映画あらすじ見どころ(ネタバレなし)

映画【ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語】あらすじキャスト見どころ!アレンジで現代に蘇る歴史的名小説

世界的に有名な小説「若草物語」を原作とした映画「ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語」が2020年3月27日に公開となります。

主演はシアーシャ・ローナンが務め、他エマ・ワトソンやフローレンス・ピュー、メリル・ストリープなど豪華キャストが集結しました。

あらすじ、キャストなど作品情報をはじめ、見どころ紹介記事です。ネタバレはありません!
この記事のURLをコピーする


スポンサーリンク


映画【ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語】作品概要

©2019 COLUMBIA PICTURES INDUSTRIES、INC。and MONARCHY ENTERPRISESS.ÀRL AND REGENCY ENTERTAINMENT(USA)、INC。

公開日(日本):2020年3月27日

上映時間:135分

原作:若草物語

監督:グレタ・ガーウィグ

脚本:グレタ・ガーウィグ

制作:エイミー・パスカル、デニース・ディ・ノビ、ロビン・スウィコード

作品概要

ルイザ・メイ・オルコットの名作小説「若草物語」を新たな視野でとらえ、次女のジョーを主人公とし映像化した作品です。

女性が表現者になることが難しい時代に、作家になることを夢見るジョーと姉妹の姿を描きます。

監督はグレタ・ガーウィグ、「レディ・バード」のシアーシャ・ローナン、「美女と野獣」のエマ・ワトソンに「ミッドサマー」のフローレンス・ピューなど今注目の若手女優が集結しています。

予告動画

映画【ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語】あらすじ(ネタバレなし)

©2019 COLUMBIA PICTURES INDUSTRIES、INC。and MONARCHY ENTERPRISESS.ÀRL AND REGENCY ENTERTAINMENT(USA)、INC。

マーチ家は4人の姉妹がいる。

しっかり者の長女メグ、しっかりものだが一度決めた信念を曲げない次女のジョー、内気で繊細な3女ベス、人懐っこく頑なな末っ子エイミー。

性格はバラバラだが姉妹は仲が良く、愛情深い母親に皆育てられる。

その時代女性の幸せとは結婚であり、表現者として成功することは難しいと言われている中、ジョーは作家になるという夢を持ち一途に追い続けていた。

性別により決められる幸せを嫌い、本当は思いを寄せている幼馴染のローリーからのプロポーズにも応じることなく自分の信じる道を突き進むジョーだったが・・・。



スポンサーリンク


映画【ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語】作品解説

©2019 COLUMBIA PICTURES INDUSTRIES、INC。and MONARCHY ENTERPRISESS.ÀRL AND REGENCY ENTERTAINMENT(USA)、INC。

この映画の原作となっている「若草物語」はルイザ・メイ・オールコットによる自伝的小説です。

19世紀後半のアメリカを舞台とし、マーチ家の四人姉妹の成長を書いた物語です。

歴史的ベストセラーとも呼ばれる小説であり、劇場化、映画化、また漫画化など形を変え多くの人に今日も愛されている作品です。

本作はアメリカですでに公開されており、2019年12月25日に全米3308館で公開され、公開初週末に1675万ドルを稼ぎ週末興行収入ランキング初登場4位を記録しています。

また、批評家からも非常に高い評価を受けており、映画批評集積サイトのRotten Tomatoesで批評家支持率は95%、平均点は10点満点で8.57点と非常に高い点数を獲得しています。(2020年2月8日現在)

また、本年度アカデミー賞にも作品賞・主演女優賞他6部門ノミネート、ゴールデングローブ賞には最優秀主演女優賞と最優秀作曲賞にノミネートされました。



スポンサーリンク


キャスト紹介

キャスト

シアーシャ・ローナン(ジョー・マーチ)

エマ・ワトソン(メグ・マーチ)

フローレンス・ピュー(エイミー・マーチ)

ティモシー・シャラメ(セオドア・ローレンス)

解説

主役であり次女のジョーを演じるのはシアーシャ・ローナンです。

俳優のポール・ローナンを父親に持ち、9歳からアイルランドのTVドラマに出演しだし、2007年には「I Could Never Be Your Woman」にてスクリーンデビューを果たします。

同年。ジョー・ライト監督の映画「つぐない」で13歳という史上7番目の若さでアカデミー助演女優賞ノミネート、他の様々な映画賞の助演女優賞のもノミネートされ期待の新人として注目を集めます。

その後も2009年の「ラブリーボーン」や2011年の「ハンナ」、2014年の「グランド・ブタペスト・ホテル」などに出演、他の有名女優の中でも際立った存在感を発揮します。

2015年「ブルックリン」と2017年「レディ・バード」でアカデミー主演女優賞にノミネート、惜しくも受賞を逃していますが、本作で3度目の同賞にノミネートされており、受賞の期待が非常に高まっています。

長女のメグを演じるのはエマ・ワトソンです。

彼女のデビュー作と言えば誰もが知る世界的ベストセラー小説「ハリーポッター」でのハーマイオニー役であり、10歳の時にオーディションでその役を勝ち取り、以降10年間全シリーズの映画に出演しています。

ハーマイオニー役のイメージが当初強かった彼女ですが、ステレオタイプにはなりたくないという思いが強かったようで、2012年「ウォールフラワー」や2013年「ブリングリング」、2014年「ノア 約束の舟」などの映画に精力的に出演しています。

2017年のディズニー映画の実写版「美女と野獣」でヒロインであるベル役に抜擢、映画は大ヒットし全世界興収12億ドル突破、その年の「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」に次ぐ2番目に高い総収入の映画となっています。

その映画のヒットによりベル役は彼女の新しい代表作になったともいえ、今後も様々な活躍が期待できる女優の1人となっています。

末っ子のエイミー・マーチはフローレンス・ピューが演じます。

デビューは最近であり、2014年の映画「The Falling」であり存在感のある演技で注目をあび、2016年に「Lady Macbeth」にて初主演、批評家から高い評価を受け、複数の賞も受賞しています

2018年「トレイン・ミッション」やネットフリックスの映画「アウトロー・キング スコットランドの英雄」で主演を務めるなど確実にキャリアを積み、また去年は話題作の「ミッドサマー」への主演でも話題となりました。

本作では、第92回アカデミー助演女優賞にノミネートされており、受賞に大きな期待がかかっています。

2020年以降も映画「ブラック・ウィドウ」にてメインキャラクターの出演が決まっているなど、最も注目されている若手女優の1人と言えるでしょう。

見どころ紹介&こんな人におすすめ

©2019 COLUMBIA PICTURES INDUSTRIES、INC。and MONARCHY ENTERPRISESS.ÀRL AND REGENCY ENTERTAINMENT(USA)、INC。

この映画の見どころはジョーが対面する「女性ならでは」の社会での難しさとそれを乗り越えていく過程です。

この原作小説が書かれたのは1868年であり、それから150年あまりの時間が経ち時代は変わっては来ています。

しかしいまだに存在する「女性としての幸せ=結婚」という価値観や、仕事・結婚・出産という人生の分岐点でどう選択するかなど、女性なら一度は直面したことがあるであろう問題にどう対応するのか、主人公のジョーを観ていると答えが出せるかもしれません。

この映画を観ていただきたたいのはそういった問題を抱えている女性や、自分が今いる選択肢が正しいか疑問に思ってしまったりする方にぜひお勧めしたい1本です。

まとめ

以上が「ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語」のあらすじと見どころになります。

歴史を超えて現代も私たちの心に迫る名作映画であり、また注目女優たちのみずみずしい演技を観に是非劇場に足を運んでみてください。

数量限定のメイキング・ブックも2月28日に発売されるようなので気になる方は買い逃しのないようにチェックしてみてください。

この記事のURLをコピーする


スポンサーリンク


◆映画を無料で視聴する方法(作品名あいうえお順)