映画無料視聴

映画「娼年(しょうねん)」の動画をフルで無料視聴する方法はこちら!石田衣良の長編小説を実写化した衝撃作

2018年に公開された松坂桃李主演の映画「娼年(しょうねん)」は、石田衣良による恋愛小説が原作となっています。

公開当初から松坂桃李の体当たりの演技が話題を呼び、現在でも人気は続いているようです。

ここでは、映画「娼年(しょうねん)」のフル動画を無料で視聴できるサービスについてお伝えしていきます。

結論から言いますと、U-NEXTという動画配信サービスを利用すれば、一切お金をかけることなく視聴ができます。

登録後31日間は無料トライアル期間となっていて、解約はいつでも簡単にできます。

いますぐU-NEXTで無料視聴する方はこちら
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

映画「娼年」動画の無料視聴方法!おすすめは断然U-NEXT

まず、主要な動画配信サービスでの映画「娼年」の配信状況をチェックしてみましょう。
(○=今すぐ無料視聴が可能、△=配信されているが有料、×=未配信)

U-NEXT
Hulu
Amazonプライム
dTV
TSUTAYA TV
FODプレミアム
ビデオパス
ビデオマーケット

いくつかのサービスで配信されていますが、最もおすすめなのが、業界大手のU-NEXTです。

大きな理由は以下の通りです。

・映画「娼年」が今すぐ無料で視聴可能(見放題)
・原作小説と漫画も配信中

・登録、解約手続きが比較的簡単にできる
・作品配信数が圧倒的

・無料トライアル期間が長い

U-NEXTには見放題作品とレンタル作品がありますが、レンタル作品であっても初回登録時にもらえる600ポイントを使用してすぐに無料視聴ができます。(ちなみに映画「娼年」は見放題作品です)

現在31日間の無料トライアルを実施していますので、全くお金をかけることなく、映画「娼年」の視聴が可能です。

また、石田衣良の原作小説や漫画(電子書籍)も配信されていますので、登録時にもらえる600ポイントを使って読むことができます。

U-NEXTの動画配信数は17万本と国内最大級で、映画はもちろんドラマ、アニメ、音楽、バラエティなど作品の充実度は群を抜いています。

新作から旧作まで多数の映画を配信中

登録や解約手続きは他サービスに比べて簡単なので、ぜひお試しください。

U-NEXT公式ページを見てみる
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

U-NEXTのメリットが凄い!映画好きには特にオススメ!

さらにU-NEXTは、他のサービスと比較して下記のようにメリット(特徴)がたくさんあります。

U-NEXTのメリット(特徴)

31日間の無料トライアル期間がある(解約はいつでも可能)
初回登録時に600ポイント、無料期間終了後には毎月1,200ポイントがもらえるので、新作映画や電子書籍などの有料コンテンツも楽しめる(1ポイント=1円)
毎月貰えるポイントは映画のチケット(しかも300円分お得なチケット)に交換可能
新作映画の配信が早い
ほとんどの作品のダウンロードが可能で、オフラインでどこでも楽しめる
パソコン、スマホ、タブレットなどのマルチデバイス対応で、同時視聴も可能(4人まで)
再生速度の変更が可能
70誌以上の最新の人気雑誌が読み放題
42万冊以上の電子書籍があり、無料で読める漫画もたくさんある

このようにU-NEXTは映画好きにはたまらないメリットが盛り沢山です。

デメリットは無料期間終了後の月額料金が1990円(税抜)とやや高めなことくらいです。

といっても毎月1,200円分のポイントがもらえますし、その前に無料期間内(登録から31日以内)に解約してしまえば料金は一切かかりません。

登録・解約手続きはとても簡単ですし、映画「娼年」を無料で視聴するならU-NEXTが一番オススメです。

違法アップロードされているサイトでの視聴は、ウイルス感染や個人情報流出の危険がありますので、公式サービスであるU-NEXTで安全に視聴することをおすすめします。

U-NEXT公式ページを見てみる
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

※2019年12月時点の情報です。配信状況など詳細は公式サイトにてご確認ください。

映画「娼年」作品情報

2018年4月6日に全国73館で公開された。R18+指定。

女性客を中心に高い評価を集め、公開6週目には興行収入3億円を突破。応援上映を望む声が相次ぎ、日本で初めてのR18+指定作品女性限定応援上映が5月30日に池袋HUMAXシネマズで開催決定。チケットは即完売した。

2018年10月27日に急逝した江波杏子の映画作品の遺作となり、監督の三浦が追悼コメントを寄せた。

参照:娼年Wikipedia

あらすじ

名門大学に通う森中領は日常に退屈し、無気力な日々を送っていた。ある日、バイト先に現れた美しい女性に導かれ、領は娼夫・リョウとして働くことに。最初こそ戸惑ったリョウだが、仕事を通して女性の持つ欲望の奥深さに気づき、やりがいを見つけていく。

主なキャスト

・松坂桃李
・真飛聖
・冨手麻妙
・猪塚健太
・桜井ユキ
・小柳友
・馬渕英里何
・荻野友里
・佐々木心音
・大谷麻衣

主なスタッフ

監督:三浦大輔
原作:石田衣良
音楽:半野喜弘
脚本:三浦大輔
製作:小西啓介、松井智、堀義貴、木下暢起

U-NEXT公式ページを見てみる
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

視聴者の声

感想

人生に対して無気力に過ごしている大学生の松坂桃李がひょんなことからボーイズクラブで娼年として働く経験を通じて、人生にやりがいと幼い頃に母親を失った喪失感からの克服をしていく物語。

まずは男性監督ながら、男性目線で求められるエロさを排して、女性の欲望をストレートに描いたところが女性の支持を集めて、応援上映も企画されるほどの人気を博したのが面白いと思います。

いわゆる若手イケメン俳優である松坂桃李が、全裸になることを厭わずに挑んだ舞台の映画化で、舞台からそのまま続投しました。

役者としての覚悟が見られる作品であり、女優たちも覚悟を決めて演技を行なっています。

主人公の親友ポジションやボーイズクラブのナンバー1だった俳優さんたちも作品の後に大きな役をつかんだり、大学の同級生役の桜井ユキはNHKのドラマで大きな役をつかんだり、飛躍を見せるのも納得な体当たりの渾身演技でした。
(40代女性)

この映画を見た感想といたしましては、さまざまな人間の難しい感情を見事に描ききっていてとても素敵で面白かったです。

特に、女性側の複雑な心情を描いていて良かったです。

この作品の中には数人の女性が登場するのですが、皆さん問題を抱えているのですが、その問題が私はとても共感でき、それに悩んでいる姿も自分は共感ができ、とても面白かったです。

また、主演の松坂桃李さん演じる少年も複雑な心情を抱えて自分の体を売っているのですが、その理由や心情も理解ができ、とても面白いです。

また、キャストの方も良かったです。

特に松坂桃李さんの体当たりの演技が良かったです。

自分自身が裸になって何回もベットシーンがあるのですが、全てやりきっていてとても感動しました。

また、それ以外のシーンでも複雑な少年の気持ちを表情や台詞回しで見事に表していて良かったです。

また、演出も良かったです。

ストレスなく映画が見ることができ、考えることも多く、良かったです。
(20代男性)

桃李くんが好きで濡れ場シーンがあると聞き映画館まで足を運んだのですが、女性がお金を払ってまで男を買うそして、自分の抱えている性に悩みがある人が人それぞれの思いのままに満たしてもらい、本当に濡れ場シーンが豊富な映画だったと思います。

性癖は抑えられず、それでも誰かに解消してもらわないといけない人がいる事を知りました。

男性がいく風俗店があるのは勿論知っています。

ですが女性が男性をお金出して払う様な事がある事は知りませんでしたので娼年とは、その依頼者の心の支えになり必要不可欠なのだなと思いました。

友達と見に行ったので観ていてこっちも恥ずかしくなる内容ではあったのですが、濡れ場シーンがこんなにもリアルだとは思いもしていませんでした。

女性や性に対して興味なかった領でしたが、静香と出会いがきっかけで他の女性を抱く事で領は少しずつ心を開き始め領にとっての性行為はコミニュケーションとなり少しずつ成長していく姿を観れたので満足しています。

1番衝撃だった事があり最初にテストされるときに咲良という障害をもった女性を抱いたのですが静香が母親だった事です。
(20代女性)

この作品は主演の松坂桃李さんが、いろんな女性を抱いていくところがインパクトありました。

年下の女性から年上の女性、いろんな悩みを持った女性たちと体を交わしていくことによって松坂桃李さん演じるリョウが、どんどん変わっていくところが面白かったです。

初めの頃はなにもかもやる気がないような冷めた雰囲気のリョウだったけど、だんだん自分に自信がついていって素敵な男性になっていく姿が良かったです。

苦しくてもがいている女性に、やさしく寄り添いながらリョウが受け止めていく感じが素敵だなと思いました。

心の奥底に秘めた辛い思いや痛みなど、女性ならではの感情がリアルでこの作品の世界観にどっぷり浸れるなと思いました。

またリョウに迷いなどは一切なく、そこがまた美しくてまっすぐなところがかっこよかったです。

リョウのミステリアスで何を考えているかわからかいような独特な世界観が、よりこの作品を楽しませてくれるような感じがしました。
(20代女性)

松坂桃李さんのことが少しでも好きなら絶対見ることをお勧めします。

SNSで話題になっていたので見ることにして、私は自宅で一人でDVDを見たのですが、とてもじゃないけど人と一緒には恥ずかしくて見れません(笑)

体を売る娼夫を演じた松坂桃李さんの演技がすごいし、それぞれの女優さんの体を張った妖艶な演技もすごいです。

いろいろな性についての悩みを持っている女性がでてきて、見ていてこんな性癖を持っている人もいるんだなとビックリしました。

また大御所俳優さんも出られていて、特に西岡徳馬さんが奥さんを寝取られるのを目の前で見ているところは必見です。

見てはいけない人の性を見ている不思議な感じと、それぞれの女性の欲望を満たしていく娼夫にどこか魅力を感じる作品です。
(30代女性)

さらに見る

主人公リョウの退屈していた大学生の頃から娼夫として働くようになった頃の心境の変化が見ていて面白くて見入ってしまい、あっという間に見終わりました。

内容はかなり性表現が多く衝撃的ではありますが、下品な感じやいやらしさなどは感じられず出てくる女性達の人間性や感情などが垣間見えて、今までにない何とも言えない不思議な感覚になりました。

1人1人に向き合い、その人の事を受け入れるリョウのような人はあまり居ないような気がして、そういう人を求める女性にとって娼夫という存在は必要なんだとこの作品を見て気付きました。

話の中でもリョウは友人から娼夫について少し貶したような事を言われますが、私も体を売る仕事には良い印象がなく、世間的にもマイナスイメージが強いように感じますが、この作品を見てすごく印象が変わったので見て良かったと思いました。

物語の中ではリョウの人生についても触れていて、誇りを持って娼夫をする姿は母親の存在が大きく、そういった場面は感動的でした。
(20代女性)

リョウ(松坂桃李)が、だんだんと女性に対して興味を持ち、優しくなっていく姿が印象的でした。

なぜ娼夫になったのか、きっかけとなる藤堂静香(真飛聖)とのやりとりで、日常から一気にこの世界に連れていかれました。

リョウは戸惑いながらも女性と関係を持つことで、それぞれの女性の状況や思いに触れていきます。

仕事だからこそ聞ける話から、今まで想像もしなかった女性たちの世界が見えてきます。

女性たちの思いに応える中で、リョウ自身も女性たちに認めてもらえたり受け止めてもらってり癒されていたのではないかと思います。

同級生にばれてしまった時の反応は、娼夫になる前のリョウなら絶対にしない反応です。

人は、癒すことで癒されるのではないかと思いました。

一番記憶に残っているのは、老女(江波杏子)とのシーンです。

行為をせずにエクスタシーを感じる老女に、女性が本当に求めていることを考えさせられました。

とても刺激的ですが、とてもきれいな作品だと思います。
(30代女性)

松坂桃李さんが主演ということもあり予告からすごく興味がありました。映画館に観にいくのは少し抵抗があったためレンタル可能になってからレンタルをし家で見ました。

娼年は最初から衝撃映像です。

女性の裸体が普通に映ることはもちろん、その相手が人気俳優の松坂桃李さんであること。

松坂桃李さんがよく出演を決めたな〜って思いました。

娼年自体はいろんな女性の生き方性癖などが描かれており、私の知らない世界そのものでした。

こんな仕事、女性、男性、さまざまな今の社会なんだろうなと思いながら見ました。

実際娼婦と聞くと偏見もある長くそのお仕事が女性だけでなく娼年として映画がされたこと。

実際に娼年と言う仕事があるのかは正直少し怖く調べていません。

映画は過激なシーンが多くこれを、映画館でみるとなると周りの反応や自分自身もどのような感情、表情で見ればいいのか分からなかったと思います。

過激なシーンが多い中汚いと感じることはなく綺麗な映画でとても面白かったです。
(20代女性)

人は誰しもアブノーマルな性癖に対して少なからず興味は持っていると思いますが、パートナー以外にはその変わった性癖を決して明かしません。

この映画は一見するとどこにでもいるような婦人が、娼年という仕事に目覚めた美男子と身体の関係をもつようになり、少し変わったアブノーマルな性体験に溺れていく様が赤裸々に描かれています。

内容は勿論大人向けな描写ばかりで、とても子供が観る映画ではないのですが、松坂桃李さんの身体を張った迫真の演技が素晴らしく、元々18禁系の映画が苦手な私でも見ていて嫌になりませんでした。

また、作中に結婚してから旦那に愛想を尽かされ長らく抱かれていない飢えた人妻が一瞬出てくるのですが、仕事が忙しいあまり性生活を営む時間がなく少子化が進んでいる現代社会そのものを見たような気がし、色々考えさせられました。

ただ単にベッドシーンが多いだけではなく、娼婦(娼年)という仕事に対する偏見もこの映画を観て消え去りました。

夜の仕事(風俗系)は世間から偏見を持たれがちですが、どんな仕事にもプロ意識をもって必死に取り組んでいる人がいる、と思わせてくれる映画です。
(20代女性)

エロティックな描写が満載で、上映前から話題になっていた作品ですが、単なる色物映画ではなくメッセージ性のある作品になっていて面白かったです。

松坂桃李さんはこの映画に出演するにあたって様々な葛藤や壁があったと思いますが、これぞ役者という振り切った演技で見るものを圧倒する迫力や情熱を感じました。

大学にも行かず怠惰な生活を送る主人公リョウが退屈な毎日を脱するために始めた「娼夫」という仕事を通して人間的に成長していく過程には男性としても共感できる部分もあったし、男性目線で見たときと女性目線で見たときの「性」はまったく異なるものなんだなと実感しました。

私たちは仕事や日常の中で様々なフラストレーションを抱える生き物ですが、それは性に対しても同じです。

人に簡単に打ち明けられるような物でないからこそ鬱憤が溜まるし、それを解放する場所や相手を女性側も強く望んでいるというのは現代女性の大きな悩みの種であることをこの映画を通して教えてもらったような気がします。

見るときに人を選ぶ作品ですが、普段の生活の中で真剣に性に対して考える機会は少ないので、そういった意義でも価値のある映画だと感じました。
(20代男性)

見どころ

女性の中にも色々な欲望があり、欲望の形は千差万別であるということ。

また大女優江波杏子の遺作でもあったり、俳優陣の演技合戦を堪能するなどもよし、色々な目線で楽しめる映画かと思います。
(40代女性)

見所は、複雑な女心や男心を見事に表現しているところです。

何人もの女性が出てくるのですが、その女性たちの心情はきっと共感できると思います。

また、松坂桃李さんの体当たりの演技ももちろん見所です。
(20代男性)

自分では対処しきれない性に悩みがある女性がいて、それを娼年との出会いによって解消されていったりと濡れ場シーンが多いです。

領の考えが変わり成長をしていく様子を見届けてほしいです。
(20代女性)

松坂桃李さんが体を張っている姿が、本当に魅力的で素晴らしいなと思います。

大人な雰囲気はあるけど、心の変化などを感じ取ることができるのが見どころだと思います。

心に抱えているものを、全て出しきったような気持ちのよい映画です。
(20代女性)

それぞれ性の悩みを抱えている女性たちの体と心を解き放たれていくのが分かる他にはない作品です。

今なにか満足できていない女性なら一度は見ることをお勧めします。

また、松坂桃李さんの裸を見れるのも見どころです。
(30代女性)

さらに見る

この映画の見どころは、出てくる女性がリョウによって欲望が満たされ心の傷が癒されていく姿です。

娼夫を求める女性の心情などが見えて、体を売る仕事をする人のイメージが全く変わり、この職種も無くてはならないものだと思いました。
(20代女性)

主人公・リョウ(松坂桃李)の目が、どんどん変わっていくところにハッとさせられると思います。いろんなタイプのいろんな状況の女性が登場するので、どんな人も自分と重なる部分があるのではないかと思います。男性にとっても、女性の奥を見るきっかけになる作品だと思います。
(30代女性)

人気俳優松坂桃李さんのいつもと違う表情や演技を娼年というこの映画で見ることができます。

私たちがいつも見ている松坂桃李さんではなく、いつもと違う視点で見れるのでいやらしさなしでぜひ見てほしい映画の一つです。

とても面白く考えさせられる映画です。
(20代女性)

松坂桃李さん目当てで観に行かれる方が多いと思いますが、ただ単に恰好良いだけではなく俳優として生きていくことを決心した彼を観ることができ、ファンの私としては迫真の演技に終始鳥肌が立ちました。

ベッドシーンが多いので大人向けの映画ですが、娼婦(娼年)という職業の裏側を知ることができ、また人間の隠れた性癖について赤裸々に描写されているので奥の深い映画です。
(20代女性)

映画「娼年」は石田衣良さんの原作を見なくとも楽しめるところ、人間の欲求や性とは何かを考えさせられる作品になっているところが素晴らしいです。

主演の松坂桃李さんの喜怒哀楽すべてをさらけ出した迫真の演技や登場する女性たちの性の叫びは現代への風刺にもなっていて見ごたえたっぷりの作品です。
(20代男性)

まとめ!映画「娼年」の動画はU-NEXTで無料視聴しよう!

映画「娼年」のフル動画を無料視聴する方法や、作品情報をご紹介しました。

U-NEXTを利用すれば、映画「娼年」を無料で視聴することが可能です。

U-NEXTのメリット(特徴)

31日間の無料トライアル期間がある(解約はいつでも可能)
初回登録時に600ポイント、無料期間終了後には毎月1,200ポイントがもらえるので、新作映画や電子書籍などの有料コンテンツも楽しめる(1ポイント=1円)
毎月貰えるポイントは映画のチケット(しかも300円分お得なチケット)に交換可能
新作映画の配信が早い
ほとんどの作品のダウンロードが可能で、オフラインでどこでも楽しめる
パソコン、スマホ、タブレットなどのマルチデバイス対応で、同時視聴も可能(4人まで)
再生速度の変更が可能
70誌以上の最新の人気雑誌が読み放題
42万冊以上の電子書籍があり、無料で読める漫画もたくさんある

U-NEXTは31日以内に解約すればお金は全くかかりません。

登録、解約手続きは簡単なのでこの機会にぜひお試しください。

U-NEXT公式ページを見てみる
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

◆映画を無料で視聴する方法(作品名あいうえお順)