映画無料視聴

映画「万引き家族」の動画をフルで無料視聴する方法はこちら!是枝裕和監督が家族を超えた絆を描いた超話題作

ここでは、映画「万引き家族」のフル動画を無料で視聴できるサービスについてお伝えしていきます。

結論から言いますと、動画配信サービスであるU-NEXTを利用すれば、一切お金をかけることなく視聴ができます。

登録後31日間は無料トライアル期間となっていて、解約はいつでも簡単にできます。

いますぐU-NEXTで無料視聴する方はこちら
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

映画「万引き家族」動画の無料視聴方法!おすすめは断然U-NEXT

まず、主要な動画配信サービスでの映画「万引き家族」の配信状況をチェックしてみましょう。
(○=今すぐ無料視聴が可能、△=配信されているが有料、×=未配信)

U-NEXT
Hulu
Paravi
dTV
FODプレミアム
ビデオパス
ビデオマーケット

いくつかのサービスで配信されていますが、最もおすすめなのが、業界大手のU-NEXTです。

大きな理由は以下の通りです。

・映画「万引き家族」が今すぐ無料で視聴可能
・登録、解約手続きが比較的簡単にできる
・作品配信数が圧倒的

・無料トライアル期間が長い

U-NEXTには見放題作品とレンタル作品がありますが、レンタル作品であっても初回登録時にもらえる600ポイントを使用してすぐに無料視聴ができます

ちなみに映画「万引き家族」はレンタル作品(視聴するのに550ポイントが必要)なので、初回登録時にもらえるポイントを使用しての視聴となります。

現在31日間の無料トライアルを実施していますので、全くお金をかけることなく、映画「万引き家族」の視聴が可能です。

U-NEXTの動画配信数は17万本と国内最大級で、映画はもちろんドラマ、アニメ、音楽、バラエティなど作品の充実度は群を抜いています。

新作から旧作まで多数の映画を配信中

登録や解約手続きは他サービスに比べて簡単なので、ぜひお試しください。

U-NEXT公式ページを見てみる
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

U-NEXTのメリットが凄い!映画好きには特にオススメ!

さらにU-NEXTは、他のサービスと比較して下記のようにメリット(特徴)がたくさんあります。

U-NEXTのメリット(特徴)

31日間の無料トライアル期間がある(解約はいつでも可能)
初回登録時に600ポイント、無料期間終了後には毎月1,200ポイントがもらえるので、新作映画や電子書籍などの有料コンテンツも楽しめる(1ポイント=1円)
毎月貰えるポイントは映画のチケット(しかも300円分お得なチケット)に交換可能
新作映画の配信が早い
ほとんどの作品のダウンロードが可能で、オフラインでどこでも楽しめる
一つの契約で4アカウントまで作れる(視聴履歴の共有はなし)
パソコン、スマホ、タブレットなどのマルチデバイス対応で、同時視聴も可能(4人まで)
再生速度の変更が可能
70誌以上の最新の人気雑誌が読み放題
42万冊以上の電子書籍があり、無料で読める漫画もたくさんある

このようにU-NEXTは映画好きにはたまらないメリットが盛り沢山です。

デメリットは無料期間終了後の月額料金が1990円(税抜)とやや高めなことくらいです。

といっても毎月1,200円分のポイントがもらえますし、その前に無料期間内(登録から31日以内)に解約してしまえば料金は一切かかりません。

登録・解約手続きはとても簡単ですし、映画「万引き家族」を無料で視聴するならU-NEXTが一番オススメです。

違法アップロードされているサイトでの視聴は、ウイルス感染や個人情報流出の危険がありますので、公式サービスであるU-NEXTで安全に視聴することをおすすめします。

参照:「著作権法の一部を改正する法律について」(文化庁)

参照:「著作物を無断で使うと?」(公益社団法人著作権情報センター)

参照:「テレビ番組の違法配信に関わる法制度について」(日本民間放送連盟)

U-NEXT公式ページを見てみる
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

※2019年12月時点の情報です。配信状況など詳細は公式サイトにてご確認ください。

映画「万引き家族」作品情報

概要

『万引き家族』(まんびきかぞく、英題:Shoplifters)は、2018年6月8日公開の日本映画。是枝裕和監督。

実際にあった、親の死亡届を出さずに年金を不正に貰い続けていたある家族の事件をもとに、構想10年近くをかけて作った。日本国内での公開に当たっては、PG12のレイティング指定がなされている。

第71回カンヌ国際映画祭において、最高賞であるパルム・ドールを獲得した。日本人監督作品としては、1997年の今村昌平監督『うなぎ』以来21年ぶり。

脚本段階では子どもに「お父さん」「お母さん」と呼んでほしいと願う主人公の想いが重点的に描かれており、撮影中につけられていた映画のタイトルは『万引き家族』ではなく『声に出して呼んで』だった。

参照:万引き家族Wikipedia

あらすじ

治たち家族5人は祖母の年金を頼りに、足りないものは万引きで賄いながらも、笑いの絶えない日々を送っていた。ある冬の夜、治と息子・祥太は近隣の団地の廊下で震えていた幼いゆりを見つけ、家に連れ帰る。治たちは傷だらけのゆりを娘として育て始めるが…。

主なキャスト

(治)リリー・フランキー
(信代)安藤サクラ
(初枝)樹木希林
(亜紀)松岡茉優
(4番さん)池松壮亮
(祥太)城桧吏
(ゆり)佐々木みゆ

主なスタッフ

監督:是枝裕和
音楽:細野晴臣
脚本:是枝裕和
製作:石原隆、依田巽、中江康人

U-NEXT公式ページを見てみる
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

視聴者の声(ネタバレあり)

感想

タイトルを見たときから「どういう内容なのだろう」と気になってはいたものの、詳細を知らずに見たのが、映画「万引き家族」でした。

その内容を思い出すと、未だに、とてもやりきれない気持ちになります。

この映画は、実際に起こった「親の死亡届を出さずに年金を不正受給していた」という事件が元になっているとのこと。

しかし内容は、それに加えて、
・子供の虐待
・万引きなどの犯罪
なども絡んでいることから、かなり重たい内容となっています。

家族全員が、粗末な食事を囲んで和やかに食べる、というシーンだけ見れば少しだけ心が和む気がします。

ところが、その家族も、実際はとてもいびつな関係性によって構築されたものなのです。

とはいって、それは「他人」から見ればそう感じられるだけ。

そう考えると、とても深い内容の映画だと感じます。

さまざまな感情に襲われる映画で、見たあともしばらく頭の中にこびりついて離れないようなストーリーとなっています。
(40代女性)

タイトルからもう衝撃を受けてしまうこの映画ですが、観ていると色々な場面で胸を締め付けられるような思いになりました。

万引きだけで生計を立てているとまではいきませんが、ほとんどそれに近い状態の家族の暮らしぶりにはショックを受けましたね。

特に小学生の子供にまで万引きの仕方をレクチャーし、しっかりと手伝わせているのが見ていて切なくなってしまい……。

その小学生も、実は小学校には通わせてもらっていないし、同年代の友達もいないみたいなんですよね。

なぜ少年がそのような人生を歩む事になったのかは映画の途中で明らかになるのですが、これがまたショッキングな理由でして。

万引きという犯罪に手を染めながらでもみんなで一緒に生きていけるなら、その方が幸せなのか?

それとも万引きで繋がった家族関係などにこだわらず、これまでの人生の全てを捨てて正しく真っ当な人生を始める方が幸せなのか?

映画終盤はそんな風に少年達の幸せがどこにあるのかなあ……と思いながら観ていました。

観ていて色々な感情がわいてくる映画なので、興味がある人はぜひ一度観てほしいですね。
(30代男性)

「万引き家族」というタイトルが示す通り、万引きだけでなく犯罪を生業とする一家の物語。

大人の男であるリリー・フランキー、安藤サクラの夫婦は車の置き引きや万引き、また安藤サクラの妹という松岡茉優はJKビジネス、祖母役の樹木希林は別れた夫の家族へのマイルドな恐喝、さらには子供達にもナチュラルに万引きをさせている、など、家族の構成員みんなが不法行為をしながらも、スイカを食べたり、みんなで鍋を食べたり、生活を楽しむ姿もシームレスに描き、犯罪行為も含めてちょっとしたユートピアのように見せる不思議な味わいの世界観が面白かったです。

次々と明かされる家族の秘密や、疑似家族ものの持ついつ秘密がバレるのかというサスペンス、さらには物語の最初の方で家族の最後のメンバーとして加わる女の子の運命なども気になる物語の推進力にまずは引き込まれます。

現在の病理がそこかしこにリアルに散りばめられているので、これはあの事件をモデルにしてるのかな、など背景を推理したりするのも面白かったです。
(40代女性)

国際映画祭にも出品された話題作ということで期待を膨らませて視聴しました。

前科があって定職に就かず、実の子供と一緒にスーパーで万引きする父親像、クリーニング店に勤めながら生計を支える妻は夫や子供が万引きしていることを容認、これしか食べて行ける道はないと割り切って万引きを繰り返していきますが、こういう家族が現実にはあるんだろうなあと思うと、ショッキングなストーリーでもあります。

子供は学校にも行かず、「頭の悪い奴が学校に行くんだ」と強がる場面もありますが、児童相談所や管轄官庁は一体何をしているのだろうか、せめて学校に行かせる手段はなかったのかと考えさせられます。

ある日、食べるものもなく、ひとりでいる少女を家に連れて帰り、食事を与え、万引き家族の一員として万引きの手ほどきを行っていく場面がありますが、この成り行きも余りにも現実離れしていて、これからこの子供達はどうなるのだろうと考えさせられてしまいました。

個人商店主(柄本明)の店に子供二人で万引きに入り、物を盗みますが、この商店主は子供達が万引きしていることを分かっていてやらせていたことは驚きで、最後に少女には万引きさせたらだめだぞと男の子に対して説諭する場面は、何とも含蓄のあるセリフでした。

同居していた祖母が亡くなり、遺体を自宅の床下に埋めるシーンがありましたが、お金がないから葬式も出せない現実に対する唯一の埋葬の方法だったのか、もし自分たちがこういう立場にあれば、どうするだろうかと考えさせられました。

最終的には、この万引き家族の夫は逮捕され、子供達は児童養護施設に引き取られて学校にも通うようになりますが、この万引き家族は結局バラバラになってしまいます。

家族を繋ぐ唯一の接点が万引き行為だったというのであれば、悲しい結末でした。
(60代男性)

この映画を見た感想としては、家族愛が一体どのようなものなのかを感じることができ、家族について改めて考えさせられました。

この映画は万引きで生計を立てる家族についての話なのですが、万引きを通して家族愛を描くという監督のセンスのある演出は感動しました。

また、演じている俳優さんも豪華で演技力のある俳優さんばかりでそこにも感動しました。

また、特に感動した俳優さんとしては、安藤サクラさんと松岡茉優さんと樹木希林さんです。

特に樹木希林さんには驚かせられました。

女優魂が凄まじいなと思いました。

今回の作品は、樹木希林さんにとっては生前最後の出演作品ということで、樹木希林さんも体当たりで演じているように思えました。

また、今回の作品はメイクはあまりしていないらしく、ありのままの自分を映画に写しているのも良かったです。

また、安藤サクラさんと松岡茉優さんも良かったです。

演技力のすごさを感じました。

また、演出も昔ながらの家屋を使っていて良かったです。
(20代男性)

見どころ

実際に起きた事件などをベースにした映画が好きなかたにおすすめなのが、この「万引き家族」です。

また、シリアスで重ためなストーリーが大好きなかたにとっても、かなり見ごたえがあり、楽しめる1本となっています。
(40代女性)

万引きによって繋がった不思議な家族関係がこの映画の面白いところだったと思います。

冒頭でこの家族に更にもう一人、最年少の幼い女の子が加わる事になるのですが、この子をどうしていくのかは皆それぞれで想いがちょっと違うんですよね。

この女の子にも万引きの術を教えるべきなのか、普通に育ててやるべきなのか?

親元に帰してやった方がいいのか、それともこのまま自分達の家族の一員にしてしまった方がいいのか?

その辺りを皆であーだこーだ言いながら話が進んでいき、その結果……となるところが個人的に一番盛り上がりましたので、観る側も一緒になって色々考えていくと面白いと思います。
(30代男性)

カンヌ国際映画祭で大絶賛を受けただけあり、役者陣の演技が本当に素晴らしいです。

特に3女優の演技合戦あ凄まじく、亡くなった樹木希林さんの茫洋としているけれど腹の底に何があるのかわからない感じ、松岡茉優の若手ナンバーワン女優と言える演技力、また安藤サクラの尋問のシーンの泣き顔と泣き方は映画史に残るものだと思います。
(40代女性)

映画の愛好家には、この映画のように万引きを生業に家族が繋がっているような経験を持たれている方は少ないのではないでしょうか。

そういう人々にとっては、この映画が訴えようとする家族愛とか、人生観をどこまで理解し、共感を覚えるだろうか、考えさせられる映画です。

またこのような現実とはかなりかけ離れた設定の家族の有り様・家族愛を、海外の映画関係者がどうして高く評価したのだろうかなど、考えながら、この映画は見て欲しいと思います。
(60代男性)

この映画の見所としては、俳優さんたちの演技力にあると思います。

当時の日本を感じさせるような俳優さんたちの表情と台詞回しは圧巻です。

また、演出のすごさも見所です。

また、ストーリーも大人であれば共感できる内容です。
(20代男性)

まとめ!映画「万引き家族」の動画はU-NEXTで無料視聴しよう!

映画「万引き家族」のフル動画を無料視聴する方法や、作品情報をご紹介しました。

U-NEXTを利用すれば、映画「万引き家族」を無料で視聴することが可能です。

U-NEXTのメリット(特徴)

31日間の無料トライアル期間がある(解約はいつでも可能)
初回登録時に600ポイント、無料期間終了後には毎月1,200ポイントがもらえるので、新作映画や電子書籍などの有料コンテンツも楽しめる(1ポイント=1円)
毎月貰えるポイントは映画のチケット(しかも300円分お得なチケット)に交換可能
新作映画の配信が早い
ほとんどの作品のダウンロードが可能で、オフラインでどこでも楽しめる
一つの契約で4アカウントまで作れる(視聴履歴の共有はなし)
パソコン、スマホ、タブレットなどのマルチデバイス対応で、同時視聴も可能(4人まで)
再生速度の変更が可能
70誌以上の最新の人気雑誌が読み放題
42万冊以上の電子書籍があり、無料で読める漫画もたくさんある

U-NEXTは31日以内に解約すればお金は全くかかりません。

登録、解約手続きは簡単なのでこの機会にぜひお試しください。

U-NEXT公式ページを見てみる
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

◆映画を無料で視聴する方法(作品名あいうえお順)