映画あらすじ見どころ(ネタバレなし)

映画【マレフィセント2】あらすじキャスト見どころ!あの名作リメイクの続編!究極の愛とは何なのか?

あの大ヒット映画「マレフィセント」の続編が2019年10月18日に公開されます。

前回同様アンジェリーナ・ジョリー、エル・ファニングなど豪華メンバーが揃った他、ミシェル・ファイファーなどの新キャストも登場します。

あらすじ、キャストなど作品情報をはじめ、見どころ紹介記事です。ネタバレはありません!


スポンサーリンク


映画【マレフィセント2】作品概要

(C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

作品概要

誰もが知る1959年のディズニーのアニメーション映画「眠れる森の美女」の実写版リメイク作品である前作「マレフィセント」から5年、待望の続編が完成しました。

主人公のマレフィセントは大人気ハリウッド女優アンジェリーナ・ジョリー、オーロラ姫はドラマや映画に大活躍のエル・ファニングが演じています。

美しいディズニーの映像を舞台に、前回ハッピーエンドで終わったはずのマレフィセントとオーロラ姫の「究極の愛」が試される物語が始まります。

予告動画

映画【マレフィセント2】あらすじ(ネタバレなし)

(C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

「16歳の誕生日の日没までに糸車に指を刺され死の眠りにつく」というオーロラ姫の呪いが、恋愛でもなく血の繋がりでもないマレフィセントの「真実の愛」によって解けてから数年後。

オーロラ姫はフィリップ王子のプロポーズを受け、晴れて結婚することになる。

しかし結婚の日にフィリップ王子の母親イングリス王妃は罠を仕掛け、マレフィセントとオーロラ姫の絆は引き裂かれてしまう。

妖精界を滅ぼそうとする恐るべき罠に対し、愛するオーロラ姫を救うために、マレフィセントの「究極の愛」が試されることとなる。



スポンサーリンク


作品情報詳細(公開日・監督・キャストetc.)

(C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

公開日(日本):2019年10月18日

原作:Maleficent: Mistress of Evil

監督:ヨアヒム・ローニング

製作総指揮:アンジェリーナ・ジョリー

キャスト

アンジェリーナ・ジョリー(マレフィセント)…邪悪な妖精として皆から恐れられる存在であったが実は妖精の国を愛し、守っている。オーロラ姫とは母と娘のような関係。

エル・ファニング(オーロラ姫)…16歳の時に呪いにより一度眠りにつくが、マレフィセントの真実の愛により目を覚ます。善を守り、優しく純粋無垢な存在。

ミシェル・ファイファー(イングリス王妃)…フィリップ王子の母。幼い頃の体験から妖精を憎んでおり、マレフィセントを嫌っている。

ハリス・ディキンソン(フィリップ王子)…オーロラ姫を心から愛し、プロポーズする。マレフィセントには敬意をもって接している。

解説とコメント

前作同様、この映画はディズニーヴィランを主役にしたリメイクであり、従来のディズニー映画とはちょっと異なる作風となっています。

ヴィランとは英語で悪者や悪役の事を指し、ディズニー映画作品には他にも多数のヴィランが存在しています。

しかし前作「マレフィセント」では通常悪役として排除されてしまうそのヴィランに焦点をあて、一度は裏切られた事から悪の道にそれてしまうも、真実の愛を取りす姿が描かれ多くの人の共感を呼びました。

主役を演じたアンジェリーナ・ジョリーもマレフィセントはもう一人の私のような存在と言っているみたいですね。

そんな主役のアンジェリーナ・ジョリーは日本でも知らない人はいない程の有名人であり、ハリウッドを代表する大女優であり、慈善活動を行っていることでも有名です。

もともとファッションモデルとしてデビュー、ミュージックビデオなどの出演を得てその後舞台の世界に入っていったようですね。

有名になったきっかけは1998年のテレビ映画「ジーア/悲劇のスーパーモデル」で実在のモデルを演じ、数多くの賞とノミネートを受けています。

その翌年には「17歳のカルテ」でアカデミー助演女優賞を受賞しその地位を確固たるものにし、その後の代表作には「60セカンズ」「トゥームレイダー」「Mr.&Mrs.スミス」など数々の有名作品があります。

今でこそ大活躍の彼女ですが、幼い頃はいじめや両親の不仲に悩み自殺行為、摂食障害など様々な経験をしてきているようです。

そんな彼女だからこそ演じることのできるであろうマレフィセントは本当に美しく圧倒されますね。

オーロラ姫は前作同様エル・ファニングが演じます。

なんとデビューは2歳の時、姉のダコタ・ファニングが演じる役の幼年時代の役として出演したのが最初だそうです。

幼少期の頃からその演技力は評価されており、プロデューサーや共演俳優から絶賛されていたようです。

また、日本と関わりがある作品として「となりのトトロ」の英語吹き替え版で声優を行ったこともあるようです。

前作でも肌が透き通るように白く、ブロンドヘアの美しい彼女はオーロラ姫にぴったりと絶賛されていたようです。

前作ではまだ幼い表情も垣間見せた彼女が更に成長した姿が見られることも本作の見どころと言えそうです。

ミシェル・ファイファーが演じるイングリス王妃は前作には登場しておらず、本作からの新キャラクターとなります。

フィリップ王子の母親でありながらマレフィセントを嫌っているとのことで、彼女の存在が物語のキーとなりそうですね。

ミシェル・ファイファーは1980年のデビュー以来数々の映画で活躍している大女優であり、1988年の「危険な関係」ではアカデミー助演女優賞にノミネート、英国アカデミー賞 助演女優賞を受賞しています。

その後ゴールデングローブ賞 主演女優賞や、ベルリン国際映画祭女優賞受賞など輝かしい経歴を持っていまが、意外にもアンジェリーナ・ジョリーとは初共演のようです。

前作は製作費の4倍以上の世界興行収入を稼いだようで、また日本では洋画実写作品としては「レ・ミゼラブル」以来となる興行収入50億を越え、アンジェリーナ・ジョリー主演作としても史上No.1を記録しました。

世界でも日本でも大ヒットした作品の続編ということで期待が高まります。



スポンサーリンク


映画【マレフィセント2】見どころ紹介&こんな人におすすめ

(C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

この映画の見どころはまず、前作で「真実の愛」を見つけたはずのマレフィセントとオーロラ姫の関係がまたどのように変わっていくのか、というところだと思います。

今回の映画で求められる「究極の愛」とは何なのでしょうか、映画を観て是非一緒に探して、見つけていただければと思います。

また前作には登場しなかったイングリス王妃の存在や他のキャラクターが物語にどう作用するのかも見どころになっていくと思います。

また前作はロバート・ストロンバーグ監督の作品ですが、本作はヨアヒム・ローニングが監督をしています。

同じ題材をどう異なった目線や観点で作成したかの違いに注目して観ても面白いと思います。

この映画をお勧めしたいのはディズニー映画ファンの方はもちろん、今までディズニー映画をあまり見ないという人にも見てほしい作品です。

前述した通りこの映画は「ヴィラン」が主役の物語です。

人間誰しも良い面だけではなく悪い面や人に見せたくない自分があるように、ヴィランにも物語があります。

そういったキャラクターの姿や内面を描くこの作品に、きっと共感できる作品人は大勢いるのではないでしょうか。

まとめ

以上がマレフィセント2のあらすじと見どころとなります。

物語はよく「めでたし、めでたし」のハッピーエンドで終わりますが、それで終わらない本当の続きの物語をぜひ確かめてみてください。

前作を観なくても楽しめる作品ではありますが、まだ公開まで時間があるので、もし気になる方で観てない方は是非来る10月18日までに前作もチェックしてみてはいかがでしょうか。

また本作の公開でアンジェリーナ・ジョリーが来日することでも大変な話題となっていますね。

キャンペーンをやっているみたいなので彼女のファンの方は是非チェックしてみてください。



スポンサーリンク