映画あらすじ見どころ(ネタバレなし)

映画【007 ノー・タイム・トゥ・ダイ】あらすじキャスト見どころ!007シリーズ最新作であり、ダニエル・クレイグのボンドの集大成!

前作より約5年、ファン待望の007シリーズの最新作、「007 ノー・タイム・トゥ・ダイ」が2020年4月10日に公開となります。

ダニエル・クレイグが引き続きボンド役を演じ、キャリー・フクナガが監督を務めることとなっています。

あらすじ、キャストなど作品情報をはじめ、見どころ紹介記事です。ネタバレはありません!
この記事のURLをコピーする


スポンサーリンク


映画【007 ノー・タイム・トゥ・ダイ】作品概要

Credit: Nicola Dove © 2019 DANJAQ, LLC AND MGM. ALL RIGHTS RESERVED.

公開日(日本):2020年4月10日

原題:No Time to Die

監督:キャリー・フクナガ

脚本:ニール・パービス、ロバート・ウェイド、スコット・バーンズ、キャリー・フクナガ、フィービー・ウォーラー=ブリッジ

制作:バーバラ・ブロッコリ、マイケル・G・ウィルソン

作品概要

ジェームズ・ボンドの活躍を描く大人気スパイ・アクション、007シリーズの25作目です。

誘拐された科学者を救出するため、今回もボンドが危険な任務につきます。

ボンド役5度目となるダニエル・クレイグが引き続き登場、前作より引き続きレア・セドゥー、ベン・ウィショー、ナオミ・ハリスなどの続投が決まっています。

予告動画

映画【007 ノー・タイム・トゥ・ダイ】あらすじ(ネタバレなし)

Credit: Nicola Dove © 2019 DANJAQ, LLC AND MGM. ALL RIGHTS RESERVED.

現役を引退し、ジャマイカにて穏やかな隠居生活を送っていたジェームズ・ボンド。

しかし彼の元にCIA出身の旧友、フィネアスリックス・ライターが助けを求めにやってきたことで彼の平穏は終わりを告げる。

誘拐された科学者を救い出す、という新たな過酷なミッションに就いたボンド。

そのミッションの中で世界に脅威をもたらす最新技術を有した正体不明の黒幕を追うこととなる。



スポンサーリンク


映画【007 ノー・タイム・トゥ・ダイ】作品解説

Credit: Nicola Dove © 2019 DANJAQ, LLC AND MGM. ALL RIGHTS RESERVED.

今や知らない人はいない程有名な映画「007シリーズ」とはイギリスの作家イアン・フレミングのスパイ小説が基になっています。

英国の諜報機関MI6に属するスパイであるジェームズ・ボンドが主役であり、007とは彼のコードネームです。

毎回待ち受ける困難なミッションの数々や、彼のクールで余裕のあるキャラクターが非常に高い人気を呼んでいます。

現在のダニエル・クレイグは6代目のジェームズ・ボンドであり、これまで6人の個性豊かな俳優たちがジェームズ・ボンドを演じてきました。

初代ジェームズ・ボンドはショーン・コネリーが演じており、1962年の1作目「007 ドクター・ノオ」~5作目の「007は二度死ぬ」までを演じ、その後一度だけ6作目をジョージ・レーゼンビーに譲りましたが7作目「ダイヤモンドは永遠に」で復帰を遂げています。

その後ロジャー・ムーアが1973年~1985年、ティモシー・ダルトンが1987年~1989年、ピアース・ブロスナンが1995年~2003年と続きます。

そして現代のダニエル・クレイグへとなるのですが、決定当初はこれまでのボンドのイメージとは異なる金髪碧眼の出で立ちに批判が殺到しました。

しかし彼は見事ボンド役を演じきり批判を跳ね除け、歴代の中でも非常に人気の高いボンド役として有名となりました。



スポンサーリンク


キャスト紹介

キャスト

ダニエル・クレイグ(ジェームズ・ボンド)

ラミ・マレック(サフィン)

ラシャーナ・リンチ(ノーミ)

レア・セドゥ(マドレーヌ・スワン)

解説

ジェームズ・ボンドを演じるのはお馴染みダニエル・クレイグです。

幼い頃から演劇に興味があったようで、初めて舞台を踏んだのは小学生の時であり、その後16歳で高校を辞めてナショナル・ユース・シアターに入団します。

その後1992年に「パワー・オブ・ワン」で映画デビュー、以降映画のみならずテレビや舞台でも活躍します。

2004年に主演した映画「レイヤー・ケーキ」が話題となりこれがきっかけで2005年に6代目ジェームズ・ボンドに抜てきされます。

これまでのボンドのイメージと異なるということで公開前はバッシングもありましたが、2006年「007 カジノ・ロワイヤル」での彼の演技は大絶賛され、シリーズ最高興収を記録しました。

更にその記録は2012年「007 スカイフォール」で塗り替えられるなど、今やジェームズ・ボンドを語るうえでは欠かせない存在となっています。

本作はダニエルが演じる最後のジェームズ・ボンドと言われており、これまでの彼が演じてきた007作品の集大成となるような仕上がりとなっています。

サフィンを演じるのは「ボヘミアン・ラプソディ」で一躍スターとなったラミ・マレックです。

大学を卒業した2004年からTVシリーズ「ギルモア・ガールズ」にゲスト出演し、TVドラマにも出演し始めます。

映画デビューは2006年の「ナイト ミュージアム」であり、その後2009年と2014年の続編にも出演します。

2015年から出演したTVシリーズ「MR. ROBOT ミスター・ロボット」でブレイク、第68回エミー賞のドラマシリーズ部門主演男優賞を受賞しました。

2018年、伝説のロックバンドクィーンのボーカルフレディ・マーキュリーを「ボヘミアン・ラプソディ」にて演じ第91回アカデミー賞で主演男優賞を受賞、今後の活躍が非常に期待されている俳優となっています。

本作新たに登場する女性エージェントを演じるのはラシャーナ・リンチです。

イギリスうまれの女優であり、地元の演劇学校を卒業後2011年「Fast Girls」でスクリーンデビューしています。

2014年にはBBCのテレビ映画「The 7.39」に出演し、その後2018年に「キャプテン・マーベル」で主人公の親友役を演じたことで一躍有名となり、本作のメインキャストに抜擢されました。

彼女が演じる役は007の後任のエージェントということで非常に注目度の高い役どころです。

見どころ紹介&こんな人におすすめ

Credit: Nicola Dove © 2019 DANJAQ, LLC AND MGM. ALL RIGHTS RESERVED.

本作の見どころはやはり007シリーズの醍醐味ともいえる難攻不落なミッションに挑むボンドのアクションではないでしょうか。

悪役を今期待の俳優ラミ・マレックが演じており、彼との対峙がどうなるのかも非常に楽しみです。

また、ダニエル・クレイグの過去出演作の集大成とも言われているため、ダニエルが主演した4作品をまとめるような内容ともなっており、前作からのファンは過去作を思い出しながら楽しんでいただきたい作品となっています。

007シリーズファンの方はもちろん、もし今まで007作品に縁がなかったという方でも、ストーリーは独立型となっているので楽しめる作品なのではないかと思います。

ですが、ダニエル・クレイグが出演している過去4作品、特に前作の「007 スペクター」を観ていただくと何倍も楽しめること間違いありません。

まとめ

以上が「007 ノー・タイム・トゥ・ダイ」のあらすじと見どころになります。

ダニエル・クレイグの最後のボンド姿になるかもしれない本作、絶対に見逃さないようにしてくださいね。

有名シリーズの最新作とあって、コラボレート企画などもあるようなので、公開日の4月まで更新される情報を見逃さないようにしてください。



スポンサーリンク


◆映画を無料で視聴する方法(作品名あいうえお順)