映画無料視聴

【動画】映画「千と千尋の神隠し」を無料視聴する方法とは?

映画「千と千尋の神隠し」の動画を無料視聴する方法についてご紹介していきます。

現在、映画「千と千尋の神隠し」は各種の動画配信サービス(VOD)では一切配信されていません。

ではどうすれば無料視聴できるかと言いますと、TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)というサービスでDVDを無料レンタルすれば可能です。

TSUTAYA DISCASでは、現在30日間の無料お試し体験を実施しているので、映画「千と千尋の神隠し」のDVDを無料でレンタルすることができるんです。(翌日配送・送料無料・返却期限なし

いますぐTSUTAYA DISCASで無料レンタルする
(30日間以内に解約すれば、料金は一切かかりませんし、解約手続きは簡単にできます)

映画「千と千尋の神隠し」の動画を無料視聴する方法!⇒TSUTAYA DISCASで手軽に無料レンタル

冒頭でもお伝えしましたが、映画「千と千尋の神隠し」の動画は現在、動画配信サービス(VOD)では配信されていません。

そこでTSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)というサービスを利用すれば、無料で簡単に映画「千と千尋の神隠し」のDVDをレンタルすることができますので、非常におすすめです。

TSUTAYA DISCASは超便利な宅配レンタルサービス!

TSUTAYA DISCASは、株式会社TSUTAYAが提供しているDVD/CDの宅配レンタルサービスで、これまでに延べ数百万人が利用しています。

スマホやPCから手軽に予約して、自宅まで送料無料で届けてくれますのでとても便利なサービスです。(翌日配送率は97%!

視聴後はポストに返却するだけで完了です。

しかも返却期限がないので、延滞金の心配もまったくありません。

通常は有料サービスですが、初回登録時に30日間のお試し体験を実施していますので、期間中は無料でサービスを利用することができます。

お試し期間中は、DVD/CDの旧作が借り放題となります。

新作は対象外となりますが、映画「千と千尋の神隠し」を無料で借りることができますし、他にもTSUTAYAの充実した作品群が楽しめます!

もちろん他のジブリ作品も無料でレンタル可能ですので、同時に視聴するのもいいですね。

お試し期間中に解約すれば、料金は全くかかりませんし、登録・解約手続きはとても簡単にできますので、ぜひお試しください。

TSUTAYA DISCASで無料レンタルする
(30日間以内に解約すれば、料金は一切かかりませんし、解約手続きは簡単にできます)

※借り放題は月額レンタル可能枚数終了後、「旧作」が借り放題となります。
※30 日間無料お試し期間中は「新作」はレンタル対象外となります。
※無料お試し期間終了後、通常料金(無料お試し終了後の料金)で自動更新となります。

TSUTAYA TV(動画配信サービス)にも同時に無料登録することが可能!

TSUTAYA DISCASに登録する際に、TSUTAYA TVという動画配信サービスにも同時に無料登録することができます。

TSUTAYA TVでは、新作・準新作を除く10,000タイトル以上が見放題となっていて、映画、ドラマ、アニメなど豊富なラインナップを楽しめます。

初回登録時に1,100円分の動画ポイントをもらえますので、ポイントを使って新作の視聴も可能です。

こちらのサービスも初回登録後30日間はお試し期間となりますので、期間中はサービスを無料で利用できます。もちろんお試し期間中に解約すれば、料金はかかりません。

TSUTAYA TVが必要なければ、TSUTAYA DISCASのみでの登録も可能です!

登録手続きは簡単ですので、この機会にぜひ登録してみてください。

TSUTAYA DISCASとTSUTAYA TVの公式ページを見てみる
(30日間以内に解約すれば、料金は一切かかりませんし、解約手続きは簡単にできます)

※記事内容は、2020年5月6日時点の情報です。最新の情報は TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV 公式サイトにてご確認下さい。

動画共有サイトでの視聴はリスクがあります。おすすめはできません。

動画共有サイトで映画「千と千尋の神隠し」が配信されている場合があるかもしれません。

しかし、そういったサイトは違法アップロードサイトですので、次のデメリットがあります。

・画質や音質が悪い
・広告が多くてストレスが溜まる
・動画が途中で止まったり、急に削除されるので全て見ることができない
・ウイルス感染や個人情報流出の危険がある

公的機関等でも著作権に関する注意事項が記載されています。

参照:「著作権法の一部を改正する法律について」(文化庁)

参照:「著作物を無断で使うと?」(公益社団法人著作権情報センター)

参照:「テレビ番組の違法配信に関わる法制度について」(日本民間放送連盟)

 

安全かつクリーンに高画質で映画「千と千尋の神隠し」を視聴するなら、公式サービスであるTSUTAYA DISCASでレンタルすることをおすすめします。

映画「千と千尋の神隠し」作品情報

作品概要

千尋という名の10歳の少女が、引っ越し先へ向かう途中に立ち入ったトンネルから、神々の世界へ迷い込んでしまう物語。千尋の両親は掟を破ったことで魔女の湯婆婆によって豚に変えられてしまう。千尋は、湯婆婆の経営する銭湯で働きながら、両親とともに人間の世界へ帰るために奮闘する。

制作のきっかけは、宮崎駿の個人的な友人である10歳の少女を喜ばせたいというものだった。この少女は日本テレビの映画プロデューサー、奥田誠治の娘であり、主人公千尋のモデルになった。企画当時宮崎は、信州に持っている山小屋にジブリ関係者たちの娘を集め、年に一度合宿を開いていた。宮崎はまだ10歳前後の年齢の女子に向けた映画を作ったことがなく、そのため彼女たちに映画を送り届けたいと思うようになった。

2001年(平成13年)7月20日に日本公開。興行収入は300億円を超え、日本歴代興行収入第1位を達成した。この記録は2020年5月04日現在も塗り替えられていない。第52回ベルリン国際映画祭では『ブラディ・サンデー』と同時に金熊賞を受賞した。宮崎の友人である映画監督ジョン・ラセターの尽力によって北米で公開され、第75回アカデミー賞ではアカデミー長編アニメ映画賞を受賞した。

参照:千と千尋の神隠しウィキペディア

主なキャスト

千尋:柊瑠美
ハク:入野自由
湯婆婆/銭婆:夏木マリ
お父さん:内藤剛志
お母さん:沢口靖子
青蛙:我修院達也
坊:神木隆之介
リン:玉井夕海
番台蛙:大泉洋
河の神:はやし・こば
父役:上條恒彦
兄役:小野武彦
釜爺:菅原文太

主なスタッフ

原作・脚本・監督:宮崎駿
プロデューサー:鈴木敏夫
作画監督:安藤雅司、高坂希太郎、賀川愛
美術監督:武重洋二
色彩設計:保田道世
映像演出:奥井敦
音楽:久石譲
制作:スタジオジブリ

TSUTAYA DISCASとTSUTAYA TVの公式ページを見てみる
(30日間以内に解約すれば、料金は一切かかりませんし、解約手続きは簡単にできます)

関連ツイートと視聴者の声(ネタバレあり)

視聴者の考える見どころ

(30代・女性)
全体的に不思議で不気味な世界観が見どころだと思います。

最終的には結局ハッピーエンドで終わりますが何度見ても楽しい作品だと思います。

この映画を見るとドキドキハラハラするところと、不思議なキャラクターたちが見どころだと思います。

(20代・女性)
なんで千尋はそんな神々の世界と言われるところに両親と共に迷い込んでしまったのか、その世界はいったいどこでなんなのか色々考えさせられるし捉え方によって変わってくる作品だと思います。

千尋がどう逆境に乗り越えていくのかが見どころです。

(20代・男性)
千と千尋の神隠しの見所ですが3つ程あります。

①顔なしの暴れるシーン
②湯婆婆の人情
③ハクの竜になるシーン

この3つですね。

あとはラストでハクが絶対に振り向いてはダメっていう所も個人的には好きですね。

千尋も振り向かずトンネルを出てから振り向くので、そこはドキドキします。

(30代・女性)
千尋の成長物語に加え、舞台の世界観、それを演出する背景・音楽・声優陣の演技の素晴らしさが見どころです。

この映画全体が醸し出す不思議なノスタルジックな雰囲気は、田舎の風景に馴染みがない方にもきっと何か感じ入るものがあると思います。

さらに見どころを見る

(20代・男性)
この映画が何故世界中の人たちに評価されているかは、見たら分かります。

ジブリ作品の中でも、トップクラスなんです。

アカデミー賞に名を連ねるのも納得の作品です。

見終わった後、千尋にもハクにも湯婆婆にもどんなキャラクターにも愛着が湧いてしまいます。

涙で前が見えなくなります。

それほどの素晴らしい作品をぜひ感じてみてください。

(30代・女性)
何となく当たり前の日常を生きていて、やる気や目標を見出せなくなっているときに見ると、生きることとの根本を思い出して元気をもらえます。

異世界が好きな方や湯屋をお客様でたくさんの神様が出できますので日本神話がお好きな方にもオススメです。

(30代・女性)
ハクの名前を思い出すところと、ラストシーンが印象に残っています。

ラストシーンでは千尋が両親を探す賭けをするのですが、そこが1番印象的です。

お風呂屋さんで働いている動物達も出てきて踊っている所が可愛らしいです。

(30代・女性)
千と千尋の神隠しの1番の見どころは主人公の千尋の成長していく姿だと思います。

最初は何事も誰かのせいにしたり、自身なくおどおどしていた千尋がお父さんとお母さんを助けるために湯屋で仕事をしていく中で前向きになっていく姿に勇気をもらえます。

(20代・女性)
今の現実世界にはありえないような綺麗な色使いを見て心を癒されてください。

また、千の心の優しさ初々しさ一生懸命さを見てあげてください。

忘れてしまった昔の気持ちが戻ってくるように、また明日から気合を入れよう飛び込もうといった気持ちになれますよ。

(30代・女性)
知らない世界でも頑張れば何か良いことがある、そして自分の力で成功を獲得出来ると教えてくれる映画です。

あまり映画を見ない方でも、この映画は難しくはないので見やすいと思います。

また千尋はまだ子供です。

その子供の成長過程でもあるこの映画は小さいお子様でも楽しめます。

視聴者の感想

(30代・女性)
千尋がトンネルをくぐるとそこは不思議というか不気味な世界に入ってくところが好きです。

油屋でのざわつき感が視聴者に安心感を与えます。

しかし、その中に不気味に忍び寄るカオナシの存在が何とも言えない不気味さを表現していると思います。

ハクとの出会い、湯婆婆や銭婆との出会い、戦いなど、映画全体の中で一番好きなのは、油屋での神々がお風呂に入り、きれいになっていくところや、カオナシが千に近づいていくところです。

油屋の中で暴れまわるカオナシを千が団子を食べさせ最終的には落ち着かせるところは何度見てもドキドキハラハラと安心できるシーンです。

映画中のキャラも個性的で、私が一番好きな気キャラクターは坊です。

あれだけ甘やかされていた坊が、ネズミにされて劇中でちょこまか動き回る姿はかわいいと思います。

映画の最終は千も名前を取り戻し、豚になった両親も元の体に戻り結局ハッピーエンドで終わりますが何度見ても楽しい作品だと思います。

(20代・女性)
子供の頃に好きで何回も見ていましたが、大人になり改めて見てみると宮崎駿監督のメッセージ生の強い作品だなとすごい作品だなと感じることができます。

両親の都合により引っ越しすることになった千尋、その引っ越し先の途中で、道に迷い込み普通の人はいなく実は神々の世界だったというとのろに入ってしまいます。

両親がそこの食べ物に手を出してしまい豚にされてしまうシーンがすごい印象的でした。

ハクという1人の少年により助けられて、湯婆婆のいる油屋で働くことになった千尋、湯婆婆にハクが利用されている存在なだけだと知りハクを助けたいと思う強い気持ちで銭婆のところにいくと決断するシーン。

そこがかなりすごい一歩踏み出すところに惹かれます。

カオナシからお金を差し出されてももらわない千尋の姿が純粋そのものでかなりメッセージの強い部分であるなと見れば見るほど面白さ奥深さの伝わってくる作品ですごいと思いました。

ラストはやっぱり感動できます。

(20代・男性)
千と千尋の神隠しの感想ですが、自分が初めて千と千尋の神隠しを見たのが小学生ぐらいでした。

初めて見た時は正直なところ3日間眠れなくなるぐらい怖かったです。

理由としては2つあります。

1つめはお父さんとお母さんが豚にされたことです。

2つめは、顔なしが怖すぎる。

これが1番の理由かもしれないです。

千(千尋)のストーカーですからね。

ちょっと優しくしてもらっただけでストーカーになってたんで正直怖い、だけど顔なしが体の形が変わって暴れるシーンが千と千尋の神隠しの中で1番ドキドキするシーンなので怖いですが見て頂きシーンの1つです。

またハクの正体が龍(白龍)だったことも見所シーンですね。

子供の時に見たハクの姿は最高にかっこいいって思いました。

最後に湯婆婆(漢字あってるのかな)ですがこの人は千尋から名前を奪って千って改名させましたので、最初は悪いやつやと思ってましたが、かなりいい人だったのは驚きでした。

結構な従業員思いですのでびっくりしました。

(30代・女性)
この映画の要は、なんといっても主人公の千尋の成長物語だと思います。

引っ込み思案で言動もどことなく鈍い千尋が、突如として放り込まれた異世界で過ごすうち、だんだんと自分の意思で行動できるようになり、顔つきも変わってくる様子は見ていてドキドキします。

千尋がハクからもらったおにぎりを頬張りながら涙をボロボロとこぼす場面では、初見でもらい泣きしてしまい、その後何度見ても涙ぐんでしまいます。

奇妙な世界でひとりぼっちになり、眠れないまま一晩を明かした緊張の糸が、食事をきっかけに解れていく……まだ子どもの千尋の心情が非常にうまく描かれている、この映画で一番の名シーンだと思います。

また、この映画は千尋の成長の他にも、自然と人との関わりについても考えさせられる映画だとも思います。

物語の中には川の神様が複数登場しますが、捨てられたゴミでヘドロの塊のような姿になっていたり、川自体が埋め立てられてなくなってしまっていたりと、皆悲しい事情を抱えているように思います。

単なるファンタジーの物語ではなく、ジブリ映画の中でも特別に深く心に訴えかけてくる、大人でも楽しめる名作だと思います。

さらに感想を見る

(20代・男性)
この映画の面白い点は、奇想天外な世界観です。

この作品には、迷い込んだ世界で、人間だけでなくカエルやクモに似た生き物、魔女、化け物、龍、神様など、様々な気キャラクターが現れます。

そして、描かれる世界も、中国のような要素や日本風な雰囲気、ヨーロッパな感じなど様々な要素が混ざり合っています。

そのような世界観が、あまりに魅力的で、視点を変えれば不気味さを表現していて、本当に何度見ても驚きばかりです。

また、感動するストーリーと音楽の組み合わせが最高です。

この映画で描かれる千尋とハクの関係、その周りの仲間達、湯婆婆との敵対など、大変素晴らしい形となっています。

ただ、敵を倒すだけの王道なストーリーではなく、あえて和解という形で終わらせてかつ、涙をそそるようなラストに持っていく巧みさが素敵です。

そして、そのストーリーを盛り上げる音楽が実に優しく繊細に作られています。

音源だけ聞いても泣けるようなメロディが刺さります。

奇想天外な世界観、ストーリー、音楽と素晴らしいものが揃った名作です。

(30代・女性)
引っ越し先に向かう途中、父親が道を間違えて入った森の先で古い廃墟のようなものに行き止まります。

両親が好奇心で廃墟のトンネルを抜け、テーマパークの跡地のような草原を抜けると、中華街のような店が立ち並ぶ場所に出ます。

店先に並ぶ料理を必死で止める千尋を無視して勝手に食べ始める両親は、千尋がその辺を周って戻って来ると豚になり果てていました。

驚き必死でその場から逃げようとする千尋ですが来たはずの道は水没し、途方にくれて建物の隅で泣く千尋をハクという少年が助けます。

少年の導きで湯婆婆という魔女が経営する湯屋で働くこととなった千尋は、初めは挨拶もろくに出来ず自分で考えて行動を起こすこともままならないような子でしたが、湯屋で共に働く仲間に助けられて、しっかり意思表示のできる人間に成長していきます。

最後は自分を助けてくれたハクを救うため自ら動きます。最後は湯婆婆の難問もクリアして両親と現世へと戻ることができました。

どこにでもいそうな現代の少女が成長し自立していく姿が頼もしかったです。

(30代・女性)
公開されすぐ見たときは年齢もまだ小さかったので怖いという印象がとても強かったです。

意外とグロテスクなシーンもありますが、映画に集中してしまうためかあまり気になりません。

内容は大人になって見ても深く、楽しめる内容になっています。

むしろ、大人が見るのと子供がみるのでは視点や解釈が変わってくる映画だと思います。

視点や解釈が異なっていてもどれが正解という正しい縛りはなく、一人一人考えや解釈が違ってもどれも正解という映画だと思います。

カオナシが何を思っているかや、湯婆婆の思い、そして坊達の思いなど様々な思いが交差しています。

千尋はその不思議な世界に迷い込んでしまい、一生懸命にお仕事をし、強くなっていきます。

千尋とハクの関係性も見どころであり、2人が最初に知り合った所もなんともロマンチックです。

最初はしょうもない親のせいで千尋が可哀想と思いましたが、この不思議な世界に迷い込んだことにより成長していく様子がとてもたくましく見ていて誇らしいです。

自分も頑張ろうと勇気をもらえる映画です。

(30代・女性)
主人公の千尋は最初、引越しで仲良しのお友達と離ればなれになってしまう寂しさや、新しい場所へ行くことへの不安で鬱々としていました。

新居へ向かう途中にお父さんがふらりと立ち寄った先は遊園地の跡地のような場所でした。

そこで、勝手に食事を始めてしまった両親は気がつくと豚の姿になり、怖くなった千尋は逃げ出してしまいます。

そんな千尋も体が徐々に透けていきハクという男の子に出会い、湯屋で仕事をもらうようにと教えられます。

人間が来てはいけない世界で湯屋を仕切る湯婆婆のもとにたどり着くまでには様々な困難が待ち受けていますが、釜じいやりんさんなど、一見厳しくも優しい仲間に助けられていきます。

釜じいのもとで石炭を運ぶススたちの仕事を勝手に手伝ってしまったとき、釜じいが言った仕事をしなければただのススに戻ってしまう!や手伝うなら終いまでせい!の言葉は千尋だけでなく私達が社会で生きていく上でも深い意味がある言葉だと思いました。

湯婆婆のもとで名前を奪われ働くようになってからは見違えるように生き生きとしている千尋の姿に勇気をもらいました。

(20代・女性)
心温まるジブリ作品千と千尋の神隠し、何度見ても楽しめるそんな作品です。

千と千尋の神隠しを見ているうちに、世界に出てくる町がとっても好きになりました。

良く見るととっても面白くて不思議なんです。

たとえば、眼科かと思える目の看板のお店、良く見てみるとその中には「め 塩 目」その下には、「生もあります」なんて書いてあるんです。

夢のような世界の中にすこしグロテスクな要素、神様たちが住んでいる世界なので、神様たちは目を食べるのでしょうか?と謎が深まっていきます。

また、お肉屋さんらしきお店の看板には「人 肉 人」「骨 肉」なんて書いてあります。

少し薄気味悪い雰囲気が伝わってきます。

私はその薄気味悪い雰囲気と神秘的な街並みを物語と一緒に見るともっとその世界に行けたような感覚になり、とても面白いです。

もう一つ好きなのは湯婆婆です。

怖いように見える湯婆婆は子供を愛するあまり過保護に育て上げてしまったりと実はとっても可愛いんです。

千と千尋の神隠しという作品は色々な楽しみ方があるので、何度見ても見飽きない私にとっての大切な癒しの作品です。

(30代・女性)
宮崎監督ならではの描写、そして千尋が両親を助けようと1人で未知の場所で仕事を励み、学べるところが自分にも何か大切なことを教えてくれているような感じがして面白かったです。

少し不器用な千尋が一生懸命頑張っている姿は可愛く、応援したくなるような気持ちになります。

たまにはミスもしてしまうけど、そのミスも可愛く、現実にいても許せるような感じです。

そして何より千尋の味方であり、とてもこの映画で重要な人物であるハクとの2人の関係の行方も見ているとドキドキしてしまい面白かったです。

ハクは味方なのか、敵なのか、と思う部分もあり、最終的には2人が恋愛関係になるのか?!と妄想させられるような2人の描写がこの映画の前半部分とはまた違った面白さを感じられます。

まだ幼い千尋が1人で乗り越えていく、その過程で観ている方もどこか考えさせられる映画であり、宮崎監督ならではだと思います。

映画の中の細かい部分も隅から隅まで描かれている点も特徴的だと思います。

映画「千と千尋の神隠し」の動画視聴方法まとめ!TSUTAYA DISCASで手軽に無料レンタルしよう!

映画「千と千尋の神隠し」の動画は、動画配信サービスでは配信されていませんので、TSUTAYA DISCASでDVDを無料レンタルするのが一番おすすめです。

ネットで気軽に予約できて、基本的に翌日には自宅に届きますので、とてもおすすめです。(送料無料・返却期限なし

登録時には、動画配信サービスのTSUTAYA TVにも同時に無料登録できます。(TSUTAYA DISCASのみの登録も可)

両サービスともに30日間のお試し期間があり、期間中に解約すればお金は全くかかりません。

登録・解約手続きは簡単ですので、ぜひお試しください。

TSUTAYA DISCASとTSUTAYA TVの公式ページを見てみる
(30日間以内に解約すれば、料金は一切かかりませんし、解約手続きは簡単にできます)

◆映画を無料で視聴する方法(作品名あいうえお順)