映画無料視聴

映画「天気の子」の動画をフルで無料視聴する方法はこちら!新海誠監督の大ヒットアニメーション映画

映画「天気の子」は、新海誠監督による長編アニメーション映画です。

前作「君の名は。」に続き、大ヒット作となりました。

ここでは、映画「天気の子」のフル動画を無料で視聴できるサービスについてお伝えしていきます。

結論から言いますと、U-NEXTという動画配信サービスを利用すれば、一切お金をかけることなく視聴ができます。

登録後31日間は無料トライアル期間となっていて、解約はいつでも簡単にできます。

いますぐU-NEXTで無料視聴する方はこちら
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

映画「天気の子」動画の無料視聴方法!おすすめは断然U-NEXT

まず、主要な動画配信サービスでの映画「天気の子」の配信状況をチェックしてみましょう。
(○=今すぐ無料視聴が可能、△=配信されているが有料、×=未配信)

U-NEXT
Hulu
Amazonプライム
dTV
FODプレミアム
ビデオパス
ビデオマーケット

様々なサービスで配信されていますが、最もおすすめなのが、すぐに無料で視聴できるU-NEXTです。

大きな理由は以下の通りです。

・映画「天気の子」が今すぐ無料で視聴可能
・新海誠監督のその他の作品も充実

・登録、解約手続きが比較的簡単にできる
・作品配信数が圧倒的

・無料トライアル期間が長い

U-NEXTには見放題作品とレンタル作品がありますが、レンタル作品であっても初回登録時にもらえる600ポイントを使用してすぐに無料視聴ができます。(ちなみに映画「天気の子」はレンタル作品です)

現在31日間の無料トライアルを実施していますので、全くお金をかけることなく、映画「天気の子」の視聴が可能です。

U-NEXTでは、新海誠監督のその他の作品も配信中です。

さらにポイント作品ですが、電子書籍も配信されています。

 

U-NEXTの動画配信数は17万本と国内最大級で、映画はもちろんドラマ、アニメ、音楽、バラエティなど作品の充実度は群を抜いています。

新作から旧作まで多数の映画を配信中

登録や解約手続きは他サービスに比べて簡単なので、ぜひお試しください。

U-NEXT公式ページを見てみる
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

U-NEXTのメリットが凄い!映画好きには特にオススメ!

さらにU-NEXTは、他のサービスと比較して下記のようにメリット(特徴)がたくさんあります。

U-NEXTのメリット(特徴)

31日間の無料トライアル期間がある(解約はいつでも可能)
初回登録時に600ポイント、無料期間終了後には毎月1,200ポイントがもらえるので、新作映画や電子書籍などの有料コンテンツも楽しめる(1ポイント=1円)
毎月貰えるポイントは映画のチケット(しかも300円分お得なチケット)に交換可能
新作映画の配信が早い
ほとんどの作品のダウンロードが可能で、オフラインでどこでも楽しめる
パソコン、スマホ、タブレットなどのマルチデバイス対応で、同時視聴も可能(4人まで)
再生速度の変更が可能
70誌以上の最新の人気雑誌が読み放題
42万冊以上の電子書籍があり、無料で読める漫画もたくさんある

このようにU-NEXTは映画好きにはたまらないメリットが盛り沢山です。

デメリットは無料期間終了後の月額料金が1990円(税抜)とやや高めなことくらいです。

といっても毎月1,200円分のポイントがもらえますし、その前に無料期間内(登録から31日以内)に解約してしまえば料金は一切かかりません。

登録・解約手続きはとても簡単ですし、映画「天気の子」を無料で視聴するならU-NEXTが一番オススメです。

違法アップロードされているサイトでの視聴は、ウイルス感染や個人情報流出の危険がありますので、公式サービスであるU-NEXTで安全に視聴することをおすすめします。

U-NEXT公式ページを見てみる
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

※2020年5月時点の情報です。配信状況など詳細は公式サイトにてご確認ください。

映画「天気の子」作品情報

前作『君の名は。』から3年ぶりとなる、新海の7作目の劇場用アニメーション映画。離島から東京に家出してきた少年、帆高と、“祈るだけで晴れにできる“力を持つ少女、陽菜が出会い、運命に翻弄されながらも自らの生き方を「選択」していくストーリー。

東宝配給作品史上最大級の359館448スクリーンの規模での公開となり、初日には午前0時に世界最速上映が行われ、午前9時に全劇場で一斉に初回が上映された。

参照:天気の子Wikipedia

公式サイトはこちら:天気の子公式サイト

あらすじ

高校1年生の帆高は、離島から東京へ家出して来たが働き口を見つけられず困窮していく。ようやく見つけた仕事は、怪しげなオカルト雑誌のライター業。連日不気味に雨が降り続け中働き続ける、そんなある日。帆高は不思議な能力を持つ少女・陽菜と出会い…?

主なキャスト

(森嶋帆高)醍醐虎汰朗
(天野陽菜)森七菜
(夏美)本田翼
(天野凪)吉柳咲良
(安井)平泉成
(高井)梶裕貴
(冨美)倍賞千恵子
(須賀圭介)小栗旬

主なスタッフ

監督:新海誠
原作:新海誠
アニメーション制作:コミックス・ウェーブ・フィルム
音楽:RADWIMPS
脚本:新海誠
製作:市川南、川口典孝

U-NEXT公式ページを見てみる
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

視聴者の声(ネタバレあり)

感想

(20代女性)
新海誠監督の他の作品を何本か観ている人にとっては、彼の新境地だと思いました。やりたいことと商業のバランスがとれていてすごいと思いました。

まず昔からの圧倒的な風景美と写実性で、舞台になっている東京に住む人はもちろん、東京を知らない人でも丁寧な描き方に圧倒されます。

また丁寧に描きこまれていることで、ファンタジーの世界観を作り上げるかのように、知っている場所が、あたかもパラレルワールドに見え、ヒロインの少女が持つ不思議な能力に対し抵抗や違和感が無くなります。

前作の『君の名は。』と共通する部分があり、若者の恋、田舎へのコンプレックス、中二病ををこじらせたような見ていて恥ずかしくなるベタベタの愛情表現は一緒です。

しかし『天気の子』ではラストで分かりやすさもありませんし、行動の結果に正解を出さない姿勢が、『雲の向こう、約束の場所』や『秒速5センチメートル』などあまり一般向けではない過去作品との似通う点があり、商業になってもアニメに対する意識が変わらないんだなと思いました。

(20代女性)
主人公の男の子である帆高くんが成長していく姿はひとつの見どころだと思いますし、陽菜ちゃんの為に戦う彼の姿に感動してしまいました。

陽菜ちゃんを想う、真っ直ぐで純粋な愛を感じました。

でも、ひとりの女の子が世界を変えてしまうだなんて、とても悲しいお話でもあったと想います。

雨が止まなくなった未来の東京では水の中で生きていく社会環境が整えられていましたが、これもひとつの地球の未来なのではないかと思いました。

いつか本当にそんな日が来たら…と思わず考えてしまいました。

それもまた、世界を変えてしまった結果なのだとは思いますが、それでも陽菜ちゃんには生きていてほしかったというのが帆高くんの願いで、その願いはひとりの人間の身勝手な想いだったのかもしれませんが、それだけ彼の陽菜ちゃんに対する想いが強かったのだと思います。

映画が終わる頃にはなんだか色々と考えさせられてしまいました。

あとは何より映像がとても綺麗で、特に風景映像はキラキラと輝いて見えて素敵でした!

(10代男性)
自分が一番良かったと思うポイントは、ストーリーと楽曲が非常にマッチしていることです。

「君の名は。」と同様に、監督は新海誠で、楽曲の提供はRADWIMPSでした。

新海誠さんはRADWIMPSの曲を聴いてから、物語やセリフに変更を加えたりもしたそうです。

そのため楽曲が映画のなかで大切な役割を持っていることが分かります。

もちろん感動したのは楽曲だけでなく、ストーリー自体にも感動しました。

一番興奮したのは、ビルの屋上の神社に行こうとする帆高を仲間が助けるシーンです。

圭介は、大人としての行動をいつもはしていて、その時も大ごとにならないように努めていました。

しかし、帆高の叫びに影響されたのか、警察に歯向かってまでも帆高を助けようとしました。

もうそこからは、感動と涙の連続でした。

帆高が積乱雲に囚われていた陽菜を助けるシーンでは、グランドエスケープという曲が流れ、とても感動させられました。

そして、エンドロール直前の再開シーンでは、大丈夫という曲にあわせ、帆高は「僕らはきっと、大丈夫だ。」と言います。

このように、ストーリーと楽曲のダブルパンチで非常に感動させられる作品でした。

(30代女性)
『天気の子』における物議といえば、やはり最後の帆高の選択です。

「天気より陽菜がいい!」

そう言ってヒロインの陽菜を助け出してしまったことで、東京は3分の1が海に沈んでしまいます。

新海誠監督といえば、主人公とヒロイン、そして世界から展開される「セカイ系」の物語です。

特にデビュー作の『ほしのこえ』は、日本3大セカイ系の1つにも数えられます。

セカイ系といえば、ヒロインは最後に犠牲となることが定番です。

死んでしまう、または消息不明になり、物語を最後まで追った人に切ない後味を残します。

しかし『天気の子』ははっきりとヒロインを選んでしまいました。

しかも奇跡は起きず、世界に実害がもたらされます。

新海監督は公開時、こうインタビューに答えていました。

「『君の名は。』で怒っていた人たちをもっと怒らせたい」

確かに『君の名は。』のように、全てが上手くいった大団円とは言えない結末でした。

しかし『天気の子』における帆高の選択は、意外にも多くの観客に受け入れられました。

それは帆高が、自分がもたらしてしまった結果を直視していたからです。

帆高は色々な人から「世界はもともと狂っていた」と諭されます。

しかし帆高はその逃げ道を否定し、「世界は自分たちが変えてしまったんだ」と責任を受け入れます。

ヒロインを選んでしまったセカイ系、そして結果として主人公が背負うことになるもの、新しい挑戦のあった映画でした。

さらに見る

(30代女性)
まず作品全体を通じて、映像の美しさと音楽との融合が見事でした。

陽菜の祈りによって雨空が一気に晴れ渡るシーンや、帆高が上空から彼女を連れ戻そうとするシーンが非常に美しくドキドキしました!

帆高がなり振り構わず、犯罪すれすれ(?)の決死の努力で陽菜を取り戻そうとする懸命さ、そして彼を手助けする人たちとのチームワーク、愛情の深さ、またその激しいシーンを効果的に盛り上げる音楽が素晴らしく、涙が溢れてきました。

また実在の場所や建物がリアルに描かれ、大昔はもともと海であった場所が再び水没してしまっただけ…という事実に基づいた結末にも、妙に納得させられました。

大切な人を守ることと引き換えに、結局現実を変えることはできなかったのだけれど、でもこれで良かったのだな…と不思議な爽快感が残りました。

前作の「君の名は。」も大好きでしたが、そちらの登場人物がちょいちょい出現するのも驚きで、誰がどの場面に登場するのかを探すのも面白かったです!

(20代女性)
「天気の子」を見て、まず主人公の帆高がなぜ1人で東京へ出てきたのか、どうして1人で暮らしていこうと思ったのか、家族はどうなっているのかなどの描写がないところも面白いと思いました。

そこは重要ではないということなのか、それとも想像してほしいということだったのしょうか。

そして陽菜と出会っていく姿がすごく美しかったです。

雨が多い世界での晴れにする仕事の、その祈る姿がすごく美しくて、光が差し込んでくる絵に感動しました。

そこに入ってくるRADWIMPSさんの曲もすごく調和されていました。

だんだんと陽菜は死ぬんだろうと思う展開に進んでいって、消えてしまったときすごく悲しかったです。

普通ならここで終わる映画もこの物語はここから始まります。

天気の人柱である陽菜を連れ戻して、ずっと雨の世界を帆高は選びます。

世界を救うために犠牲になったというお話が多い中で衝撃の物語でした。

だけど雨の世界でも人々が楽しんで生活している描写も最後にはあって、終わり方も素敵だと思いました。

(30代女性)
森七菜ちゃんの清々しい声にキュンキュンしながら観ました。

展開が早いせいかあっという間に終わる映画でした。とにかく映像が綺麗で、子供たちの表情が面白かったです。

あの光の中に、行ってみたかったという家出少年である高校一年生帆高が東京にやってくるのですが、その無計画さに、現代人の浅はかさを感じました。

逆に言えば、スマホというツールがあれば何でも出来てしまうというこの世の中において、生きていくことは簡単なようで難しいのかもしれません。

オカルト雑誌のライター業の仕事を見つけ、ある日出会う少女との青春ラブストーリー。

こんなに偶然にも可愛い少女と出会えたなら、それは奇跡と呼ぶしかないです。その少女は陽菜。

陽菜には雨の上がらせて晴れにするという不思議な能力を持っていました。

この能力が映画のすべてのテーマであり、帆高と陽菜と陽菜の弟との冒険にハラハラドキドキしながらも応援したくなるような映画でした。

大人の勝手なルールで子供は簡単に傷ついてしまうのだと思いました。

(40代女性)
ストーリーについては意外でした。

ファンタジーと現実がミックスされた感じです。

その現実の部分というのは2つポイントがあります。

一つ目、現在の日本の社会でも陰の部分、ぜったいあるだろうなと思える環境。

ここに年齢の若いキャラクターを生きさせる。

一昔前だったら可哀想と思えるようなところでも主人公はナチュラルに正直に生きている。

あくまでも「頑張ってる」「耐える」とかではなく、その様子は私の子どもたち世代の生きるスタイルと通じるものがありました。

ただティーンエイジャーの直球さや人を好きになることや憧れというのは今も昔も変わらず、もしかしたらこれは監督の価値観かもしれませんが痛いほど懐かしくて、なんでもないところで泣きそうになります。

非常にリアリティがあり監督のメッセージが強く心に突き刺さりました。

そして二つ目、雨の景色。

劇中、東京はずっと雨です。

何年も雨が降っているのです。

近年で豪雨の被害が国内で起きている、夏の異常気象、温暖化 など現実に起きていることと通じるものを感じます。

私は雨が好きでもあり嫌いでもあります。

ここでの雨は私が感じている感覚と似ていました。

爽やかで明るい雨、暗い雨、冷たい雨、浄化の雨など。

いろんな雨の表現が、これも痛いほど伝わり泣きそうになります。

過剰反応かもしれませんが一度みてもらいたい気持ちに変わりはありません。

きっといろんな世代の人がそれぞれの思いで観れる深いストーリです。

(40代男性)
新海誠の「君の名は」を見てから、今回の「天気の子」を期待して映画館に行きました。

物語の印象として、君の名はと正反対に当たるようなイメージがありました。

しかし、どちらも十代の大人になり切れないが一人前でありたいような大人に反抗している、ある種の反抗期のような部分がありました。

今回の「天気の子」は、主人公にはその部分がさらに強くなった気がしました。

さらに、都市部であるような貧困の問題も入った形でヒロインの設定がされていた気がします。

物語は雨の暗い感じからヒロインと出会って晴れていくのだけど苦難が生じたから雨がまた降り始め、など主人公を取り巻く状態によって天気が合わせて変わっていくような感じでとても分かりやすかったです。

結局は自分の周りは力では変えられない、しかし、自分の気持ち次第でいろいろと変わっていくことができると、成長していくにつれそんな事を気付くことができる、そんなふうに捉えることができる映画でした。

(20代女性)
「君の名は」の監督作品ということで、公開前から期待して楽しみにしていました。

作品は天気をテーマにした青春ストーリーで、とても清々しい印象を受けました。

異常気象は現代の問題でもあり、とても私たちにとって身近なテーマであると感じました。

アニメの内容はファンタジーの要素を含んでおり、晴れ女と称する女の子が天気を操りますが、そこには良い面ばかりがあるわけではありませんでした。

まだ若い主人公たちが大きな力を持ったとき、どうすれば好いのか、考え悩み歩んでいく姿が見所です。

その傍には様々な大人が存在し、たくさんの助言やはたまたトラブルなどを通して彼らは自分の思いを決意してゆきます。

アニメーションの中には常に天気が描かれ、晴れの日から雨の日まで様々な模様の空がとても綺麗に表現されています。

新海監督作品ならではの、アニメーションの美しさも見所です。

全体のストーリーは爽やかながらも少し切なく、一瞬一瞬を大切にしようと思わせる内容でした。

見どころ

(20代女性)
まずは風景を見てほしいです。

自分の知っている東京を重ねるもよし、知らない日本の街として消化するのも良いと思います。

そして、自分自身の無力さを思い出してほしいです。

主人公はなかなか思っているように認められたり、行動できず、葛藤します。

でもそれを超える熱い思いが周囲の人間に伝わり、協力してもらえるようになります。

だから、青少年がワガママを言っているだけの青春映画ではなく、無力な自分を知ってそれでもどうにかしたいという成長物語なので、大人になった観客の心にも響くことでしょう。

(20代女性)
家出をする為に東京にやってきた帆高くんはひとりの女の子と自分の面倒を見てくれることになった男性に出会ったことで彼の中の世界は一気に新しく動き始めます。

そしてその女の子、陽菜ちゃんを守る為に行動する帆高くんは本当に格好良くて男らしいです。

そして隠れみどころとして新海誠監督の前作『君の名は。』に登場していた人物たちが様々なシーンで登場します。ぜひ探してみてほしいです!

(10代男性)
「天気の子」の見どころは、晴れ女である陽菜の正体です。

正体というよりも、なぜ陽菜が晴れをもたらすことができるのか、その代償は何なのか、ということです。

「君の名は。」と同じように、新海誠監督×RADWIMPSの作品です。

映画に大きな影響をもたらすRADWIMPSの楽曲のも注目してみてください。

(30代女性)
ヒロインの陽菜の可愛さは、見た人が満場一致でした。

キュートな見た目はもちろんのこと、料理上手で家庭菜園が得意と家庭的です。

しっかり者のお姉さん気質な彼女ですが、実は背伸びしていただけという事実が終盤に判明します。

あまりのいじらしさに、帆高が世界を投げ打ってでも助けたいと思う気持ちも納得でした。

さらに見る

(30代女性)
美しい映像が何よりの見どころですが、それを効果的に盛り上げる音楽も素晴らしいです!

また、人間にとって一番大切なものは何か、ということを問いかける作品です。

リアルな見慣れた街で起こるファンタジーが、見終えたあと、私たちの心の中に深い優しさを残してくれます。

(20代女性)
見所はやはり帆高と陽菜の天気にするお仕事のところです。

雲間に光が差し込むところが美しくて本当に感動します。

色々なことを細かく書かれていないので、想像しながらどういう背景があるのか考えながら見ていくと思い白いと思います。

(30代女性)
見所はスバリ晴れる所です。人は雨より晴れを願うのは、自分のイベントがある時です。

運動会、花火大会、七五三、結婚式等々、どうしても晴れてほしいと正に神頼みになります。

そんなとき、こんな天気の子がいたら、お金を払って晴れにしてくれたなら、是非とも実在してほしいと思います。

子供のピュアな心に久しぶりに胸がときめきました。

(40代女性)
新海誠監督をあまりしらない人にまずみてもらいたいのは風景の描写です。

彼の作品は自然や都会の風景に定評があります。

アニメーションで絵が上手い、と一言では片付けられない、光と影の描写が入り何か情動を揺さぶられる、それはとても芸術的であります。

そこに雨がはいってくる。いろんな雨があって風景とミックスされるなかで派生されるのはなんともいえない新しい感情です。

ストーリでの見どころは若いのに不良でもないのにアウトローな主人公の人生。

最後に彼女を守るのに自らの犠牲を厭わないこと。

ピストルなんかも扱ってしまいます。

大人になってこの映画を観ると人間として失ってきたものが明確になります。

また人間として必要なものは未成年といわれる世代には備わっていると。

すべてがそうではないとは思いますが成人になっても自分を見つめなおせる映画です。

ギリギリのところでメッセージを伝えてくる強い映画です。

(40代男性)
音楽全般はラッドウィンプスの野田洋次郎さんが担当されてきます。なので音楽もとても聞き応えがあります。

映像もとても美しく雨上がりのシーンや空の描写は息を呑むほど美しく感じられますので、物語の他のビジュアルなども楽しめます。

(20代女性)
爽やかな青春アニメが好きな人にお勧めです。

天気がとても綺麗に表現されたアニメーションなので、その部分がとても見所です。

前作の「君の名は」が好きだった人は是非観てみてほしいです。

子供から大人までが楽しめる、素敵なアニメーションです。

まとめ!映画「天気の子」の動画はU-NEXTで無料視聴しよう!

映画「天気の子」のフル動画を無料視聴する方法や、作品情報をご紹介しました。

U-NEXTを利用すれば、映画「天気の子」を無料で視聴することが可能です。

新海誠監督のその他の作品も充実しているので、おすすめなサービスです。

U-NEXTのメリット(特徴)

31日間の無料トライアル期間がある(解約はいつでも可能)
初回登録時に600ポイント、無料期間終了後には毎月1,200ポイントがもらえるので、新作映画や電子書籍などの有料コンテンツも楽しめる(1ポイント=1円)
毎月貰えるポイントは映画のチケット(しかも300円分お得なチケット)に交換可能
新作映画の配信が早い
ほとんどの作品のダウンロードが可能で、オフラインでどこでも楽しめる
パソコン、スマホ、タブレットなどのマルチデバイス対応で、同時視聴も可能(4人まで)
再生速度の変更が可能
70誌以上の最新の人気雑誌が読み放題
42万冊以上の電子書籍があり、無料で読める漫画もたくさんある

U-NEXTは31日以内に解約すればお金は全くかかりません。

登録、解約手続きは簡単なのでこの機会にぜひお試しください。

U-NEXT公式ページを見てみる
(31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。解約はいつでも簡単にできます。)

◆映画を無料で視聴する方法(作品名あいうえお順)