(しかも300円分お得なチケット)に交換可能
新作映画の配信が早い
ほとんどの作品のダウンロードが可能で、オフラインでどこでも楽しめる
パソコン、スマホ、タブレットなどのマルチデバイス対応で、同時視聴も可能(4人まで)
再生速度の変更が可能
70誌以上の最新の人気雑誌が読み放題
42万冊以上の電子書籍があり、無料で読める漫画もたくさんある

U-NEXTは31日以内に解約すればお金は全くかかりません。

登録、解約手続きは簡単なのでこの機会にぜひお試しください。

U-NEXT公式ページを見てみる
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)