映画無料視聴

映画「空母いぶき」の動画をフルで無料視聴する方法は?かわぐちかいじのベストセラーコミックが実写化!

ここでは、映画「空母いぶき」のフル動画を無料で視聴できるサービスについてお伝えしていきます。

結論から言いますと、動画配信サービスであるU-NEXTを利用すれば、一切お金をかけることなく視聴ができます。

登録後31日間は無料トライアル期間となっていて、解約はいつでも簡単にできます。

いますぐU-NEXTで無料視聴する方はこちら
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

映画「空母いぶき」動画の無料視聴方法!おすすめは断然U-NEXT

まず、主要な動画配信サービスでの映画「空母いぶき」の配信状況をチェックしてみましょう。
(○=今すぐ無料視聴が可能、△=配信されているが有料、×=未配信)

U-NEXT
Hulu
Amazonプライム
dTV
FODプレミアム
ビデオパス
ビデオマーケット

いくつかのサービスで配信されていますが、最もおすすめなのが、業界大手のU-NEXTです。

大きな理由は以下の通りです。

・映画「空母いぶき」が今すぐ無料で視聴可能
・登録、解約手続きが比較的簡単にできる
・作品配信数が圧倒的

・無料トライアル期間が長い

U-NEXTには見放題作品とレンタル作品がありますが、レンタル作品であっても初回登録時にもらえる600ポイントを使用してすぐに無料視聴ができます

ちなみに映画「空母いぶき」はレンタル作品(視聴するのに550ポイントが必要)なので、初回登録時にもらえるポイントを使用しての視聴となります。

現在31日間の無料トライアルを実施していますので、全くお金をかけることなく、映画「空母いぶき」の視聴が可能です。

U-NEXTでは、原作漫画や書籍も配信されています。(有料コンテンツです)

 

U-NEXTの動画配信数は17万本と国内最大級で、映画はもちろんドラマ、アニメ、音楽、バラエティなど作品の充実度は群を抜いています。

新作から旧作まで多数の映画を配信中

登録や解約手続きは他サービスに比べて簡単なので、ぜひお試しください。

U-NEXT公式ページを見てみる
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

U-NEXTのメリットが凄い!映画好きには特にオススメ!

さらにU-NEXTは、他のサービスと比較して下記のようにメリット(特徴)がたくさんあります。

U-NEXTのメリット(特徴)

31日間の無料トライアル期間がある(解約はいつでも可能)
初回登録時に600ポイント、無料期間終了後には毎月1,200ポイントがもらえるので、新作映画や電子書籍などの有料コンテンツも楽しめる(1ポイント=1円)
毎月貰えるポイントは映画のチケット(しかも300円分お得なチケット)に交換可能
新作映画の配信が早い
ほとんどの作品のダウンロードが可能で、オフラインでどこでも楽しめる
一つの契約で4アカウントまで作れる(視聴履歴の共有はなし)
パソコン、スマホ、タブレットなどのマルチデバイス対応で、同時視聴も可能(4人まで)
再生速度の変更が可能
70誌以上の最新の人気雑誌が読み放題
42万冊以上の電子書籍があり、無料で読める漫画もたくさんある

このようにU-NEXTは映画好きにはたまらないメリットが盛り沢山です。

デメリットは無料期間終了後の月額料金が1990円(税抜)とやや高めなことくらいです。

といっても毎月1,200円分のポイントがもらえますし、その前に無料期間内(登録から31日以内)に解約してしまえば料金は一切かかりません。

登録・解約手続きはとても簡単ですし、映画「空母いぶき」を無料で視聴するならU-NEXTが一番オススメです。

違法アップロードされているサイトでの視聴は、ウイルス感染や個人情報流出の危険がありますので、公式サービスであるU-NEXTで安全に視聴することをおすすめします。

参照:「著作権法の一部を改正する法律について」(文化庁)

参照:「著作物を無断で使うと?」(公益社団法人著作権情報センター)

参照:「テレビ番組の違法配信に関わる法制度について」(日本民間放送連盟)

U-NEXT公式ページを見てみる
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

※記事内容は2019年12月5日時点の情報です。配信状況など詳細は公式サイトにてご確認ください。

映画「空母いぶき」作品情報

概要

2019年5月24日公開。主演は西島秀俊、監督は若松節朗。2018年11月16日に追加キャストが発表された。12月13日にはさらなる追加キャスト(映画オリジナルの登場人物)を発表。

同名漫画を原作とするが、相手国は架空の国家「東亜連邦」(とうあれんぽう)で、いぶきに記者が乗り込むなど、ストーリーはオリジナルのものである。

参照:空母いぶきウィキペディア

あらすじ

20XX年。波留間群島初島に国籍不明の武装集団が上陸、海上自衛隊は航空機搭載型護衛艦・いぶきを旗艦とする第5護衛隊群に出動を命じる。現場水域周辺でのミサイル攻撃や突如出現した敵の空母艦隊を前に、隊員たちは想定を越えた戦闘状態に突入していく。

主なキャスト

(秋津竜太)西島秀俊
(新波歳也)佐々木蔵之介
(本多裕子)本田翼
(田中俊一)小倉久寛
(瀬戸斉昭)玉木宏
(淵上晋)戸次重幸
(迫水洋平)市原隼人
(有澤満彦)堂珍嘉邦
(藤堂一馬)片桐仁
(岡部隼也)和田正人

主なスタッフ

監督:若松節朗
原作:かわぐちかいじ
音楽:岩代太郎
脚本:伊藤和典、長谷川康夫

U-NEXT公式ページを見てみる
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

視聴者の声(ネタバレあり)

感想

この映画は本当に敵が攻撃していたらどうなるのかを描いていて、リアリティがあってドキドキしながら見ました。

また、戦闘態勢になっている自衛隊の隊員の緊張感がよく伝わってきて、映画館で寝ていることもありませんでした。

また、本当に敵に対して反撃もするのですが、その頃の設定がちょうどクリスマス前でのんきにクリスマスの準備をしているコンビニの店主のことも描かれていて、戦闘態勢になっている海と日本列島の中のギャップがすごいなと思いました。

コンビニの店主を俳優の中井貴一さんが演じていましたが、のんびりした感じを上手く演じていました。

日本が初めて外国と戦争をしているのを初めて見た記者の視点で描かれているのも生々しくて良かったです。

その記者を女優の本田翼さんが演じていましたが、本田さんのように戦争を知らない世代が演じることで余計にリアリティがあって、良かったです。

戦争を知らない私たちに戦争が起こったらこうなるだろうと問いかけることで今の日本は平和なのだと言うことも言いたいのかなと思いました。
(50代女性)

映画館で予告を観た時に「これは是非観てみたい」と思いました。

元々戦艦などが好きでしたし、ストーリーも現在の日本において「絶対に有り得ない」とは言い切れない内容だと感じたことも観たいと思った点でありました。

もし映画のような出来事が実際に起きたら、現代の日本人はその事態にきちんと向き合えるのだろうかと自分なりに想像しながら真剣に観ました。

戦闘状態になったとしたら、真っ先に動くことになるのが自衛隊の方々でしょう。

でも実際に自衛官の方々が本当の戦闘を意識しながら日々の訓練をしているのでしょうか。

決して自衛隊の方々を責めているのではなく、この平和な状況の今の日本において常に戦争時を念頭に置きながら訓練に励むのは難しいことだと私は思うのです。

しかし「空母いぶき」にあるように、戦闘や戦争は何の前触れもなく始まるものかもしれません。

その時、実際に判断を下すのは現場の指揮官である可能性が高いという現実は否めません。

自分がその立場だったら、冷静に状況判断をして果たして決断を下せるのか。

そんな風に考えさせられるほど、緊迫した現場の様子に目が離せませんでした。

誰かがやらなくてはいけない。
現代の日本人に欠けている点でもあるような気がします。

それを西島秀俊さんが演じる「空母いぶき」艦長の秋津隆太は見事にやってのけていました。

あらゆる分野で求められるリーダー像だと私は思いました。

人間模様も見どころ満載ですが、純粋に「空母いぶき」を中心とした護衛艦隊群は圧巻です。
(50代女性)

中国が敵でなくなったのは、多様な出資者から製作費を集めなければいけない点からも、マーケティングの観点からも致し方ない。むしろ憲法9条と自衛隊の存在や、専守防衛のあり方など、娯楽映画が避けがちな難しい題材を正面から扱った点には敬意を表します。

海上、海中、空中での戦闘の描写も、邦画では健闘した方だ。CG制作のコストダウンも一因だろう。ハリウッド製の戦争大作には見劣りするが、製作費も市場規模も桁が違いすぎます。

ただ、脚本と演出には課題も多いです。邦画アクションやサスペンスの悪習ともいうべき、流れと緊迫感を断ち切る説明台詞、理想論、思い出話…。135分が一層冗長に感じられます。

国民の反応の描写も、街頭で報道を見る人々のショットが少しあったほかは、ほぼコンビニ店内の様子だけというのも手抜き感、店長は“平和ボケの象徴”だろうが、客が殺到してるのに居眠りしてたりとか、キャラもエピソードも嘘くさいと感じました。
(20代男性)

佐藤浩市の発言で炎上騒動が起きるなど別の意味で公開前に盛り上がった本作ですが、内容的には胃の弱い首相としては冒頭の部分だけなので、それほど気に掛ける必要はなく、普通に映画を鑑賞することができます。

原作好きな人には国籍不明のテロリストと腑に落ちないところもあるでしょうが、そこは逆にタイムリミットを設定したことで緊迫感が増した気がします。

映画のタイトルこそ「空母いぶき」ですが、国防には船一隻でどうなるものではありません。

戦闘機や潜水艦、そのほか多くのヒト・モノ・カネが動いていることを実感させられました。

秋津と新波の対立しながらも、同じ目標に向かって問題解決に取り組む姿に思わず胸が熱くなります。

その一方で、中井貴一のコンビニ店員の挿入については、不要と思う人もいるでしょうが、戦争と日常生活の色分けをはっきりと区分するためには必要ではなかったかと思います。

CGによる戦闘シーンも圧巻で、ようやく邦画もここまで来たかと自慢できることでしょう。
(40代男性)

国籍不明の船舶がある日突然に日本の領海内に侵入してきて、巡視船の乗組員を拘束するというオープニングが衝撃的でした。

ここ数年悪化していく一方な隣国との関係について思い浮かべてみると、決して荒唐無稽な絵空事と片付けることは出来ません。

一歩間違えると防衛費の増額や自衛隊の軍隊化を肯定するプロパガンダ的な映画になってしまうところを、秋津竜太というストイックな主人公のお陰で抑制が利いていました。

演じているのが西島秀俊で、巨大な組織の中に所属しながらも孤高で流されることのない秋津のキャラクターにぴったりと填まっています。

秋津と幾度となくぶつかり合う副長・新波歳也役に扮している、佐々木蔵之介とのコントラストも効果的です。

たまたま乗り合わせた取材記者や記者会見で釈明に追われる総理大臣など、それぞれが抱えている複雑な事情や悩める内面にまで迫っていて人間ドラマとしての面白さもしっかりと味わうことが出来ました。
(30代男性)

公開当初からネット上では酷評の嵐だった作品なので真偽を確かめようと逆に興味を持ちました。

実際に視聴してみて、ネット上の感想はかなり偏っていたと感じました。

たしかに批判にもある通り、原作とは違う描写が多く(原作では敵国が中国になっていますが、映画では政治的配慮からか架空の国になっています)、そこが原作ファンの人には面白くなかったのかもしれません。

しかし、自衛隊が命懸けで日本を守ろうとしていることや、それが単なる復讐ではなくあくまで国防のための仕事なのだという使命感の描写などはちゃんと描かれていました。

終盤で敵国人を助けたことから世界が日本の味方をして国連が戦争の仲裁に入るシーンも批判があるようです。

確かに空想的に見えますが、実は実際の戦争では一応国連が仲裁に入ることになっているので、現実的ともとれる描写です。

法律に縛られた自衛隊の動きや国連の活躍は今まで邦画では描かれなかったので、その点も評価できると思います。
(20代男性)

見どころ

もし戦争が起こったらこうなるというリアリティが感じられることと日本はいまだに平和ボケしているのではないかというところです。

戦争とはこういうものだというところを見てほしいです。

また、俳優さんが一生懸命演じているのでそれも見てほしいです。
(50代女性)

戦艦や戦闘機好きの方にはたまらない映画ならではの迫力があります。

現場で命をかけて働いている人と、そんな非常事態とも知らず変わらない日常を過ごす人との対照がよりリアルさを感じるかもしれません。

私たちが忘れかけそうになる、今の平和は誰かの犠牲のもとに成り立っているのだと思い出すきっかけとなる映画です。

戦闘シーンはカッコイイと思っても、それが自分だったら、或いは家族だったとしたら…。

若い方や家族で観てもいい映画だと私はお勧めします。

そして今の平和は特別なもので、とても有り難い幸せなものであることを実感していただきたいと思います。
(50代女性)

架空の設定でありながら、現実として起こり得る『空母いぶき』シチュエーションは、命と平和が脅かされたとき、人はどう考え、行動するかを考えさせられる作品となっています。

ひとりひとりのキャラクターによる決断の重さも見せてくれる期待作です。
(20代男性)

有名コミックの原作。

そして映像を可能にした豪華な多数の俳優陣と技術と苦労にただ脱帽するばかりです。

国際紛争が絶えない世の中で日本に突きつけられた非日常の本作は、平和とは何かを考える機会として、まさにタイムリーな話題作です。
(40代男性)

旧くはソ連のエイゼンシュテイン監督による「戦艦ポチョムキン」から、ドイツのペーターゼン監督作「U・ボート」まで。

これまでの戦艦ものは敵を全滅させる過程が描かれているのに対して、本作は如何にして相手の命を奪うことなく無力化するのかに重点が置かれていて斬新です。
(30代男性)

グロテスクな描写がほとんどないので、小さなお子様でもご覧になれます。

また、戦争映画が苦手な方にもお勧めです。政治学などを学んだ方にも日本の自衛隊の戦時での動き方や国連の仲裁などの描写は勉強になると思います。
(20代男性)

まとめ!映画「空母いぶき」の動画はU-NEXTで無料視聴しよう!

映画「空母いぶき」のフル動画を無料視聴する方法や、作品情報をご紹介しました。

U-NEXTを利用すれば、映画「空母いぶき」を無料で視聴することが可能です。

U-NEXTのメリット(特徴)

31日間の無料トライアル期間がある(解約はいつでも可能)
初回登録時に600ポイント、無料期間終了後には毎月1,200ポイントがもらえるので、新作映画や電子書籍などの有料コンテンツも楽しめる(1ポイント=1円)
毎月貰えるポイントは映画のチケット(しかも300円分お得なチケット)に交換可能
新作映画の配信が早い
ほとんどの作品のダウンロードが可能で、オフラインでどこでも楽しめる
一つの契約で4アカウントまで作れる(視聴履歴の共有はなし)
パソコン、スマホ、タブレットなどのマルチデバイス対応で、同時視聴も可能(4人まで)
再生速度の変更が可能
70誌以上の最新の人気雑誌が読み放題
42万冊以上の電子書籍があり、無料で読める漫画もたくさんある

U-NEXTは31日以内に解約すればお金は全くかかりません。

登録、解約手続きは簡単なのでこの機会にぜひお試しください。

U-NEXT公式ページを見てみる
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

◆映画を無料で視聴する方法(作品名あいうえお順)