映画ネタバレと感想

映画【スパイダーマン ファー・フロム・ホーム】ネタバレあらすじ!フェーズ3は最高の締めくくりに!感想評価も

©2019 CTMG. © & ™ 2019 MARVEL.

若手俳優の新星トム・ホランドが新たにスパイダーマンを演じ、「アベンジャーズ」を中心に展開される「マーベル・シネマティック・ユニバース」の作品のひとつとして2017年公開された「スパイダーマン ホームカミング」の続編です。

「アベンジャーズ/エンドゲーム」直後の世界を舞台に、ピーター・パーカーが真のヒーローへと成長していく姿を描きます。

監督には前作「ホームカミング」から引き続きジョン・ワッツが、スパイダーマンと共闘する新たなヒーローミステリオ(クエンティン・ベック)は「ナイトクローラー」での怪演が記憶に新しいジェイク・ギレンホールが演じます。

ここでは、映画「スパイダーマン ファー・フロム・ホーム」のあらすじを「ネタバレなし」、「ネタバレあり(結末まで)」のパートに分けてご紹介します。

後半では、感想評価について書いていますので、そちらもぜひご覧ください。

映画【スパイダーマン:スパイダーバース】ネタバレ(あらすじ)と感想評価「多次元のスパイダーマンが集結!」 異なる次元で活躍するスパイダーマンたちが一つの次元に集結! 13歳の少年マイルスがスパイダーマンとして成長していく姿を描い...

映画【スパイダーマン:スパイダーバース】ネタバレ(あらすじ)と感想評価「多次元のスパイダーマンが集結!」

【スパイダーマン ファー・フロム・ホーム】予備知識

「スパイダーマン ファー・フロム・ホーム」の予告動画

 

公開日(日本):2019年6月28日

監督:ジョン・ワッツ

キャスト
トム・ホランド(ピーター・パーカー/スパイダーマン)
サミュエル・L・ジャクソン(ニック・フューリー)
ジェイク・ギレンホール(ベック/ミステリオ)
ジョン・ファブロー(ハッピー・ホーガン)
ゼンデイヤ(ミシェル・“MJ”・ジョーンズ)
マリサ・トメイ(メイおばさん)
コビー・スマルダース(マリア・ヒル)
ジェイコブ・バタロン(ネッド)

作品概要
サノスを倒し世界の平和が元に戻った後、ピーター・パーカー(スパイダーマン)は夏休みを利用してヨーロッパ旅行へ出発。

意中のクラスメイトMJに告白する計画を立てるものの、到着したベネチアで巨大な水の怪物(エレメンタルズ)が出現。

ニック・フューリーも現れ、ピーターは別次元から来たという新たなヒーロークエンティン・ベック(ミステリオ)とともに強引にエレメンタルズとの戦いに巻き込まれていく。

心の師トニー・スターク(アイアンマン)亡き後、スパイダーマンは世界を救う真のヒーローとなれるのか――?

【スパイダーマン ファー・フロム・ホーム】あらすじ(ネタバレなし)

アベンジャーズがサノスを倒し、世界は平和を取り戻していましたが、トニー・スターク(アイアンマン)をはじめとするヒーローたちの死は、人々の心に深い悲しみを与えていました。

アベンジャーズの一員としてサノスと戦ったピーター・パーカー(スパイダーマン)は、高校での生活を取り戻すべく、夏休みに学校が主催する「科学史ツアー」に参加し、ヨーロッパ旅行の計画を立てていました。

「科学史ツアー」には、ピーターが秘かに想いを寄せるMJも参加するため、ピーターの正体を知る親友のネッドに告白の相談を持ちかけますが、ネッドは現地を満喫したいとあまり相手にしてくれません。

一方でピーターは、人々からスティーブ・ロジャース(キャプテン・アメリカ)やトニー・スターク亡き後のアベンジャーズのリーダー就任を問い詰められ、高校生活を満喫したい自身の思いと人々からの期待のギャップに困惑することになります。

トニー亡き後、ピーターのことを気にかけていたトニーの友人ハッピー・ホーガンからニック・フューリーから呼び出しの電話がかかってくるから出るように言われますが、ピーターは電話を無視し、スーツも家に置いたまま旅行に出かけていきます。

ベネチアに向かう飛行機の中、ピーターはMJと一緒に映画を見て過ごす作戦を立てますが、恋のライバルブラッドが現れうまくいきません。

ベネチアに到着すると生徒たちはそれぞれ観光を楽しみ、ピーターはMJにプレゼントするためのペンダントを購入します。

しかし、突如運河が盛り上がり巨大な水の怪物(水のエレメンタル)が現れ、ピーターはその場に転がっていた仮面を付け怪物に挑みますが、スーツを着た謎の男が飛来し、化学とも魔法ともつかない能力であっという間に怪物を倒してしまいます。

©2019 CTMG. © & ™ 2019 MARVEL.

その夜、ピーターがネッドとともにホテルの自室に戻ると、フューリーが待ち伏せしており、ネッドを麻酔銃で寝かせ、ピーターを強引に作戦室に連れて行きます。

作戦室には、フューリーの部下であるマリア・ヒルと水のエレメンタルを倒した男――ミステリオ(クエンティン・ベック)が待っていました。

©2019 CTMG. © & ™ 2019 MARVEL.

ベックはアース833という別次元の世界からやってきたヒーローで、彼の世界はエレメンタルズに滅ぼされ妻も亡くしており、この地球にエレメンタルズの脅威を知らせに来たのでした。

エレメンタルズは「風」「地」「水」「火」の4つの元素が実体化した怪物で、「風」と「地」はすでにベックが倒していました。

フューリーはピーターに戦いに参加するように命令し、火のエレメンタルが現れると予測されるプラハに来るように言います。

さらにフューリーは、トニーからピーターに渡すようにと預かったというサングラスをピーターに手渡します。

しかし、ピーターは高校生には身が重く、旅行先で戦っているところがメイおばさんにバレたら怒られるという理由でこの命令を断ります。

翌朝、生徒たちは本来であればパリに向かうはずでしたが、引率のハリソン先生が喜びながら次の行き先がアップグレードしてプラハになったと告げに来ます。

フューリーが裏で動いていることは目に見えていますが、ピーターはもちろん口にすることはできません。

さらにフューリーは、ヨーロッパで活動すると怒られるというピーターの言い訳をつぶすため、黒を基調としたステルススーツをピーターに用意します。

プラハに向かうバスの中で、フューリーから渡されたサングラスをかけるとAIが起動します。

AIはイーディスと名乗り、周りの状況を瞬時に確認できるだけでなく、スターク・インダストリーが所有する衛星から武装ドローンを呼び出し、標的を攻撃できるという代物で、危うくブラッドを殺しかけますが、事なきを得ます。

プラハに到着するとピーターは早速フューリーに拉致され、火のエレメンタルとの戦いに向かうように命じられます。

©2019 CTMG. © & ™ 2019 MARVEL.

ピーターはクラスメイトたちを巻き込まないようオペラ鑑賞に向かわせますが、MJは屋外に出てしまい、戦いに巻き込まれてしまいます。

なんとか火のエレメンタルを倒したピーターとベックは、バーで語り合います。

ピーターがヒーローとしての責任の重さや高校生活を満喫したいことを打ち明けると、ベックは自分の好きなように行動したら良いとアドバイスしてくれます。

ベックの大人としての器の広さやヒーローとしての強さを見せつけられたピーターは、ベックこそトニーの意思を継ぐ人物にふさわしいと感じ、預かったイーディスをベックに譲り、旅行を満喫するためバーを後にします。

以下、結末までのネタバレになります。ご注意ください。


スポンサーリンク

【スパイダーマン ファー・フロム・ホーム】あらすじ(ネタバレ)

ピーターがバーを後にすると、バーはホログラムが解除され、何もない倉庫が露わになります。

ベックはスターク・インダストリーの元社員で、自身のアイディアをトニー却下されたことを恨み、同じくスターク・インダストリーに恨みをもつ仲間たちを集め復讐の機会を伺っていたのでした。

そしてスターク・インダストリーで培った技術を集結し、自身をヒーローのように見せかけるためホログラムやドローンでエレメンタルズという架空の怪物を創り出したのでした。

ベックはピーターを騙しイーディスを手に入れたことに歓喜し、仲間と祝杯をあげます。

一方でバーを後にしたピーターは、ベネチアで買ったネックレスを渡すためMJのもとへ向かいます。

ピーターがMJに告白しようとすると、なんとMJはピーターがスパイダーマンであることに気づいており、「スパイダーマンなんでしょ?」と核心を付いてきます。

必死に取り繕おうとするピーターでしたが、MJが火のエレメンタルとの戦いに巻き込まれた時に拾ったという、スパイダーウェブが絡まった機械をカバンから取り出すと、ベックと風のエレメンタルが戦うホログラムが映し出されます。

これまでの戦いはベックが仕組んだホログラムであったことに気づいたピーターは、イーディスをベックから取り戻しに向かいます。

まずピーターは、フューリーにこのことを話すためにベルリンに向かい、ことの全貌とMJやネッドがベックの正体を知っていることを話しますが、フューリーはベックが創り出したホログラムで、ベックが創り出す幻想の罠にことごとくかかり、高速鉄道に引かれそのまま気を失ってしまいます。

©2019 CTMG. © & ™ 2019 MARVEL.

オランダで目を覚ましたピーターは、ハッピーに電話をかけスターク・インダストリーのジェット機で向かいに来てもらいます。

機内で落ち込むピーターにハッピーはトニーもこれまで数多く悩んできたが、君を見出すときは一切迷わなかったと伝え元気付けます。

ベックは自身の秘密を知るMJたちを始末するため、次の旅行先であるロンドンに向かいます。

ピーターも機内でスーツを新調しロンドンに到着すると、ベックの創り出した風のエレメンタルが暴れまわっております。

しかし、ホログラムだとわかっているピーターはエレメンタルの中に飛び込み、ドローンを次々と破壊しています。

追い詰められたベックは幻惑を駆使しなんとかピーターを出し抜こうとしますが、スパイダーセンスを取り戻したピーターに為す術なく、ピーターはベックを倒し、イーディスも取り戻すのでした。

エンドクレジットの後で――

MJと付き合うことになったピーターは、デートでMJを抱えたままニューヨークの街を飛び回っていました。

©2019 CTMG. © & ™ 2019 MARVEL.

しかし、街頭モニターのニュースで、ピーターがベックを倒した際の映像が映し出されます。

映像はあたかもベックに次期アイアンマンの座を取られまいと、ピーターがベックを殺したかのように編集され、さらにスパイダーマンの正体はピーター・パーカーだとバラされてしまいピーターは頭を抱えます。

エンドクレジットの後で――その2

フューリーとマリアは、ベックの幻惑の技術に感嘆していました。

私たちも見習わなければならないと言い、変身を解除すると緑色の顔が露わになります。

ピーターを無理やり作戦に参加させたフューリーは、スクラル人のタロスがバカンス中のフューリーに代わって化けた姿なのでした。



スポンサーリンク

【スパイダーマン ファー・フロム・ホーム】感想と評価

「マーベル・シネマティック・ユニバース」フェーズ3の締めくくりとされた本作ですが、「アベンジャーズ/エンドゲーム」での壮大なラスト、そしてこれまでのスパイダーマンのイメージのどちらも崩すことなく、締めくくりとして素晴らしい内容でした。

アイアンマンとキャプテン・アメリカという絶大なリーダーシップを誇った2人がいなくなり、人々はスパイダーマンに2人のようなヒーロー像を求めますが、そもそもピーター・パーカーは16歳の高校生であり、スパイダーマンは「親愛なる隣人」として街の平和を守るヒーローです。

そして前作「ホームカミング」はピーターがヒーローになるまでを描いた作品でありましたが、今作「ファー・フロム・ホーム」ではピーターがヒーローとして成長していく姿が描かれております。

ピーターはこれまではトニー・スタークという「大人の責任者」のもと戦いに挑んでいたこともあり、年齢を重ねた大人だけが真のヒーローになる資格があると思い込んでいます。

誰がどう見てもピーターには似合わず、ベックがドンピシャに似合ってしまうサングラスが物語の鍵を握るアイテムであることも非常にうまい演出です。

そして何よりスパイダーマンは「青春」が大切なテーマであることも忘れてはいけません。

MJとのもどかしく甘酸っぱい会話のやり取りは、改めてスパイダーマンは高校生であることを実感させてくれます。

果たしてニック・フューリーはミステリオ程度の罠に騙されるのだろうか? という疑問にもしっかりオチをつけており、最後まで満足な内容でした。

まとめ

エンドロールの後では、スパイダーマンを目の敵としているJ・ジョナ・ジェイムソンがついに登場です。

真のヒーロー像を模索するという意味ではこれ以上ない存在だと思うので、今後どのように物語に絡んでくるのか期待が高まります。

映画【キャプテン・マーベル】ネタバレ(あらすじ)と感想「アベンジャーズ結成以前の物語」 記憶を失った女性ヒーローが主役として活躍するアクション映画「キャプテン・マーベル」。 主演のブリー・ラーソンは、2015年...

映画【キャプテン・マーベル】ネタバレ(あらすじ)と感想「アベンジャーズ結成以前の物語」



スポンサーリンク