映画あらすじ見どころ(ネタバレなし)

映画【蜜蜂と遠雷】あらすじキャスト見どころ!映像化不可能と言われた4人の天才ピアニストの物語

大人気作家恩田陸原作の「蜜蜂と遠雷」が2019年の10月4日に公開となります。

直木賞作家の累計134万部を突破した大人気小説がついに映像化されます。

あらすじ、キャストなど作品情報をはじめ、見どころ紹介記事です。ネタバレはありません!
映画【蜜蜂と遠雷】ネタバレあらすじ!光溢れる世界に、響き合う想い。感想レビューも 音楽とは、なんと業の深いものであろうか___。 美しい音色を奏でようとするたびに、人は血を吐く思いで全身全霊を傾け、しかし...

映画【蜜蜂と遠雷】ネタバレあらすじ!光溢れる世界に、響き合う想い。感想レビューも



スポンサーリンク


映画【蜜蜂と遠雷】作品概要

(C)2019 映画「蜜蜂と遠雷」製作委員会

作品概要

直木賞と本屋大賞をダブル受賞した恩田陸原作の「蜜蜂と遠雷」の映像化作品です。

4人の天才ピアニストを描いた作品であり、松岡茉優、松坂桃李、森崎ウィン、そして新人の鈴鹿央士がそれぞれのピアニストを演じます。

予告動画

映画【蜜蜂と遠雷】あらすじ(ネタバレなし)

(C)2019 映画「蜜蜂と遠雷」製作委員会

かつては「天才少女」と言われピアニストとしての将来を期待されていたが、7年前に母親を亡くしたことにより、ピアノから遠ざかっていた主人公の栄伝亜夜。

彼女はピアニストとしての自分の再起を図ろうと考え、若手ピアニストの登竜門と言われるコンクール芳ヶ江国際ピアノコンクールへの出場を決め、そこで3人のコンテスタントと出会うこととなる。

サラリーマンであり楽器店で働きながらも夢を諦めることなく、年齢制限ギリギリで最後のコンクールにしようと覚悟を決めて臨む高島明石。

コンクール優勝の大本命であり、幼少期は亜夜と共にピアノを習い、現在は音楽の名門ジュリアード音楽院に在学しているマサル・カルロス・レヴィ・アナトール。

そして突如現れ、今は亡き「ピアノの神様」の推薦状を持っている謎の少年風間塵。

コンクールを通じて彼らと関わりあうなかで自分自身の音楽と向き合うこととなる亜夜。

コンクールの優勝は誰になるのか?そして音楽の神様に愛されているのは誰なのか?



スポンサーリンク


作品情報詳細(公開日・監督・キャストetc.)

(C)2019 映画「蜜蜂と遠雷」製作委員会

公開日(日本):2019年10月4日

上映時間:119分

原作:蜜蜂と遠雷

監督:石川慶

脚本:石川慶

キャスト

松岡茉優(栄伝亜夜)…かつて将来を期待されていた天才少女だったが、しばらく表舞台から消えていた。再起のためにコンクールに臨む。

松坂桃李(高島明石)…楽器店で務めており、妻と子供がいる。年齢制限ギリギリのため最後のコンクールとして本コンクールに挑む。

森崎ウィン(マサル・カルロス・レヴィ・アナトール)…コンクールの優勝候補。かつては亜夜とピアノを習っていた。

鈴鹿央士(風間塵)…養蜂家の息子。正規のレッスンを受けていないにも関わらず「ピアノの神様」に見いだされ、神様の推薦状をもって突如現れた謎の少年。

解説とコメント

主演を務めるのは高い演技力で評価されている松岡茉優です。

最近は映画出演で注目されることが多く、初主演である2017年公開の「勝手にふるえてろ」では日本アカデミー賞で優秀主演女優賞を受賞、2018年に彼女が出演した映画「万引き家族」は『第71回 カンヌ国際映画祭』で最高賞「パルムドール」を受賞しています。

この映画のためにInstagramを期間限定で開設したことも話題になっています。

また、明石は映画・ドラマ・舞台などで活躍している松坂桃李が演じます。

この主演4人の中で明石だけが年齢が少し年齢が上の設定となっており、更にサラリーマンの傍ら「生活者の音楽」を掲げ音楽を続けている青年という難しい役どころです。

明石の存在がほかの3人にどう影響するのか、また松坂桃李がどのように演じるのかとても注目が集まります。

コンテストの優勝候補マサル・C・レビ=アナトールはあのスティーヴン・スピルバーグ監督にも演技力を認められたという森崎ウィンが演じます。

2018年公開の映画「レディ・プレイヤー」では見事ハリウッドデビューも果たしており、今最も注目の高い俳優の一人です。

謎の少年風間塵には100人を超えるオーディションで選ばれた新人の鈴鹿央士が抜擢されました。

演じる役も「突如現れたピアノの神様に見初められた少年」と謎が多く、どんな演技をしてくれるのか楽しみです。

原作は大人気小説家恩田陸の長編小説「蜜蜂と遠雷」です。

「六番目の小夜子」でのデビュー依頼、独特の世界観と作風から数多くファンがおり、またいくつもの話題作を生み出してきた作家さんです。

この映画の原作は第156回直木三十五賞、第14回本屋大賞を受賞しており、また本屋大賞は「夜のピクニック」以来2回目の受賞です。

直木賞と本屋大賞のダブル受賞および、同一作家が2回本屋大賞を受賞するのは史上初とのことです。

この小説は作者自身が映像化不可能と思っていた作品であったようですが、いったいどんな仕上がりになっているのでしょうか。



スポンサーリンク


映画【蜜蜂と遠雷】見どころ紹介&こんな人におすすめ

この映画の見どころは何といっても4人の天才ピアニストのコンサートでの演奏ではないかと思います。

4人それぞれのピアノ演奏は世界で活躍するピアニスト河村尚子、福間洸太朗、金子三勇士、藤田真央が演じます。

コンサートにかける思いや、背負っているもの、育った環境などばらばらな4人それぞれの個性あふれる演奏がどのように表現されるのかとても期待されています。

また作中でキーとなっているオリジナルの楽曲「春と修羅」は世界で活躍し、今や日本を代表する作曲家である藤倉大が作曲しました。

その曲が4人にいったいどのように作用するのでしょうか。

この映画は全身を音楽に包まれるような、観終わったあとはまるで壮大なコンサートを観たような、そんな作品に仕上がっていると思います。

ですので、クラシックファンの方・ピアノ演奏が好きな方・また恩田陸作品の世界が好きな方にはぜひお勧めしたい作品です。

また、普段クラシック音楽を聴かない方にとってもクラシックのすばらしさを知るいいきっかけとなることは間違いないでしょう。

また4人が互いにどう影響しあってそれぞれがどのような結末を迎えるのかという人間ドラマも見どころの一つです。

ぜひ劇場で素晴らしい音楽と恩田陸の世界を楽しんでもらいたいと思います。

まとめ

以上が蜜蜂と遠雷のあらすじと見どころです。

映像化不可能と言われた直木賞と本屋大賞のダブル受賞という奇跡のような作品の映像がどうなったのか、ぜひ劇場で確かめてみてください。



スポンサーリンク