ドラマ動画(無料視聴方法)

【動画配信】ドラマ「救命病棟24時」を全話無料で視聴する方法は?第2~第5シリーズまで見放題のサービス

こちらでは、ドラマ「救命病棟24時」シリーズの動画を全話無料で視聴できるサービスを紹介しています。

ドラマ「救命病棟24時」は、FODプレミアム(動画配信サービス)で第2シリーズから第5シリーズまで全話無料で視聴することが可能です。

FODプレミアムには、1ヶ月間のお試し期間があるので、お試し期間中に全話視聴してから解約すればお金は全くかかりません。

▼いますぐ視聴する方は下のリンクからどうぞ▼
1ヶ月お試しでFODプレミアムに登録する(無料です)
(無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

ドラマ「救命病棟24時」シリーズの動画を配信しているサービスの中でおすすめは無料視聴ができるFODプレミアム

動画配信サービスにおけるドラマ「救命病棟24時」シリーズの配信状況を見てみましょう。
(○=見放題、△=有料レンタル、×=未配信)

FODプレミアム○(第2シリーズ~第5シリーズ)
Hulu
U-NEXT
dTV○(第2シリーズのみ)
Paravi
ビデオパス
ビデオマーケット△(第2シリーズのみ)
TSUTAYA TV△(第2シリーズ~第5シリーズ)

いくつかのサービスで配信されていますが、第2シリーズ~第5シリーズまで全話無料で視聴できるのは上の表の通りFODプレミアムだけです。(※第1シリーズを配信しているサービスは現状ありません

FODプレミアムは初回登録から1ヶ月間はサービスを無料で利用できます。

1ヶ月以内に解約すれば、料金は全くかかりませんし、登録・解約手続きはとても簡単です。

ぜひ登録してみてください。

FODプレミアム公式ページを見てみる
(無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

FODプレミアムはドラマ配信数がトップクラス!オリジナルドラマも

FODプレミアムはフジテレビが運営している動画配信サービスで、月額888円(税抜き)で配信されているほとんどの作品が見放題となっています。

配信中の作品は、ドラマ、映画、アニメなど様々ですが、ドラマ部門に特に強みを持っていて、トップクラスの配信数を誇ります。

FODプレミアムで配信中の人気ドラマ(一例)

 

さらにFODプレミアムでしか視聴できないオリジナルドラマも多数配信中です。

FODプレミアムで配信中のオリジナル番組(一例)

そして、上述の通りドラマ「救命病棟24時」の動画は第2シリーズから第5シリーズまで全話見放題での視聴が可能です。

初回登録後に1ヶ月間のお試し期間があるので、1ヶ月間無料でサービスを利用できますし、解約もいつでも簡単にできます。

ぜひお試しで登録してみてください。

FODプレミアム公式ページを見てみる
(無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

FODプレミアムのメリットが凄い!電子書籍はその場で20%ポイント還元

FODプレミアムに登録すると、毎月最大1,300円分のポイントがもらえるので、ポイントを使って新作映画や漫画など有料コンテンツを楽しめます。(※毎月自動で100ポイント、さらに8のつく日に毎回400ポイントもらえます

漫画や雑誌などの電子書籍は購入時になんとその場で20%ポイントバックされる(全作品対象)のでかなりお得なサービスと言えます。

無料で読める漫画もたくさんありますし、100誌以上の人気雑誌も読み放題となっています。

最後にFODプレミアムのメリットをまとめてみました。

FODプレミアムのメリットまとめ

ドラマ「救命病棟24時」シリーズを含め、配信中の多くの作品が見放題
1ヶ月間の無料お試し期間あり(解約はいつでも可能)
毎月最大1,300円分のポイントがもらえるので、有料コンテンツも楽しめる
電子書籍(漫画など)購入時にその場で20%ポイントバック(全作品対象)
多数の漫画や100誌以上の人気雑誌が読み放題

お試し期間が1ヶ月間とたっぷりあるので、無料でサービスを存分に楽しめます。

登録、解約手続きは簡単なので、ぜひお試しください。

FODプレミアム公式ページを見てみる
(無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

※記事内容は2019年12月19日時点の情報です。配信状況など詳細は公式サイトでご確認ください。

動画共有サイトでの視聴は危険なのでおすすめはできません

動画共有サイトでドラマ「救命病棟24時」シリーズが配信されている場合があるかもしれません。

しかし、そういったサイトは違法アップロードサイトですので、次のデメリットがあります。

・画質や音質が悪い
・広告が多くてストレスが溜まる
・動画が途中で止まったり、急に削除されるので全話見ることができない
・ウイルス感染や個人情報流出の危険がある

公的機関等でも著作権に関する注意事項が記載されています。

参照:「著作権法の一部を改正する法律について」(文化庁)

参照:「著作物を無断で使うと?」(公益社団法人著作権情報センター)

参照:「テレビ番組の違法配信に関わる法制度について」(日本民間放送連盟)

 

安全かつクリーンに高画質でドラマ「救命病棟24時」シリーズを視聴するなら、公式サービスであるFODプレミアムをおすすめします。

FODプレミアム公式ページを見てみる
(無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

ドラマ「救命病棟24時」シリーズ作品情報

あらすじ

第1シリーズ
植物状態で入院中の妻・早紀〈30〉が目覚めることを祈り続け、進藤自身も深刻な脳腫瘍(非分泌性脳下垂体腫瘍)に侵されながらも妻のため、自分の身体を犠牲にして救命医として仕事に励む。病気を知った小島や堺慎一からすぐに手術をするよう強く説得されるが妻への想いから断固として拒否。視神経の異常や意識障害をおこすまでに病状は進行。第1シリーズ終盤で遂に限界を超え意識を失い倒れるが、医局長の多田和彦らの働きかけにより脳外科チーム(北村総一朗ら)が万全の体制で備えており助かった。最終話で妻も奇跡的に目覚めリハビリに付き合うために進藤も病院を移る。

第2シリーズ
奇跡的に目覚めた妻が亡くなっており外科医を辞めていた。たまたま事故に遭遇し患者を処置し搬送した先の救命救急センターでナースの桜井ゆきと再会する。そこの医局長である小田切薫に救命医としての高い腕を見込まれ、誘いを受け救命の現場に復帰する。同僚の医師、香坂たまきとの信頼関係も描写されている。

第3シリーズ
国際人道支援医師団医師。アフリカの任地で死んだ同僚・山室剛の遺品を家族に渡すため日本に一時帰国した際、小島と偶然に再会。本来はその日の夜には日本を発つ予定であったがタクシーでの移動中に首都直下型の大震災に遭う。発災当初は河野医院で被災者への救命処置、治療を続けた。その後、小島の勤務する東都中央病院高度救命救急センターの医局長、黒木春正から暫くの間残って欲しいと依頼を受け、震災から約2ヶ月間、同センターで救命医として活動する事となる。最終話で国際人道支援医師団からの要請で再びアフリカに旅立つ。

第4シリーズ
国際人道支援医師団の任期を終えアフリカより帰国し海南医大へ赴任。任務地で地雷で足が千切れたHIVキャリアの少女を治療中に停電と爆撃の振動により使用針を誤って指に刺す。これによってHIVに血液感染した危険性が浮上し、指定の対処法に従って薬を服用していたが、最終的に検査は陰性。これまでのシリーズでは非の打ちどころの無い人間のように描かれていたが、このシリーズで初めて、「ピーマン嫌い」という弱点を見せた(ピーマンが具であるチンジャオロースの存在も知らなかった)。医局長の澤井悦司とは何かと方針が対立することが多い(患者の受け入れの可否など)。最終話でそれまでことあるごとに対立していた澤井に対して救命医療改革への思いを託す。その後、澤井から経営破たんした長崎の病院の立て直しを依頼され、地元の救命医療システムを復活させたいとして長崎に赴く(2010年新春スペシャルのエンディングで現地の病院に行くことになった)。

参照:救命病棟24時ウィキペディア

FODプレミアム公式ページを見てみる
(無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

視聴者の声(ネタバレあり)

見どころを見る

(40代・男性)
救命救急の医師たちが、絶対に諦めずに患者を救おうと奮闘する姿が素敵で、感動的なストーリーが見所だと思います。

そして、江口洋介さんをはじめとして演技派の素晴らしい俳優陣が、素晴らしいチームワークでドラマを盛り上げているところだと思います。

(20代・女性)
主人公の進藤一生(江口洋介)は医者として人を救うことに迷いなく進んでいきます。

その姿はまっすぐで、周りに影響をあたえていきます。

小島楓(松嶋菜々子)がそのひとりです。

医者とはどうあるべきかの前に人としてどうあるべきかということが深く描かれているドラマです。

(30代・女性)
それぞれのシリーズでの救命医達の成長や信頼関係を築き、たくさんの人の命を救っているところが見どころだと思います。

やはり救命はチームプレイだと思うので信頼関係は大事だと思いました。

また、全部のシリーズでDREAM COME TRUEが主題歌を歌っており、どれも元気が出る歌なので主題歌も聞いて欲しいです。

(30代・男性)
救命という一刻を争う舞台をドラマで学べる点ではないでしょうか。

普段の生活であまり見ることのできない場所だけに、こんなに凄い世界があるんだなと考えさせられます。

ドラマだけど、とてもリアリティがあって見応えがありますね。

(40代・男性)
今まで視聴したことがない人に見てほしい作品です。

現実社会で起こっている医療現場をうまく表現できている作品なので、とてもリアルに感じます。

そのため、残酷なシーンも多数ありますが見ごたえがあります。

病院に対する考え方が変わると思います。

(20代・女性)
的確な瞬時の判断、命のやり取り、その背景にある医師たちの人間関係。

どれも目が離せない内容です。

このドラマは人間の奥深さを教えてくれるようなとてもおもしろいドラマです。

是非1度ご覧になることをおすすめします。

(30代・男性)
人の命とは、自分自身の人生とは、といった深く自分の人生に対して向き合いたい方にとっては、とてもおすすめのドラマとなっています。

人間の生死という究極の問題に対して、真っ向から訴えてくれるドラマとなっています。

(50代・男性)
進藤一生にスポットが当たりがちですが、小島楓がどこまでも成長していく姿が頼もしいです。

研修医から救命医になり、医局長まで上り詰めたのは女性としては大出世です。

小島楓がいつの間にか、主人公に見えてしまいました。

(20代・女性)
進藤先生の腕が本当に素晴らしいところです。

命と向き合う中で、冷静に判断をして素早い処置をする姿が見どころだと思います。

日々全力で命を救おうとする気持ちが、見ていて伝わってきます。

救命の過酷な現場をリアルに感じられる作品です。

(30代・男性)
救急患者を前にした緊迫したやりとりやカメラワークがドラマの臨場感を高めており、これはすべてのシリーズに通ずる見どころのひとつだと思います。

また処置する側の医者の人間性についても深く掘り下げて描かれており、彼らが悩み葛藤するシーンなどは、医者もまたひとりの人間であることを伝える良いシーンだと思います。

感想を見る

(40代・男性)
この作品の魅力はたくさんあると思いますが、まずはやはり、なんといっても主役の江口洋介さんの演技だと思います。

抜群の観察力と腕を持つ天才医師を、実に魅力的に好演していると思います。

そして、主人公が成長してくのも見所だと思います。

最初は本当に無愛想で、研修医などに厳しくてという感じがしますが、段々と周囲に溶け込むようになり、最後には冗談も言うようになります。

そして、やはり患者を救うことを絶対に諦めずに、手を尽くすというところが素晴らしいです。

まだまだ見所はあります。

それは、出演者が豪華ということだと思います。

一作目は研修医として松嶋菜々子さんが登場します。

案の定という感じで、主人公にボロクソに怒られたりします。

その後は、色々な方が登場しますが、今ときめく波留さんが看護師役で登場します。

この頃から透明感が溢れていて綺麗で可愛いです。

そして、一番の魅力はストーリーが毎回感動的だということだと思います。

(20代・女性)
どのシリーズも救命病棟24時の主人公の進藤一生(江口洋介)の医療スキルと心強い言葉が毎回楽しみでした。

その中でも私は救命病棟24時の第3シリーズが特に印象に残っています。

都会の地震が起きたときに起こり得る状況がよく再現されているところや、医師である前にひとりの人である部分が丁寧につくられているところが素晴らしいと思いました。

再放送などで何回も見ましたが、地震が起きた時にはこういったことが起こる可能性があるという意識をもつきっかけになったと思います。

小島楓医師(松嶋菜々子)が恋人を亡くしてしまったとき、再び病院に戻ってきたときは涙がとまりませんでした。

また、父親が娘を思う気持ちは何があっても揺るがないものなんだということが分かった時にも涙がとまりませんでした。

主題歌のDREAMS COME TRUE「何度でも」はドラマにとても合っていると思える曲でした。

この曲のおかげでドラマの完成度が上がったと言ってもいいと思います。

(30代・女性)
第1シリーズから第5シリーズにかけての松嶋菜々子さん演じる小島楓の救命医としての成長が見どころです。

研修医からはじまり医局長へ就任しており、その間たくさんの患者さんを診ることで技術や信頼を得ていく様は見ていてすごいなと思います。

救命医は本当に大変な仕事だなと気づかされます。

第3シリーズの地震の時は自分も被災者で家族や友達が心配になるのに患者さんを助けることを優先できる心の強さは感心しました。

そして自分の目の前で婚約者を看取るシーンは切なかったです。

実際に大地震が起きた時、こんな風に葛藤している医師は少なくないんだろうなと感じました。

第4シリーズではけが人や病人が救急車でたらい回しにされることを取り上げていました。

実際にニュースでこのようなことを聞くので本当に問題だと思います。

自分自身や家族がそのような状況になったらと思うといたたまれないです。

今日本が抱えている救命への問題が取り上げられているので、なんとか救命医が働きやすい環境になれば良いなと思います。

(30代・男性)
医療ドラマは数多くありますが、一番緊迫感のあるのはやはり救命救急センターを取り扱ったこのドラマだと思います。

主人公の江口洋介さん演じる進藤を中心に人間模様の描き方も魅力的で、シリーズを通して様々な人物の成長を見ることが出来ます。

特に研修医の松嶋菜々子さん演じる小島楓の成長はシリーズを重ねるごとに、本当に研修医を見守っているような気持ちになりました。

初めは気持ちも不安定で危なかしかったのですが、第5シリーズでは立派な腕を持つ一流医師に成長します。

ストーリー面においてもシリーズごとに色が違っていますがやはり第1シリーズがシンプルに救命の緊迫感を感じられて好きですね。

命の重さだとか大切さ、そしてそれを救う大変さをこのドラマで学べた気がしました。

もし主人公の進藤みたいなスーパードクターが近くにいたら、どれほど心強いでしょう。

緊迫した場面もあるのですが所々で息の抜ける場面もあり、人間模様も楽しめるそんな医療ドラマと言えますね。

(40代・男性)
救命病棟24時の第一シーズンから視聴しています。シーズンごとにテーマが決まっています。

その都度、考えさせられるドラマだと思います。

初期のころは救命の現場と患者との命のやり取りがリアルに表現されているシーンが多かったです。

見ていて胸が苦しくなるようなシーンが多くあります。

現実社会の医師不足問題とリンクしていて、救命病棟に対する見方も大きく変わったと思います。

また、患者家族とのシーンはとくに胸が苦しくなったのを覚えています。

そんな残酷な職場環境の中で、救命の医師たちが成長していく姿は、とても力強く元気をもらいました。

脳死に対する問題提起など難しいシーンにも、果敢に挑戦している作品だと思います。

とくに第三シーズンの災害医療は印象に残っています。

現実社会でも発生している機会が多くなっている事案なので、とくに考えることが多かったです。

医師不足の課題などのシーンも見ごたえがあったのを覚えています。

医療の問題に特化しているので、内容の濃いドラマだと思います。

(20代・女性)
人の命を救う現場での人間関係の深みや、人と人が信頼関係をもち、気持ちをひとつにして対応にあたるという所に感動しました。

私も人間関係がある職場に務めていますが、現場では意見の違いが多くまとまりにくい時がありますが、救急病棟24のように偏見で人を決めるのではなく、差別なく協調性をもとめた人間になりたいと思いました。

いちばん私が印象に残っているのは、瞬時に判断して命を救っているというシーンです。

毎回このシーンはあるのですが、私には真似出来ない事なので見とれてしまいますし、第1に患者様やその家族の立場になって考えることが大切だと感じました。

保育士をしている私からすれば、職種は違えど、同じ人と関わる仕事として見習いたいことでもあります。

このドラマは今の自分を考えさせて、人間がとても奥深いものだと教訓を与えてくれるものでした。

是非このドラマを見て、これからの人生のひとつの教訓にしたらいかがでしょうか?

(30代・男性)
このドラマの面白い所は、自分の経験に応じて、このドラマへの感想が変化する所です。

最初私がこのドラマを観た時は、社会人にまだなっていない学生の時でしたが、その時は、江口洋介さん演じる救命救急のスペシャリストの医師が絶対的に正しいと思って観ていましたが、社会人になって様々な経験や考え方が変化していく中で、もう一度見直して観ると、誰もが江口洋介さんのようにスペシャリストの救命救急の医師になれるわけでもないし、そうなってしまう事で自分の私生活を完全に犠牲にしないといけないのではないかと思い、やはり仕事とは私生活とのバランスがとても大切だという事に気づかされました。

また、この主人公の江口洋介さんは、愛する妻が植物人間の状態になってしまっていて、もしかしたら救命救急という仕事に埋没する事で、妻が植物状態である事を忘れようとしている一面と、二度と妻が植物人間になってしまい喪失感を強くもってしまう人間を作りたくないという思いを持って、この仕事に埋没しているのかなとも改めて、様々な経験をしてから、このドラマを見直すと感じ直す事が出来たので、深く物事を考えたい人には是非観て欲しいドラマです。

(50代・男性)
24時間眠らない街、東京でいつ患者が運ばれてくるのか?分からない状況で、医師たちは懸命に自分と戦っています。

外科医としては最高の腕の持つ、孤高の天才、進藤一生は常に完璧にオペをこなしています。

研修医として入ってきた小島楓はこの後、成長を遂げて救命医に抜擢されます。

病院内で起きている人間模様は、患者には知られていないので裏の顔が見れると思います。

度重なる格闘や、対立で仲間割れをしてしまうケースがありました。

物の考え方は人それぞれなので、衝突することは避けられません。

医師に必要なことは、技術もさることながらやはり体力だと思います。

どの仕事でも体力がないと技術があっても役に立ちません。

自己管理の難しさや、時間から時間までの職業ではないので、ストレスは溜まるところです。

チームプレイが大事なので、看護師との連携や他の医師との仲間割れは避けたいところです。

厳しい環境で成長し続ける小島楓は、更に進化を続けます。

(20代・女性)
このドラマは救命のリアルな姿を見ることができ、医師たちの奮闘や、患者との向き合い方などたくさんつまっていると思います。

進藤先生はどんなに困難な状況でも、命を救うために必死なところが印象的です。

クールでどこかぶっきらぼうなところがあるけど、腕は確かでみんなから憧れの存在なところがかっこいいです。

何事も淡々と完璧にこなしていくところは、見ていて気持ちがいいし頼もしさを感じます。

医師たちは個性的な人たちばかりで、医局でのやりとりや愚痴をこぼしているところは面白いです。

みんな寝る時間が少ない中でも、日々命を救おうと全力なところがいいなと思います。

災害や震災が起きた時に、救命救急はなくてはいけないものだと強く感じました。

医師たちの葛藤や苦悩もリアルに描かれていて、見ていていろんな感情になりました。

進藤先生が研修医に対して、厳しく指導していくところは、一分一秒が生死に関わってくるからこそだなと思いました。

(30代・男性)
どのシリーズも基本的には救急医療が必要な病人を助けるという話しで共通していますが、毎日運ばれてくる患者をひたすらに助けていくという医師の活動だけでなく、医療を通してさまざまな人の人生や関係性が垣間見られる人間ドラマとなっているところがこのドラマの面白いところだと思います。

医者同士の人間関係や患者との関わり方、患者と家族のエピソードなど、医療ドラマでありながら病院にやって来るさまざまな人を描くことで彼らを主人公としたドラマにしてしまうという作りが長く愛されている秘密なのではないかと思いました。

救急医療に携わるスタッフも個性的な人ばかりで、一貫してスーパードクターとして活躍する進藤先生だけでなく、長く続けていくことで過去のシリーズに登場した人物が再登場したりと、シリーズを超えたつながりを見せることでドラマとしての幅が広がり、従来のファンに加えて新たなファンを取り込みながら人気ドラマシリーズに成長しているような気がします。

まとめ!ドラマ「救命病棟24時」シリーズの動画はFODプレミアムで全話無料視聴しよう!

ドラマ「救命病棟24時」シリーズの動画は、第2シリーズから第5シリーズまで全話FODプレミアムで配信されています。(※第1シリーズを配信しているサービスはありません)

1ヶ月間お試し期間があるので、無料で視聴することができます。

FODプレミアムのメリットまとめ

ドラマ「救命病棟24時」シリーズを含め、配信中の多くの作品が見放題
1ヶ月間の無料お試し期間あり(解約はいつでも可能)
毎月最大1,300円分のポイントがもらえるので、有料コンテンツも楽しめる
電子書籍(漫画など)購入時にその場で20%ポイントバック(全作品対象)
多数の漫画や100誌以上の人気雑誌が読み放題

FODプレミアムは、1ヶ月以内に解約すれば料金は全くかかりません。

登録、解約手続きは簡単なので、ぜひ試してみてください。

FODプレミアム公式ページを見てみる
(無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

◆ドラマを無料で視聴する方法(作品名あいうえお順)