映画あらすじ見どころ(ネタバレなし)

映画【最高の人生の見つけ方】あらすじキャスト見どころ!あのハリウッド大作を日本版でリメイク!

2008年にロブ・ライナー監督で公開された同名のハリウッド映画を原案にしたハートフルドラマが2019年10月11日に公開となります。

余命わずかな2人の女性が偶然出逢い、「死ぬまでにやりたいことリスト」を実行する決意し、実現していく姿を描きました。

あらすじ、キャストなど作品情報をはじめ、見どころ紹介記事です。ネタバレはありません!


スポンサーリンク


映画【最高の人生の見つけ方】作品概要

(C)2019「最高の人生の見つけ方」製作委員会

作品概要

とある12歳の少女が残した「死ぬまでにやりたいことリスト」これをやってみようと思う!

そんな電話がきっかけで2人の女性が残り僅かな人生をかけてリストを一つ一つ達成していく・・・・。

同名のハリウッド大作を犬童一心監督がリメイクしました。

主演は日本を代表する2人の大女優、吉永小百合と天海祐希です。

またムロツヨシや満島ひかり、賀来賢人など個性的で実力のある俳優もたくさん出演しており、ももいろクローバーZのメンバーも特別出演します。

主題歌は竹内まりやが書き下ろしました。

予告動画

映画【最高の人生の見つけ方】あらすじ(ネタバレなし)

(C)2019「最高の人生の見つけ方」製作委員会

家庭のために、大真面目に生きてきた主婦幸枝と会社のために人生を捧げてきた大金持ちの女社長マ子。

出逢うはずのない2人がたまたま病院で同室となる。

幸枝の夫と息子は頼りにならず、見舞いにきた娘の美春に「もしもの時」の事を頼もうとするが拒否され傷つく。

一方マ子はできる秘書の高田を引き連れ、だいぶ年下で副社長の夫、輝男が見舞いにくるなどどうみてもセレブで成功した人生のようだが、病院の前で輝男が若い女性と抱き合うのを見てしまう。

全く違う人生を歩んできた2人であったがお互いの唯一の共通点が余命宣告を受けたことだと知る。

その後2人は一時退院したが、マ子に幸枝から連絡が入る。

残りの人生、考えてみてもやりたい事が何もない幸枝は病院で出会った12歳の少女が落とした「死ぬまでにやりたいことリスト」をやってみようと思う、という電話だった。

最初は呆れるマ子であったが、幸枝の声が弾んでおり、「自分のためです」という声に動かされ、「私も乗るわ」と宣言する。

12歳の女の子が残したリストは「スカイダイビングをする」「ももクロのライブに行く」「好きな人に告白する」など2人には思いつきもしないような事ばかりであったが人を巻き込みながら成し遂げてく2人。

時には喧嘩して、たくさん笑って、そして最後に2人の友情を祝福するようなとある奇跡が待ち受ける事なる・・・・。



スポンサーリンク


作品情報詳細(公開日・監督・キャストetc.)

(C)2019「最高の人生の見つけ方」製作委員会

公開日(日本):2019年10月11日

上映時間:115分

原案:ジャスティン・ザッカム

監督:犬童一心

脚本:浅野妙子 小岩井宏悦 犬童一心

キャスト

吉永小百合(北原幸枝)…大学を卒業してからずっと専業主婦として家庭を守ってきた。

天海祐希(剛田マ子)…巨大ホテルチェーンの女性オーナー。

ムロツヨシ(高田学)…マ子の秘書。

満島ひかり(北原美春・若き日の幸枝)…幸枝の娘。キャリアウーマン。

解説とコメント

幸枝を演じるのは知らない人はいない大女優の吉永小百合です。

1957年にデビューして以来ずっと最前線で活躍し、数々の賞を受賞してきました。

本作でなんと121本目の映画主演作とのことです。

近年はテレビ出演は控えているようで、主に映画とCMで活躍されています。

今回の映画では「ももいろクローバーZ」と共演しており、自らを「モノノフ」と言い周囲を驚かせていました。

ホテルオーナーのマ子を演じるのは天海祐希です。

元宝塚トップスターで知られており、数多くのドラマ・映画で活躍をされています。

今回の仕事ができるオーナー役も彼女のイメージにぴったりですね。

吉永小百合とは本作で18年ぶりに共演したようです。

マ子の秘書、高田はムロツヨシが演じました。

大学を中退後俳優業を目指したようですがその後下積み時代が長かったようです。

徐々に人気を増していき、2018年には42歳でエランドール賞新人賞を受賞を受賞しています。

ドラマ、映画、舞台、CMと今では見ない日はない程の人気俳優です。

好きな映画に、この映画の原案となったロブ・ライナー監督の「最高の人生の見つけ方」を挙げているそうで、この高田役はムロツヨシから逆オファーしたのだとか。

幸枝の娘、北原美春を演じるのは高い演技力で有名な満島ひかりです。

まだほとんど無名だった頃からその演技力はあったようで、監督に演技を大絶賛されていたようです。

吉永小百合の娘役ですが、彼女との共演は2012年度に満島ひかりが第36回日本アカデミー賞 優秀助演女優賞を受賞した「北のカナリアたち」以来7年ぶり、2度目のようです。

本作は「のぼうの城」や今公開中の映画「引っ越し大名」も手掛けた大人気監督犬童一心の作品です。

本作は大ヒットしたアメリカ作品「最高の人生の見つけ方」のリメイク作品であり、脚本も浅野妙子 小岩井宏悦とともに監督が手掛けたようです。

原案は余命6ヶ月の宣告をされた男性2人が、死ぬ前にやり残したことを実現するために冒険に出るというストーリーであり、日本でも大ヒットしました。

この素晴らしい原案をどのように作り替えたのでしょうか。



スポンサーリンク


映画【最高の人生の見つけ方】見どころ紹介&こんな人におすすめ

(C)2019「最高の人生の見つけ方」製作委員会

映画の見どころとしては大ヒットしたアメリカ映画のリメイク作品がどう描かれているのかというところです。

ですが、原案では主人公2人は同年代の男性2人(カーターとエドワード)であり、更に映画のキーワードである「死ぬまでにやりたいことリスト」はカーターが作成したものが基になっています。

しかし本作では主人公は女性2人であり、更に年齢も異なります。「死ぬまでにやりたいことリスト」も12歳の少女が作ったリストを2人がチャレンジしていくという話になっています。

ここまででもかなり違うストーリーであり、更に「死ぬまでにやりたいことリスト」の作者が12歳とのことで、その夢も「ももクロのライブに行く」などの少女らしいも含まれています。

2人の年齢からは一見かけ離れた「やりたい事」ですが、それが2人の残りの人生をどう変えていくのでしょうか。

原案を観たことある人も楽しめる作品となってること間違いありません。

この映画をお勧めしたいのはちょっと生活に疲れてしまった人や、今生きる目的を探していたり、見失ってしまっている人です。

主人公の2人は余命宣告をされており、残りの人生は決して長くはありません。

それだけ聞くと、とても暗い映画ではないかと想像していましますが、この映画のタイトルは「最高の人生の見つけ方」というとても前向きなものになっています。

きっと観た後に自分自身の人生についても希望が持てるような、主演の2人からアドバイスがもらえるような、そんな作品になっているのではないでしょうか。

まとめ

以上が「最高の人生の見つけ方」のあらすじと見どころになります。

心がきっと元気になれる映画です。是非見に行ってみてください。



スポンサーリンク