映画無料視聴

【動画】映画「紅の豚」を無料視聴する方法とは?

映画「紅の豚」の動画を無料視聴する方法についてご紹介していきます。

現在、映画「紅の豚」は各種の動画配信サービス(VOD)では一切配信されていません。

ではどうすれば無料視聴できるかと言いますと、TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)というサービスでDVDを無料レンタルすれば可能です。

TSUTAYA DISCASでは、現在30日間の無料お試し体験を実施しているので、映画「紅の豚」のDVDを無料でレンタルすることができるんです。(翌日配送・送料無料・返却期限なし

いますぐTSUTAYA DISCASで無料レンタルする
(30日間以内に解約すれば、料金は一切かかりませんし、解約手続きは簡単にできます)

映画「紅の豚」の動画を無料視聴する方法!⇒TSUTAYA DISCASで手軽に無料レンタル

冒頭でもお伝えしましたが、映画「紅の豚」の動画は現在、動画配信サービス(VOD)では配信されていません。

そこでTSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)というサービスを利用すれば、無料で簡単に映画「紅の豚」のDVDをレンタルすることができますので、非常におすすめです。

TSUTAYA DISCASは超便利な宅配レンタルサービス!

TSUTAYA DISCASは、株式会社TSUTAYAが提供しているDVD/CDの宅配レンタルサービスで、これまでに延べ数百万人が利用しています。

スマホやPCから手軽に予約して、自宅まで送料無料で届けてくれますのでとても便利なサービスです。(翌日配送率は97%!

視聴後はポストに返却するだけで完了です。

しかも返却期限がないので、延滞金の心配もまったくありません。

通常は有料サービスですが、初回登録時に30日間のお試し体験を実施していますので、期間中は無料でサービスを利用することができます。

お試し期間中は、DVD/CDの旧作が借り放題となります。

新作は対象外となりますが、映画「紅の豚」を無料で借りることができますし、他にもTSUTAYAの充実した作品群が楽しめます!

もちろん他のジブリ作品も無料でレンタル可能ですので、同時に視聴するのもいいですね。

お試し期間中に解約すれば、料金は全くかかりませんし、登録・解約手続きはとても簡単にできますので、ぜひお試しください。

TSUTAYA DISCASで無料レンタルする
(30日間以内に解約すれば、料金は一切かかりませんし、解約手続きは簡単にできます)

※借り放題は月額レンタル可能枚数終了後、「旧作」が借り放題となります。
※30 日間無料お試し期間中は「新作」はレンタル対象外となります。
※無料お試し期間終了後、通常料金(無料お試し終了後の料金)で自動更新となります。

TSUTAYA TV(動画配信サービス)にも同時に無料登録することが可能!

TSUTAYA DISCASに登録する際に、TSUTAYA TVという動画配信サービスにも同時に無料登録することができます。

TSUTAYA TVでは、新作・準新作を除く10,000タイトル以上が見放題となっていて、映画、ドラマ、アニメなど豊富なラインナップを楽しめます。

初回登録時に1,100円分の動画ポイントをもらえますので、ポイントを使って新作の視聴も可能です。

こちらのサービスも初回登録後30日間はお試し期間となりますので、期間中はサービスを無料で利用できます。もちろんお試し期間中に解約すれば、料金はかかりません。

TSUTAYA TVが必要なければ、TSUTAYA DISCASのみでの登録も可能です!

登録手続きは簡単ですので、この機会にぜひ登録してみてください。

TSUTAYA DISCASとTSUTAYA TVの公式ページを見てみる
(30日間以内に解約すれば、料金は一切かかりませんし、解約手続きは簡単にできます)

※記事内容は、2020年5月6日時点の情報です。最新の情報は TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV 公式サイトにてご確認下さい。

動画共有サイトでの視聴はリスクがあります。おすすめはできません。

動画共有サイトで映画「紅の豚」が配信されている場合があるかもしれません。

しかし、そういったサイトは違法アップロードサイトですので、次のデメリットがあります。

・画質や音質が悪い
・広告が多くてストレスが溜まる
・動画が途中で止まったり、急に削除されるので全て見ることができない
・ウイルス感染や個人情報流出の危険がある

公的機関等でも著作権に関する注意事項が記載されています。

参照:「著作権法の一部を改正する法律について」(文化庁)

参照:「著作物を無断で使うと?」(公益社団法人著作権情報センター)

参照:「テレビ番組の違法配信に関わる法制度について」(日本民間放送連盟)

 

安全かつクリーンに高画質で映画「紅の豚」を視聴するなら、公式サービスであるTSUTAYA DISCASでレンタルすることをおすすめします。

映画「紅の豚」作品情報

作品概要

『紅の豚』は、1992年に日本のスタジオジブリで制作された長編アニメ映画作品。原作は月刊モデルグラフィックスに連載していた漫画『宮崎駿の雑想ノート』の中の「飛行艇時代」。

監督は宮崎駿。前作の『魔女の宅急便』に続いて劇場用アニメ映画の興行成績日本記録を更新した。

この作品以降、スタジオジブリ映画における宮崎駿監督作品は全て東宝系での公開となった。

スタジオジブリ作品では初めて、ヒロイン役を演じた役者本人が主題歌を歌っている。

参照:紅の豚ウィキペディア

主なキャスト

ポルコ・ロッソ:森山周一郎
マダム・ジーナ:加藤登紀子
ピッコロおやじ:桂三枝
マンマユート・ボス:上條恒彦
フィオ・ピッコロ:岡村明美
ミスター・カーチス:大塚明夫
バアちゃん:関弘子

主なスタッフ

原作・脚本・監督:宮崎駿
プロデューサー:鈴木敏夫
作画監督:賀川愛、河口俊夫
美術監督:久村佳津
色彩チーフ:保田道世
音楽監督:久石譲
制作:スタジオジブリ

TSUTAYA DISCASとTSUTAYA TVの公式ページを見てみる
(30日間以内に解約すれば、料金は一切かかりませんし、解約手続きは簡単にできます)

関連ツイートと視聴者の声(ネタバレあり)

視聴者の考える見どころ

(30代・男性)
紅の豚をこれから見る人は、一緒に見ようとしている人が例え一度や二度見たことがあると言っても、必ずみんな楽しめると思います。

誰かと一緒に観て、自分の感想と、他の人の感想を比べて話す事で今まで見た映画より楽しめると私は思います。

(30代・男性)
宮崎駿こだわりの圧倒的飛行艇で繰り広げられる空中戦、豚でありながらかっこいい台詞回し「飛ばねぇ豚はただの豚だ」は今でもインパクトある台詞です。

昔のイタリア、アドリア海を上手く表現しており恒例のジブリ飯もあります、一人の男が戦争後に生きる戦いと恋の物語、是非ご視聴ください。

(30代・男性)
アニメーションとは思えない、飛行機の戦闘シーンが見所のひとつです。

ダイナミックな映像と、ジブリワールドの彩り、海や空、街の風景が、ひとつひとつ暖かみのある映像です。

個人的には、ファッションも見所のひとつです。

主人公の服装ひとつにしろ、サングラスなどの小物まで細かく描写されていて、見る角度を変えれば、新しい発見が出来、何度も楽しめる作品だと思います。

(30代・女性)
紅の豚は他のジブリ映画とはまた違う独特の雰囲気を持っている映画です。

また、映画の中で歌われる加藤登紀子さんの歌も渋くてわりと大人向けな映画になっていると思います。

この映画を見たらポルコ・ロッソに恋をしてしまいます。

さらに見どころを見る

(30代・男性)
「紅の豚」の見どころは水上機による戦闘シーンが凄く、飛行機が好きな人にはお勧めできます。

恋愛要素も含まれていて、直接語るシーンは少ないですが、細かいシーンで答えが提示されているのもこの作品の魅力です。

(20代・女性)
何故豚なのかというのが誰もが気になるポイントです。

ですが、実は作品のなかにその秘密が実は隠されていたりいます。

まだあまり見ていないときには気づかないその伏線を回収していくのが大人になってからの見どころですね。

(20代・女性)
見どころは、なんといっても、最後の決闘シーンです。

ポルコとカーチスの決闘がお祭り騒ぎになり、かけ事にまで発展します。

多くのキャラクターがいる中での、飛行艇同士の決闘は、画面がコロコロと切り替わり、そのスピード感は見ていてとてもわくわくします。

結局、飛行艇での決着はつかず、最後は素手の殴り合いです。

お互いボロボロになりながらも殴り合うシーンは、どちらもがんばれ!と応援したくなります。

(30代・女性)
ハラハラドキドキする飛行艇のアクションシーンも見どころですが、私の最大のおすすめポイントはポルコとマダムジーナの恋模様です。

呪いなのか、魔法なのかポルコは豚の姿になってしまいましたが、それでも変わらない2人の関係性が美しく大人な恋模様が見どころです。

(30代・女性)
なんといっても爽快に空をかけめぐる人々のロマンと笑いが詰まっています。

数々の名言やかっこいいセリフも出てきます。

ジーンとくる結末から見える豚になってしまった男の生き様とそこを取り巻く人間模様をお楽しみください。

(20代・男性)
一番の見所は最後の決闘のシーンだと思います。

飛行機での決闘は、手に汗握るハイレベルな戦いで見ていてとてもおもしろいです。

そのあとの殴り合いのシーンでも男らしくマルコのカッコよさに圧倒されます。

そして、ジーナが駆けつけるシーンでは立ち上がるマルコの姿にとても感動すると思います。

視聴者の感想

(30代・男性)
紅の豚は過去3度程度見ました。

一回目、二回目、3回目と全て新しい発見がありとても楽しく新鮮な気持ちで見るかとができました。

私が好きなシーンは何個かあります。

まず一つ目は、ジーナのお店でまだ人間だったqころのポルコの写真が飾られているところです。

ポルコの昔の自分の葛藤が細かく描写されていて奥深いなといつも感じさせてくれるシーンです。

そしておそらくイタリアの綺麗な海、これをとてもうまく画面に再現したなと感動します。

戦士した友人との友情とジーナに惹かれていくことへの葛藤そしてライバルとの戦い全てにおいて臨場感のあるとても素晴らしいジブリアニメだと思います。

ずっと空の上で戦ってきたのに最後は地面に足をつけての殴り合いこれもとても興味深いシーンのひとつです。

アニメの前半は子供も楽しめる内容で後半に進むにつれて大人が楽しむアニメのような感じがします。

そのせいか何回みても新しい発見があり何歳になってみても楽しめる映画だと私は思います。

(30代・男性)
ジブリが好きでミリタリーも好きな人は最高に楽しめる作品です!

飛行艇の激しい空中戦、空賊とのコメディチックなやりとりは飛行艇乗りという気持ちのいい連中の生きざまを視聴者に焼き付けていきます。

主人公ポルコ・ロッソは賞金稼ぎとして活躍しますが空賊に目を付けられ雇われたアメリカ人カーチスに不調の愛艇を狙われ撃墜されます。

この時の戦闘シーン時の雲の背景は独特で灰色の雲はカーチスが現れる不穏な空気を演出していてとても上手いと思いました。

愛艇が使えなくなったポルコは修理に向かいますが、この時の札束を大量に渡すシーンは紙の金は価値が低いと戦争体験している宮崎駿だからこそできることだと思いました。

工房長の孫娘フィオが設計することにに不安を抱くポルコですがそこは技術者としての本気さで説得するシーンは若い若くないじゃないと当時感じました。

修理が終わり街の川からいきなり離陸するシーンは水しぶきの迫力、そして離陸後の大地がものすごい速さで過ぎる作画は現代では見れない貴重な作画方法でとても見入ってしまいます。

ポルコはついてきたフィオを、カーチスはポルコの愛艇の借金を肩代わりする約束で最後は対決しますが飛行艇では決着つかず、ボクシングで決着をつけることになりますがお互い殴られ過ぎてボロボロになりながらも戦う姿はイケメンじゃなくてもかっこいい、そう思わずにはいられませんでした。

最終的にポルコは勝利しフィオと別れますがその後 会うことはないような語りで幕を閉じるので視聴者の想像に任せるという終わらせ方なのでしょう!

自分個人としてはポルコにかけられた魔法は解けずにそのまま賞金稼ぎとしての活動している気がしました。

(30代・男性)
ジブリ映画と言えば、子供から大人まで楽しめる、主にファンタジー映画!

と、周知なのは最早、日本国民全体の事実であるかもしれない。

しかし!この紅の豚、だけは一味違うように思います。

ファンタジーテイストに隠れた、いぶし銀の男のロマン、男の生きざま、が描かれていると思います。

舞台は古いヨーロッパのような、プロペラ機の飛行機乗り達が、躍る世界観!そして主人公は、豚!

この主人公が、また、硬派で一筋縄ではいかない男…しかも、その素性は元人間で、周りの登場人物から語られる様々なドラマが、観るものの気持ちを飛行機乗りの世界へ連れ出してくれます。

ライバルの飛行機乗りも、悪い悪党!とは言い切れない、昔ながらの憎めない男。

そんな、どこか暖かみのある人間臭い男たちの言動は、今の平和な世の中に生きている男たちに何を感じさせるのでしょうか。

そして、主題歌は加藤登紀子さん。

これまた渋くて世界観とマッチしていて、見終わった後に残る、忘れていたロマンチックな想いを呼び覚ましてくれる作品だと思います。

(30代・女性)
初めてこの紅の豚を見た時は、他のジブリの映画を見るようなかんじで見てしまったので、いまいち良さがわからなかったです。

まだその時は小学生だったのもその理由の1つだと思います。

でもこの映画が始まってすぐ主人公で豚のポルコ・ロッソに人柄に好感を抱けます。

顔や身なりがかっこいいとかではなく、とにかく彼の人柄が素敵なのです。

基本的には渋いかんじで坦々とストーリーが進んでいくのですが、たまにくすっと笑えるようなシーンもあります。

ポルコ・ロッソと仲のいいジーナさんが歌うシーンもすごく渋く素敵に描かれています。

ポルコはフィオという女の子に自分の飛行艇の修理と改造を依頼するのですが、そのフィオの飛行艇への情熱、自分の仕事への誇りを感じることができます。

この時代の歴史背景等をあまり知らなくても楽しめる映画です。

疲れている時でもゆったりした気持ちで見られる映画ですし、他のジブリとは全く違う魅力を持っている映画です。

ポルコが豚になってしまった理由など、自分で想像しながら何度も見ることができる映画です。

さらに感想を見る

(30代・男性)
私が映画「紅の豚」をみて感じた感想は、飛行機による戦闘シーンや主人公「ポルコ」の恋愛模様が印象に残りました。

テレビ放送では恒例となっているジブリ映画の放送、「紅の豚」も1、2年周期で放送されていてなじみ深い人も多いと思います。

1992年と過去の作品になりますが、フルアニメーションと飛空艇が飛び交うレトロを感じさせる世界は古さを感じさせないのも魅力的です。

ジブリ作品は子供の主人公が多く、見る側も低年齢層が多いイメージですが「紅の豚」はコミカル差を残しつつも完全に大人向けの作品だと思います。

劇中印象に残っているのは主人公の「ポルコ・ロッソ」見た目は豚ですが成熟した男性魅力があり「マダム・ジーナ」との長く信頼し合った関係や少女の「フィオ・ピッコロ」との関係も凄く微笑ましく見えました。

水上戦も見所が多くポルコの愛機「サボイアS.21」が敵対する「空賊マンマユート団」との戦闘でカッコよく、序盤のいかに相手を殺さず服従させるシーンは年齢を重ねて「なるほど」と妙に納得、全体を通してどう有利に勝利するか大人のやり取りが目一杯詰まった作品でした。

(20代・女性)
主人公が豚というところにジブリらしさを感じました。

物語自体はシンプルで、盗みを働いたり悪いことをする敵たちがそれを邪魔する主人公に戦いを挑むというものですが、どこか敵達も憎めなくて悪い人に見えず、子供にも安心して見せることができる作品だなと思いました。

飛行機が出てくるので男の子は好きな作品ですね。

ちょっとしたラブストーリーもありますが、いつまでも大人になれない男たちの戦いは見ていて面白いですし、笑いのシーンも多くあっておもしろいです。

特に気に入っているのが最後の敵との殴りあいの戦いで、飛行のレベルで競っていたはずなのに結局そこなのか!となってしまうのと皆のアイドルが格好よく止めにはいるところは「そうきたか!」となってしまいました。

なんで豚なのか、というところも気になるポイントですが、実は大人の事情が隠れていたりと子供の時に見たときの面白さと、大人になってからの面白さの二面がある不思議な魅力がある作品でした。

(20代・女性)
この映画をみると、自分も一つ冒険してきたような、わくわくした気持ちになれます。

主人公のポルコは、飛行艇乗りのため、美しい海の上を赤い飛行艇で飛び回ります。

青い空と海、白い雲に浮かぶ、赤い機体の美しさは何度見ても素敵です。

それから、ポルコが飛び回ったり、ライバルであるカーチスとの決闘シーンでは、アップテンポの曲が流れます。

このような曲のおかげでシーンが盛り上がるため、自然と心が躍り、わくわくしながら映画を楽しむことができます。

それから忘れてはいけないのが、数々の名台詞です。

「飛ばねえ豚は、ただの豚だ」というセリフは、映画を見たことがない人でも知っているくらい有名です。

このセリフが出てくるシーンを見るたびに、その時の気持ちによって受ける印象が違うので、何度見てもこの映画は飽きないです。

それからもう一つ、「3年待ったわ。もう涙も枯れちゃった。」という、ヒロインジーナのセリフです。

3年もたてば、涙も枯れる、そんな経験がある人にこそ、このセリフは共感できて、心に残るのではないでしょうか。

また、そのセリフを吐いた彼女の表情にも、注目です。

このように、名言が至る所にちりばめられているため、次はどんなセリフが出てくるのかと、とてもわくわくさせられます。

(30代・女性)
初めて紅の豚を観たのは小学生の頃でしょうか。

その時はどうして豚が主人公なのか、果たして人間なのか、豚なのか。

気になりつつもテンポの良いストーリー展開に心躍らせながら試聴したのを良く覚えています。

大人になってからも何度となく視聴していますが、展開がわかっていても面白いです。

見るたびに個性豊かな登場人物に愛着が湧いてきます。

最大の謎はポルコの正体、なぜ豚なのかです。

戦争という悲劇によって地獄を見たポルコ。

いつも心の中には幼なじみの愛おしい女性ジーナがいたのだと思います。

また、ジーナも数々の恋愛を経験し戦争によって愛する人を失う経験を重ねますが、そんな辛い経験をしても強く美しくいられるのはポルコの存在があったからなのではないでしょうか。

自分だけが生き残ったことに罪悪感や後ろめたい気持ちを感じ、生きている自分に何か罰を与えてくれないか、といったポルコの贖罪の気持ちが醜い豚の姿でいることだったのではないでしょうか。

豚の姿でありつつも、変わらずいられたのはいつも側に愛するジーナの存在があったからだと思います。

(30代・女性)
まず、豚が二足歩行で歩いてしゃべっていてなおかつ飛行艇乗りという設定が面白いです。

アニメだからこの設定がアリなのかと、元々はこの主人公の豚が人間だったのだということを理解するまでに時間がかかりましたが、そこは原因も元に戻す方法も謎のままというのも魅力でした。

最初にジャックされた人質の子供たちを助けるところから面白かったし、そのあとの敵対の仕方や豚の対応も豚に対する対応も笑えました。

主人公の壊れてしまった飛行艇を設計し直す女の子も粋で女と男の違いが表現されている場面も多々あり、共感できる部分もたくさんありました。

お手伝いに来る人達は設計士の親戚で全員女性という場面も圧倒されるのですが面白いです。

男同士のつまらない意地や変なプライドもあれこれ言いますが、それを周りの女があきれた感じで見ていて恋愛要素もあります。

色々気になりながらストーリーは進んでいくのですが、結局スッキリしないまま、視聴者の想像に任せる感じで終わってしまうのも憎めない作品だなと思いました。

(20代・男性)
私が紅の豚で一番好きなのは、世界観です。

映画の舞台とされている地中海付近の街は誰もが憧れる綺麗な街だと思います。

そして主人公の豚であるマルコはクールで漢らしくとてもかっこいいキャラだと思います。

ジブリと言ってもこの映画は、子供の時に見てもおもしろいとは思わないと思います。

マルコとヒロイン役のジーナとの大人な恋愛感は大人にならないとあまり理解出来ないと思います。

ジブリらしい激しめの展開もあまりなく、終盤の飛行機での決闘のシーンまではアクションもあまりなくゆっくりと時間が過ぎていくような内容になっています。

この映画のおもしろいところは主人公であるマルコがなぜ豚になったかを自分で考察しながら観ることです。

映画内では豚になった理由をざっくりとは説明されていますが、はっきりとはわかりません。

豚になった理由には、戦争や人の死、国の醜さなどの色々な要素が混ざっていて考えさせられることが多いと思います。

ジーナとの恋愛感やマルコの生き様がこの映画のおもしろいところだと思いました。

映画「紅の豚」の動画視聴方法まとめ!TSUTAYA DISCASで手軽に無料レンタルしよう!

映画「紅の豚」の動画は、動画配信サービスでは配信されていませんので、TSUTAYA DISCASでDVDを無料レンタルするのが一番おすすめです。

ネットで気軽に予約できて、基本的に翌日には自宅に届きますので、とてもおすすめです。(送料無料・返却期限なし

登録時には、動画配信サービスのTSUTAYA TVにも同時に無料登録できます。(TSUTAYA DISCASのみの登録も可)

両サービスともに30日間のお試し期間があり、期間中に解約すればお金は全くかかりません。

登録・解約手続きは簡単ですので、ぜひお試しください。

TSUTAYA DISCASとTSUTAYA TVの公式ページを見てみる
(30日間以内に解約すれば、料金は一切かかりませんし、解約手続きは簡単にできます)

◆映画を無料で視聴する方法(作品名あいうえお順)