ドラマ動画(無料視聴方法)

【動画配信】ドラマ「オレンジデイズ」を全話無料で視聴する方法は?妻夫木聡・柴咲コウW主演のラブストーリー

こちらでは、ドラマ「オレンジデイズ」の動画を全話無料で視聴できるサービスを紹介しています。

ドラマ「オレンジデイズ」は、Paravi(パラビ)という動画配信サービスで全話無料で視聴することが可能です。

Paraviに登録すると2週間のお試し期間となるので、お試し期間中に視聴してから解約すればお金は全くかかりません。

▼いますぐ視聴する方は下のリンクからどうぞ▼
2週間お試しでParaviに登録する(無料です)
(2週間以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

ドラマ「オレンジデイズ」の動画を配信しているサービスの中でおすすめはドラマ配信に強いParavi

動画配信サービスにおけるドラマ「オレンジデイズ」の配信状況を見てみましょう。
(○=見放題、△=有料レンタル、×=未配信)

Paravi
Hulu
U-NEXT
dTV
FODプレミアム
ビデオパス
ビデオマーケット
TSUTAYA TV

いくつかのサービスで配信されていますが、こちらでおすすめしたいのが、国内ドラマ配信数が最大級のParaviです。

Paraviでは、ドラマ「オレンジデイズ」が全話見放題で配信されています。

主演の妻夫木聡の出演作「悪人」「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」や柴咲コウ出演作「悪いオンナ『地獄へのカクテル』」」「コワイ童話 ラプンツェル」なども見放題配信されていますので、おすすめです。

Paraviは初回登録から2週間はサービスを無料で利用できます。

2週間以内に解約すれば、料金は全くかかりませんし、登録・解約手続きはとても簡単です。

ぜひ登録してみてください。

2週間お試しでParaviに登録する(無料です)
(2週間以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

Paravi(パラビ)のドラマ充実度が凄い!メリット多数!

Paravi(パラビ)は国内の主要メディアが連携して誕生した動画配信サービスで、月額1,017円(税込)(※iTunes Store決済でParaviベーシックプランに契約した場合の月額利用料金は1,050円(税込)です)でほとんどの配信作品を見放題で視聴することができます。

配信作品は、ドラマ、映画、アニメ、バラエティ、ビジネスなど多岐にわたりますが、特に国内ドラマの配信数は業界トップクラスです。

Paraviで配信中の人気ドラマ(一例)

国内の人気ドラマはもちろん、地上波では放送されていないWOWOWドラマやParaviでしか見ることのできないスピンオフドラマなど、ドラマ好きなら見てみたい作品がたくさん配信されています。

Paraviで配信中のWOWOWドラマ(一例)

とにかく様々なジャンルの人気ドラマが配信されていますので、ドラマ好きにとって大満足なサービスと言えます。

そして、Paraviではドラマ「オレンジデイズ」が全話見放題で配信されています。

最後にParaviのメリットを以下にまとめてみました。

Paravi(パラビ)のメリットまとめ

ドラマ「オレンジデイズ」をはじめ、配信中の多くの作品が見放題
国内ドラマ配信数が非常に多く、独占配信も多数
WOWOWドラマやスピンオフドラマも配信中
無料お試し期間が2週間あり、解約はいつでも可能
毎月500円分の優待チケットがもらえるので、有料コンテンツも楽しめる
ダウンロード機能があるので、オフラインでも楽しめる
再生速度の変更が可能

初回登録後はお試し期間が2週間もありますので、無料でサービスをたっぷり楽しむことができます。

登録・解約手続きはとても簡単ですので、この機会にぜひお試しください。

2週間お試しでParaviに登録する(無料です)
(2週間以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

※記事内容は2019年12月28日時点の情報です。配信状況など詳細は公式サイトでご確認ください。

動画共有サイトでの視聴は危険なのでおすすめはできません

動画共有サイトでドラマ「オレンジデイズ」が配信されている場合があるかもしれません。

しかし、そういったサイトは違法アップロードサイトですので、次のデメリットがあります。

・画質や音質が悪い
・広告が多くてストレスが溜まる
・動画が途中で止まったり、急に削除されるので全話見ることができない
・ウイルス感染や個人情報流出の危険がある

公的機関等でも著作権に関する注意事項が記載されています。

参照:「著作権法の一部を改正する法律について」(文化庁)

参照:「著作物を無断で使うと?」(公益社団法人著作権情報センター)

参照:「テレビ番組の違法配信に関わる法制度について」(日本民間放送連盟)

 

安全かつクリーンに高画質でドラマ「オレンジデイズ」を視聴するなら、公式サービスであるParavi(パラビ)をおすすめします。

2週間お試しでParaviに登録する(無料です)
(2週間以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

ドラマ「オレンジデイズ」作品情報

概要

『オレンジデイズ』は、2004年4月11日より6月20日まで毎週日曜日21:00 – 21:54に、TBS系列の「日曜劇場」枠で放送されていた日本のテレビドラマ。主演は妻夫木聡と柴咲コウ。

ドラマの放送と同時に『野性時代』(角川書店)にて北川悦吏子による小説版が連載されていた。

なお、2005年9月19日から11月28日まで、ハワイの地上波放送局KIKU-TVで、英語字幕付で放送された。

どこにでもいそうな大学4年生・結城櫂(妻夫木聡) と、病気で4年前に聴覚を失ったことにより心の扉を閉じてしまった女の子・萩尾沙絵(柴咲コウ)のラブ・ストーリーを軸に展開される、大学の卒業を1年後に控えた5人の若者の青春ドラマである。

参照:オレンジデイズウィキペディア

主題歌(Mr.Children「Sign」)

キャスト

妻夫木聡
柴咲コウ
成宮寛貴
白石美帆
瑛太
小西真奈美
山田優
上野樹里
小日向文世
風吹ジュン
沢村一樹
佐藤江梨子
岡あゆみ

2週間お試しでParaviに登録する(無料です)
(2週間以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

視聴者の声(ネタバレあり)

見どころを見る

(20代・女性)
難聴という障がいを持つヒロインがだんだんと周りに理解されながら、仲間が増えていくというところが見どころです。

最初はみんな難聴ということが分からないので、コミュニケーションがとれないですが、徐々に理解していく様子が懸命に演じられていると思います。

(30代・女性)
見どころは何と言っても、豪華な俳優陣です。
妻夫木聡さん、柴咲コウさんだけでなく友人役に白石美帆さんや瑛太さん、成宮寛貴さん(引退してしまいましたが…)今も活躍する俳優さんや女優さんが出演しています。

サエのために手話を学んだりありそうでない健常者と障害を持った女性の恋愛に心が打たれます。

きゅんきゅんするドラマを教えてと言われたら間違いなく一番におすすめできる作品です!

(30代・女性)
大学生ならではの進路を悩む等身大の姿や、学校と恋と仲間たちと過ごす卒業までの大切な時間。

誰もが通ってきた、不安定だけどキラキラしていた時をキレイに描いていて、見ていて思わず胸がきゅんとする作品だと思います。

そして、このドラマを見て、また甘酸っぱい思い出に浸るのも素敵ですね。

(20代・女性)
障害の方との付き合い方も学べたりしますし、大人ってなっていく彼らの成長であったり、葛藤や不安など色んな感情が見れたりするので、学生時代に戻った気持ちにもなります。

その中で好きな人を作って、恋愛をしていく姿がとても素敵です。

ぶつかって、分かり合って、人間模様が描かれていると思います。

(30代・女性)
柴咲コウさんの演技力が見どころです。

劇中での表現方法はすべてが「手話」でしたが、「手話」にのせて伝わってくる感情に毎回心動かされました。

仲間に心を開いていく様子や櫂に対して恋愛感情を抱いていく様子を自然に演じられていて、言葉がなくても伝えることができる演技力に感動します。

(30代・女性)
今では考えられないぐらい豪華なキャストでのドラマなので、すごく見ごたえあると思います。

見れば必ず自分の大学生活のことを思い出すと思いますし、こんなさわやかな青春時代を送りたかったなとも思えるドラマです。

(20代・男性)
1番の見どころは柴咲コウの演技だと思います。

難聴になったことで心を閉ざし、周りに壁を作ってしまう女の子をとてもよく演じていると思います。

今では考えられないような豪華なメンバーの演技でより引き込まれるドラマになっています。

ただ柴咲コウの可愛さを見るだけでも価値はあると思います。

(20代・女性)
何といっても「主人公たち5人の大学生の成長を感じられるところ」だと思います。

大学生の時期は、本当に様々なことを考えさせられる時期だと思いますが、その悩みを乗り越えて強く成長していく5人の姿が一番の見どころだと思います。

(30代・女性)
現役の高校生や大学生もそうですが、社会人の人たちにも見て欲しいドラマです。

今、日本は貧困家庭も多く奨学金問題もあり、なかなかドラマのようなキャンパスライフは難しい人も多くいます。

社会に出た大人たちにはこういったのびのびとした大学生活が送れる社会が作れるように、学生たちにはこうしたキャンパスライフを送りつつも卒業後の生活を見据えたライフスタイルのヒントとして視聴してみるといいかと思います。

(20代・女性)
病気で聴覚を失ってしまい、人との関わりを避け、心を閉ざしてきた柴咲コウ演じる萩尾沙絵。

普通の大学生活を平凡にただただ過ごす妻夫木聡演じる結城櫂の切なくももどかしい、だけどキュンとする…

そして人を愛する事の本当の意味を知れるラブストーリーです。

不器用で真っ直ぐな沙絵の姿にもどかしくもなり切なくもなりました。

障害がある事で、大好きな人の負担になりたくないと大好きな人から離れる決意をした彼女に人を想う気持ちの本当の強さが感じられます。

感想を見る

(20代・女性)
耳の聞こえない主人公のヒロインが大学で出会った仲間と心を打ち解けさせていくストーリーがとても秀逸です。

今となってはとても豪華といえる俳優陣ということもおすすめのひとつです。

ヒロインの柴咲コウがとてもきれいでまた難聴といったハンデをかかえながらも精一杯人生を生きようとしている背景も泣けるポイントのひとつです。

話せない代わりに手話を使ってコミュニケーションをとっているので、自然と簡単な手話も覚えるようになります。

話せることが当たり前の私たちにとってコミュニケーションとは何かと考えさせられるシーンが多いと思います。

柴咲コウ演じるヒロインに心ひかれていく男の子もとても純粋でかっこいいです。

またその男の子を演じる妻夫木聡がとても味がありおすすめです。

ただの学生恋愛ドラマではなく、それぞれのキャラクターの個性が光り、かつ障がいを持つ人たちの辛さも描かれているので、とても考えさせられるドラマだとおもいます。

(30代・女性)
当時見ていた大学生以下の人は誰もがこんな大学生活送りたいなって憧れた今でも不動の名作の青春ドラマだと思います。

ミスチルのSignもドラマの内容にぴったりな歌詞でオレンジデイズの放送次の日は毎回学校で昨日見た?って盛り上がっていた記憶があります。

妻夫木聡さん演じる櫂と柴崎コウさん演じるさえがお互いに好きなことに気づいていながらなかなか付き合わない、特にさえはいつも思っていることと真逆のことを言ってしまういわゆるツンデレで見ていて毎回もどかしく早く付き合えばいいのにーと思っていました。

なかなか付き合わない二人でしたが、いつものように素直になれずに喧嘩してさえが怒って帰ろうとしたところで櫂が周りの目を気にせず、さえ好きだーと叫んだシーン、さえが櫂に飛び乗ってもう1回言ってと言って改めて告白したシーンはもう見ていた視聴者誰もがキュンキュンしたと思います。

耳が不自由なピアニストという難しい役柄を演じ切った柴崎さんが単純にすごいなというのと妻夫木さんの最大のポイントであるさわやかさが大学生活の青春ストーリーにぴったりだった作品だと思います。

(30代・女性)
大学を卒業するまで1年を残した、大学4年生の結城櫂。

ひょんなことからキャンパス内でヴァイオリンをひく、耳が不自由な沙絵と出会い、いつの間にか惹かれ合っていく。

二人は友人たちを交えて「オレンジの会」なるものを作り、ノートに思いを書いて共有したり、キャンプに行くなど、大切な時間をつくっていく。

耳が聞こえない沙絵のために、みんなが手話を覚えて、全員で会話するシーンなど、心温まる場面がたくさんあって、このドラマを見ると、心も癒やされます。

社会に出ていない未熟で不安な部分はあるけれど、みんなそれぞれ頑張っていて、まぶしいくらいの青春ラブストーリーのオレンジデイズ。

当時高校生だった私は、このドラマに憧れて大学生活を踏み入れました。(こんなキラキラしたものではありませんでしたが・・)

でも、大学の男女仲良しグループがみんなで成長していく様子や、哀しいことを乗り越えていく所がとても素敵で、毎回わくわくしながら見ることができる作品です。

また、主題歌のミスチルの「Sign」がドラマにぴったりで、胸を熱くします。

(20代・女性)
久しぶりに胸キュンしたいと思い見返したドラマです。

耳が聞こえない中、音楽や恋愛について悩んでいく姿や、それを支えていく姿などがとても素敵だと思いました。

仲良しグループがみんな手話を覚えてくれようとして、手話を使って話をしているシーンなど今の時代そんなことありえるのかな、と比較してしまい。

今の世の中は少し冷たい世の中になっているんじゃないかと、考えさせられました。

自分の好きな人がもし障害を持っている人だったから真正面から向き合って、障害も受け止めて一緒に歩んでいくことを決断するのは本当に難しいことですし、自分がそこまで出来るのかと考えさせられます。

でも愛があればどんな困難も乗り越えられるというのは本当にあるんじゃないかなと、思いました。

その中でも純粋な恋愛をしている2人を見ていたら羨ましいなぁと思うシーンが沢山ありました。

大学生ライフをもし送っていたらこんな日々があったのかもしれない、と想像したりします。

(30代・女性)
仲間の大切さを強く感じたドラマで、舞台である大学での生活に憧れを感じたドラマでした。

また、柴咲コウさん演じる聴覚に障害を持つ沙絵を中心に展開していくストーリーで、自分の障害を受け入れられずにふさぎ込んでいた紗絵に、抵抗していた「手話」を会話の中で積極的に使いコミュニケーションを取ろうとする仲間の姿や、それによって心を開いていく紗絵の様子に毎回胸が熱くなったのを覚えています。

「手話」という言葉とは違ったコミュニケーションの取り方でしたが、言葉で伝えるよりも伝えようとする気持ちを強く感じ、一つ一つのシーンがとても印象に残っています。

特に印象に残っているのは、最終回で紗絵で妻夫木聡さん演じる櫂に対して「いってらっしゃい」と言葉にしたことでした。

耳が聞こえないことで話し方の違和感を指摘されてから話すことがなかった紗絵が絞り出すように出した言葉にそれまでの紗絵の気持ちの葛藤を知っているだけに涙が止まりませんでした。

言葉にできなかった分の櫂への感謝や愛情などたくさんの感情を「いってらっしゃい」の一言で感じることができました。

コミュニケーションの大切さを教わったドラマであり、「手話」を学ぶきっかけとなったドラマでした。

(30代・女性)
大学生5人の青春ドラマですが、世代が自分の大学時代とドンピシャで、周りがみんな見ていたので、男女グループで遊んでたりするとオレンジデイズみたいだねとみんなが口を揃えて言う程流行ってました。

まずとにかくさわやかなドラマです。

凄く現実とかけ離れた設定といったわけでもないので感情移入しやすく、そこがみんなが見やすかった理由かなと思います。

出てくる役のどれかには自分があてはめられるような、そんな気持ちで見てました。

こんな風に大学生活を送れたら楽しいなという憧れにもなりましたし、毎週すごく楽しみにしてました。

ストーリーは切ない部分もすごく多いのですが、それぞれのラブストーリーがこれまたさわやかなんです。

特に妻夫木聡演じる櫂が、すごく一途で一生懸命にアタックそしてサポートしていく姿に心打たれました。

耳の障害のある女性との恋愛内容ではありますが、決して暗い内容ではなく、むしろそれが気にならないぐらいの青春ドラマです。

(20代・男性)
作品のテーマ自体は難聴になってしまって心を閉ざしてしまった女の子とその子が気になると男の子とのラブストーリーです。

難聴になってしまった女の子はクラシック音楽の世界で生きていた人で、そんな子が耳が聴こえなくなるというのは想像を絶する絶望的な状況で、自暴自棄になってしまって当然だと思います。

ですが男の子と出会い、最初は突き放していた女の子が次第に打ち解け、大学の友人たちと普通の大学生の生活を送り、いろんなことを乗り越えていく、そして最初は素っ気ない感じだった彼女がだんだんと女の子になっていって、嫉妬したりかわいい一面がでてくると泣けてきます。

テーマ自体は重たい内容ですが、柴咲コウの演技力もしかり、他の出演者の豪華さもしかり、最初は重たく始まりますが最後は本当に涙がでてくるハッピーエンドなお話です。

難聴や障害を持っている人の考え方や、本当はどのように接して欲しいのか、身近にそういう方がいなくても考えさせられる内容で中身もあり、単純にお話としても面白い名作だと思います。

(20代・女性)
放送終了から随分と経った現在でも定期的に観たくなる作品で、観るといつも多くのことを考えさせられます。

「大学で知り合った男女たちの青春物語」と、一言に物語を言ってしまうと非常にありきたりな内容に感じられますが、「障害と向き合うということとは」や「人と人とが心の底から通じ合うには」といったことが核となっており、年齢を重ねるごとに感じ方が変わってきます。

主人公のサエは「耳が聴こえない」という障害を持っていますが、とても気持ちの強い女性で、自分の境遇に嘆き悲しみつつ、「お母さんを悲しませないように」と直向きに強く生きようとしています。

あることをきっかけにそんなサエと知り合うカイは、彼女とぶつかりつつも手話を使って話しかけ、真摯に向き合っていきます。

2人はやがて結ばれる運命となりますが、それに至るまでは多くの障壁があり、乗り越えるたびに2人とも強くなっていきます。

そのような「人間の成長」を物語全体を通して感じられるのも、このドラマの魅力のひとつです。

(30代・女性)
丁度次年度は大学生になる…というころに放送されていたドラマでした。

この放送を見て大学に進学したい、大学生活をエンジョイしたい、将来医療福祉の道に進んでみたいと思った友人も多くいるくらいです。

柴咲コウさんの演技が素晴らしいと思いました。

聴覚障害をもつ人の役だったので声を発さずに手話や表情・雰囲気で感情を表現する演技が大変多かったですがセリフがあっても演技は難しいのにとても表現力に長けていて思わず見入ってしまうシーンもたくさんありました。

特に印象的だったシーンは講演で登壇した時に「Fuck you」と黒板に書き立ち去ったところ、友人と大学の講義中に手話で会話してたところ教授に見つかり叱られていたところ、櫂役の妻夫木さんが海で耳の聞こえない沙絵役の柴咲さんに背中越しに叫び告白したところ、最終回で主人公に「いってらっしゃい」と声を掛けたところです。

放映から15年が経ったということがあまり実感として湧かないくらい、今の大学生の学生たちにも見て欲しい作品だと思っています。

(20代・女性)
障害者と健常者の恋愛の難しさ、だけど難しいの中にとても純粋な綺麗な心を見た気がしました。

聴覚に障害がある沙絵に対して、健常者と同じように接する櫂。

まずそれが中々できる事ではないし見習う所がたくさんありました。

障害者に対して、何かしてあげる事ももちろん大切な事だけど、「障害を気にせず接する」まずはこれなんじゃないかなと思いました。

そんな当たり前の事を、このドラマを通じて改めて思いました。

そんな櫂に心惹かれていく沙絵の葛藤がものすごくもどかしくも切なくなり、何度も涙しながら見ていました。

好きになればなるほど、相手の事を大事に思えば思うほど自分の存在が邪魔になるのではないかと。

そんな彼女に対して、櫂もまた彼女を思い悩んでいく。

お互い大好きなはずなのに大好きで大切だからこそ、お互いの事を考えすぎてすれ違ってしまう。

本当の好きって純粋な気持ちってこうなんだと思いました。

一度はお互いを思い離れ離れになってしまったけれど、最後には1番大好きな人の側で、たわいもない日常を迎える2人に涙でした。

まとめ!ドラマ「オレンジデイズ」の動画はParaviで全話無料視聴しよう!

ドラマ「オレンジデイズ」はParaviで全話無料で視聴できます。

Paravi(パラビ)のメリットまとめ

ドラマ「オレンジデイズ」をはじめ、配信中の多くの作品が見放題
国内ドラマ配信数が非常に多く、独占配信も多数
WOWOWドラマやスピンオフドラマも配信中
無料お試し期間が2週間あり、解約はいつでも可能
毎月500円分の優待チケットがもらえるので、有料コンテンツも楽しめる
ダウンロード機能があるので、オフラインでも楽しめる
再生速度の変更が可能

Paraviは2週間のお試し期間中に解約すればお金は全くかかりません。

登録、解約手続きは簡単ですので、ぜひお試しください。

2週間お試しでParaviに登録する(無料です)
(2週間以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

◆ドラマを無料で視聴する方法(作品名あいうえお順)