映画あらすじ見どころ(ネタバレなし)

映画【ラストレター】あらすじキャスト見どころ!手紙を通じて描かれる淡いラブストーリー

数多くの名作映画を作り出してきた岩井俊二監督の最新作が2020年1月17日に公開となります。

松たか子・福山雅治/森七菜・神木隆之介・広瀬すずらが2つの時代の男女の恋愛と心が成長するさまを演じました。

あらすじ、キャストなど作品情報をはじめ、見どころ紹介記事です。ネタバレはありません!
この記事のURLをコピーする


スポンサーリンク


映画【ラストレター】作品概要

(C)2020「ラストレター」製作委員会

公開日(日本):2020年1月17日

上映時間:120分

原作:岩井俊二

監督:岩井俊二

脚本:岩井俊二

作品概要

「Love Letter」「スワロウテイル」「花とアリス」などの名作を多く生み出しており、多感な10代の感情を表現することに定評のある岩井俊二監督の最新作は手紙をテーマにした恋愛映画です。

手紙の行き違いからはじまった恋愛を青春時代・大人世代と2つの世代を行き来しながら描きます。

大人世代を松たか子他福山雅治、そして若手俳優世代は広瀬すず、神木隆之介、森七菜と豪華キャストが集結しました。

予告動画

映画【ラストレター】あらすじ(ネタバレなし)

裕里の姉の未咲が亡くなった。

葬儀の場で裕里は学生時代の未咲そっくりの娘の鮎美から、未咲の同窓会の案内と未咲が鮎美宛に残したという手紙があるということを告げられる。

未咲が亡くなったことを告げに裕里は未咲の同窓会に参加し、姉と勘違いされてしまい、更に初恋の相手鏡史郎と再会する。

裕里を未咲と勘違いしたまま、鏡史郎と裕里の不思議な文通がはじまる。

裕里は未咲のふりをして手紙を書き続けるがその内の一通が間違って鮎美に届いてしまう。

鮎美はその手紙を見たことで、鏡史郎と未咲と裕里の学生時代の淡い思い出をめぐりだす。

勘違いからはじまった彼らを繋いだ手紙は未咲の死の真相、過去と現在のそれぞれの思いを動かしていく。



スポンサーリンク


映画【ラストレター】作品解説

この映画は岩井俊二監督作のオリジナルのラブストーリーであり、監督初の出身地の宮城県を撮影地とした映画です。

岩井監督はミュージックビデオから映像の世界に入っており、レコード会社に自分の作ったビデオを持ち込むという珍しい方法で自らを売り込んでいったようです。

彼が有名になるきっかけとなった作品は1993年のテレビドラマ「if もしも~打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?」の演出を担当したことであり、この作品で日本映画監督協会新人賞を受賞しています。

映画に対しての賞なので、ドラマで受賞したのは極めて異例と言われています。

同作品は1994年に劇場公開もされており、また同名タイトルのアニメ映画も2017年に公開され岩井監督も打ち合わせに参加したようで、聞き覚えのある方も多いのではないでしょうか。

1995年の映画「Love Letter」は第19回日本アカデミー賞にて優秀作品賞ほか多くの賞を受賞、日本のみならず中国、韓国で非常に高く評価され、続く「スワロウテイル」で更に知名度を上げています。

その独特な映像美はファンの間から「岩井美学」と呼ばれています。

そんな岩井監督の有名策の一つ「Love Letter」が作成された時代は手紙で連絡を取り合うのは当たり前の連絡手段でした。

それから時代が変わり、スマートフォンやSNSで手軽に連絡が取れてしまうこの時代に敢えて手紙を使ってやり取りする物語思いつき、描いたと言います。

そんな「Love Letter」に主演した山美穂と豊川悦司がなんとこの「ラストレター」に出演することが判明し大きく話題となっています。

岩井監督のオファーで実現したといい、未咲の過去に絡むとても重要な役割を果たすようです。

かねてから岩井監督のファンであるという「君の名は」「天気の子」で有名な新海誠監督もこの映画を大絶賛しています。



スポンサーリンク


キャスト紹介

キャスト

松たか子(岸辺野裕里)

広瀬すず(遠野鮎美/未咲(高校生時代))

森七菜(颯香/岸辺野裕里(高校生時代))

神木隆之介(乙坂鏡史郎(高校生時代))

福山雅治(乙坂鏡史郎)

解説

姉を失くした妹、裕里を演じるのは大女優松たか子です。

ここで説明する間でもなく有名な女優であり出演作は数多くあります。

特に有名なものであげると、出演したドラマ「ロングバケーション」「ラブジェネレーション」「HERO」はいずれも30%前後の高視聴率を叩き出しており、また主演を務めた2010年の映画「告白」は大ヒットを記録しています。

また、歌手としても活躍し、2014年の「アナと雪の女王」でエルザの吹き替えを担当し歌った劇中歌「レット・イット・ゴー」はあまりにも有名です。

岩井監督の作品に登場するのは「四月物語」以来約20年ぶりとなるようです。

高校生時代の未咲役、そして未咲の娘役と2役を演じるのは若手大人気女優広瀬すずです。

芸能界入りをしたきっかけは、姉の広瀬アリスがモデルを務めていた雑誌「Seventeen」のイベントに来場した際に現事務所フォスタープラスの社長が声をかけたことがきっかけのようです。

その後モデルやCMの仕事を行い、2013年「幽かな彼女」でドラマデビュー、同年映画「謝罪の王様」でスクリーンデビューを果たしました。

その後は「海街diary」「ちはやふる」「怒り」など有名映画に数多く出演、また日本アカデミー賞や東京スポーツ映画大賞など数多くの賞も受賞しており、その実力も高く評価されています。

岩井監督作品出演は初めてですが、上述したアニメ映画「打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?」で声優としてデビューを飾っており、岩井監督と縁があるといえるのかもしれませんね。


裕里の高校生役を演じるのは期待の若手女優森七菜です。

2017年にデビューしたばかりの若手ですが、オーディションにとても強いようで、この役もオーディションにて勝ち取ったとのこと。

また、彼女を有名にした作品は今年公開の新海誠監督作品の「天気の子」のヒロインの声役であり、なんと2,000以上のオーディションから抜擢されたとのことです。

そのフレッシュな演技にも期待が集まります。

その他福山雅治、神木隆之介、中山美穂、豊川悦司と実力派俳優が揃う中注目していただきたいのは庵野秀明です。

庵野秀明といえばあの「新世紀エヴァンゲリオン」を生み出した日本を代表するアニメーター・映画監督であり、そんな彼が俳優として出演するとのことで話題を呼んでいます。

ただ俳優として演じるのは初めてではなく、今まで友情出演等で色々な映像作品で演技をしており、また宮崎駿監督作品「風立ちぬ」では主人公の堀越二郎の声を務めた事でも有名です。

彼の演技を見る機会はあまりないと思いますので、ぜひ注目して観てみてください。

見どころ紹介&こんな人におすすめ

(C)2020「ラストレター」製作委員会

この映画の見どころは「岩井美学」が作り出す映像美と、彼の得意としている10代の多感な時期の恋愛がどう描かれているのか、そしてその思いが大人時代とどうリンクするのかというところだと思います。

インターネットがこれだけ普及した時代であえて「手紙」という方法をとり、そしてその手紙があったからこそ起こり得た出来事、登場人物が過去に封じてしまった思いがどう呼び起こされ、現在にどう影響するのを注目しながら観ていただきたいです。

この映画は、学生時代にまだ携帯が一般的でなく、手紙を実際にやり取りしていた世代の人々には懐かしい思いを、そして生まれた時からインターネットが当たり前にあり、手紙を書いたこともないという若い人には手紙だけが持つ思いを知ることのできる映画なのではないかと思います。

まとめ

以上が「ラストレター」のあらすじとみどころになります。

最後に手紙を書いたのはいつでしょうか?この映画を観た後、もしかしたら手紙を書いてみようと思える作品かもしれません。

映画の原作の小説バージョンは好評発売中のようなので気になる方は公開前に是非チェックしてみてください。

また、手紙にちなんだ素敵なイベントをやっているみたいなので、この機会に大切な人に手紙を書いてみるのも良いかもしれませんね。



スポンサーリンク