映画無料視聴

【動画】映画「風の谷のナウシカ」を無料視聴する方法とは?

映画「風の谷のナウシカ」の動画を無料視聴する方法についてご紹介していきます。

現在、映画「風の谷のナウシカ」は各種の動画配信サービス(VOD)では一切配信されていません。

ではどうすれば無料視聴できるかと言いますと、TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)というサービスでDVDを無料レンタルすれば可能です。

TSUTAYA DISCASでは、現在30日間の無料お試し体験を実施しているので、映画「風の谷のナウシカ」のDVDを無料でレンタルすることができるんです。(翌日配送・送料無料・返却期限なし

いますぐTSUTAYA DISCASで無料レンタルする
(30日間以内に解約すれば、料金は一切かかりませんし、解約手続きは簡単にできます)

映画「風の谷のナウシカ」の動画を無料視聴する方法!⇒TSUTAYA DISCASで手軽に無料レンタル

冒頭でもお伝えしましたが、映画「風の谷のナウシカ」の動画は現在、動画配信サービス(VOD)では配信されていません。

そこでTSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)というサービスを利用すれば、無料で簡単に映画「風の谷のナウシカ」のDVDをレンタルすることができますので、非常におすすめです。

TSUTAYA DISCASは超便利な宅配レンタルサービス!

TSUTAYA DISCASは、株式会社TSUTAYAが提供しているDVD/CDの宅配レンタルサービスで、これまでに延べ数百万人が利用しています。

スマホやPCから手軽に予約して、自宅まで送料無料で届けてくれますのでとても便利なサービスです。(翌日配送率は97%!

視聴後はポストに返却するだけで完了です。

しかも返却期限がないので、延滞金の心配もまったくありません。

通常は有料サービスですが、初回登録時に30日間のお試し体験を実施していますので、期間中は無料でサービスを利用することができます。

お試し期間中は、DVD/CDの旧作が借り放題となります。

新作は対象外となりますが、映画「風の谷のナウシカ」を無料で借りることができますし、他にもTSUTAYAの充実した作品群が楽しめます!

もちろん他のジブリ作品も無料でレンタル可能ですので、同時に視聴するのもいいですね。

お試し期間中に解約すれば、料金は全くかかりませんし、登録・解約手続きはとても簡単にできますので、ぜひお試しください。

TSUTAYA DISCASで無料レンタルする
(30日間以内に解約すれば、料金は一切かかりませんし、解約手続きは簡単にできます)

※借り放題は月額レンタル可能枚数終了後、「旧作」が借り放題となります。
※30 日間無料お試し期間中は「新作」はレンタル対象外となります。
※無料お試し期間終了後、通常料金(無料お試し終了後の料金)で自動更新となります。

TSUTAYA TV(動画配信サービス)にも同時に無料登録することが可能!

TSUTAYA DISCASに登録する際に、TSUTAYA TVという動画配信サービスにも同時に無料登録することができます。

TSUTAYA TVでは、新作・準新作を除く10,000タイトル以上が見放題となっていて、映画、ドラマ、アニメなど豊富なラインナップを楽しめます。

初回登録時に1,100円分の動画ポイントをもらえますので、ポイントを使って新作の視聴も可能です。

こちらのサービスも初回登録後30日間はお試し期間となりますので、期間中はサービスを無料で利用できます。もちろんお試し期間中に解約すれば、料金はかかりません。

TSUTAYA TVが必要なければ、TSUTAYA DISCASのみでの登録も可能です!

登録手続きは簡単ですので、この機会にぜひ登録してみてください。

TSUTAYA DISCASとTSUTAYA TVの公式ページを見てみる
(30日間以内に解約すれば、料金は一切かかりませんし、解約手続きは簡単にできます)

※記事内容は、2020年5月6日時点の情報です。最新の情報は TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV 公式サイトにてご確認下さい。

動画共有サイトでの視聴はリスクがあります。おすすめはできません。

動画共有サイトで映画「風の谷のナウシカ」が配信されている場合があるかもしれません。

しかし、そういったサイトは違法アップロードサイトですので、次のデメリットがあります。

・画質や音質が悪い
・広告が多くてストレスが溜まる
・動画が途中で止まったり、急に削除されるので全て見ることができない
・ウイルス感染や個人情報流出の危険がある

公的機関等でも著作権に関する注意事項が記載されています。

参照:「著作権法の一部を改正する法律について」(文化庁)

参照:「著作物を無断で使うと?」(公益社団法人著作権情報センター)

参照:「テレビ番組の違法配信に関わる法制度について」(日本民間放送連盟)

 

安全かつクリーンに高画質で映画「風の谷のナウシカ」を視聴するなら、公式サービスであるTSUTAYA DISCASでレンタルすることをおすすめします。

映画「風の谷のナウシカ」作品情報

作品概要

『風の谷のナウシカ』は1984年に公開されたトップクラフト制作の日本のアニメーション映画で宮崎駿監督の長編アニメーション映画第2作。『アニメージュ』に連載していた宮崎の同名漫画(『風の谷のナウシカ』)を原作とする。原作の単行本全7巻から見ると、序盤に当たる2巻目の途中まで連載された時点での作品であり、映画公開後に連載を再開した漫画とは内容が異なる。

アニメージュを発行する徳間書店と広告代理店の博報堂による製作委員会方式で映画化され、宮崎自身が監督・脚本を手がけた。高畑勲・鈴木敏夫・久石譲ら、のちのスタジオジブリ作品を支えるスタッフが顔を揃えている。

参照:風の谷のナウシカウィキペディア

主なキャスト

ナウシカ:島本須美
ユパ・ミラルダ:納谷悟朗
アスベル:松田洋治
ミト:永井一郎
クシャナ:榊原良子
クロトワ:家弓家正
ジル:辻村真人
大ババ:京田尚子

主なスタッフ

原作・脚本・監督:宮崎駿
プロデューサー:高畑勲
作画監督:小松原一男
美術監督:中村光毅
音楽:久石譲
制作:トップクラフト

TSUTAYA DISCASとTSUTAYA TVの公式ページを見てみる
(30日間以内に解約すれば、料金は一切かかりませんし、解約手続きは簡単にできます)

関連ツイートと視聴者の声(ネタバレあり)

視聴者の考える見どころ

(40代・男性)
舞台設定が戦争によって壊滅してからはるかに年月の経過し汚染された地球という、なんとも身につまされるようなものです。

主人公の調和と自然愛護を重んじる心との対比が、環境保護のために何をすべきかを訴えかけてくるようです。

(30代・男性)
まずはキャラクターの描写、腐海をはじめとした絵の描写がすばらしく綺麗だというところに注目して欲しいです。

次にキャラクターの個性や置かれている状況を考えながら、ストーリーを見ていると非常に現代にも通じつものがあるのでそういったところを注目して欲しいです。

(20代・女性)
この話は1人の少女の話でその少女が風の谷の民や腐海にいる虫との関わりの中でさまざまな経験をし成長していく話です。

1度だけでなく何度も見ることによって理解が深まるとても思慮深い話です。

環境に興味がなかった人でも興味がわくようになるような作品でおすすめです。

(30代・女性)
この作品の見どころは、ジブリ作品ならではの映像美と、メッセージ性のあるストーリー展開だと思います。

ただナウシカという少女が悪と戦う物語としてだけではなく、自分達はどのように考え生きるべきか、と深く考えさせられる素晴らしい作品なので、多くの人に見て欲しいと思います。

さらに見どころを見る

(30代・女性)
人類の進むべき道、残されている道を探し出して行動していくというのは人間の本来持つ最低限の能力だと思います。

現代社会とは程遠いですが、もしもその時が来たら人類はどうするべきなのか、何だか問われているような気がしてなりません。

人間として、考えさせてくれる作品なのでおすすめです。

(30代・女性)
人間がどのように自然を壊しているのかと考えさせられる重いテーマですが、ナウシカのひたむきに蟲や故郷を救おうとしているところに胸を打たれます。

対人間や、空中での戦闘シーンが圧巻なので、ぜひ見てほしいと思います。

(40代・女性)
王蟲が暴走するシーンと、ナウシカが王蟲の群れを止めようとするシーンが見どころです。

愚かな人間の勝手な行動で傷つけられた王蟲に対して、ナウシカは体を張って暴走を止めようとします。

ナウシカの思いは王蟲たちに届くのかが見どころです。

(40代・女性)
宮崎駿監督の代表的な映画だと思います。

戦いの様子や、独特な見た目の蟲たちが出てきますが、子供だけでなく、大人が見ても楽しめます。

腐海や、巨神兵などそれを取り巻く人々の様子など、その世界観にも考えさせられる内容だと思います。

(40代・男性)
ジブリ作品の中でも最高に面白い作品だと思います。

一度みると、物語に引き込まれますし、話の内容は強烈に心に残ります。

そして見終わったあとには、優しさと強さ、美しさ持った、ナウシカという女性のことを必ず好きになってしまうと思います。

(30代・男性)
風を捉えて空を優雅に飛ぶ主人公のナウシカが女性という場面は現代の女性たちが社会で羽ばたき輝くことを願い、猛毒を放つ植物は現代社会のウイルスとの共存するためのヒントになりそうな感じを受けます。

ですが、これはこれからの明るい世界を築くために必要なモノが散りばめられていると思います。

色々考えさせられるものがあるので、ぜひ見てほしい作品です。

視聴者の感想

(40代・男性)
舞台は人類の戦争によって壊滅してから1000年後の世界。

そこでは、汚染された有毒なガスを吹き出す腐海と呼ばれる死の森が徐々に拡がってきていました。

地球上の生物のうち、昆虫が巨大化して腐海で繁栄しています。

人類は僅かに残った土地で細々と暮らしており、人類は再び戦争を始めようとしています。

その中で主人公のナウシカは、風の谷と呼ばれる地域を治める国の王女であり、密に腐海の浄化作用について研究しています。

さらに腐海の虫たちと良好な関係を持つことができる能力を持っていました。

そんな能力を持ったナウシカが様々な困難を乗り切って戦っていく姿は本当に美しいです。

宮崎駿の代表作でもあるこの作品は、一度は見て損はないと思います。

(30代・男性)
世界観が大自然を舞台に、自然と人間が共生をしていくことができないのか?という話が魅力的です。

でてくるキャラクターもそれぞれ個性が有り、特に主人公であるナウシカは美人でスタイルがよくジブリ作品の中でもトップクラスの人気があるのもうなずけます。

腐海の描写もとても神秘的で気持ち悪い生物が居るにも関わらず、周りの景色がきれいなことで見事に中和し、独特のジブリの世界観を醸し出します。

人間側の人の世界を創り、地上を人間が支配するのだという傲慢な言い分がいまの世界にも通じる部分があり、人が地上で生活するために必要な空気や水を腐海がきれいにしてくれているということを見落としているのではないかと非常に心に響くストーリーになります。

ラストのオームの逆鱗に触れ、腐海から群れが猛突進してきて、それに人間はなすすべがなく圧倒されて一気に飲み込まれてしまうのは、いまの自然にはどうやっても人間が敵うことができないということを示唆しており、自然を守り一緒に生きていくことが必要なことが改めて考えさせられます。

(20代・女性)
初めてナウシカを見たときは人々が腐海から逃げつつ、慎ましく、でもたくましく生きている話というざっくりとした感想しかありませんでした。

ですが、一回だけでなく何度も見返しているうちに慎ましさやたくましさだけでなく人間以外の生き物の尊さや感じました。

風の谷で暮らしている人だけでなく色々な場所で暮らしている人がいて、その人たちも色々な考えのもと自分たちを守るために強くするために行動していて一人一人の人がとても強いと思いました。

人間だけでなく虫たちも自分たちの環境を守ろうと必死で人間の侵入を阻止しようとしていて虫たちの意思の強さも感じました。

風の谷のナウシカは全体的にそれぞれの人の生命力を強く感じられる話だと思いました。

1度見ただけではわからない奥深さがあり2度3度と何度も見ていくうちに少しづつ理解が深まりこの話の奥深さがわかると思いました。

もうすでに何度も見たことがありますがまた見たいと思う作品です。

(30代・女性)
風の谷のナウシカは、スタジオジブリのアニメということで子供向けのアニメとして捉えられがちですが、現代の環境問題を上手く風刺したアニメだという事に大人になって気付きました。

子どもの頃は、幻想的な景色の中を飛ぶナウシカに憧れたり、悪者が来てその人たちをナウシカ達がやっつける姿を応援したりという楽しみ方でした。

でも、大人になって久しぶりに視聴してみると、子どもの頃は気づかなかった、現代の人間による環境破壊や戦争の愚かさをストレートに問題提起している点について考えさせられました。

ジブリ作品だけあって、素晴らしい映像美ももちろん見どころのひとつです。

風の谷や腐海の中の景色は独特ですが、もしかしたら現代のどこかにもこんな風景が広がっている場所があるんじゃないかと思ってしまいます。

ストーリー展開も、戦争などの文明的な要素と、蟲の存在や多くの言い伝えを信じるファンタジー的な要素が上手く絡み合っていて他の作品には無い面白さがこの作品の魅力だと思います。

さらに感想を見る

(30代・女性)
小さい頃に観た時と、大人なってから観る時で印象の違う映画です。

小さい頃はちょっとグロテスクでうごめいている生物がたくさんいて怖い、とか気持ち悪いというイメージでいっぱいで物語に上手く入り込めませんでしたが、大人になってからみると主人公の勇敢な行動に奮い立たせられて自分も頑張ろう、と思わせられる内容だと感じました。

腐海の謎を解き明かす冒険の旅に出たナウシカは最終的には伝説の言葉通りのエピソードにまつわる舞台そのものを経験することになるので、最後の結末のシーンは感動ものです。

クライマックスに向かうまでの険しい道のりがなんともスリルに満ちていて息を飲む間も無いほど展開がスピーディーです。

そして、映像がリアルで生物の動きが鮮明に描かれているため絵に見惚れてしまう場面も数多く存在します。

人間が住めなくなってしまう未来は想像したくないですが、万が一その時が来たとしたら自分はどういう行動をするべきなのだろうか、と考えさせられる作品です。

(30代・女性)
宮崎駿の初期にして個人的にジブリ映画、もしくは日本映画という大きなジャンルとして最高の出来だと思っている風の谷のナウシカですが、ストーリーが今見ても全く色褪せず新鮮なままで見る人を惹きつけます。

街や文明が滅び、砂漠化していく中の環境問題が浮き彫りになる中の、人間のエゴで自然破壊を続け、国をめぐっての人同士での浅ましい戦争、どのように生きるのか、このようなモチーフが作品中に散りばめられていますが、決してフィクションだからと軽く考えることができないようなテーマです。

風の谷に現存するガンシップのかっこよさや、ナウシカの凧のメーヴェ、街を追われた人々が暮らすペジテの飛行船、トルメキアの軍船など飛行機等の乗り物にあまり興味のない人でも格好よさに痺れることかと思います。

今や日本のアニメ界に欠かせない重鎮の一人である庵野監督も参加しているので(巨神兵のシーンが有名)エヴァファンの人も違った視点でも楽しめる最高傑作です。

(40代・女性)
環境破壊に対するメッセージを、誰もが楽しめるアニメーションとして届けた点が素晴らしいと思います。

子どもの頃にこの映画を観た時は、特に深く考えずに、強くてかっこいいヒロインのナウシカに憧れ、キツネリスがかわいいとか、王蟲がかわいそうといった感想しかありませんでしたが、大人になって改めて観ると、環境破壊に対するメッセージであることがわかりました。

戦争で破壊され、汚染された地には腐海が広がり、マスクを着用しなければその中に入ることもできません。

それなのに、人間は戦争を止めようとはせず、他の生き物を傷つけ、自然を破壊しています。

そのような愚かな人間の行為を止めるために、ナウシカは戦っているのです。

宮崎駿監督の作品はいずれも現代社会に対する何らかのメッセージがありますが、「風の谷のナウシカ」は、アニメーション映画としてのエンターテインメントと監督のメッセージがちょうど良いバランスで配合された作品だと思います。

もちろんそういったメッセージを抜きにしても、この映画は十分に楽しめます。ナウシカがメーヴェに乗って飛行するシーンは純粋にかっこいいですし、王蟲の暴走を止めようとして群れの中に飛び込んでいくシーンは涙なしには観られません。

(40代・女性)
王蟲とナウシカが心通わす場面が、とても印象的でした。

映画の中で何度か遭遇しますが、やはり終盤の暴走した群れの前に王蟲の幼生と降り立ち、それを迎える立ち姿に息を飲みました。

金色の触手で持ち上げられ、ナウシカが再び立ち上がる際、下で届かない短い触手を一生懸命のばす王蟲の幼生に、なぜか涙が溢れました。

アニメ映画で泣くことはほとんどないのですが、この映画は何度見ても泣いてしまいます。

腐海の森に沈んでいく世界、蟲の脅威がありつつも、その中でたくましく生きている風の谷の住民たちの様子が微笑ましいです。

巨神兵はかわいそうだと思いました。

生物兵器として育てられるものの、完成しないまま王蟲征伐に駆り出されてしまい哀れな最期だったので、大人になって見て改めて深く考えさせられる部分でした。

要所要所で流れる久石譲さんの曲が素敵です。

宮崎アニメには欠かせないでしょうが、個人的にはナウシカの各曲が一番素晴らしいと思っています。

(40代・男性)
私は宮崎駿監督の作品の中で「風の谷のナウシカ」が最も好きで、ジブリ作品の最高傑作だと思っています。

ナウシカのような人になりたいと思った人は多くいると思います。

どんな困難にも立ち向かう強さ、純粋で優しい心、そして美しい容姿に子供の頃憧れを持ったのを覚えて居ます。

人を簡単に殺せてしまい、街が壊してしまう虫達に対して、ナウシカのとる行動にはとてもハラハラして、一瞬も目をそらすことができないです。

何度鑑賞したか覚えていませんが、何回みても面白く、感動する作品だと思います。

自然を破壊し、自分自身の欲求を叶えるためにどのようなことでもするという人間の身勝手な考えが、争いを生んでしまうということにも、色々と考えさせられる部分があります。

人間誰しもが高慢さや身勝手な部分を持っていると思いますが、それをとても分かりやすく表現されているところがすごいです。

「風の谷のナウシカー」という主題歌や、「らんらんらら、らんらんらん…」という音楽もとても心に残ります。

(30代・男性)
考えて制作された時期が第3次世界大戦が起こるような雰囲気があったことを、生かした世界全体を焼き付くした後の砂漠化した世界で細々と生きる人々の日常が描かれ、主人公のナウシカの今ある世界の植物でありながら猛毒を放つ性質を研究し共存できる方法を考えるという、現実社会で猛威をふるい始めた新型のコロナウイルスとの共存生活を始めなければならない現代人にはヒントになる部分もあるのかなと感じます。

主人公で風の谷に住んでいるナウシカ、トルメキアの第4皇女のクシャナのどちらも知識豊富で勇猛果敢な印象を強く受ける女性がほぼメインとして描かれている所は、男性が中心として構成されている社会の中でも自分自身が考えをしっかりと持ち歩んでいる女性理想像に感じられ、女性が活躍する社会の実現を目指している現代ながらもいまだに男性中心と変わらない状況に果敢に挑み頑張っている女性を昭和時代に予見していたように思えてしまう所は驚くばかりでした。

風の谷の住人たちが大型船が墜落して毒を放つ菌を燃やし尽くすために使ったのも火、怒り狂う蟲たちを止めようと使った人が生み出した巨神兵が放ったのも火という、どちらも同じ火でありながら使い方を間違えるとトンでもない事態を招くという深い意味合いが感じられ、見る人それぞれの色々と考えさせる物語だなと思いました。

映画「風の谷のナウシカ」の動画視聴方法まとめ!TSUTAYA DISCASで手軽に無料レンタルしよう!

映画「風の谷のナウシカ」の動画は、動画配信サービスでは配信されていませんので、TSUTAYA DISCASでDVDを無料レンタルするのが一番おすすめです。

ネットで気軽に予約できて、基本的に翌日には自宅に届きますので、とてもおすすめです。(送料無料・返却期限なし

登録時には、動画配信サービスのTSUTAYA TVにも同時に無料登録できます。(TSUTAYA DISCASのみの登録も可)

両サービスともに30日間のお試し期間があり、期間中に解約すればお金は全くかかりません。

登録・解約手続きは簡単ですので、ぜひお試しください。

TSUTAYA DISCASとTSUTAYA TVの公式ページを見てみる
(30日間以内に解約すれば、料金は一切かかりませんし、解約手続きは簡単にできます)

◆映画を無料で視聴する方法(作品名あいうえお順)