映画無料視聴

【動画】映画「魔女の宅急便」を無料視聴する方法とは?

映画「魔女の宅急便」の動画を無料視聴する方法についてご紹介していきます。

現在、映画「魔女の宅急便」は各種の動画配信サービス(VOD)では一切配信されていません。

ではどうすれば無料視聴できるかと言いますと、TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)というサービスでDVDを無料レンタルすれば可能です。

TSUTAYA DISCASでは、現在30日間の無料お試し体験を実施しているので、映画「魔女の宅急便」のDVDを無料でレンタルすることができるんです。(翌日配送・送料無料・返却期限なし

いますぐTSUTAYA DISCASで無料レンタルする
(30日間以内に解約すれば、料金は一切かかりませんし、解約手続きは簡単にできます)

映画「魔女の宅急便」の動画を無料視聴する方法!⇒TSUTAYA DISCASで手軽に無料レンタル

冒頭でもお伝えしましたが、映画「魔女の宅急便」の動画は現在、動画配信サービス(VOD)では配信されていません。

そこでTSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)というサービスを利用すれば、無料で簡単に映画「魔女の宅急便」のDVDをレンタルすることができますので、非常におすすめです。

TSUTAYA DISCASは超便利な宅配レンタルサービス!

TSUTAYA DISCASは、株式会社TSUTAYAが提供しているDVD/CDの宅配レンタルサービスで、これまでに延べ数百万人が利用しています。

スマホやPCから手軽に予約して、自宅まで送料無料で届けてくれますのでとても便利なサービスです。(翌日配送率は97%!

視聴後はポストに返却するだけで完了です。

しかも返却期限がないので、延滞金の心配もまったくありません。

通常は有料サービスですが、初回登録時に30日間のお試し体験を実施していますので、期間中は無料でサービスを利用することができます。

お試し期間中は、DVD/CDの旧作が借り放題となります。

新作は対象外となりますが、映画「魔女の宅急便」を無料で借りることができますし、他にもTSUTAYAの充実した作品群が楽しめます!

もちろん他のジブリ作品も無料でレンタル可能ですので、同時に視聴するのもいいですね。

お試し期間中に解約すれば、料金は全くかかりませんし、登録・解約手続きはとても簡単にできますので、ぜひお試しください。

TSUTAYA DISCASで無料レンタルする
(30日間以内に解約すれば、料金は一切かかりませんし、解約手続きは簡単にできます)

※借り放題は月額レンタル可能枚数終了後、「旧作」が借り放題となります。
※30 日間無料お試し期間中は「新作」はレンタル対象外となります。
※無料お試し期間終了後、通常料金(無料お試し終了後の料金)で自動更新となります。

TSUTAYA TV(動画配信サービス)にも同時に無料登録することが可能!

TSUTAYA DISCASに登録する際に、TSUTAYA TVという動画配信サービスにも同時に無料登録することができます。

TSUTAYA TVでは、新作・準新作を除く10,000タイトル以上が見放題となっていて、映画、ドラマ、アニメなど豊富なラインナップを楽しめます。

初回登録時に1,100円分の動画ポイントをもらえますので、ポイントを使って新作の視聴も可能です。

こちらのサービスも初回登録後30日間はお試し期間となりますので、期間中はサービスを無料で利用できます。もちろんお試し期間中に解約すれば、料金はかかりません。

TSUTAYA TVが必要なければ、TSUTAYA DISCASのみでの登録も可能です!

登録手続きは簡単ですので、この機会にぜひ登録してみてください。

TSUTAYA DISCASとTSUTAYA TVの公式ページを見てみる
(30日間以内に解約すれば、料金は一切かかりませんし、解約手続きは簡単にできます)

※記事内容は、2020年5月6日時点の情報です。最新の情報は TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV 公式サイトにてご確認下さい。

動画共有サイトでの視聴はリスクがあります。おすすめはできません。

動画共有サイトで映画「魔女の宅急便」が配信されている場合があるかもしれません。

しかし、そういったサイトは違法アップロードサイトですので、次のデメリットがあります。

・画質や音質が悪い
・広告が多くてストレスが溜まる
・動画が途中で止まったり、急に削除されるので全て見ることができない
・ウイルス感染や個人情報流出の危険がある

公的機関等でも著作権に関する注意事項が記載されています。

参照:「著作権法の一部を改正する法律について」(文化庁)

参照:「著作物を無断で使うと?」(公益社団法人著作権情報センター)

参照:「テレビ番組の違法配信に関わる法制度について」(日本民間放送連盟)

 

安全かつクリーンに高画質で映画「魔女の宅急便」を視聴するなら、公式サービスであるTSUTAYA DISCASでレンタルすることをおすすめします。

映画「魔女の宅急便」作品情報

作品概要

『魔女の宅急便』は、スタジオジブリ制作の日本のアニメーション映画作品。スタジオジブリにおける宮崎駿監督の長編映画としては初の、他者の原作による作品である。主題歌には荒井由実の楽曲が採用された。

長編アニメーション映画としては制作期間が短く、作画の困難な群集シーンが後半に多数挿入されたためスタッフの負担は大きかった。音楽演出を高畑が受け持ったのも、宮崎に余裕がなくなったためである。さらに音楽担当である久石譲も自身のアルバム制作とスケジュールが重なり、音楽打ち合わせから演奏録音までが公開間際になるという状態だった。

アニメ版では、原作に見られた童話ならではのファンタジー性は抑えられ、作中における魔法はあくまで「個人の特技の一種」という位置づけで描かれている。「田舎から都会へ上京してきた少女が特技を活かして独り立ちしていく」という点を強調して前面に押し出しており、その中で思春期を迎えた少女の感情の機微を描写していく現実味漂う作風となっている。

参照:魔女の宅急便ウィキペディア

主題歌「ルージュの伝言」- 荒井由実(松任谷由実)

主なキャスト

キキ/ウルスラ:高山みなみ
ジジ:佐久間レイ
コキリ:信沢三恵子
おソノ:戸田恵子
トンボ:山口勝平
バーサ:関弘子
オキノ:三浦浩一
老婦人:加藤治子

主なスタッフ

原作:角野栄子(福音館書店刊)
プロデューサー・脚本・監督:宮崎駿
キャラクターデザイン:近藤勝也
作画:大塚伸治、近藤勝也、近藤喜文
美術:大野広司
色彩設計:保田道世
音楽:久石譲
音楽演出:高畑勲
制作:スタジオジブリ

TSUTAYA DISCASとTSUTAYA TVの公式ページを見てみる
(30日間以内に解約すれば、料金は一切かかりませんし、解約手続きは簡単にできます)

関連ツイートと視聴者の声(ネタバレあり)

視聴者の考える見どころ

(20代・女性)
自分の中で13歳の時を思い出しながら、純粋に主人公のキキを応援したくなるような気持ちにさせる映画だと思います。

一人で生活を始めた時のこと、仕事の辛さ、周りの人の優しさを思い出して感謝できる、素晴らしい映画だと思います。

(40代・女性)
魔法使いが普通の人間と同じ世界で生きている事が、まず夢があってワクワクします。

ストーリーはシンプルで難しい事も特にないので、小さな子供からお年寄りまで、幅広い年代の方が楽しめると思います。

トラブルに見舞われながらも、傷つきながらも成長していくキキの姿は誰でも応援したくなると思います。

何度見ても心が温かくなる大好きな映画です。

(10代・女性)
15歳ながら親元を離れ、旅立つキキの成長。

様々な苦難、試練を乗り越え、周りの人に支えられながらも強くなっていく姿はとてもかっこいいです。

小さい頃に見れば憧れの存在に、大きくなってから見ても懐かしさとともに勇気をもらえる映画です。

(40代・女性)
この映画の見所は、キキ、黒猫のジジ、そしてその他の登場人物達の、心の成長していく様子だと思います。

キキがスランプを乗り越え、再び空を飛べるようになり、トンボを助けるところが最大の見せ場です。

親元を離れて修行に行くということは、こういうことなのだと思い、見終わった後気分が爽快になり、勇気と感動を貰いました。

さらに見どころを見る

(20代・男性)
魔女の宅急便の1番の見所は劇中の音楽と共に街の世界観を楽しむことだと私は思います。

音楽が街の雰囲気にとてもあっているので一緒に楽しむことで、物語をより一層深く楽しめると私は思います。

優しく描かれている街の世界観にも注目してみると魔女の宅急便の虜になってしまう事間違いなしだとおもいます。

(30代・女性)
キキが少女から大人の女性へと少しずつ成長していく姿に勇気をもらいます。

最初は面白いストーリーから徐々に切ない内容に変わっていくのが思春期の悩みや葛藤をリアルに描いていて面白いです。

魔女の宅急便を通して思春期の忘れていた記憶が蘇ります。

(30代・女性)
自分の思い描く理想像がある人も、ない人も、ぜひ見てほしいと思います。

一人では落ち込んでしまいそうなときほど、見るのをおすすめしたい映画です。

若い人は、すごく共感できると思うし、少し大人の方は、昔こういうときがあったなと思って懐かしくまた明日も頑張ろうと思えると思います。

(30代・女性)
「魔女の宅急便」の見どころは、なんと言っても魅力的なキャラクターの「キキ」と「ジジ」です。

黒ねこの「ジジ」が可愛くて頼もしくて目が離せません。

そして、心に残る素敵な音楽もあります。

思わずあなたも口ずさみたくなるはずです。

(20代・女性)
主人公のキキが、不器用に、でもまっすぐに自分らしさとは何かという不滅のテーマに向き合うところです。

何かを新しく始めようとする人や新しいことを始めたくても躊躇している人、自分の居場所で迷いながら奮闘する人、人との関わりに悩む人、現代を生きる私達の背中を後押ししてくれる作品だと思います。

(20代・女性)
個人的見どころとしては、やはりラストシーンの飛行船の事故のところです。

乗り合わせたトンボが事故により危うく落ちてしまいそうになるのですが、魔力の弱まったキキがいかにしてトンボを助けるのか、その後の2人はどうなるのかが、見どころです。

視聴者の感想

(20代・女性)
13歳になった魔女の女の子、キキが魔法使いの独り立ちをするために一人で故郷を離れるというファンタジーですが、一人で生活していこうとするキキが本当に健気で頑張り屋さんで本当に応援したくなります。

家探しをしている時は、上京してきた自分と重ね合わせて悲しくなりますが、この映画には「悪人」が出てこないので、それを知っていると安心して見ることができると思います。

ほうきで空を飛ぶシーンは見ていてウキウキしますし、ニシンのパイのおばあさんの所で働いていたばあやさんのようにこっそりほうきにまたがって自分も飛んでみたい気持ちになります。

途中からお供についてきた黒猫のジジが喋らなくなり、ほうきで飛べなくなるのですが、これはおそらく「大人の女性になる」ということの暗示かと思います。

素晴らしい景色の街並みが舞台になっているので、海外旅行に行った際などは「ここはキキの街かも?」と景色を楽しむという余韻も出てくるのでそこも含めて感動します。

(40代・女性)
この映画は好きで何回も見ています。

古いしきたりで魔法の修行のためにキキは13歳で家を出ますが、母親になった今、娘が13歳で家を出てしまうなんて両親は心配で堪らなかっただろうなと、つい親目線で見てしまいます。

家を出る前日、お父さんがキキを抱き上げて「いつの間にこんなに大きくなって」としみじみ呟くシーンは思わずジーンとしてしまいました。

修行する町を無事見つけられるのか、住むところをちゃんと見つけられるのか、仕事は探せるのか、そして魔法を習得できるのか、色々と心配でハラハラしました。

ふとした成り行きで決まった下宿先のグーチョキパーというパン屋さんの奥さんがとても良い人で、見ていて温かい気持ちになりました。

パーティーに誘われたけどドレスを持っていないキキに対して、奥さんが「黒は女を美しく見せるのよ」とサラリと励ますシーンが印象的でした。

娘も同じようで、黒の洋服を着る度にその台詞を真似しています。

キキと一緒に行動を共にするジジがとにかく可愛くて、この映画を見た後は黒猫を見ると、ついジジと読んでしまいます。

(10代・女性)
まず絵がとても綺麗です。

街並みや上空からの景色、また色彩も明るめでポップな印象を与えてくれます。キキの明るさとぴったりです。

流れる音楽も好きで、キキが家をでで街につくときに流れる曲が1番のお気に入りで、ピアノの発表会で弾いたことがあります。

グーチョキパン屋での暮らし、宅急便の仕事がとても羨ましくて、小さい頃はパン屋になりたいと考えたこともありました。

15歳という幼い年齢で親元を離れ、1人で生活していく姿は、15歳を超えた今考えると本当に凄いことで、そんな強い人間になりたかったなあとつくづく思います。

基本的に猫は好きではないのですが、ジジは憎めないキャラで、人形も持っています。

ジブリ飯というワードはとても有名ですが、魔女の宅急便で出てくる美味しそうなグルメとして、パイがあります。

よくインスタグラム等で真似をして作ってみた、という投稿を見かけます。

わたしも作ってみたいと思うほど美味しそうです。

(40代・女性)
この映画を含め、ジブリ作品は子供の頃からよく見ていました。

大人になって、自分の子供と一緒に見るようになりました。

キキが一度は魔法の力が弱まり、ほうきで空を飛べなくなりますが、デッキブラシで再び空を飛べるようになるシーンは、何度見てもワクワクします。

また、子供の頃はあまり好きではなかったシーンが、大人になってから見ると、その心情もキャラクターもよくわかるようになり、好きなシーンの1つになりました。

例えば、トンボのキャラクターは子供の頃はあまり好きではありませんでしたが、今見ると、とても子供らしく、素直な性格なんだと思うようになりました。

また、キキが町の女の子達と出会った後、急に怖い顔になり不機嫌になるシーンは、子供の頃はその意味が分かりませんでしたが、今ではキキの気持ちがとてもよく分かります。

そして黒猫のジジが急に人間の言葉を話せなくなった理由も、大人になった今なら分かるような気がします。

このように、魔女の宅急便という映画は、子供と大人では捉え方が少し違う、何度も楽しめる映画だと思います。

さらに感想を見る

(20代・男性)
魔女の宅急便は世界観がとても素敵で見ているととても落ち着いた気持ちになれる映画です。

13歳になったキキの頑張る姿に勇気も貰えます。

魔女の宅急便はジブリ映画の中でも音楽が素敵です。

街の雰囲気によく合っている音楽からはその場の情景や表現を上手く演出しているとおもいます。

映画のストーリーを楽しみたい人だけではなく、単純に音楽が好きな人に向けても面白い映画だと私は思います。

魔女の宅急便に出てくるジジという猫はとても可愛くて観ていると癒されてしまいます。

この作品には個性のあるキャラクターが沢山出てきて愉快なストーリーを盛り上げています。

キキが街で頑張る姿をみていると自分も頑張ろうと勇気を貰える内容が沢山あって見応え満載でした。

少しずつ大人になる姿は感動しました。

また、ジブリ作品の中でも絵の世界観がソフトな感じに描かれているので街やキャラクターに親しみをもって優しい気持ちで映画を観ることが出来ました。

(30代・女性)
ジブリ映画の中でも私が1番好きな作品です。

主人公の魔女のキキが13歳になり親元を離れ修行しに違う街に行きますが、キキが修行すると決めた街は大きな街で、魔女を久々に見る人たちに白い目で見られてしまいます。

でも、ひょんな事からパン屋のおそのさんの好意で使っていない空き部屋に住ませてもらう事になり、そこで宅急便の仕事を始めます。

最初は戸惑いや失敗もありましたが、持ち前の負けん気で色々な困難を乗り越えていく様子が13歳のリアルな心情を描いていてとても興味深いです。物語が進むにつれキキが少しずつ大人へと成長している姿がわかります。

キキとトンボの関係性が面白く私は最初のキキがトンボを毛嫌いしているところが13歳らしくて好きです。

トンボに恋をしたのでジジの言葉がわからなくなり空も飛べなくなってしまった時は自分の事のようにショックでした。

でも色々な人に支えられて最後は自分自身の気持ちと向き合い乗り越えていく様子がすごく勇気をもらいました。

(30代・女性)
魔女のキキに訪れる転機と、それによって成長していく姿が面白く、共感したり胸が痛くなったりするところが好きな映画だと思います。

まず、親元を離れて暮らすことに対して、最初は楽しい生活に期待が高まるけれど、離れてこそ気がつく周りの人への感謝の想いにとても共感できます。

でも、相棒の黒猫ジジや、知り合った少年トンボなど、なかなか自分の気持ちに素直になれないキキの言動に、少しモヤモヤしながらも、自分と置き換えて見てしまうシーンが多いです。

どうやったら自分を自分の思い描く通りの一人前になれるのか、キキは葛藤しますが、それも周りの暖かい人たちに見守られて、徐々に自分を取り戻してゆくところは、幅広い年代の方にグッとくるものがあると思います。

同世代の女の子と自分を比べてしまったり、色々な考えの人に出会うことで、自分が自分のままで良いのかなと自信をつけていくところは、何回見てもホッとさせられ、少し心が軽くなるような気がします。

(30代・女性)
「魔女の宅急便」といえば、キキが成長していくストーリーに感動します。

私もこんな風になれたらいいなと思わせてくれる素敵な主人公です。

しかし、そんな魅力的なキャラクターよりも私はジブリ作品の中でも群を抜いてこの映画の音楽が素晴らしいと思いました。

キキの心情を表す素敵なメロディーや思わず口ずさみたくなる曲があります。

私はベネチアに行ったときに「魔女の宅急便」の曲がぴったりだと思い、思わず鼻唄をうたったほどです。

キキに次いで私の好きなキャラクターはジジです。

黒ねこのなんともいえない可愛らしさやキキの相棒としての頼もしさは幼い心にささるものがあり、しばらくの間ねこを見かけると喋りだすのではとじっと見続けたことを覚えています。

キキのように空が飛べるという素敵な魔法を信じ、何度もほうきにまたがって力をこめたかわかりません。

ほうきでだめならデッキブラシでもと挑戦し、おばあちゃんに笑われたこともありました。

この「魔女の宅急便」は幼い私に素敵な夢を与えてくれた作品でした。

(20代・女性)
共感する場面や励まされる部分がたくさんあり、とても面白い作品です。

人の成長をテーマに、社会に参加することで起こる様々な問題とその向き合い方を見せてくれます。魔女の鏡をのぞくように、キキという主人公がどうやって社会で奮闘するかを私達は眺めることができるのです。

先日丁度魔女の宅急便を見ましたが、子どもの頃以来でした。
この映画の本番は、視聴者が大人になってからかもしれないと感じました。

キキが自分のルーツや得意なことに向き合うことで、仕事や自分のやりたいことを見つけて邁進していく姿に勇気を貰えます。

みんなの役に立つよい魔女を目指して一生懸命働こうとしている姿を見ると応援したくなります。

明るく前向きでアイディアマンのキキですが、要領が良いとは言えず、都会の人達との触れ合いや自分の能力に戸惑い迷い苦しむ場面は、現代の私達の姿に重なります。

大人になってからキキを見ると、彼女は社会で働く私達と共通する悩みをもっていることに気がつきます。

映画の中で、キキはやりきれない思いを持つこともありましたが、それでも自分を応援してくれる人の存在に気づき感謝します。

また、人を信じる気持ちも忘れないその姿に、大事なことを教えて貰えます。

物語の展開と、キキの素直で一生懸命な姿、人間くさい街の様子、魔女というファンタジー、そして素敵なユーミンの歌が合わさって、とても魅力的で印象に残る面白い物語になっています。

(20代・女性)
映画「魔女の宅急便」は主人公「キキ」の成長物語です。

少々ネタバレになってしまいますが、魔女であるキキは13歳になった春の満月の日に魔女が住んでいない街へ修行に出るという決まりがあり、相棒である「ジジ」と共にコリコの街へ修行に出ました。

コリコの街で居候させてくれるパン屋の女将「おソノさん」の協力のもと、ほうきで空を飛べることを活かして宅急便の仕事を始めます。

13歳の少女が見知らぬ街で、働くなんてすごい!というのが、初めて映画を見たときの率直な感想でした。

そして、同世代の少年「トンボ」も忘れてはいけません。

トンボとキキの淡い関係性。

10代特有のあの気持ちを思い出させてくれる少し違ったかたちの青春も見れます。

また、終盤でキキの魔力が弱まってしまい、ジジと会話ができなくなってしまいます。

感情移入のしやすい作品のためキキと同じように寂しく、悲しかったです。

サブタイトルである「おちこんだりもしたけれど、わたしは元気です」は、親元を離れてから見返すと、1人でやっていくことの大変さなど違った視点で見れて1つの物語だけれど色々な角度で見ることができるのも宮崎作品の面白いところだなと思いました。

映画「魔女の宅急便」の動画視聴方法まとめ!TSUTAYA DISCASで手軽に無料レンタルしよう!

映画「魔女の宅急便」の動画は、動画配信サービスでは配信されていませんので、TSUTAYA DISCASでDVDを無料レンタルするのが一番おすすめです。

ネットで気軽に予約できて、基本的に翌日には自宅に届きますので、とてもおすすめです。(送料無料・返却期限なし

登録時には、動画配信サービスのTSUTAYA TVにも同時に無料登録できます。(TSUTAYA DISCASのみの登録も可)

両サービスともに30日間のお試し期間があり、期間中に解約すればお金は全くかかりません。

登録・解約手続きは簡単ですので、ぜひお試しください。

TSUTAYA DISCASとTSUTAYA TVの公式ページを見てみる
(30日間以内に解約すれば、料金は一切かかりませんし、解約手続きは簡単にできます)

◆映画を無料で視聴する方法(作品名あいうえお順)