映画あらすじ見どころ(ネタバレなし)

映画【ムーラン】あらすじキャスト見どころ!自分を偽り戦地で闘う女性を描いたディズニーアニメ、ついに実写化

ディズニー史上最強のヒロインと名高い映画の実写版「ムーラン」が2020年4月17日に公開となります。

主演はオーディションで勝ち抜いたリウ・イーフェイが務め、女性監督であるニキ・カーロがメガホンを取りました。

あらすじ、キャストなど作品情報をはじめ、見どころ紹介記事です。ネタバレはありません!
この記事のURLをコピーする


スポンサーリンク


映画【ムーラン】作品概要

(C)2020 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

公開日(日本):2020年4月17日

原題:Mulan

監督:ニキ・カーロ

脚本:リック・ジャッファ、アマンダ・シルバー、ローレン・ハイネック、エリザベス・マーティン

制作:クリス・ベンダー、ジェイク・ワイナー、ジェイソン・T・リード

作品概要

1998年に公開されたディズニーのアニメ映画「ムーラン」、待望の実写化です。

愛する家族のために、男装して戦地に赴く少女ムーランの戦いを描きます。

主役のリウ・イーフェイ他、主要キャストもジェット・リー、ドニー・イェン、コン・リーなどのアジア出身の俳優が集結しました。

予告動画

映画【ムーラン】あらすじ(ネタバレなし)

(C)2020 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

映画の舞台は争いが絶えることのない古代中国。

中国の皇帝は北のフン族の侵略から国を守るために、「全ての家から男子を一人ずつ兵士として徴収する」という命令を下す。

しかしムーランの家には男性は父親しかおらず、更にその父親は病弱で戦いに出ることが困難なため、ムーランが代わりに兵士として戦地に行くことを決意する。

ムーランは男装して自らをファ・ジュンと名乗り、戦争で数々の試練と立ち向かうことになる。



スポンサーリンク


映画【ムーラン】作品解説

この映画のもととなったディズニーの長編アニメ映画は1998年に公開されました。

古代中国の伝説「花木蘭」をモデルとしたストーリーであり、ミュージカル場面の軽快さや、豪華なビジュアルから「ディズニー・ルネサンス」と呼ばれるにふさわしい映画と言われています。

アニメ界のアカデミー賞と呼ばれるアニー賞も受賞しており、その人気から続編の「ムーラン2」が2004年に公開されています。

今回の実写版はアニメ版のストーリーをそのまま実写化したものではなく、いくつかの違いがあるといいます。

アニメ版ではムーランの恋相手はシャン隊長でしたが、実写版では彼は登場せず代わりにオリジナルキャラクターの兵士チェン・ホンフェイが登場、彼が新たな恋の相手ではないかと言われています。

また、アニメ版のヴィランだったフン族の頭目、シャン・ユーも登場せず、代わりにリーダーのボリ・カーンが登場します。

また、実写版オリジナルキャラクターである魔女が登場し物語に大きく関わってくるようで、アニメ版ファンの方も新たに楽しめる展開となっています。



スポンサーリンク


キャスト紹介

キャスト

リウ・イーフェイ(ムーラン)

ヨソン・アン(チェン・ホンフェイ)

コン・リー(シェン・ラン)

ジェット・リー(皇帝)

ドニー・イェン(タン司令官)

解説

主役であるムーランを演じるのは中国出身の女優リウ・イーフェイです。

今回のオーディションで世界5大陸、約1,000人の候補者の中から見事選ばれました。

10歳から4年間アメリカのニューヨークで過ごしたようで、帰国後の2002年にドラマ「金粉世家」で女優デビューします。

その後中国の人気ドラマ「天龍八部」のメインキャストに抜擢され、中国での人気が急上昇します。

スクリーンデビューは2003年の台湾の映画「5月の恋」であり、その後も中国でのドラマで活躍、また歌手として活動していた時期もあり、2006年には「真夜中のドア」という曲で日本でもCDデビューしています。

ハリウッドでビューは2008年、ジャッキー・チェンと共演した「ドラゴン・キングダム」であり、その後も2012年の「曹操暗殺 三国志外伝」や2012年~2014年のアクション映画シリーズ「ドラゴン・フォー」などに出演しています。

今回の役のオーディションでは英語を流暢に話すことができ、さらに格闘技の基礎ができるということが求められ、その双方を満たしていた彼女はまさにこの役にぴったりの女優であると言えます。


アニメ版オリジナルキャラクターであるシェン・ランはコン・リーが演じます。

同じく中国出身の女優で、女優デビューは1987年の映画「紅いコーリャン」であり同映画はベルリン国際映画祭で金熊賞を受賞しています。

それ以降チャン・イーモウ監督作の映画に多く出演し、1990年の「菊豆」、翌年の「紅夢」などで世界的に有名となります。

1992年「秋菊の物語」でベネチア国際映画祭の女優賞を受賞、1993年の「さらば、わが愛 覇王別姫」ではカンヌ国際映画祭でパルムドールを取るなど、中国を代表する女優と言えるでしょう。

中国以外の映画も出演しており2005年の「SAYURI」や2007年の「ハンニバル・ライジング」などハリウッド作品での活躍も多い女優です。

彼女が演じる魔女の正体は物語の最後に明らかになると言われています。

見どころ紹介&こんな人におすすめ

この映画の見どころは、ディズニー史上最強のヒロインとも言われているムーランの強さです。

愛する家族を守るために男装し、自ら剣を握り戦いに向かうという今までに存在しなかったディズニーのヒロイン像は大きく影響を呼び、また今の時代女性は守られているだけの存在ではないという女性像をも想像させます。

予告編では壮大な中国を舞台に様々なアクションが繰り広げられており、そのあたりも見どころと言えそうです。

上述したようにアニメ版を原作としつつ、様々な違いを取り入れた本作品は原作を観た方にも二度楽しめる内容となっており、また女性はもちろん、アクションも見どころの一つのため男性も楽しめる内容となっています。

まとめ

以上が「ムーラン」のあらすじろ見どころになります。

自らを偽って戦いに繰り出したムーランは最後自らにどういう決断をくだすのでしょうか、是非劇場で確かめてみてください。

公開までまだ時間がありますので、アニメ版を観ておさらいすることもお勧めしたい鑑賞方法の一つです。

参照:アニメ版ムーラン

この記事のURLをコピーする


スポンサーリンク


◆映画を無料で視聴する方法(作品名あいうえお順)