映画無料視聴

映画「ライオンキング(実写版)」の動画(字幕・吹き替え)をフルで無料視聴する方法!フルCGの大迫力映像が話題!

ここでは、映画「ライオンキング(実写版)」のフル動画を無料で視聴できるサービスについてお伝えしていきます。

結論から言いますと、動画配信サービスであるU-NEXTを利用すれば、一切お金をかけることなく視聴ができます。

U-NEXTでは、アニメ版の「ライオンキング」も配信されていますので、おすすめです。

登録後31日間は無料トライアル期間となっていて、解約はいつでも簡単にできます。

いますぐU-NEXTで無料視聴する方はこちら
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

映画「ライオンキング」動画の無料視聴方法!おすすめは断然U-NEXT

まず、主要な動画配信サービスでの映画「ライオンキング」の配信状況をチェックしてみましょう。
(○=今すぐ無料視聴が可能、△=配信されているが有料、×=未配信)

U-NEXT
Hulu
Amazonプライム
dTV
FODプレミアム
ビデオパス
ビデオマーケット

いくつかのサービスで配信されていますが、最もおすすめなのが、業界大手のU-NEXTです。

大きな理由は以下の通りです。

・映画「ライオンキング」が今すぐ無料で視聴可能
・アニメ版「ライオンキング」も配信中
・登録、解約手続きが比較的簡単にできる
・作品配信数が圧倒的

・無料トライアル期間が長い

U-NEXTには見放題作品とレンタル作品がありますが、レンタル作品であっても初回登録時にもらえる600ポイントを使用してすぐに無料視聴ができます

ちなみに映画「ライオンキング」はレンタル作品(視聴するのに440ポイントが必要)なので、初回登録時にもらえるポイントを使用しての視聴となります。

もちろん字幕と吹き替えの選択が可能です。

またU-NEXTでは、アニメ版「ライオンキング」も配信されていますので、おすすめです。(※ポイントレンタル作品です)

現在31日間の無料トライアルを実施していますので、全くお金をかけることなく、映画「ライオンキング」の視聴が可能です。

 

U-NEXTの動画配信数は16万本と国内最大級で、映画はもちろんドラマ、アニメ、音楽、バラエティなど作品の充実度は群を抜いています。

新作から旧作まで多数の映画を配信中

登録や解約手続きは他サービスに比べて簡単なので、ぜひお試しください。

U-NEXT公式ページを見てみる
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

U-NEXTのメリットが凄い!映画好きには特にオススメ!

さらにU-NEXTは、他のサービスと比較して下記のようにメリット(特徴)がたくさんあります。

U-NEXTのメリット(特徴)

31日間の無料トライアル期間がある(解約はいつでも可能)
初回登録時に600ポイント、無料期間終了後には毎月1,200ポイントがもらえるので、新作映画や電子書籍などの有料コンテンツも楽しめる(1ポイント=1円)
毎月貰えるポイントは映画のチケット(しかも300円分お得なチケット)に交換可能
新作映画の配信が早い
ほとんどの作品のダウンロードが可能で、オフラインでどこでも楽しめる
一つの契約で4アカウントまで作れる(視聴履歴の共有はなし)
パソコン、スマホ、タブレットなどのマルチデバイス対応で、同時視聴も可能(4人まで)
再生速度の変更が可能
70誌以上の最新の人気雑誌が読み放題
42万冊以上の電子書籍があり、無料で読める漫画もたくさんある

このようにU-NEXTは映画好きにはたまらないメリットが盛り沢山です。

デメリットは無料期間終了後の月額料金が1990円(税抜)とやや高めなことくらいです。

といっても毎月1,200円分のポイントがもらえますし、その前に無料期間内(登録から31日以内)に解約してしまえば料金は一切かかりません。

登録・解約手続きはとても簡単ですし、映画「ライオンキング」を無料で視聴するならU-NEXTが一番オススメです。

違法アップロードされているサイトでの視聴は、ウイルス感染や個人情報流出の危険がありますので、公式サービスであるU-NEXTで安全に視聴することをおすすめします。

参照:「著作権法の一部を改正する法律について」(文化庁)

参照:「著作物を無断で使うと?」(公益社団法人著作権情報センター)

参照:「テレビ番組の違法配信に関わる法制度について」(日本民間放送連盟)

U-NEXT公式ページを見てみる
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

※記事内容は、2019年12月4日時点の情報です。配信状況など詳細は公式サイトにてご確認ください。

映画「ライオンキング」作品情報

作品概要

『ライオン・キング』(The Lion King)は、2019年に公開されたアメリカ合衆国のミュージカル映画。1994年に公開されたディズニーの長編アニメーション映画作品『ライオン・キング』のフルCG(ディズニー公式では「超実写版」と銘打っている)リメイク作品である。

音楽は、1994年のアニメーションで使用されたエルトン・ジョンと作詞家ティム・ライスが手掛けた楽曲に加えて、ドナルド・グローヴァーとビヨンセによる新曲「Never Too Late」(エンドクレジットで使用)や、ビヨンセによる新曲「Spirit」などが使用されることが発表となった。

2017年2月、主人公のシンバ役としてドナルド・グローヴァー、ムファサ役をジェームズ・アール・ジョーンズが1994年の『ライオン・キング』で演じた同役(日本語吹き替え版の大和田伸也も同様)を再演した。4月、ビリー・エイチュナー(英語版)、セス・ローゲンがそれぞれティモン、プンヴァを演じた。7月にはジョン・オリバーがザズー、8月にはアルフレ・ウッダード、ジョン・カニ(英語版)がそれぞれサラビとラフィキを演じた。

日本語吹き替えにおいても大半がアニメ版と変更されている。プンバァ役はアニメ版で声を担当した小林アトムが2011年に死去したこともあって、佐藤二朗が担当した。また、ラフィキ役はアニメ版で声を担当した槐柳二が2017年に死去したこともあって、『ライオン・ガード』でラフィキ役を担当した駒谷昌男が担当した。

ファヴローはビヨンセがナラ役に適任と判断し、彼女のスケジュールに合わせるためには何もしても構わないとした。11月1日、ビヨンセの起用が発表された。

参照:ライオンキングウィキペディア

あらすじ

命あふれるサバンナの王国・プライドランド。未来の王・シンバは、ある悲劇により父・ムファサを失い、ライオン・スカーのたくらみにより王国を追放されてしまう。彼は新たな世界で仲間と出会い、“自分が生まれてきた意味、使命とは何か”を知っていく。

主なキャスト

(シンバ)ドナルド・グローヴァー
(プンバァ)セス・ローゲン
(スカー)キウェテル・イジョフォー
(サラビ)アルフレ・ウッダード
(ティモン)ビリー・アイクナー
(ラフィキ)ジョン・カニ
(ザズー)ジョン・オリヴァー
(シェンジ)フローレンス・カサンバ
(アジジ)エリック・アンドレ
(カマリ)キーガン=マイケル・キー

主なスタッフ

監督:ジョン・ファヴロー
音楽:ハンス・ジマー
脚本:ジェフ・ナサンソン
製作:ジョン・ファヴロー、ジェフリー・シルヴァー、カレン・ギルクリスト

U-NEXT公式ページを見てみる
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

視聴者の声(ネタバレあり)

感想

視聴者の感想を見る

「ライオンキング」を何度見てきても、実写版にしか出せない迫力があります。

特に、最後のスカーとシンバの決闘のシーンは圧巻でした。

自然を細かく描いており、小さい子供から、大人まで楽しめる魅力が沢山詰まっています。

シンバの誕生を祝して、動物たちが集結するシーンは、超実写版でしか起こりえないシーンですが、本当にこんなことがアフリカで起きているのではないかと思い起こさせるシーンでした。

全編CGとは思えないほど、毛並み一本一本にこだわった映像美はとても美しく、アニメーションや舞台版では魅せられない魅力を実写版では感じることができます。

あまりにも一つ一つの描写がリアルなので、虫が苦手な私は思わず、うわっとなってしまう部分もありますがそれほどリアルに描かれてることだと感心します。

自然界にある食物連鎖をとてもポップに表現しています。

また、私は日本語吹き替え版で拝見しましたが実写の吹き替えで起こる口元の違和感が無く、自然と物語に入り込むことができました。

特に、佐藤二郎さんのプンバは、二郎さんと分かっていても面白く、劇場でも沢山の笑い声が漏れていました。
(20代女性)

自分が王になれなかったため、ムファサとシンバを毛嫌いしているスカーが意地悪ばかりして、シンバが危険な目に何度もあったのがすごく可哀そうでした。

しかし、シンバが危ないときは絶対にムファサが助けに来てくれたので、すごくいい父親だなと感じます。

スカーのせいでムファサの命が落とされたシーンはすごく悲しかったですが、シンバも殺そうと思っていたスカーでしたがシンバは助かったので嬉しかったです。

シンバは王国を離れて暮らすことになったのですが、ティモンとプンバァという仲間に出会って生き延びることができて本当に良かったと思いました。

シンバはティモンとプンバァがいたからこそ、無事に大人になることができて、宿敵のスカーと戦うことができたのが素敵です。

ティモンとプンバァもハイエナやライオンからすれば食べられてしまう存在ですが、シンバのためにもティモンとプンバァが戦うことにしたのが本当に嬉しいシーンでした。

しかし、ティモンとプンバァをおとりにさせてシンバとナラが前に進むことにしたシーンは笑ってしまいます。
(20代女性)

一番の見どころは何といっても映像です。CGで作り出された動物たちの映像がとてもリアルで、本物のようでした。

主人公のシンバが生まれてから大人になるまでのストーリーで、ディズニーアニメと内容は変わらないですが、リアルな動物たちの表情や動きに圧倒されました。

ヌーの群れの迫力や、ハイエナたちの集まる場の不穏な空気感も見事に表現されていて、野生動物の世界に入り込んでしまったような感覚になりました。

その中で、ナラとの愛やティモンとプンバァとの友情を通して、野生の王国の王として、自覚を持ち、成長していくシンバの姿に胸を撃たれました。

王の兄弟だったスカーに貶められ、ハイエナたち占領されてしまった本来シンバの居場所を取り戻し、王国の平和が戻ってくるシーンは胸が熱くなり、涙なしにはみることができませんでした。

王国には王としての覚悟や、国の平和、そこで暮らす動物たちすべてのことを考えて行動できる器でないと成り立たないことがわかり、人間の世界にも通じるところがあると思いました。
(20代女性)

知る人ぞ知る、ディズニーの大作「ライオン・キング」ですが、出だしの雄大なシーンは感動すると思います。

アニメ版も「サークル・オブ・ライフ」の壮大な曲が流れ観ている人を一瞬で、サバンナの世界へ連れて行ってくれました。

映画版は、さらに凄いです。

CGと言えども、動物たちの動きや表情が豊かで飽きることがありませんでした。

さらに、映画版はアニメ版と違い曲も少しアレンジされており、楽しめます。

アニメ版と映画版を見比べながら、違うところを探してみると面白さが、より分かります。

そして、見所は最初の「サークル・オブ・ライフ」が流れるあの名シーンです。

さらに、シンバとスカーなど数々のバトルシーンも見逃せません。

また、シンバがティモンとプンバァに出会い、緑豊かな場所で暮らしている生活は、観ているこちらも行ってみたいと思わせる美しさがあります。

映画版「ライオン・キング」は、誰が観てもその世界観の虜になること間違いないです。
(20代女性)

映像がとても綺麗で感動しました。映画館で見てみると実際ここまで綺麗なのかと感心してしまうくらいに綺麗な映像であったのでそこにはとても感動しました。

特に、自然が多いような映画であるのでその自然の映像がとても綺麗でなおかつ見応えがあるのでそこにはとても感動しました。

また、ストーリーもとても分かりやすくて、なおかつ可愛らしくて良い話でした。

親子関係の強さをとても感じる映画であったのですが、親子関係というのはここまで強いものなのかと改めて感じさせてくれるような映画になってます。

特に、この映画の親子は結びつきがとても強いので羨ましく感じたりもするくらいでした。

また、キャラクターに関しましては、もともと人気の作品ということもあってキャラクターも安定して可愛らしかったです。

特に、動物がたくさん出るのでその動物たちの描き方がとても良くて感動をしました。綺麗でした。
(20代男性)

実写の動物を使っての実写化はディズニーの中ではこれが初めてだったと思いますが、予想以上にとても素晴らしい作品でした。

作品の英語版も吹替版もキャストがすごく豪華で、上映が開始されてすぐに見に行き、サウンドトラックがあまりにも気に入ったためそのあともう一度見に行きました。

特に日本語吹替版のティモン役の亜生さんと、プンバァ役の佐藤二郎さんはかなりのはまり役でした。

今後吹替のお仕事がどんどんと入ってきそうだなと感じたほどでした。

また、英語版のナラ役はビヨンセを起用しており、ディズニーの今までの声優の中で一番豪華だと思うほど、声量と歌声が素晴らしく良く、ビヨンセの歌声を聞くだけでも見に行く価値があると思いました。

ストーリーも定番のアニメ版よりも、さらに力強さをすごく感じた映画でした。

パワーを出したいとき、何か始める時など気合を入れたいときにぜひ見たい映画だと思いました。

DVDが出たら必ず購入します。
(20代女性)

原作のアニメ版よりリアルな映像で、映画館でみるとさらにそのダイナミックさが伝わります。

そのため、ストーリーの内容を知っているが、ハラハラドキドキした映画の時間でした。

映画の中に出てくる音楽やライオンたちが自然の中に生きている姿がとても印象的でした。

こどもシンバがとにかくかわいくて、その成長を見守っている気分で映画を見ることができました。

ストーリーはアニメ版とほぼ同じではあるが、映画にしかない画面もたくさんあったので、また新しい気持ちで映画を視聴することができました。

個人的にはシンバとナラの恋愛ストーリをもっとみたいと思いました。

子どもの無邪気な姿から大人になったシンバとナラはまた別の気持ちでお互いと接しているところがとても印象的でした。

当たり前ですが、動物もこうやって恋愛をするんだ、と思いました。

終始、シンバを応援したくなるストーリーでした。

こどものころはおじさんみたいな悪い人でも信じてしまうんですよね。

そういう純粋なところは人間にもあるんだな、と思いました。
(20代女性)

オリジナルであるアニメにかなり忠実です。

リスペクトしているのが伝わります。

ライオンや他の動物の毛の感じがとてもリアルで最初は本物かと思ってほどです。

1番の見所はムファサが落ちていくシーンでしょうか。

オリジナルでも涙なしに見れないシーンがリアルに再現されています。

また、歌もとてもいいです。

オリジナルでも名曲として登場しますが、歌詞を少し変え、声優さんがしっかり歌い上げています。

ザズーとティモンは見た目が個人的にはちょっと違うかな?と思いました。

ハイエナの3人衆以外にもボスが登場し、後半の戦いのシーンだけは少し展開が違います。

総合して、正直に言えば少し驚きが少ないというのが感想としてあります。

それはオリジナルを見たことがある人が感じる感覚かもしれません。

オリジナルにほぼ忠実なため見たことある展開、結末になってしまうので仕方ないのですが。

オリジナルを見たことがない人の方がドキドキ見ることができるかもしれません!
(30代女性)

この映画の面白かったところは個性的な登場キャラクターとそれを際立たせる挿入曲にあると思います。

映画を見ている人々を楽しませるアップテンポな耳に残る曲や悲しませるダウンな曲などそれぞれのシーンによって大きく音楽が観る人達の感情を動かしていた。

個性的なキャラクターたちにはそれぞれの生きる目的や生き方があり人生について考えさせられ、それらのキャラクターが生み出す関係などはとても観ていて面白かった。

さらに今回のこの映画は最新の技術を使って作られた映画なので広大な自然や動物たちがリアルに映像として映し出されるので動物同士のアクションのシーンなどはとても迫力があり、あたかも本物の動物の闘いを見ているかのようでとても興味深いものであった。

この映画の物語で弱肉強食の世界や家族や友人の大切さを学べるものであり、さらには例えば動物たちの権力争いなどから実世界の人間の権力争いと似通った点がありそれについても深く考えさせられた。
(20代男性)

実写版ライオン・キングを見てすごいと思ったのは映像の綺麗さ!

CGとは思えないほど、アフリカの自然や動物達の生き生きとした様子も本当に美しくて、その映像クオリティだけでも見てよかったと思いました。

そしてメインキャラクターのシンバやその父ムファサを筆頭に、一人一人(動物ですが)のキャラクターの個性が際立っていること。

やんちゃなシンバが父を亡くし、プライドランドを追放され、子どもから立派な大人ライオンになるその過程や、王の一族として生まれたその使命を全うとするところも本当に感動します。

私は感動しやすいので、オープニングのシーンや最後シンバが王となってプライドランドを見下ろすシーンでは涙涙でした。

面白かったシーンはやっぱりティモンやプンバァとのハクナ・マタタのシーンだと思います。

アニメやミュージカルでもそうでしたが、どうしても耳に残るこの歌、映画を観たあとはしばらく「ハクナ・マタター♪」と口ずさんでしまいました。
(40代女性)

見どころ

視聴者の考える見どころを見る

こっちを向いてくれないライオン、寝ていて全く動かない猿、休憩したままの鳥、動物園でしか動物を見たことが無い方に超実写版「ライオンキング」で感じてほしいです。

動物たちのリアルな呼吸、自然の描写、食物連鎖、自然の怖さ、素晴らしさ、超実写版でしか感じられない魅力があります。

老若男女楽しめる作品なので、より多くの方と共有してもらいたい作品です。
(20代女性)

とにかく迫力満点で、ライオンという百獣の王に感心しまくる映画になっています。

親子の愛や、仲間の友情など、すごく素敵なシーンを見ることができる、本当に素敵で爽快なストーリーです。

何度も見たくなる、感動できる映画です。
(20代女性)

動物たちの愛と友情、平和の物語です。動物の愛らしさだけでなく、気高さ、たくましさを感じられる作品です。

人間の世界にも通じるものがあり、自分のなすべきことを改めて自覚することができるので、大人から子供まで楽しめる作品です。
(20代女性)

映画版「ライオン・キング」は、何と言っても最初の冒頭シーンで感動すること間違いなしです。

さらに、シンバがティモンとプンバァと共に暮らす、緑豊かな世界も美しさで心奪われます。

最後のシーンも迫力満点です。

一人でも家族と行っても間違いのない映画だと思います。
(20代女性)

やはり、映像の綺麗さにあると思います。

とにかく映像が綺麗で見応えがあるのでそこには感動します。

また、キャラクターも可愛らしくて見応えがあります。ストーリーも良いです。
(20代男性)

見どころはやはり実写版のライオンのパワフルさと、声優の方々の素晴らしい歌声だと思います。

実際のライオンが歌うってどんな感じだろう、と始め思いましたが、開始してすぐに世界観にのめりこむことができました。

オリジナルのライオンキングの作品が好きな方にとてもおすすめです。
(20代女性)

やはり、アニメでは味わえない、ダイナミックな映像です。

実写版がたくさんされている中で、動物を主体としたものはなかったので、新鮮でした。

実際のライオンの世界を垣間見ている気分になれる、迫力のある映画です。
(20代女性)

名作ライオンキングをもとにCGとして復活した作品です。

本物そっくりのリアルなライオンたちが迫力満点に動き回るのは見所満載です。

歌も心地よく、素晴らしいと思います!

ハッピーエンドで終わる作品なので、家族で楽しく見れる作品です。
(30代女性)

この映画は別のバージョンで過去に公開されており、多くの人が物語の内容などを知っているだろうがこの最新の技術によって新たに作り出されたこの映画は過去のものでは感じる事が出来なかった何かを見つけることができるでしょう。
(20代男性)

実写版ライオン・キングの見どころは、まずCGクオリティの高さだと思います。

とにかく映像が綺麗なので、それだけでも見る価値があると思います。

あとは、幼かったシンバがいろいろなことを乗り越えて、やがて王としてプライドランドを治めるまでの成長の過程をお楽しみください。
(40代女性)

まとめ!映画「ライオンキング」の動画はU-NEXTで無料視聴しよう!

映画「ライオンキング」のフル動画を無料視聴する方法や、作品情報をご紹介しました。

U-NEXTを利用すれば、映画「ライオンキング」を無料で視聴することが可能です。

アニメ版(ポイントレンタル作品)も配信されていますので、おすすめです。

U-NEXTのメリット(特徴)

31日間の無料トライアル期間がある(解約はいつでも可能)
初回登録時に600ポイント、無料期間終了後には毎月1,200ポイントがもらえるので、新作映画や電子書籍などの有料コンテンツも楽しめる(1ポイント=1円)
毎月貰えるポイントは映画のチケット(しかも300円分お得なチケット)に交換可能
新作映画の配信が早い
ほとんどの作品のダウンロードが可能で、オフラインでどこでも楽しめる
一つの契約で4アカウントまで作れる(視聴履歴の共有はなし)
パソコン、スマホ、タブレットなどのマルチデバイス対応で、同時視聴も可能(4人まで)
再生速度の変更が可能
70誌以上の最新の人気雑誌が読み放題
42万冊以上の電子書籍があり、無料で読める漫画もたくさんある

U-NEXTは31日以内に解約すればお金は全くかかりません。

登録、解約手続きは簡単なのでこの機会にぜひお試しください。

U-NEXT公式ページを見てみる
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)