映画無料視聴

映画「スター・ウォーズ」シリーズの動画(字幕・吹き替え)をフルで無料視聴する方法は?エピソード1~8まで配信中のサービスを紹介

ここでは、映画「スター・ウォーズ」シリーズのフル動画(字幕・吹き替え)を無料で視聴できるサービスについてお伝えしていきます。

結論から言いますと、動画配信サービスであるU-NEXTを利用すれば、エピソード1~8のうち1作品を一切お金をかけることなく視聴ができます。

登録後31日間は無料トライアル期間となっていて、解約はいつでも簡単にできます。

いますぐU-NEXTで無料視聴する方はこちら
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

映画「スター・ウォーズ」シリーズ動画の無料視聴方法!おすすめは断然U-NEXT

まず、主要な動画配信サービスでの映画「スター・ウォーズ」シリーズの配信状況をチェックしてみましょう。対象作品はスター・ウォーズエピソード1~8までとなります。
(○=今すぐ無料視聴が可能、△=配信されているが有料、×=未配信)

U-NEXT
Hulu
Amazonプライム
dTV
FODプレミアム
ビデオパス
ビデオマーケット

いくつかのサービスで配信されていますが、最もおすすめなのが、業界大手のU-NEXTです。

大きな理由は以下の通りです。

・映画「スター・ウォーズ」シリーズ(エピソード1~8)のうち1作品が今すぐ無料で視聴可能
・登録、解約手続きが比較的簡単にできる
・作品配信数が圧倒的

・無料トライアル期間が長い

U-NEXTには見放題作品とレンタル作品がありますが、レンタル作品であっても初回登録時にもらえる600ポイントを使用してすぐに無料視聴ができます

ちなみに映画「スター・ウォーズ」シリーズはレンタル作品なので、初回登録時にもらえるポイントを使用しての視聴となります。

すべての作品が600ポイント以内で見られますので、必ずどれか1作品を無料で視聴できます。(字幕と吹き替えの選択が可能です)

現在31日間の無料トライアルを実施していますので、全くお金をかけることなく、映画「スター・ウォーズ」シリーズの視聴が可能です。

ちなみにU-NEXTでは、エピソード1~8までの作品に加えて、

・ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(スピンオフ)

・ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(エピソードIVの前日譚)

・スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ(アニメ版)

・スター・ウォーズ 反乱者たち シーズン3(アニメ版)

・スター・ウォーズ 反乱者たち ファイナルシーズン(アニメ版)

も配信されていますので、おすすめです。

U-NEXTの動画配信数は17万本と国内最大級で、映画はもちろんドラマ、アニメ、音楽、バラエティなど作品の充実度は群を抜いています。

新作から旧作まで多数の映画を配信中

登録や解約手続きは他サービスに比べて簡単なので、ぜひお試しください。

U-NEXT公式ページを見てみる
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

U-NEXTのメリットが凄い!映画好きには特にオススメ!

さらにU-NEXTは、他のサービスと比較して下記のようにメリット(特徴)がたくさんあります。

U-NEXTのメリット(特徴)

31日間の無料トライアル期間がある(解約はいつでも可能)
初回登録時に600ポイント、無料期間終了後には毎月1,200ポイントがもらえるので、新作映画や電子書籍などの有料コンテンツも楽しめる(1ポイント=1円)
毎月貰えるポイントは映画のチケット(しかも300円分お得なチケット)に交換可能
新作映画の配信が早い
ほとんどの作品のダウンロードが可能で、オフラインでどこでも楽しめる
一つの契約で4アカウントまで作れる(視聴履歴の共有はなし)
パソコン、スマホ、タブレットなどのマルチデバイス対応で、同時視聴も可能(4人まで)
再生速度の変更が可能
70誌以上の最新の人気雑誌が読み放題
42万冊以上の電子書籍があり、無料で読める漫画もたくさんある

このようにU-NEXTは映画好きにはたまらないメリットが盛り沢山です。

デメリットは無料期間終了後の月額料金が1990円(税抜)とやや高めなことくらいです。

といっても毎月1,200円分のポイントがもらえますし、その前に無料期間内(登録から31日以内)に解約してしまえば料金は一切かかりません。

登録・解約手続きはとても簡単ですし、映画「スター・ウォーズ」シリーズを無料で視聴するならU-NEXTが一番オススメです。

違法アップロードされているサイトでの視聴は、ウイルス感染や個人情報流出の危険がありますので、公式サービスであるU-NEXTで安全に視聴することをおすすめします。

参照:「著作権法の一部を改正する法律について」(文化庁)

参照:「著作物を無断で使うと?」(公益社団法人著作権情報センター)

参照:「テレビ番組の違法配信に関わる法制度について」(日本民間放送連盟)

U-NEXT公式ページを見てみる
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

※2019年12月時点の情報です。配信状況など詳細は公式サイトにてご確認ください。

映画「スター・ウォーズ」シリーズ作品情報

概要

『スター・ウォーズ(Star Wars)』シリーズは、ジョージ・ルーカスの構想を基にルーカスフィルムが製作するアメリカ合衆国のスペースオペラである。

「遠い昔、遥か彼方の銀河系」を舞台に、映画、アニメーション、小説、コミック、ゲームなど複数の媒体で展開される。世界で最も興行的成功を収めた映画シリーズ、シェアード・ユニバースの一つであり、『マーベル・シネマティック・ユニバース』に次ぐ世界歴代2位の興行収入を記録している。

実写映画本編は、エピソード4・5・6→1・2・3→7・8・9と不規則な時系列順で公開されていることが大きな特徴である。その他、外伝的なスピンオフ作品が多数発表されている。

2017年11月9日にウォルト・ディズニー・カンパニーにより、シークエル・トリロジー完結後に新たな三部作の実写映画の制作が予定されていることが発表された。

『最後のジェダイ』の監督ライアン・ジョンソンが主導し、ルーカスフィルムに「三本の映画、一つの物語、新たな登場人物、新たな場所。フレッシュに始めよう」と提案。スカイウォーカー・サーガからは離れた、新たな別の人物を主人公とする三部作を予定している。ライアンは1作目は監督する予定だが、全作を監督するかは不明とのこと。三部作の方向性について「唯一のゴールは、子供として『スター・ウォーズ』により、どう感じさせられたかを考えることだ」と語った。

2018年2月3日、ルーカスフィルムはジョンソンの三部作とは異なる新シリーズを製作することを発表した。脚本・製作はテレビドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』のデイヴィッド・ベニオフとD・B・ワイスが担当し、ボブ・アイガーは物語について「『スター・ウォーズ』シリーズのある時点に焦点を当て、そこから始まる物語になる」と語っている。

2019年5月7日、ウォルト・ディズニー・スタジオがタイトル未定の新作3本を2022年から1年おきに全米公開すると発表した。全米公開日はいずれもクリスマス前の週末で、第1作が2022年12月16日、第2作が2024年12月20日、第3作が2026年12月18日となる。

参照:スター・ウォーズWikipedia

U-NEXT公式ページを見てみる
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

視聴者の声(ネタバレあり)

感想

視聴者の感想を見る
(エピソード4)
まず、新しい映画なのに『エピソード4』から始まるというのがとてもしゃれていると感じました。現在・過去・未来を見据えたストーリーになっているという予兆を感じさせますし、こんな発想をする人の映画は面白いだろうという期待を膨らませたことを覚えています。登場人物は皆若々しくフレッシュで、今となっては昔の映画であるのにも関わらず古臭さを感じさせません。チューバッカやC3PO、R2D2などシリーズ全体において重要な役割を果たす脇役たちが皆魅力的で可愛らしく、コミカルな要素となって見るものを魅了します。

シリアスなストーリーと恋愛、コミカルな部分という様々な面を持っている素晴らしい映画シリーズの幕開け作品にふさわしい、いつまでも人々を惹きつける作品の一つだと思います。

全体の構成は落ち着いていて、アクションシーンなども心地よい緊張感を楽しむことが出来ます(不必要に気持ちがざわつくことがありません。)。

何と言っても音楽が秀逸で、映画史上稀に見る素晴らしいマッチ感とオリジナリティだと思います。
(30代女性)

(エピソード2)
何故ルーク・スカイウォーカーの父親がダースベーダーになったのかが、1作目以降でルークの父親がダースベーダーだと知った時から、とても知りたかったことでした。アナキンが持つ、自分のフォースの力やジェダイとしてのすごい自信に対して、慎重なマスターはおごることのないよう常に注意してばかりしていました。その結果不満を持ち、また愛するパドメが常に命の危険にさられている状況をいつも不安に思い続ける、結果ダークサイドに引っ張られて行ったことが、ダース・ベーダーになったという理由。

愛する人を母親のように亡くしてしまうことの不安と怖れを思うシーンがあるたびに、アナキンの表情が段々と険しく、恐ろしい形相になっていくことがとても衝撃的でした。

アナキンの表情から常に目が離せませんでした。

子供の頃はあんなに無邪気で、ジェダイへの憧れを隠さずにものすごく可愛い顔をしていたのに・・・。

どんな人もちょっとしたきっかけが、あれほど変わってしまうことができるのかという驚きを感じました。

また、アナキンとパドメの二人のシーンで流されていた音楽が、二人の将来を暗示するかのように美しくてとても悲しいメロディーなのが印象的で、いつまでも耳に残りました。

全ての作品の中で一番悲しさが心に残った映画でした。

本当は一番好きな映画ではなかったのですが、選んでと言われればやっぱりこの作品になります。
(60代女性)

(エピソード1)
スターウォーズシリーズの公開順としては4番目の作品ですが、お話としては最初なのでおもしろいです。誰もが知っているダースベイダーの幼少期の頃のお話で、かわいいんです。この子がのちにあのダースベイダーになるの?という切ない気持ちでいっぱいになります。

もうすでにジェダイが活躍している世の中で、宇宙戦争は始まってしまっています。

少し政治の話もあるので、難しいなぁと感じる人もいあるのかもしれません。

アミダラ女王の着ている衣装がものすごく凝っているので、その辺りも注目ポイントです。

個人的に、悪役の中でダースモールが一番好きなのですが、そのダースモールを堪能できるのはこのエピソード1です。

悪役の中で最も俊敏に動くと思っています。武術が素晴らしく、見た目にもインパクトあります。

ジェダイの騎士2人と互角に戦えるダースモールはすごいとしか言いようがありません。

ここのシーンは本当に重要なシーンなので見逃せないですね。
(30代女性)

(エピソード2)
エピソード1ではまだあどけない少年だったアナキンはジェダイとして成長し、元老院議員となったパドメと再会して恋に落ちていきます。

そしてアナキンの不安定な心を見抜いたマスター達はその気持ちを抑えるように忠告しますが、アナキンは葛藤の中少しずつ暗黒面へと堕ちていってしまいます。

アナキンの恋する気持ちも弟子を大切に想うマスター達の気持ちもひしひしと伝わってきて、悲しく可哀そうで見ていて辛くなってくるほどです。

そんな中オビワンは戦争に向けて帝国軍が新たに作っているクローン兵器を突き止め、そこから少しずつ宇宙の平和が揺らいでいきます。

いろんな方面からダークサイドがにじり寄ってくるような不穏な空気が漂っていて不安を掻き立てられます。

この作品でしか登場しないドゥークー伯爵とのライトセイバーによる戦闘シーンはアクションが素晴らしく、かなりドキドキハラハラさせられました。

ジェダイになるために生まれてきたアナキンの才能を堪能できる作品だと思います。
(20代女性)

(エピソード1)
他のスターウォーズ作品とは異なり、物語の中心となるのが帝国軍のダースベーダーである所が面白いです。ダースベーダーは、エピソード4の主人公であるルークス・カイウォーカーの父親なので、その過去に焦点が当てられています。そのため、この作品では帝国軍のベーター卿としてではなく、幼いアナキン・スカイウォーカーとして登場します。

ジェダイ・マスターであるクワイ=ゲン・ジンに見込まれた、まだあどけない幼いアナキンがまさか将来、帝国軍のベーター卿となるとは思えません。

それから、若き日のオビ=ワン・ケノービやルークスの母親である女王パドメ・アミダラも登場します。

将来は敵同士となって戦うオビ=ワンとアナキンが共にいる姿が貴重です。

また、アミダラの方が年上なので、まだ幼いアナキンを可愛がる姿が微笑ましいです。

エピソード1はあまりスターウォーズ作品になじみがない人にとっても、普通に映画として面白い内容になっています。
(30代女性)

(エピソード3)
主人公のアナキン・スカイウォーカーがダークサイドに堕ちてダース・ベイダーになるという結末ありきのバッドエンドのエピソードなのですが、悪の皇帝パルパティーンの罠に巧みに嵌められていく過程が悔しいけれど見ごたえがあります。

アナキンのダークサイド堕ちだけでなく、民衆の危機感を利用して自らを選挙で皇帝にして権力を握るあたりの流れも政治劇っぽくて大人ならではの楽しみもあります。

エピソード1,2でアナキンの家族への愛情や、負けん気の強さという弱点が上手く描かれていたのでその伏線がすべてこのエピソード3で悪いほうに回収される形です。

ライトセイバーやフォースを使ったアクションシーンも盛りだくさんで、剣術最強と言われるマスターウィンドゥVS皇帝(ダースシディアス)、アナキン(ダースベイダー)VSオビワン・ケノービなど剣術を極めたジェダイたちが全力でぶつかるシーンは目を離せません。

皇帝は徹底的に憎いし、アナキンに対しても「なんでそこで裏切っちゃうかな~!」と思ってしまうのですが、そのあたりの描き方がさすがスターウォーズという感じで外せないエピソードです。
(30代男性)

(ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー)
ナンバリング作品から外れた番外編のような位置づけの作品ですが、2005年に公開されたエピソード3「シスの復讐」と、1977年に公開されたエピソード4「新たなる希望」の間をつなぐ重要な意味を持った作品です。

ほとんどの主要な登場人物がオリジナルキャラクターとなっている本作は、エピソード4で破壊されることとなる「デス・スター」の設計図を入手することを軸に描いた作品となっており、おぞましき兵器でもあるデス・スター誕生と設計図を入手するまでの知られざる戦いが描かれている作品でもあります。

スターウォーズはジェダイを中心とした一大大河作品のような作りになっていますが、大規模な作戦を遂行するためにはジェダイ以外の兵士たちによる奮闘があることを思い起こさせてくれる作品でもあり、多くの人の犠牲をともないながら希望がバトンのように託されていく様子に、見ていて熱いものを感じました。

映像的にも現代的なCG技術と1977年当時の映像を上手く重ね合わせながら作られており、単にスピンオフとして情報を補完するというだけでなくシリーズを通して違和感なく楽しめる作品になっていると思います。
(30代男性)

(エピソード4)
「スター・ウォーズ」シリーズの幕開けとなる制作順でいえば一番初めとなる作品です。

当時は今のようなCG技術もなく、特撮でここまで壮大なSF映画を作り上げるのはすべてのSFファンにとって夢の実現であり、感動でした。

黒澤明に影響をうけたというライトサーベルでの立ち回りや、ダースベイダーという武者のような敵は、東洋と西洋の融合を感じさせましたし、ミレニアムファルコン号による派手な戦闘シーンはハリウッドらしい迫力でした。

CGが発達した今となっては見劣りがする部分は多いかもしませんが、逆に今ならばR2-D2やC3POはCG処理されている可能性が高く、それだとあのどこか人間的で個性のある感じは生まれていなかっただろうと思います。

この映画がつくられたのは、人類が月に到達してまだ8年しかたっていない時期だけに、宇宙を駆けまわるSF冒険活劇というのは少年少女たちの夢だったし、この映画によってSFファンタジーのひとつの形が生まれたと断言できる傑作です。
(50代男性)

(エピソード6)
この作品は1983年公開なので、35年以上前の作品です。現在のCG技術を考えると、今の若い世代が見たときに安っぽく感じるかもしれません。しかし、同時代の作品と見比べた時に、この作品をはじめ、スターウォーズシリーズがどれだけ革新的で、新しいことをしようとしていたかということを感じることが出来、今の技術があるのもこのような作品があったからなのだと実感できると思います。

映画の中身なのですが、冒頭のルークが、ジャバザハットに囚われているハン・ソロを助けに行くシーンから興奮が止まりません。

砂漠の惑星の船の上で、ライトセーバー片手に立ち回るルークのアクションは今見てもまったく古臭く感じないのではないでしょうか。

また、アクションだけでなく、ルークとダース・ベイダーとの関係についても、これまでのシリーズを見てきた人を驚かせるものですし、ラストにかけての二人のやりとりも胸を熱くさせるものでした。

ラストのヨーダやオビワンと共にアナキン(ダース・ベイダー)が霊体としてルークを見守る姿が感動的でしたし、このシリーズはエピソード4〜6の後に1〜3が描かれるというものでしたので、過去に遡ってなぜアナキンがダース・ベイダーになってしまったのかという興味にも繋がる最高の終わり方だったと思います。
(30代男性)

見どころ

視聴者の考える見どころを見る
(エピソード4)
登場人物一人一人の魅力や、フレッシュで勢いのある雰囲気が素敵だと思います。また、音楽と映像とのマッチングが素晴らしいので、聴覚もフル稼働して見て頂きたい映画です。個人的にはR2D2のキャラクター性やおちゃめな動きが大好きです。
(30代女性)

(エピソード2)
一人の若き有能なジェダイが、自身の不安・不満や恐れから暗黒へと引き込まれ、自分の尊敬する師匠と戦うことになってしまうまでの心の動きがとても見どころです。本人はジェダイになりたくても、周りの高位のジェダイからは反対されていた経緯もあり、絶対に立派なジェダイになることをマスターに誓ったはずだったのに・・・。
(60代女性)
(エピソード1)
スターウォーズはとても長い作品でまだ見たことない、興味がないよっていう方もいらっしゃるかもしれませんが、ストーリーもキャラクターも絵もとってもキレイで魅力的なんです。見終わったあとは、いい映画を見たな!という気持ちになれます。
(30代女性)
(エピソード2)
ナブー女王を退任し元老院議員になったパドメが、見ていてうっとりしてしまうくらいとても美しいです。パドメ役のナタリー・ポートマンはどの個性的なドレスヘアもスタイルも着こなしていて、さすが女優としか言えません。
(20代女性)

(エピソード1)
スターウォーズはとてもSF色が強い作品ですが、エピソード1ではそうしたSF的な戦いよりも物語の方に重きが置かれています。

そのため、あまりSFになじみがなくても面白く見ることができる作品だ、と思います。
(30代女性)

(エピソード3)
アナキンがダークサイドに堕ちていくときの表情の演技が見どころです。だんだん冷静さを失って目が血走っていき、最後は師匠のオビワンや妻のパドメすら疑って憎しみに心を奪われていく様子は恐怖そのものです。それでいて、自分がアナキンの立場に置かれたらやっぱり同じようになってしまうかもと思わせるところが見どころです。
(30代男性)

(ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー)
フォースの信奉者であり盲目の戦士であるチアルート・イムウェは、魅力的な登場人物であり、カンフー映画のような動きで敵を翻弄していく様は見ていて気持ちが良く必見だと思います。

また映画のラストにはエピソード4へとつながるシーンもあり、当時の映像を使って物語が1つの線のようにつながっていくところは、スターウォーズファンにとって胸が熱くなるシーンでもあります。
(30代男性)

(エピソード4)
SFファンタジー映画はここからはじまったと言える歴史的な名作です。CGがなかった時代でもこれだけの表現が作れた特撮技術に注目して欲しいです。また日本の巨匠黒澤明監督の影響も感じられる立ち回りシーンにも注目です。
(50代男性)

(エピソード6)
まず、ジェダイの騎士としてライトセーバーを手に戦うルークのアクションが最高です。

また、宇宙空間や森の惑星での乗り物アクションも非常に興奮します。

3部作のラストということで、ダース・ベイダーとルークとの関係をはじめとして、これまでの話が収束していくところにも注目です。
(30代男性)

まとめ!映画「スター・ウォーズ」シリーズの動画はU-NEXTで無料視聴しよう!

映画「スター・ウォーズ」シリーズのフル動画を無料視聴する方法や、作品情報をご紹介しました。

U-NEXTを利用すれば、映画「スター・ウォーズ」シリーズ(エピソード1~8)のうち1作品を無料で視聴することが可能です。

スピンオフやアニメ版も配信されていますので、おすすめです。

U-NEXTのメリット(特徴)

31日間の無料トライアル期間がある(解約はいつでも可能)
初回登録時に600ポイント、無料期間終了後には毎月1,200ポイントがもらえるので、新作映画や電子書籍などの有料コンテンツも楽しめる(1ポイント=1円)
毎月貰えるポイントは映画のチケット(しかも300円分お得なチケット)に交換可能
新作映画の配信が早い
ほとんどの作品のダウンロードが可能で、オフラインでどこでも楽しめる
一つの契約で4アカウントまで作れる(視聴履歴の共有はなし)
パソコン、スマホ、タブレットなどのマルチデバイス対応で、同時視聴も可能(4人まで)
再生速度の変更が可能
70誌以上の最新の人気雑誌が読み放題
42万冊以上の電子書籍があり、無料で読める漫画もたくさんある

U-NEXTは31日以内に解約すればお金は全くかかりません。

登録、解約手続きは簡単なのでこの機会にぜひお試しください。

U-NEXT公式ページを見てみる
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

◆映画を無料で視聴する方法(作品名あいうえお順)