アニメ動画(無料視聴方法)

アニメ「ランウェイで笑って」フル動画を全話無料で視聴する方法は?

あらすじ概要を見る

身長158cmの藤戸千雪の夢は、パリコレモデル。
モデルとして致命的な低身長を理由に、周囲は「諦めろ」と言うが、それでも折れない。
そんなとき、家族を養うためにファッションデザイナーの夢を諦めようとする都村育人に出会う。

――これは一途に夢を追って走り続ける、2人の物語。

参照:アニメ「ランウェイで笑って」公式サイト

ここでは、アニメ「ランウェイで笑って」を視聴したい方のために無料で動画を配信しているサービスをご紹介します。

結論から言いますと、動画配信サービスのU-NEXTを利用すれば、1話から最新話まで全話無料で視聴できます。(最速先行配信)

U-NEXTに登録して31日間は無料トライアル期間となるので、31日以内に解約すれば料金は全くかかりません。

※U-NEXTでは「ランウェイで笑って ミニアニメ」も配信中!

▼いますぐ視聴する方は下のリンクからどうぞ▼
U-NEXTに登録して無料視聴する
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

アニメ「ランウェイで笑って」動画はU-NEXTで全話見放題!アニメを見るなら見放題作品数No.1のU-NEXTで!

アニメ「ランウェイで笑って」は、U-NEXTで全話配信されています。

U-NEXTは日本最大級の動画配信サービスで、映画・ドラマ・アニメを中心に動画配信数は断トツの17万本(見放題作品は14万本)となっています。

アニメだけに注目しても圧倒的な配信数(2700本以上!)で、現在放送中の作品も含め、ほとんどが見放題作品となっています。

実は主要動画配信サービスのなかでアニメ見放題作品数はU-NEXTがトップなんです!

U-NEXTで配信中のアニメ作品例

▼いますぐ視聴する方は下のリンクからどうぞ▼
U-NEXTに登録して無料視聴する
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

 

またU-NEXTは、31日間無料トライアルを実施中で、アニメ「ランウェイで笑って」は見放題作品なので全話無料で視聴することができます。

同時に「ランウェイで笑って ミニアニメ」も12回分配信されていますので、おすすめです。(※2020年1月8日の情報です)

U-NEXTでは原作コミックも全巻配信されています。(ポイント作品)

さらに下記のように大きなメリットがあります。

<U-NEXTの登録メリット>
登録特典として600ポイント、無料期間終了後には毎月1,200ポイントがもらえるので、新作や漫画などの有料コンテンツも楽しめる(1ポイント=1円)

一つの契約で4アカウントまで作れる(視聴履歴の共有はなし)

パソコン、スマホ、タブレットなどのマルチデバイス対応で、同時視聴も可能(4人まで)

ほとんどの作品のダウンロードが可能で、オフラインでどこでも楽しめる

再生速度の変更ができる

42万冊以上の電子書籍を配信中!さらに70誌以上の人気雑誌が読み放題!

初回登録から31日以内に解約すれば、料金は一切かからないので、初回の方には特におすすめなサービスです。

また、登録手続きは簡単ですし、解約はいつでもすぐにできます。

▼いますぐ視聴する方は下のリンクからどうぞ▼
U-NEXT公式ページを見てみる
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

動画共有サイト検索結果と注意事項

下のリンクが動画共有サイトでのアニメ「ランウェイで笑って」検索結果です。

参照:You Tube検索結果

参照:ニコニコ動画検索結果

ちなみにその他の違法動画サイト(Pandora、Dailymotion、9tsu、miomioなど)での視聴は、下記の理由からおすすめしません。

【違法サイトで視聴するデメリット】
・低画質かつ低音質
・広告が多く、危険な海外サイトに飛ばされたりする
・途中で止まったり、見られなくなる
・ウイルス感染や個人情報流出のリスク

公的機関等でも著作権に関する注意事項が記載されています。

参照:「著作権法の一部を改正する法律について」(文化庁)

参照:「著作物を無断で使うと?」(公益社団法人著作権情報センター)

参照:「テレビ番組の違法配信に関わる法制度について」(日本民間放送連盟)

 

安全かつクリーンに高画質で動画を視聴するなら、公式サービスであるU-NEXTの利用をおすすめします。

U-NEXT公式ページを見てみる
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

※記事内容は2020年1月8日時点の情報です。配信状況など詳細はU-NEXT公式サイトにてご確認ください。

原作情報

原作情報
『ランウェイで笑って』は、猪ノ谷言葉による日本の少年漫画。ファッションを題材としており、ファッションデザイナーを志望する少年と、低身長ながらもトップモデルを目指す少女の姿を描く。

本作は作者の連載デビュー作であり、『週刊少年マガジン』(講談社)において、2017年から連載されている。

参照:『ランウェイで笑って』ウィキペディア

※こちらで原作漫画の試し読みが出来ます!原作漫画を試し読みする(マガジンポケットのサイトです)

▼アニメをいますぐ視聴する方は下のリンクからどうぞ▼
U-NEXTに登録して無料視聴する
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

アニメ「ランウェイで笑って」主題歌・キャスト・スタッフ・公式リンク

主題歌

オープニングテーマ:坂口 有望「LION」

エンディングテーマ:ジェジュン「Ray of Light」

キャスト(声の出演)

(藤戸千雪)花守ゆみり
(都村育人)花江夏樹
(長谷川心)茅野愛衣
(綾野遠)木村良平
(柳田一)諏訪部順一
(都村ほのか)石川由依
(都村葵)山村響
(都村いち花)赤尾ひかる
(木崎香留)福原綾香
(江田龍之介)天崎滉平

参照:藤戸千雪キャラクターPV

参照:都村育人キャラクターPV

参照:長谷川心キャラクターPV

スタッフ

監督:長山延好
原作:猪ノ谷言葉
アニメーション制作:Ezo’la
キャラクターデザイン:金子美咲

▼いますぐアニメを視聴する方は下のリンクからどうぞ▼
U-NEXTに登録して無料視聴する
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

公式リンク

参照:公式サイト

参照:公式ツイッター

アニメ「ランウェイで笑って」あらすじネタバレと感想

1話「これは君の物語」

「パリ・コレ」を目指す藤戸千雪は、低身長というモデルにとって重大な欠点を抱えていた。周囲から「諦めろ」と言われ続けても千雪は折れない。ある日、千雪はクラスメイトの都村育人の進路調査を回収することになる。クラスメイトたちから「影が薄い」と言われている育人の意外な「将来の夢」を知った千雪は……。

参照:アニメ「ランウェイで笑って」公式サイト

ネタバレと感想を見る
ネタバレ

本作のヒロインである藤戸千雪がトップモデルに至る物語である。

8年前の10才の千雪は158cmの身長があり、将来175cm以上になると期待されていた。

が、現実は甘くなく、身長はそこから伸びなかった。

そして2年前に自分の父親の事務所を首になった。

千雪は何度もオーディションを受けるが、身長をごまかす為のヒールはみっともなく、服が似合う人はたくさんいると厳しい事を言われる。

千雪はそれでもパリコレに出る夢をあきらめない。

学校の進路希望で、千雪はスーパーモデル、ハイパーモデルと書き込む。

同じクラスの都村 育人は進路表を書き直すという事で、手芸部の部室で書き直すが時間が掛かる。

千雪は進路表を受け取る為に、手芸部の部室を訪れるのだが、育人と洋服の話をしているうちに、千雪は私に似合う服はある?と話す。

育人は千雪が中身が男っぽいなどとぶつぶつ話す。

育人は高卒でもファッションデザイナーになれると思いますかと質問する。

しかし、千雪は厳しい現実を話す事になる。

自分の父親の会社である事務所のデザイナーは専門学校や大卒が採用条件である事を説明した。

育人は家庭の事情を説明する。育人には3人の妹がおり、ものすごく頭のいい妹、バレーボールがうまい妹、年の離れた妹。

育人が就職すれば解決すると話す。

千雪は私と一緒なんだと感じる。目指したい物があっても生まれ持ったものがそれを許してくれないと。

でも諦める理由にならない?と。千雪はここで大事な事に気が付く。

そして別の事務所のオーディションを受けて合格をもらう。

その後、先生から進路表について指摘され、ハイパーモデルは父親の事務所からパリで活躍する人と再度認識して気持ちが吹っ切れる。

千雪が着て魅力的に見える服を育人に作ってくれるようにお願いする。

育人は入院中の母親に千雪の服を作る事を話す。

育人は自宅にもどり、妹たちと戯れる。

上の妹に進路はなんて書いたのか聞かれたが、就職と書いた事をとがめられるが、育人は説明して納得させる。

千雪は再度、事務所のオーディションに育人の作った服を着て現れる。

身長158cmのパリコレのモデルの可能性を見る。

千雪の夢は父親の事務所からパリコレに出る事だと認識する。

しかし、千雪は着ている服が知り合いの手作りとは言えず、父親の会社の服と答えてしまい、その服が大反響となる。

育人は千雪に作った服を買い取る事になり、しかもデザイナーにならないかとハンティングされる。

感想

ヒロインの千雪のような可愛い、容姿がいい子でも、トップモデルになるには身長も重要である事を強調する内容で、厳しい世界なんだと思った。

身長が足りない事にオーデションは落ち続けていた千雪だが、学校のクラスメイトでもある育人と出会う事で、その道が少し見えてくる。

ただ、おかしいのがクラスメイトなのに、今までなぜその存在が消されていたのだろうか。

いくら興味がなくてもクラスの人であれば、育人が何部とかぐらいの情報はあったと思うのだが。

まだ隣のクラスだったのならわからなくもない。

そして育人の希望も千雪と関わる事で大きく変わっていく。

しかし、育人の妹が3人とも非常に美人揃いで驚いた。

しかも優秀、バレーがうまい、末のかわいい妹と経済的な以外は好条件である。

千雪に育人は高卒でデザイナーになれるかと聞いた時の現実の厳しさ。

デザイナーという仕事も事務所に所属できても厳しい世界である事に変わりない。

千雪は自分を見せる為の洋服を育人に作ってもらい、道を切り開く。

そして育人の洋服が注目を浴びて育人の道も切り開く結果となった。

現実には、このような都合のいい展開はまずないだろう。

よほどのコネなどが無い限り難しいだろうなぁ。運も必要だと思う。

育人が千雪と関りを持つ事がなければ、デザイナーの道は諦める結果となった事だろう。

そして千雪も育人と出会い、育人の才能がなければ挫折した事だろう。

このまま二人は突き進む事が出来るのだろうか。

▼いますぐ視聴する方は下のリンクからどうぞ▼
U-NEXT公式ページを見てみる
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

2話「プロの世界」

ファッションデザイナーになる夢を秘めてきた育人。千雪の父で、ファッションブランド・ミルネージュ社長の研二から働き先を紹介され、新進気鋭のデザイナー・柳田 一の職場を紹介される。アトリエを訪ねた育人は、柳田の厳しい態度と過酷すぎるプロの現場に驚くのだが……。

参照:アニメ「ランウェイで笑って」公式サイト

ネタバレと感想を見る
ネタバレ

都村 育人は藤戸 千雪の洋服を作ってそれが話題になり、千雪の父親の会社ミルネージュが洋服を買い取る話をしている時に、育人をデザイナーとしてスカウトの話をしたが、育人が高校生だからその話はなかった事にされた。

千雪は父親から、モデルに復帰したが、育人におんぶにだっこだと怒られる。

育人は保育園に妹を迎えに行き、お遊戯会で妹がお姫様役である事を知る。

千雪はもう一度父親に話をすると育人に言うと、デザイナーになるつもりはないと話すと、千雪は作ってもらった洋服を育人に返す。

この時に千雪は「素人の服、着るつもりはない」と話すと育人は千雪に怒ってしまった。
千雪はあまりに身勝手だと。

しかし千雪は育人にデザイナーになってほしい、それは千雪自身もモデルをあきらめない、証明したと話した。

育人は再度、千雪の父親の会社ミルネージュを訪ねる。
育人は自分の服が注目されたのは、千雪が着てくれたからだと説明した。
育人は千雪がすごいモデルになる事を説明した。

社長の研二は、育人を雇えない理由が高校生である事を説明した。
そして、育人は他の独立したデザイナーを紹介された。

千雪は昨日、父親と何を話したのかを育人に聞くが、あまりに恥ずかしくて答えられなかった。

育人は千雪に案内されて、紹介されたデザイナーのマンションまで来た。
そして、デザイナーの部屋に入るのだが、いきなり服を縫い付けろと作業指示をいきなりされる。

縫い終わると、ようやく柳田 一だと自己紹介される。

そして従業員が床で寝ていた。

柳田 一の要求は厳しかった。

柳田 一は育人が縫った服をびりびりに破いてしまった。

育人は柳田 一に下手糞、帰れと言われるが育人は食い下がる。

柳田 一は翌日の東京コレクションに参加にピリピリしていた。

育人は結局、手伝いをして徹夜していた。

柳田 一はこのコレクションですごい注目されていた。

しかし、予定したモデルが揃わず、イライラしていたが、千雪が現れてモデルとして立つ事になる。
柳田 一は千雪がチビだからと散々文句を言った。

千雪が着た服が元々180cmのモデルだったので、千雪が着てもやはり合わない。
しかし、従業員が過労で倒れてしまい、育人が千雪の服を直す事に。

感想

最初に育人がどんなに才能があっても、高校生だからという理由でデザイナーのスカウトを白紙にされたが、やはり厳しい世界だから、高校生では経験値が足りないなど言われており、まったくその通りだと感じた。

どの世界もどんなにすごい才能を持っていても、未熟、経験不足など、本人が努力する事をしなければ、ただの人であると思う。

千雪も自分の置かれた状況で、育人の状況と重ねており、モデルを諦めない、頑張る姿勢を見せている。

少々言葉や態度が悪いが、千雪の諦めない姿勢は非常に良いと思う。
まだ諦めるには早いのだから。
後悔しないようにしてほしいと思う。

こういう部分は、この作品の美点だと思っている。
最近では見ない、こういう純粋に頑張る事を見せる作品。

チート、異世界、VRMMOゲームを題材にした作品が多くなってるが、それが悪いわけではないが、現実を見せるこの作品はすごいと思う。

そしてデザイナーの柳田 一であるが、デザイナーなのに自分で服を縫えないデザイナーも存在する事に驚いた。
デザイナーさんも最低限のスキルは持ってると思ったからびっくり。

更に柳田 一の性格が悪いのかと思うのが、育人が縫った服を下手糞と言って破くのだが、破く必要はあったのだろうか。
また柳田 一は最初から育人を雇うつもりだったのだろうか。

まだ柳田 一はどのような人間なのかわからないが、今後は育人と千雪に深く関わってきそうです。

千雪が180cmのモデルで作った服を着た時に、まったく合わないと思った。
この服をどう合わせるのだろうか。

▼いますぐ視聴する方は下のリンクからどうぞ▼
U-NEXT公式ページを見てみる
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

3話「ランウェイで笑って」

育人は柳田に同行し、日本最大のファッションの祭典「東京コレクション」に参加することになる。急遽来られなくなったモデルの代わりとしてやってきたのは、千雪だった――。重なるトラブルの結果、育人が千雪の衣装を縫うことになる。緊張で焦る育人に、千雪は語りかける。二人の初めての「ショー」が、今始まる!

参照:アニメ「ランウェイで笑って」公式サイト

ネタバレと感想を見る
ネタバレ

東京コレクションに参加している柳田だが、状況は最悪だった。
代わりのモデルを千雪がおこなうが、身長差があり過ぎて服が合わない。
育人は柳田に自分にやらせてほしいと頼みこむ。
柳田は育人に出来るのかと問う。
柳田は育人に、ブランドは何で出来てるのか考えろと言って、育人に任せた。
育人は千雪が着ている服を見て、酷い状態である事を再度認識する。
柳田さんの服のコンセプトは、自立した女性がかっこよく歩ける力強い服だと思い直す。
まず裾を切りにかかるが、千雪から裾を切っていいの?と言われて思い直す。
厚手の生地は処理に時間が掛かる事を考える。
使ったことがないミシンでやるしかないと決める。
一度、千雪に服を脱いでもらう。
しかし、厚手生地用の太い針がない事に気が付く。
育人は完全に詰まってしまった。
柳田の服を作らないとならないと考えこむ。
千雪は育人の顔をつかんで、私を見てと言う。
千雪は私に似合う服を作るの、得意でしょと話す。
そしてコレクションがスタートした。
育人は千雪の行動で、服のイメージが出来上がる。
育人は千雪は身長が足りないだけで、等身に変わりはない事に気が付く。
そして育人は千雪の服のスカート部分にいきなり顔を突っ込む。
その行動で千雪は育人にケリをいれる。
丈を直すのに必要だと説明する。
育人は服を直し進める。
残り5分となり、進めるが時間が足りない。
しかし、他のモデルさんの提案で、スローでショーを進めていた。
育人は夢が叶ったと言うと、千雪はあなたのブランドじゃないでしょと言う。
そして千雪はランウェイに送り出される。
コレクションを見に来ていたお客さんは千雪が出てきて、目を奪われる。
こんな小さな人がなぜと思われる。
千雪は歩きを進める。
お客さんは、あの小さなモデルに会ってると漏らす。
柳田がフィナーレの準備をしようとすると、千雪のヒールが一度折れていると話す。
そして千雪のヒールが折れた時に、服が一部ほつれて、服が広がるようにしていた。
千雪は思い出していた。
ランウェイでは、転ばない、笑わない事を。
しかし、千雪は笑ってしまった。
そしてフィナーレを迎える。
千雪は折れたヒールで歩いた為に足が笑っていた。
柳田は育人にこの拍手は半分おまえにやると言った。
柳田からかけら程むいてるんじゃないかと言われる。
その言葉を聞いて、育人は泣いていた。
千雪は育人に次は拍手は全部もらおうと話す。
しかし、他のフィッターの人から厳しい言葉を言われる。
柳田はタバコを吸いながら、育人の姿と自分姿を重ねて笑っていた。

感想

コレクションに参加していた柳田だが、ピンチになっていた。
こういうショーはまったく見た事もないので、素人だが、裏方は酷い戦場なんだと思った。
今回、千雪の服を合わせないといけない状況で、条件はかなり厳しいと思った。
だいたい厚手の生地の服を用意しているのに、手直しする道具がない事が現実にあるのだろうか。
プロなんだから、この辺はきちんと管理されて用意されていると思う。
また、ヒールが折れているものを、なぜ分けて管理してないのかも疑問に思った。
しかも、他のスタッフが折れている事を知らないとかありえないだろ。
あれだけ高いヒールが折れたら、履いているモデルさんの足はねんざは確実にするだろう。
真剣にモデル、デザイナーを題材にしている作品だが、現実のプロがこんなミスを犯すのか疑問である。
育人のひらめきにより、千雪に合わせて直された服でランウェイに送り出すことができた。
この時、もしもだが、柳田が千雪の服を直す場合、どんな風に直したのか見て見たかった。
ただ、柳田も育人の直した服に文句は言ってなかったから、合格ラインだったんだろうね。
この後、千雪と育人はこのコレクションでけいけ経験した事を活かせるのか、また育人はデザイナーの道に進めるのか。
育人のように家庭の事情というのは、かなり残酷な現実を突きつけられる事を私自身も経験している。
場合によってはどうにもならない。
しかし、育人にはまだデザイナーになる道は残されている。
千雪もモデルとしての可能性も残されている。
次回はどのような話で進むのか期待している。

▼いますぐ視聴する方は下のリンクからどうぞ▼
U-NEXT公式ページを見てみる
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

4話「若き才能たち」

千雪に出会うまで、家計のためにデザイナーの夢をあきらめ続けてきた育人。いまだに家族に、柳田の元で働いていることを言い出せず悩んでいた。一方、多忙を極める柳田のアトリエに、助っ人としてトップデザイナーの孫・綾野 遠とデザイナー志望の大学生・長谷川 心がやってくる。遠の卓越した技術を見せつけられた育人は……。

参照:アニメ「ランウェイで笑って」公式サイト

ネタバレと感想を見る
ネタバレ

育人は自宅に帰ってきたが、ドアが開かない。
原因は妹のいち花が抑えていた。
ほのかが無断外泊ですごく怒っていた。
育人は母親の病院に面会に来ていた。
ほのかの機嫌が悪かった原因は、ほのかが勉強の結果が悪かったから。
育人はすぐに病室を出る。
奥からほのかが出てきた。
ほのかは母親に余計なことを言わないでと言うが、夏期講習を受けなさいと母親より封筒を受け取る。
育人は柳田からなんで、デザイナーになりたいんだと聞かれた。
柳田は一度諦められるようなら、デザイナーは続けられないと言われる。
柳田の野望は、パリファッションウィークに出る事だった。
柳田は育人に給与を渡す。
育人は自宅に戻ると、ほのかに給与を渡す。
ほのかは、育人は自分の事は後回しで、私だけ進学したくない。
誰かの犠牲に夢をかなえたくないと話した。
育人は柳田に教わりながら、給与をもらった事を話す。
育人はファッションデザイナーになりたいんだと話す。
育人は柳田に再度、服を作る事が好きだからと説明する。
その時に柳田に連絡が入る。
森山が柳田の事務所を辞める。
しかし、展示会があるが誰がと育人は話すが、柳田はお前以外に誰がやると話す。
育人は千雪に森山が辞めた事を話すが、千雪は「そろそろ苗字にさん付けの間柄ではないでしょ」と言われる。
展示会が始まる。
育人は展示会で仕事をしていた。
周りを見ると、人気モデルや有名な人が来ていた。
柳田の営業スマイルを見て、育人は少し引いていた。
育人はモデルさんの着替えを手伝う。
取引先の百貨店に2週間後に400着を用意する話になり、育人は驚いた。
その時の柳田の顔は特別だった。
柳田は助っ人を用意するのに芸華大の学園長と育人が話す。
大学のファッションショーに出て見ないと誘われる。
育人は学園長と移動し、服飾芸華大学に入る。
作品の展示に目を奪われた育人だが、どの作品も同じ名前の人(綾野遠)だと気が付く。
その時に、いきなり誰かに抱き着かれて、育人の体のサイズを指摘される。
学園長も抱き着かれていた。
他の生徒にも。
大学の歴代トップにいるかもしれない男だという。
育人は助っ人の話をするが、断られる。
しかし、先ほど抱き着いていた女性の服に何かしましたかと育人は尋ねる。
それは腰についていた飾りリボンを取った事だった。
最初に断っていたが、育人の反応に考えが変わり、手伝うと言う。
柳田の事務所で育人は来客に対応すると、お手伝いに来たハセガワという女性だった。
育人はモデルの人と気が付く。
その時に綾野も到着する。
柳田は面倒な事になったと部屋に入ってくると、綾野が抱き着くが、柳田は「これ連れてきたのはおまえか」と怒られる。
その時に柳田が、トップデザイナーの綾野の孫かと言う。
先ほどの面倒な事とは、生地を発注していた工場がダメになったと言う。
それでも仮縫いに入るが、綾野は育人に最初に作ってほしいと話す。
育人は初めての作業で難航していた。
出来上がった物は、歪みがでており、柳田に「力不足だ、下がれ」と言われる。
そこで綾野は育人によく見ててねと話す。
育人は綾野の作業に見惚れた。
綾野の作は合格だった。
工場用にパターンを起こす作業を育人にやらせる。
育人は作成するが、綾野に惜しいと言われる。
育人とハセガワは帰宅する。
綾野と柳田は残って話をしていた。
綾野はパートナーを探していたという。
綾野は育人を僕のブランドにもらっていい?と話す。

感想

育人はいつから悪い子になってしまったんだろうか。
無断外泊なんてするような子ではないのに。
かなり大変だったんだろうね。
妹のほのかにかなり怒られる。
ほのかには全く余裕がないように見えるぐらい怒っていた。
その原因の一つが勉強の成績が落ちている事だった。
普段、母親が入院しているから大変だと思う。
ましてや高校生で、やりたい事もあるだろうし、遊びたいとも思うだろう。
それを我慢してるのだから、つい感情的になってしまうのは仕方ないのかなと思う。
ただ、あまり張りつめていると、精神的な病気になる可能性もあるから心配である。
まだ育人が稼げるようになるには、まだ時間が掛かるだろう。
いち花ちゃんが高校生ぐらいには、稼げるようになっていればいいね。
柳田の展示会だが、百貨店が2週間で400着とかオーダーするのには驚いた。
人がいないのにどうするのかと思ったら、助っ人を探すと言う。
しかし、2週間で400着も用意できるもんなのかなぁ。
そして、育人は綾野と出会うのだが、綾野の特技?である体のサイズを言い当てるのだから驚きである。
思ったのだが、セクハラにならんのかね。
おまけに抱き着いた相手のリボンを取ったりするし、大丈夫なのだろうか。
まぁ綾野がトップデザイナーの孫というのもすごい話だわ。
でも祖母の後を継がないというのは、やはり野心なのだろうね。
この世界は本当に野心がないとやっていけないのだろう。
今回、千雪は少ししか出番がなかった。
しかも下の名前で呼ぶように要求してるが、今後はまぁどうなるのやら。
柳田も綾野も育人の何かに気が付いている。
柳田と綾野が今後は育人にどうしていくのか、楽しみである。

▼いますぐ視聴する方は下のリンクからどうぞ▼
U-NEXT公式ページを見てみる
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

5話「それぞれの流儀」

日本一の服飾大学・芸華大のファッションショーの予選に挑戦することになった育人。予選をくぐり抜けた者だけがショーに参加する資格を得られる。育人は共に柳田の元で働く長谷川 心が複雑な事情を抱えていることを知り、「一緒に予選に挑戦しないか」と誘う。二人で参加した予選当日、発表された課題は育人にとって不利な課題で……⁉

参照:アニメ「ランウェイで笑って」公式サイト

ネタバレと感想を見る
ネタバレ

育人と心は電車の人身事故で足止めされていた。
2人は公園のベンチで座って話をしている。
育人の携帯に妹から連絡が入る。
それを心に説明した所、心も「うちも4人兄妹なんです」と言う。
初めて4人兄妹の方と会いましたと言う。
育人は心にモデルとデザイナーの両方目指してるのか聞いてしまう。
心は「モデルを目指していたんです」
そしたらブランドのデザイナーさんが「いつも街を歩くように歩きなさい」と言われて、いいなぁと思った。
そのデザイナーは日本のトップデザイナーの綾野麻衣だと言う。
育人は心はすごいモデルなんじゃないかと思った。
翌日、育人は服飾芸華大学の説明会に来ていた。
今年度のショーグランプリの商品は「ブランド立ち上げ援助」「パリ留学」と言う。
学園長に心の事を助っ人として役に立ってるか聞かれる。
しかし、心は教えた事を次の日には出来るようになってるから、よろしくねと言われた。
大学の外ではマネージャーと心がもめていた。
マネージャーから大学を辞めろと言われていた。
育人が止めに入るが、部外者が出てくるなと言われる。
育人は心が落としたノートを自宅に届けた。
心はマネージャーが言っていた事で傷ついていた。
育人は心の様子から、大学のファッションショーに出ましょうと提案する。
ショーに出て、マネージャーに見せつけようと話す。
心はショーに出る気になった。
育人は母親の入院していた病院に来て、ショーに出る事を説明する。
育人は大学のショー予選に出場しに来ていた。
中に入ると以前知り合った、フィッターに出会う。
会場の空気が異常であるのも気が付いた。
ショーの予選の説明がされる。
育人は参加費1万円を持ってきていたが、妹のほのかから5千円を出してもらっていた。
しかし、参加費の支払いが5千円札と500円玉など細かくなっており、周囲から小ばかにされていた。
その時、知り合ったフィッターに「うるさい、お金はお金でしょ」と一括した。
テーマが発表された。
モデルのセイラに似合う服だった。
そして予選がスタートした。
育人はさっきのフィッターの友人にお礼を言う為に名前を聞く。
そして参加費は、実は材料費である事がわかり、育人は安堵する。
そしてパッチワークで作る算段をしていたが、とてもセイラに着させられる物ではなかった。
育人は千雪にセイラの事を聞くために、千雪の自宅を訪ねる。
千雪は自宅内でも薄着でヒールを履いていた。
ヒールはなれる為と言う。
千雪は薄着の為に育人は目のやり場に困っていた。
セイラのビデオを見せてもらっていた。
セイラのすごい所は、ヒールの高さが違っても、歩き方が変わらない事だった。
千雪はセイラの事を目指していると語る。
同じ小柄なモデルだから。
千雪は次の3連休にパリに行くと言う。
千雪は育人に仕事を頑張り過ぎと言われる。
その時に育人はアイデアを思いついたのだった。

感想

育人は心と色々と話していたが、心の身長が181cmある事をうらやましいと思った。
この身長、スタイルでモデルよりもデザイナーと言うのは、マネージャーが躍起になっているのは当然だと思う。
ただ、大学を辞めろとまで強制する資格はないと思う。
心の人生はまだ先がある。
大学で学んで将来、自分が助かる事もあるだろう。
マネージャーは心の人生に責任を持てるのだろうか。
モデルとしてもしも使えなくなった場合の保証は出来るのか。
あまり人様の人生に首を突っ込むのは無責任だと思う。
心の自分がやりたい、目指したい事をやりつつモデルを続ける事を考えるのが、本当のマネージャーではないだろうか。
これでは心は、モデル事務所の奴隷と変わらんと思う。
育人はまだ資金難が続いているようだ。
妹のほのかに5千円を出してもらうぐらい難儀してるのは辛いな。
色々と方法はありそうだが、育人も頑張るしかない。
ショーの予選では以前知り合ったフィッターに出会うが、ものすごく険悪。
確かに予選会場はライバルが競う場所である。
ましてや、相手を蹴落とさないとならない世界である。
まだ高校生の育人には厳しいのかなぁと一瞬考えたが、スポーツでも名門と言われる所は、相手を蹴落とすのは当然な事。
だから、育人も高校生だからと甘く見る事はやめることにした。
千雪は普段から自宅で絶え間なくトレーニングしているのには驚いた。
自宅でヒールを履いて生活してる人は初めて見た。
常に体を緊張させているのは疲れるだろうね。
育人は千雪からアイデアを思い付いたが、予選を勝ち抜けるのだろうか。

▼いますぐ視聴する方は下のリンクからどうぞ▼
U-NEXT公式ページを見てみる
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

6話「優越感と劣等感」

参加者が自分でデザインした服を披露する芸華祭一次予選。育人が選んだモチーフは審査員の予想を大きく裏切るものだった。審査員たちの育人への評価は……⁉ 一方、夢に向かって突き進む育人に感化された千雪も、自分の力で道を切り開こうと片っ端からモデルの仕事先へ自らを売り込んでいた。

参照:アニメ「ランウェイで笑って」公式サイト

ネタバレと感想を見る
ネタバレ

育人は学校の教室で芸華祭一次予選のデザインを描いていた。
そこに千雪が現れて、千雪は「好きだよ、これ」と話をされる。
クラスの友人に育人と仲が良くなったのか聞かれるが、育人を尊敬していると説明した。
芸華祭一次予選が始まった。
審査員は学園長、綾野 遠も入っていた。
セイラの似合う服がお題だった。
しかも審査に育人たちもそれぞれしていく方式だった。
他の作品を審査するのは、他人の蹴落としだった。
しかし、育人は素直にほめていた。
みんな辛辣なコメントをしていた。
そして育人のデザインを発表した。
育人はパジャマだった。
綾野 遠がなぜパジャマなのか、確認するとセイラの事を説明していた。
しかし、綾野 遠に「ダサい」と厳しいコメントだった。
育人はどうするか悩んでいたが、千雪に言われた事を思い出していた。
芸華祭一次予選の発表された。
そこに育人の作品は3位になっていた。
育人は千雪に電話するが出ない。
そこに綾野 遠が現れて、なぜ材料費をなぜ使わなかったのか指摘された。
それはよろしくないとまで。
服を作る者として真摯でないとまで。
育人はあのお金は、妹たちのお金だと話した。
綾野 遠は本選では、もっとお金が掛かるから、綾野 遠がうちで働かないかと話をする。
育人はお世話になる話をする。
千雪はシズクからパリに行くのが無駄になると言われたが、千雪は行くと答えた。
雑誌モデルに応募する事にした。
その時に、スドウハルカにモデルについて教える事になった。
モデルは自分の足で仕事を取らなければならないと教える。
コンポジットを作成するのに費用は自分持ちとの事。
この時に育人の作った服で撮影したが、全部落ちてしまう。
そこで千雪は自分で売り込みに行く。
しかし、担当が不在の為に、期待できない状態だった。
しかも「小さい」といきなり言われてしまった。
そこで千雪は自分を売り込むが、途中で他の事務所のマネージャーが来たために売り込みを中止させられる。
千雪はどこかで見た人だと思った。
その後、なかなか連絡が取れなくて困っていたら、モードジャパンから、撮影に来ないか連絡が入る。
千雪が撮影場所に行くと、心が入ってきた。
千雪は心を見て、今日の主役は彼女だと感じた。

感想

育人は芸華祭一次予選に臨む。
学校でデザインを描いているといきなり千雪が現れて、「これ、好きだよ」とほめてくれる。
ただ、千雪のような美少女にこんなセリフを言われたら、対応に困ると思う。
育人は予選という修羅場に立たされる。
もう相手の蹴落とし合いです。
もう因縁のつけあいみたいです。
デザイナーは神経が太くないとやっていけないと感じた。
また、育人は予選のデザインをまったく予想していなかった、パジャマを投入する。
これは恐らく、誰も想像できなかったのではないだろうか。
セイラが着る服がお題だったが、セイラがストライプが好みなのを、ちゃんと取り入れてるのは感心した。
綾野 遠に「ダサい」と言われたのは、厳しいなぁと思う。
その後、綾野 遠になぜ材料費を使い切らなかったのか指摘されたが、育人からすれば確かに妹たちのお金でもある。
しかし、育人は自分で望んで取り組んでいる事である。
必要な事に、大事な事にお金を使えないのは確かに致命傷になる可能性が高い。
綾野 遠は、そんな育人にしっかり手を差し伸べている。
自分の所に来ないかと。
綾野 遠は財力もそれなりにあるんだね。
自分のブランドも立ち上げるようだし。
そして千雪は大苦戦中だった。
雑誌のモデルも尽く落ちていた。
自分で売り込みをしないとならないのはきついなぁ。
しかも売り込み先で、途中で終了させられるのも悔しい事だろう。
そのおかげで撮影会に呼んでもらえるきっかけを作る事が出来たが、そこで心を見た千雪はどう思ったんだろうか。

▼いますぐ視聴する方は下のリンクからどうぞ▼
U-NEXT公式ページを見てみる
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

まとめ!アニメ「ランウェイで笑って」の動画はU-NEXTで無料で見よう

アニメ「ランウェイで笑って」の動画を無料視聴する方法、作品情報などをご紹介しました。

アニメ「ランウェイで笑って」はU-NEXTで全話見放題となっています。

ミニアニメや原作漫画も配信されていますので、おすすめです。

アニメの見放題作品数は主要サービスのなかでもトップなので、アニメを見るならU-NEXTと言えるでしょう。

<U-NEXTの登録メリット>
登録特典として600ポイント、無料期間終了後には毎月1,200ポイントがもらえるので、新作や電子書籍などの有料コンテンツも楽しめる(1ポイント=1円)

アニメ・映画・ドラマなど配信作品数が圧倒的で、アニメ見放題作品数は1位

一つの契約で4アカウントまで作れる(視聴履歴の共有はなし)

パソコン、スマホ、タブレットなどのマルチデバイス対応で、同時視聴も可能(4人まで)

ほとんどの作品のダウンロードが可能で、オフラインでどこでも楽しめる

再生速度の変更ができる

42万冊以上の電子書籍を配信中!さらに70誌以上の人気雑誌が読み放題!

31日間の無料トライアル期間中に解約すればお金は全くかかりません。

登録、解約は簡単にできるので、この機会にぜひお試しください。

U-NEXT公式ページを見てみる
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

◆アニメを無料で視聴する方法(作品名あいうえお順)