映画あらすじ見どころ(ネタバレなし)

映画【楽園】あらすじキャスト見どころ!犯罪を犯す方の心理を描いたミステリー

瀬々敬久監督・綾野剛主演のミステリー映画が2019年10月18日に公開となります。

芥川賞作家吉田修一原作の大ヒット小説「犯罪小説集」を元に映像化された作品です。

あらすじ、キャストなど作品情報をはじめ、見どころ紹介記事です。ネタバレはありません!


スポンサーリンク


映画【楽園】作品概要

(C)2019「楽園」製作委員会

作品概要

「悪人」「怒り」などの映像化作品でも知られるベストセラー作家、吉田修一原作の短編集「犯罪小説集」を元に映画化した作品です。

実力俳優として人気の綾野剛を主演に、今最も勢いのある若手女優のうちの一人である杉咲花、そして日本映画界に欠かせない存在である佐藤浩市が共演しました。

「64-ロクヨン-」などで知られる瀬々敬久がメガホンをとり、主題歌は女優としても活躍している上白石萌音が歌う「一縷」、楽曲提供はRADWIMPSの野田洋次郎と豪華メンバーが揃っています。

予告動画

映画【楽園】あらすじ(ネタバレなし)

(C)2019「楽園」製作委員会

青田で囲まれたとある地方都市で行われる夏祭りの日。

藤木五郎のもとにとある男が「自分の母親が恫喝されている」と慌てながら助けを求めてきた。

その男の名前は中村豪士。

仲裁に入った五郎は豪士に友人もおらず、母の仕事の手伝いをしていることに同情し、仕事を紹介すると約束する。

しかしその約束が果たされることはなかった・・・五郎の孫娘・愛華が青田から山間部に別れるY字路で行方不明になったのだ。

その後愛華が見つかることはなかった。。。。

12年後。愛華の親友であり、事件直前まで一緒にいた紡は罪悪感から事件の事を忘れられずにいた。

ある日、車に驚いて転倒した紡は車から降りてきた豪士に助けられ知り合いとなる。

次第に共感しあっていく2人であったが、夏祭りの日にまた12年前と同じように少女が行方不明になる事件が起きる。

住民の疑念が一気に豪士へと集中し、豪士は街に逃げることとなる。

一方その惨事を目撃していた養蜂家の田中善次郎はY字路に続く集落で愛犬と静かに暮らしていた。

しかし、養蜂で村おこしをする計画がこじれ、村人から対立され、結果村八分にされてしまう。

追い込まれた善次郎がある日事件を起こす・・・。

Y字路で起こった2つの事件と3人の人生が交差し、衝撃のラストが導かれる。



スポンサーリンク


作品情報詳細(公開日・監督・キャストetc.)

(C)2019「楽園」製作委員会

公開日(日本):2019年10月18日

上映時間:129分

原作:犯罪小説集

監督:瀬々敬久

脚本:瀬々敬久

キャスト

綾野剛(中村豪士)…友達もおらず、孤独な日々を過ごす。

杉咲花(湯川紡)…12年前に行方不明になった少女愛華の親友。彼女の事件の罪悪感を忘れられずにいる。

佐藤浩市(田中善次郎)…養蜂家。亡き妻を思いながら暮らす。

解説とコメント

主演として中村豪士を演じたのは実力派俳優として名高い綾野剛です。

映画にドラマに大活躍の彼ですが、俳優デビューは「仮面ライダー555」の怪人役だったようで、その後しばらく悪役を演じることが多かったようです。

今や悪役のみならず幅広い演技をこなす彼ですが、今回の役は孤独に生き、事件によって追い詰められていく青年という複雑な役どころであり、綾野剛の演技力に期待が高まります。

行方不明事件をきっかけに心に傷を負った少女湯川紡役は、杉咲花が演じることとなりました。

2007年にデビュー、2013年に放送のドラマ「夜行観覧車」でその演技力が話題となり、2016年公開の映画「湯を沸かすほどの熱い愛」での娘役で日本アカデミー賞や各映画賞の助演女優賞を受賞しています。

「感情の切り替えが上手」と言われており、今やその実力を知らない人はいない程の有名な女優さんですね。

本作は犯罪をテーマにしているということもあり重いテーマですが、彼女の存在が映画にどのような光をもたらすのでしょうか。

村人に追い詰められていく養蜂家、田中善次郎を演じたのは大俳優の佐藤浩市です。

デビューは1980年のドラマ「続・続事件」であり、デビューの翌年出演した映画「青春の門」で早くもブルーリボン賞新人賞を受賞するなどその実力は昔から健在であったようです。

高い演技力を持っていることから舞台変更の進出も期待されているみたいですが、本人は映像作品への出演のみと決めているようですね。

同監督作品の「64-ロクヨン-」で第40回日本アカデミー賞 最優秀主演男優賞を受賞しています。

彼の演じる善次郎は村の人々に追い詰められ、最終的にはとある事件を起こしてしまうということで、佐藤浩市の魅せる演技は必見です。

原作者である吉田修一は1997年の「最後の息子」での小説家デビュー以来様々なヒット作を作り出してきたベストセラー作家です。

デビュー作ですでに芥川賞の候補となっており、その後2002年の「パーク・ライフ」で、第127回芥川龍之介賞をついに受賞しています。

殺人事件を題材にした2007年出版の長編小説「悪人」では数々の賞を受賞し、また映画化もされました。

「悪人」は大きな話題作となり、モントリオール世界映画祭ワールド・コンベンション部門に正式出版され、また香港、台湾などでの日本国外公開が決定しているなど海外からの評価も高い作品です。

本作の原作である「犯罪小説集」も同様に犯罪をテーマにしており、犯罪について深く考えられる小説であると話題のようです。



スポンサーリンク


映画【楽園】見どころ紹介&こんな人におすすめ

(C)2019「楽園」製作委員会

この映画は「人はなぜ犯罪を犯すか」という人間の心の動きに焦点をあてており、見どころも正にそこであると思います。

容疑者に仕立て上げられたり、また徐々に追い詰められていく中で人はどのように考え、どのように行動するのでしょうか。

原作である小説「犯罪小説集」も犯人の心のリアリティを追求し、まるで犯人手記を読んでいるかのように感じられ、深く考えさせられる小説です。

犯罪を犯すことは悪いことであることに間違いはありませんが、無名の犯罪というものも世の中にはあるのではないでしょうか。

ミステリーが好きな人だけでなく、そういったヒューマンドラマが好きな方にも是非お勧めしたい作品です。

原作の小説を読んだ人も、また違った視点から鑑賞できる作品だと思います。

まとめ

以上が楽園のあらすじと見どころになります。

単なるミステリーではなくヒューマンドラマの要素も含み、自分たちの考えを変えるきっかけとなる作品となるかもしれません。

本作は海外でも話題となっているようで、第76回ヴェネチア国際映画祭公式イベント「ジャパン・フォーカス」での上映、第24回釜山国際映画祭「アジア映画の窓」部門への正式出品も決定しています。

スペシャル試写会の開催も決まっているようなので、是非チェックしてみてください。



スポンサーリンク